prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

栄養たっぷり低カロリーの美容フード「フムス」が話題沸騰中!

フムスをご存知ですか?

フムスは、イスラム圏の中東地域や地中海地方で日常的に食べられているポピュラーな豆料理のことです。ゆでたひよこ豆に練りごま、にんにく、オリーブオイルを加えたもので、見た目はマッシュポテトに似ています。

実はこのフムス、ダイエットにピッタリの美容食として、今、セレブたちも注目しているのです。

ここではフムスのダイエット効果について紹介します。

スポンサーリンク

セレブが注目のフムス

フムスは腹持ちがよく食物繊維がたっぷりなのが特徴です。

そのため、ケイティ・ペリーがツアー中の楽屋に持ち込んだり、レディーガガがダイエット中に食べていたといいます。セレブの体によいものに対する嗅覚の鋭さには、思わず脱帽してしまいますね。

フムスがダイエットに向いている理由

では、なぜフムスがダイエットに向いているのでしょうか。

ひよこ豆に含まれている成分がダイエットに良い

フムスには以下のような栄養成分が含まれています。

ひよこ豆(ゆで)
タンパク質
ビタミンB1
カルシウム
マグネシウム
カリウム
食物繊維

成分の中でも注目すべきなのが、ひよこ豆です。
ひよこ豆には人間の体の骨や血液、筋肉となる良質なタンパク質が含まれています。
タンパク質は100gあたり9.5gになります。そのため、肉や魚の代用品にもなります。

また、100gあたりのカロリーは171kcalなのでヘルシーです。

スポンサーリンク

ひよこ豆から得られる効果がダイエットによい

さらに、ひよこ豆は、更年期障害や月経トラブル、PMSなど女性特有の悩みの解消にも効果があります。

また、ダイエット中は、毎日、お通じがよいことが理想です。

ひよこ豆の中には、不溶性食物繊維という水に溶けない食物繊維が含まれています。
不溶性食物繊維は、胃や腸で水分を吸収し大きく膨らむため、便のかさ増しや腸を刺激して活動を活発にして、お通じを促進してくれます。

体にとって有害なダイオキシンなどの物質を排泄するデトックス効果もあり、健康にも美容にもよいのです。

パンやスパイスで飽きない工夫を

フムスはサラダの一種ですが、肉や魚のようにタンパク質が豊富で栄養素が高い料理です。

ピタというパンにつけて食べるのが一般的ですが、ナンやパン、クラッカーとも相性抜群です。
お酒が好きな方は、野菜スティックにつけて、おつまみの一品としても楽しめます。

また、お好みでクミンなどのスパイスを加え、味に変化を加えてるのもよいでしょう。
こうした工夫をすれば飽きずに取り入れられます。ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

関連記事

みなさんエプソムソルト、というものを聞いたことがありますか? 実はプロのボクサーが減量するためにも使うほどのダイエット効果が期待されるものなんです。 ダイエットって時間と根気が必要で、なかなか続かないですよね。 そんなあ
美容や健康に敏感な女性たちの間で注目を集めている「スーパーフード」。 活性酸素を除去する効果を持ち、豊富な栄養素を含みながらもその多くは低カロリーの自然食品です。 そして、チアシードやアサイーなどに続く新たなスーパーフー
TBS系列で5月14日に放送されたサタデープラスで、女芸人の友近さんがダイエットに挑戦していました。 10日間はちみつアボカドヨーグルトを食べたことで、マイナス2キロのダイエットに成功したのです。 驚くことに、下腹部は9
今回、スリムビューティーハウスのコンテストに参加し、 「痩せるということは太っていた頃の人生を180度変えることができる」ということを実感しました。 痩せるって本当にすごい。 姿勢が、胸の張り方が全然違う。 肌のハリが全

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサする…。 化粧ノリも悪くなるし、ひどいと粉がふいてしまったりすることもある乾燥肌。 特に冬場が近くなると乾燥に悩んでいる人もいるでしょう。 乾燥対策として真っ先に思いつくのは「保湿」! 特

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー