prBox_img
パサパサして絡まる髪…憧れのツヤ髪を手に入れるために必要なのはシャンプーを変えるだけ!?
カサカサなお肌に悩む冬…プルプルの乾燥知らずのお肌になるために見逃せない高保湿クリームをチェック!

やっぱり安心。日本古来の伝統処方。注目の自然派基礎化粧品とは?

記事13
感じること大人ニキビが発生している時、海外製のスキンケア商品を使用するのが怖いとはありませんか?

やはり、外国製の商品は日本人向けとして作られているわけではないので、日本人には合わない可能性もゼロではありませんからね。

ニキビが出来ている場合等なおさら刺激が怖いですもんね。

ニキビが出来ている時は余計な刺激がないようになるべく自然派の基礎化粧品を使用したいですね。

草花木果

草花木果は日本伝承の自然力に着目したスキンケアブランドです。

日本は古来より旬を大切にしています。

四季折々の旬の食べ物は、食物そのものが最も良い時期であるだけでなく、その時期の体が欲しているものでもあり、一味違う美味しさを感じることが出来ます。

同じように日本では四季折々の旬の植物を薬湯として利用していました。

近年はその効果効能が科学的にも裏付けられ、最先端のスキンケアとして生まれ変わりました。

草花木果ではゆず、緑茶、どくだみ、よもぎ、米ぬか等の日本人にはおなじみの成分を産地から厳選したこだわりの天然成分として使用しています。

自然の力を最大限に引き出している商品であり、パラベンや合成香料は無配合のフリー処方なのでニキビ肌でも安心ですね。

配合されている成分によって対象となるお肌が分類されているのでどのシリーズを選べば良いかもわかりやすいです。では、おおまかに紹介していきます。

透明スキンケア(竹)

毛穴の目立ち、くすみ、ごわつきの原因となる古い角質に着目しています。

竹はおにぎりを包んだり、水を入れたり、鮮度を保つという力が利用されてきました。

その働きのある竹エキスをお肌に取り入れて澄んだ素肌を目覚めさせます。

ハリ肌スキンケア(ゆず)

乾燥、かさつき、ハリのなさの原因である潤い不足に着目しています。

ヒアルロン酸をサポートするゆず種子エキス、肌の水分を保持するゆず果実エキス、そしてハリと弾力の決め手であるコラーゲンにより徹底的に潤します。

薬味や調味料としてぽかぽかと身体を温めお肌をなめらかにするゆずをお肌に取り入れてお肌の奥まで潤いで満たします。

整肌スキンケア(どくだみ)

繰り返す大人ニキビの原因にひとつであるバリア機能に着目しています。

植物成分のどくだみエキス、オウバクエキスと有効成分であるACコントローラーでお肌をいたわりながら大人ニキビを抑えます。

使用している油分も大豆由来でアクネ菌の栄養源にならないのでニキビの出来にくいお肌に近づいていきます。

十薬の名を持つほど様々な作用があるどくだみは昔の暮らしには欠かせないものでした。

大人ニキビを防ぐお手入れに最適といえるでしょう。

緑茶のスキンケア

不快なべたつき、どうにかしたいテカリに対処します。

万病を防ぐと言われている緑茶。

抗酸化作用のあるポリフェノールやビタミンCが配合され、更に抗菌消臭作用も兼ね備えています。

この緑茶エキスが配合されている緑茶スキンケアでは、うるおいバランスのよい健やかなお肌を目指します。

よもぎのスキンケア

肌荒れしやすいデリケート肌、困ってしまうひどい乾燥。

そんなお肌に最適です。止血やお肌を落ち着かせるためにしようされてきたハーブの女王よもぎ。

ビタミンやミネラルを豊富に含むよもぎエキスで肌荒れ知らずのしっとりお肌を目指します。

主成分が日本で昔から使われている成分なので安心ですね。

刺激したくないニキビができているお肌にも安心して使える草花木果を是非試してみてはいかがでしょう。

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

スポンサーリンク

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

1回で効果が出る美顔脱毛のHPを見てみる 1回で効果がわかる!キレイになれちゃう美顔脱毛とは ディオーネの脱毛サロンで人気の「美顔脱毛」。 “顔にジェルを塗って、脱毛の光を当てる”という、ごくごく
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー