prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

最近、化粧ノリが悪いと感じる方へ!見落としがちな要因と解決法

「最近どうもお化粧のノリが悪い」と感じることありませんか?
しっかりメイクすればするほど、逆に崩れやすくなったり、隠したいところがカバーできずに目立ってしまう。

実はそれが、今のあなたの本当のお肌。
肌は真実を映す鏡。
化粧のノリで肌の本当の状態が分かってしまいます。

毎朝メイクがうまくいかないと、肌だけでなく心までボロボロになってしまいそう...
そんな状況から抜け出しましょう!
ここでは化粧ノリが悪い原因と、その解決法をお話していきます。

メイクもばっちり決まって、身も心も気持ちいい毎日を迎えましょう!

化粧ノリが悪くなる6つの原因

まずはどうして化粧ノリが悪いのか、その考えられる原因を6つ挙げてみました。

①乾燥

化粧のノリで、肌の調子が顕著に分かるもの。
そして肌の調子は、肌の水分量に大きく関係しています。

乾燥ゴワゴワ肌

ノリが悪いと感じるのは、肌が乾燥している時が一番多いようです。
肌が乾燥していると、肌がカサカサゴワゴワして、メイクをのせても肌の表面で浮いてしまいます。

オイリー肌

「自分はオイリーだから乾燥とは関係ない」と思うのは間違い。
実はオイリー肌というのは、肌の水分が足りていない状態なのです。

水分が少ないと、乾燥などの外的刺激から肌を守るバリア機能が低下します。
そのため、バリアを張ろうと皮脂腺から過剰に皮脂が分泌されます。
その結果、肌がオイリーになり、ファンデーションやメイクが皮脂と混ざり合ってムラができてしまうのです。

紫外線

かなり注意が必要なのが紫外線。
紫外線は肌の乾燥や老化など、様々な肌トラブルを呼び込んでしまいます。
日差しの強い夏にだけ注意を向けがちですが、実は春や秋などにも紫外線量は多いので、一年を通して気をつけなくてはなりません。
中途半端な対策をしていると、気付かないうちに紫外線を浴びた肌が、乾燥でダメージを受けてしまいます。

②ターンオーバーの乱れ

肌がゴワゴワしたりする原因として、乾燥の他にも古い角質のはがれ残りなどが考えられます。

角質のはがれ残りは、肌のターンオーバー(新陳代謝)が乱れているからです。
肌は約1か月かけて古い角質をはがし、新しい肌を作り出します。
このターンオーバーが乱れると、古い角質は肌に残ったままになって、肌のゴワつきやくすみを生み出してしまいます。

③ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは、便秘や肌荒れなどに密接にかかわっています。
睡眠不足やストレスが原因であったり、生理の前後などに乱れやすくなりがちです。

ホルモンバランスが乱れると、顔にもてきめんに不調が表れてくるので、従来のスキンケアだけでは乾燥が防ぎにくくなります。

④加齢

私たちの肌内部に存在する保湿成分は、年齢と共に減少していきます。
特に20代後半からガクッと半減してしまうため、30代過ぎると化粧ノリが悪くなると感じることが多いのです。

皮膚の薄い顔は大変乾燥しやすく、一番年齢を感じさせやすい部分です。
肌の乾燥の他にも、シワやシミ、くすみが化粧ノリを悪くする原因にもなります。

⑤スキンケアの仕方

メイクや汚れを落とそうとゴシゴシ洗っていませんか?
強く洗いすぎると、肌を守る大切な皮脂まで落としてしまうのです。

皮脂の少ない肌は潤いが不足して、乾燥などの外的刺激を受けやすくなります。
また、皮脂は水分と混ざり合って、皮膚にバリア膜を張り、水分の蒸発を防いでくれます。
ですから、いくら化粧水で補充しても、肝心の皮脂がなければ蒸発していくだけで、なかなか乾燥を防ぐことができないのです。

⑥お化粧の仕方

化粧のノリの悪さを隠そうと、ファンデーションを塗り重ねたり、やたらポイントメークに力を入れすぎたりしていませんか?

調子の良くない肌は、濃いメイクで隠しきることはできません。
それどころか、毛穴を防いでしまったり、刺激を与えすぎてしまったりして、かえって肌への負担を大きくしてしまいます。

クレンジングの時もそうです。
メイクを落とすのに、ナチュラルメイクの時よりもはるかに肌に負担がかかります。

化粧ノリ対策~スキンケア編~

それでは、いったいどうすれば化粧ノリを良くしていけるのか。
その解決法を下に記載しました。
まずは、スキンケアや習慣の中で注意すべき点を見ていきましょう。

保湿をしっかり

乾燥を防ぐために、まずは何よりも肌の保湿をしっかりしてあげましょう。

保湿成分は色々ありますが、まずはセラミドを積極的にとってあげましょう。
セラミドは肌の水分をキャッチする受け皿になります。
受け皿がないと、いくら水分を補給してもキープできません。

受け皿をしっかり作ってあげた上で、ヒアルロン酸やエラスチンなどの保湿成分を補給しましょう。

ターンオーバーの活性化

古い角質が残ったままにならないよう、角質のケアをしてあげましょう。
具体的にはピーリングや角質ケア専用のスキンケア製品を使って、古い角質を落としてあげます。

皮脂を落としすぎないよう、あくまでもこすらず、優しく丁寧に。

ピーリングなどで肌への摩擦が不安という方には、美容液タイプの商品もありますので、そちらがおすすめです。

生活習慣の見直し

不規則な生活をしていると、その影響が肌にすぐ出てきてしまいますよね。
まずは根本となる体を整えることが重要です。

暴飲暴食をしない、睡眠をしっかりとる、軽い運動をする。
当たり前のことですが、これができているといないとでは、全然違います。
基本的なことでかまいません。
続けていくことが大切です。

血行を良くする

口周りや目元は乾燥しやすく、血行不良になりやすい部分です。
血行不良はターンオーバーを乱しますし、血色の悪い肌はシワが目立ってしまいます。

マッサージなどで血行促進してあげましょう。
肌の細胞が活発化して、ターンオーバーが整いやすくなります。

化粧ノリ対策~メイク編~

次はメイクのポイントです。
メイクはほとんど毎日するものですから、やり方に注意していくだけでも、化粧ノリがグッと違ってきますよ。

日焼け止め、下地を使う

メイクの前には必ず日焼け止めや下地を忘れないようにしましょう。
日焼け止めは紫外線による肌の乾燥を防ぐために重要です。
季節や場所にかかわらず使った方が良いでしょう。

下地を使うことで肌の土台を整えてあげましょう。
そうすることでファンデーションが肌になじみやすくなります。
スムーサーなどを使うのもおすすめです。
肌のデコボコが埋められて、メイクのノリが格段に良くなります。

パフを清潔に

見落としがちなのが、パフの汚れ。
一度も洗っていない、ファンデーションがびっちりとこびりついたパフを使ってはいませんか?

使ったパフにはファンデーションだけではなく、雑菌や皮脂もついています。
パフに繁殖した雑菌をまた肌につけるなんて、考えただけでも恐ろしいことです!

また、皮脂がパフについていると、ファンデーションが固まってついてしまうので、厚塗りになったりムラになったりしてしまいます。

少なくても週に一度はパフを洗って使いましょう。
石鹸でもいいのですが、パフ専用のクリーナーがありますので、そちらを使うことをおすすめします。

ファンデーションは厚塗りしない

見映えを良くしようと、ついついファンデーションを厚塗りしてしまうのは厳禁です。
シワの溝にファンデーションが入り込んでよじれてしまい、かえってシワを目立たせてしまいます。
薄くムラなく塗ってあげるのがコツです。

化粧ノリを良くする基礎化粧品

それでは、化粧ノリを良くするために、保湿に力を入れた商品を3つご紹介しましょう。
どれも、「トライアルセット」や「定期コース」などがありますので、お財布の心配も少なくてすみますよ。

アヤナス

ポーラ、オルビスグループの乾燥肌・敏感肌専門ブランド「ディセンシア」。
その中でも特にエイジングケアに特化した商品が「アヤナス」です。

人の肌に存在するセラミドと同じ形の「ヒト型セラミド」を配合。
ヒト型セラミドは肌の奥に浸透し、バリア機能を高め、肌をトラブルから守ります。

肌本来の力を取り戻し、ハリや弾力が格段にアップします。

ヒフミド

小林製薬がエイジングケアのために開発した、高保湿のスキンケア商品です。

セラミドをより浸透させる、「ヒト型セラミド」を配合。
肌奥に浸透したヒト型セラミドは、肌の水分を逃がさないので、潤いが長時間持続します。

敏感肌の人にも安心して使えるよう、無香料、無着色で、刺激をできる限り抑えてあります。

肌ナチュール(炭酸クレンジング)

炭酸によるクレンジングが、血行を良くしてターンオーバーの促進を助けてくれます。
血行が良くなり、くすみや黒ずみがスッキリして、肌本来の美しさを引き出します。

肌にあてるとシュワシュワとした炭酸泡が広がり、メイクを浮かせて落としやすくします。
ダブル洗顔をせずに汚れを落とせるので、手間や肌への負担が少ないのも人気の理由です。

高濃度の保湿成分や美容成分をたっぷり配合しているので、クレンジングなのに肌に潤いを届けるケアもばっちり!

諦めないで肌へのいたわり!続けることで化粧ノリをアップ

いかがでしたか?どれも毎日の習慣の中に簡単に取り入れられるものだと思います。
歳のせいや肌質だからと諦めないで、まずは習慣づいてしまっているところを見直してみましょう。

ターンオーバーの周期(約28日)に合わせて、まずは最低一か月は続けてみてください。
きっと、肌はそれに応えてくれますよ。

メイクも決まって、お出かけが楽しくなる、そんな日を早く迎えられるといいですね!

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

スポンサーリンク

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー