prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

メイクだけで小顔に!シェーディングで作るメリハリ小顔術☆

出典:ipsa.co.jp/

冬太りが気になるこの季節。
ダイエットを頑張っても、顔のお肉がなかなか落ちず悩んでる人も少なくないでしょう。
そんな人のために、メイクだけで小顔になれてしまう「シェーディング術」を紹介します。

スポンサーリンク

シェーディングで小顔&立体フェイス!

今海外でも話題なのがシェーディングです。
小顔にしてくれるだけでなく、顔のパーツ1つ1つがハッキリと主張され、パッと明るい印象になります。

シェーディングタイプ別の効果的な塗り方

たくさんのブランドから発売されているシェーディング商品。
チークのようなパウダーのものからリキッドタイプのものまで、さまざまな種類があります。
その中から自分がなりたい顔に合ったものを選びましょう。

パウダータイプ

チークと同じように、ブラシを使ってシェーディングします。
最後の仕上げとしてサラッと塗ることができるので、自然にシェーディングしたい人はこちらがおすすめです。

リキッドタイプ

リキッドタイプのものは、コンパクトに入っている「平面」と、「スティック状」の2種類があります。

こちらは最後に塗るのではなく、パウダーファンデーションなどの仕上げの前にまず馴染ませます。
パウダーよりも、より立体的になるので、陰影のメリハリをハッキリとしたい方にはこちらがおすすめです。
海外ではハッキリとしたメリハリをつけるため、リキッドタイプが主流です。

スポンサーリンク

簡単にできちゃう効果的な塗り方

シェーディングを塗る範囲は、パウダー・リキッドのいずれに共通しています。
具体的には以下になります。

①もみあげからアゴまで下にまっすぐ
②耳の下から、顔下を通ってアゴ先まで
③額と頭皮の境目全体に
④耳から頬骨の少し下側に沿って頬の真ん中まで

たったこれだけで、立体フェイスが完成しちゃいます!

ハイライトでさらに立体的に

シェーディングに加えて、肌を明るく見せるハイライトをプラスしましょう。
さらに立体効果が生まれ小顔になれます。

ハイライトは、鼻筋・頬上・額の中心・アゴなどにのせます。
特に鼻筋と頬上にしっかりとのせると、顔の印象がパッと明るくなります。

ダイエットは必要なし!今すぐ小顔シェーディング

陰影をつけることによって小顔に見せるシェーディング法。

すぐに小顔になりたい人やハーフ顔に憧れる人は、試してみる価値ありです。

スポンサーリンク

  • メイク
  • 作成日:2016年01月07日
  • 1,381 views
prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

関連記事

メイクしたてはツヤっとした潤いのある肌なのに、時間がたつにつれて粉吹きやカサカサが気になってくるという経験はないでしょうか。 化粧を直そうとして、ファンデーションを厚塗りすると、余計に乾燥が目立って肌が汚く見えてしまいま
紫外線対策は今や当たり前ともいえる時代。 皆さんも日焼け止めクリームを塗って対策をしていると思います。 しかし、クリームだと汗で流れてしまったり、何度も塗り直さなくてはいけませんよね。 塗り忘れや効果がきれて気が付いたら
寝不足やストレスでできてしまった、目の下のガンコなクマ…。 クマがあると、老けて見えたり、疲れて見えてしまいます。 コンシーラーを使ってみても、逆にその部分が浮いてしまったりはしていませんか? 実は、クマ消しにおすすめな
アイメイクをするときには、チップやブラシを使ったり、指を使ったりすることが多いですよね。 スポンジ素材のチップは、アイシャドウケースに付属されていることが多いので、よく目にします。 実は今、スポンジ素材のチップに代わり新

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサする…。 化粧ノリも悪くなるし、ひどいと粉がふいてしまったりすることもある乾燥肌。 特に冬場が近くなると乾燥に悩んでいる人もいるでしょう。 乾燥対策として真っ先に思いつくのは「保湿」! 特

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー