prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

諦めないで!あなたを苦しめる花粉症と決別できる治療法

花粉症5

スポンサーリンク

つらい花粉症…どうにかしたい!

花粉症って本当に苦しいですよね。

くしゃみ鼻水が止まらなくて、頭もぼーっとして怠かったりで、日中、学業や仕事、家事も手につかない、酷い時には、花粉症のせいで寝る事もままならない、なんてこともあります。

どうにかこの花粉症が治れば!と思ったことはありませんか?そんな方のために、花粉症は治るのか否かのお話をします。

花粉症は治るのか?

実は、花粉症は一度花粉症になってしまうと治りにくい病気です。
病院に行っても花粉症の予防薬、症状を抑える薬はもらえるのですが、治す薬はないのです。

ただ、ある日突然治ってしまう(花粉症の症状が出なくなる)といった方もいます。

ここでは、花粉症の症状が抑えられるかもしれない(症状が出なくなる、なくなる)方法をいくつかお教えします。

花粉症との2種類の闘い方

緩和型の治療

病院で処方された薬を服用する方法です。
一言に「薬を服用」と言っても、場面に合わせた様々な薬や服用方法があり、それぞれ副作用の有無もあります。
例えば花粉症のシーズンより少し前から服用し始め、シーズン中ずっと服用し続ける内服薬です。

毎日服用し続けるのは少し大変ですが、花粉症の症状を緩和できます。点鼻薬で鼻づまりを解消したり目薬でかゆみをやわらげるという治療方法もあります。
また、少し珍しいのがレーザー手術です。
鼻の粘膜を何度かに分けてレーザーで焼くことで、粘膜が過剰に反応してしまうのを抑え、鼻づまりや鼻水を抑制することができます。

ただしこれらは一時的に症状を緩和する方法で、根本的に花粉症を治せる方法ではありません。
これだけでは花粉症と半永久的に闘わなければいけないのです。

緩和型の治療1/薬物療法

薬を使う方法です。
皆さんご存知だと思いますが、花粉症の症状を抑える薬がドラックストアなどに売っています。
このくしゃみや鼻水などが花粉症の症状。ヒスタミンの働きを抑制し、症状を緩和するのが、「抗ヒスタミン」と呼ばれる薬です。

鼻水やくしゃみが止まらない症状を緩和するには、抗ヒスタミン薬が有効です。
ヒスタミンは、アレルギー反応と深い関わりがあります。ヒスタミンの働きを抑制すれば、アレルギーの症状を改善できるわけです。

次に、鼻づまりの症状を抑えるのは、抗ロイコトリエン薬や点鼻薬。ロイコトリエンは、血管拡張の作用があるわけです。
鼻の血管が拡張すると鼻の粘膜を圧迫し鼻づまりが起きます。抗ロイコトリエン薬で血管拡張の働きを抑えるわけです。

また、目のかゆみ、充血といった場合は、点眼薬で症状を抑えます。
以前は、抗ヒスタミン・抗ロイコトリエン・鼻噴射などと、症状に分けて飲み分けていたり、また効果が出るまでに時間がかかったりしていたのが、最近の薬だと1種類で済んでしまいます。

病院に行くと処方してもらえます。多くの方が、花粉症の症状が現れてから薬を飲み始めるかと思いますが、花粉症の症状をなくす、軽減するために症状が出る前から薬を飲み始めてみてください。
医師などに相談すると、花粉症の初期療法のための薬を処方してもらえます。
花粉が飛び始める前から薬を飲むことで、花粉症の症状の時期を遅らせて、症状を軽減させる効果があります。

最近登場した薬は大抵、副作用が少なく効果も今までの薬を上回るもの。眠くなる花粉症の薬はもはや時代遅れで、今では眠くなりにくい、出勤前にも安心して服用できるものが一般的です。

おすすめの市販薬

アレジオン(エピナスチン塩酸塩)やアレグラ(フェキソフェナジン塩酸塩)といった処方薬として使用されて来た薬が、最近では市販薬として続々発売されています。

緩和型の治療2/レーザー手術

特に鼻水・鼻づまりといった症状に対し、注目を浴びつつあるのがレーザー手術です。
レーザーで粘膜を焼き花粉症の症状が出ないようにする方法です。

花粉症の症状は薬で緩和できる場合が殆どなのですが、中には市販薬では効かない重症の患者さんもいて、この場合手術が効果的です。
また、長期間薬を飲み続けている場合や、仕事上薬を内服できない場合にも、手術をした方が楽であるとも言えます。

主に、アルゴンプラズマ凝固装置やレーザー装置を用い、下鼻甲介(鼻の穴の中にあるひだの一部)の粘膜組織を熱で変性させる事によりアレルギー症状を緩和させる治療を行います。

粘膜下固有筋層には知覚神経があり、これがヒスタミンを感知するため、くしゃみや鼻汁の症状が改善するのです。
また、花粉症の症状の軽減だけではなく、いびき軽減の効果もあるようです。

レーザー手術の長所

日帰りで受けられる外来手術で、所要時間は10分ほどで済んでしまいます。麻酔は局所麻酔の簡単なもの。
手術中は痛みも出血もほとんど無く患者への負担が少ないので、子供にもできる手術です。

短所

手術を行ってもまたすぐに症状が出てしまう場合や、鼻の穴の中のカサブタが気になってしまったり、薬は飲み続けなくてはならないといったデメリットもあります。

治療費

1996年から健康保険が適応になり、両鼻で1万円程度です。

効果

レーザーを照射する回数やもともとの症状にもよりますが、一度の手術で70~80%緩和する効果が得られると言われています。
長くて1~2年程度は効果があります。

しかし、そもそも花粉症は、アレルギー体質が基礎となって起こる免疫系全身病の一種。
手術したところは元の粘膜に再生し効果が薄れて来ますので、花粉症が完治するものではありません。

根本治療

日本ではまだあまりメジャーではありませんが、花粉症を根本から治す治療法も実はあるのです!
「減感作療法」という治療法を聞いたことはありますか?
これは、アレルギーの原因物質のエキスを長い期間に渡って少しづつ何度も体内に注射する方法です。

アレルゲンに直接慣れさせるという、いわば予防接種のような方法です。
ただ、何年もかけて何度も何度も注射をする必要があるため、この治療方法にはかなりの根気が必要です。

注射が苦手な方や忙しくて定期的に病院に通えないという方にはなかなか難しい治療方法かもしれません。

体質改善で花粉症を治す唯一の治療法と言われていますが、最低でも2年は続けて治療が必要で、途中で止めてしまうと意味が無いのです。
じっくり完治を目指す人にはオススメの治療法です。

近年注目されているのが「スリット減感作療法(舌下減感作療法)」という、注射でエキスを取り込むのではなく、エキスを数分口に含むという方法。
注射が苦手な方には嬉しい方法ですし、自宅で行えるため通院回数も大幅に減らすことができます。
また、まれに注射によるショック症状がある減感作療法で副作用が起きる場合がありますが、スリット減感作療法では副作用が少ないという特徴があります。
ただし、これらの方法は長期戦であるにも関わらず完治できる人は6割以下と言われています。根気がいる治療方法です。

根本治療1/舌下免疫療法

舌の下にスギ花粉の液を滴下し、2分ほど待った後そのまま飲み込むのが舌下免疫療法です。
2014年からこちらも保険適用となりました。
1回目の投与は医療機関で行いその後は毎日自宅で行います。

スギ花粉症に効果がある方法として、舌の下にスギ花粉の液を投与して体に吸収させます。これを繰り返し行うことで症状の軽減が期待できます。

安全のため実施できない時期もあるので病院に確認を。こちらも、70~80%の患者さんの花粉症を緩和はしても、完璧に治せる治療法ではないことを理解しておきましょう。

根本治療2/減感作療法

花粉の他、ダニアレルギーや喘息のある方が対象。
アレルギーの原因となる物質をごく薄い濃度から少しずつ注射して抵抗力をつける治療法です。
週1~2回の注射で維持量に達するのに4ヶ月ほど。その後、維持量に達すれば月1回程度の注射となります。

ただし、注射を止めてしばらく放置しておくと体質が元に戻ってしまいます。保険適用です。

番外編

番外編として、花粉症の症状を和らげるツボをご紹介します。

合谷(ごうこく)

手の人差し指と親指の付け根の合わさった部分。花粉症のあらゆる症状に効くとされるなツボです。

太陽(たいよう)

こめかみの部分、口を開け閉めした時に、ややへこむ部分。主に目の充血やかゆみを和らげる効果が期待されます。

迎香(げいこう)

小鼻のくぼみにあるツボ。犬歯の付け根あたりに位置します。鼻づまりの症状を緩和すると言われています。

もう花粉に悩まされない!

花粉症をすぐに治すという方法は残念ながら今のところありません。

花粉症の原因は人それぞれ様々です。
まずは、自分は何の花粉に反応しているのかをしっかり把握してください。

そして、その花粉が飛び始める2週間くらい前から薬を飲み、症状を軽減させましょう。
また、以下のことに気を付けるだけでも花粉症の症状を軽減することが出来ます。

・花粉を出来るだけ家に持ち込まないように、玄関で衣服を脱ぎ、すぐにお風呂に入って花粉を洗い流す。
・マスクやメガネの着用で花粉が目や鼻にはいらないように気を付けましょう。
・うがい手洗いをこまめにしましょう。
・ウールなどの素材は花粉がつきやすいので避ける。
・体調管理を徹底しましょう。
・毎日の花粉量をチェックして、花粉量が多いときは窓を開けないようにしましょう。

少しでも花粉症の症状を軽減させて、花粉症時期も過ごしやすい毎日を送れるように、出来ることを徹底的に行いましょう。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー