prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

今年の冬は怖くない!保湿成分の高い成分でウルウル肌に!

スポンサーリンク

その方法…間違っていない?保湿の正しい方法

夏が過ぎ、これから始まる乾燥の季節、トラブルなしの安定した肌を保つ為には、保湿がとても大切になってきます。
しかし、間違った方法で保湿をしていても全く意味がありません。一生懸命保湿をしている?つもり?で本当は保湿されていなかった…なんて努力が無駄にならないように、正しい保湿の方法をまずはしっかりと知ることが大切です。

本当の保湿とは

肌が夏に浴びた大量の紫外線、これからの季節の大敵、乾燥を防ぐためには、保湿が大切だという事は誰もが知っていること。
保湿とは何か、と聞かれたときに、「保湿とは肌にうるおいを与える事」という答えは正解ではありません。

正しい答えは、「保湿とは肌にうるおいを与え、肌の内部で水分をきちんと保つこと」これが正解です。
水分を与えて肌の内部に水分がある、というだけでは保湿にはなりません。正しい保湿とは、水分を与えて肌の内部に水分を保持することが大切です。

これで安心!正しい保湿方法

では、具体的正しい保湿の方法をご紹介します。ダメージを受けた肌に保湿クリームやオイル、パックを塗るだけでは保湿はされません。
今日は乾燥が酷いから、といつもよりクリームをたっぷりと塗って、保湿をしたと思い込んでいる方は少なくないはず。

確かに、乾燥でカサカサした肌にたっぷりのクリームを塗ると肌が潤ったように感じます。

しかし、それは一時的なもの。本当の意味で保湿をした、とは言えません。そもそもクリームは、肌に与えた水分が蒸発しないように閉じ込める役割をするもの。
クリームは油分ですが、肌を保湿する為には水分が必要です。
ですから、化粧水でたっぷりと水分を肌に与えて、その水分を肌の内部で保つために、クリームでフタをして、水分が蒸発するのを防ぎます。
保湿が出来ていない肌は、化粧ノリが悪いだけでなく、シワやたるみの原因にも繋がります。
また、乾燥した肌をほっておくと痒みが出てきてしまう事も。
肌年齢を若く保つために、また肌トラブルを避けるために、しっかりと正しい方法で保湿をする事を心がけましょう。

知らなきゃ損!保湿力の高い3つの成分でもちもち肌を手にしよう!

今使っているスキンケア商品、なぜそれを使っているのか明確な理由はありますか?日々のスキンケアをちょっと見直すだけで肌は変わります。
今の自分の肌には何が必要かを、自分自身しっかりと分析し、肌悩みに合ったものを選ぶ、
使っているスキンケア商品に配合されている保湿成分によっても、肌の状態が変わってきます。では、保湿力の高い成分とは一体何でしょうか。

保湿力が高い成分って?

保湿力の高い3つの成分

・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン

この3つは最も保湿力の高い成分です。スキンケア商品を選ぶ時に、この3つの成分が配合されているか意識することは、保湿力の高い肌を手にする為の第一歩化もしれません。

3つの成分の具体的な役割

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、この3つは保湿力の高い成分と言えますが、実際どの様な役割をしているのでしょうか?

セラミド

肌の奥から生まれ、肌の角質層に存在し、ばい菌や乾燥などの外敵刺激の侵入、水分の蒸発を防ぎ、うるおいのある肌を保つ役割をしています。

ヒアルロン酸

既に私たちの体の中に存在している多糖類の一種で、水分をしっかりと保持し細胞を守っています。年齢と共に気になる肌のシワ、たるみを予防してくれます。

コラーゲン

コラーゲンはタンパク質から出来ていて、あらゆる組織の中に含まれているものです。コラーゲンは豚足やスッポンなど食べ物も有名ですが、美肌を作り、肌をプルプルにしてくれます。

保湿と一言で言っても、3つとも肌に違う働きをしてることが分かりますよね。

肌に一番大切な成分

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、これら全てが、保湿力の高い綺麗な肌をつくるために必要なもの。その中でもまず、肌に取り入れてあげたいものは、セラミドです。
セラミドは、肌のバリア機能を高める役割をしてくれます。バリア機能が失われてしまうと肌表面もトラブルを起こし、うるおいを失ってしまいます。

美肌作りの土台に必要なのがセラミド。土台がしっかりとできていなければ、ヒアルロン酸やコラーゲンを一生懸命取り込んでも意味がありません。

これから乾燥の季節がやってきます。しっかりと肌を保湿しトラブル知らずの肌を目指しましょう。

これでもう乾燥肌に悩むことはない!セラミドの凄さ教えます。

セラミドって言葉を聞いたことはありますか?聞いたことがない人も、
聞いたことはあるけど、詳しくは分からないという人も、綺麗な肌を作るためにセラミドは必要不可欠なものなのです。
この冬、乾燥に負けない保湿力の高い、プルプル肌を守るために、セラミドの凄さをご説明します!

今大注目のセラミドを知ろう

セラミドとは

セラミドとは何か、一言で言えば保湿成分です。セラミドは、私たちの肌にある成分の一つ。
人間の体は、外部からの刺激、ウィルス、細菌等が内部進入しないようにバリア機能が備わっていますが、

このバリア機能を高める役割をしているのがセラミドです。セラミドは肌の保湿には大変重要なものですが、年齢と共に減少していきます。

セラミドは、スフィゴン脂質といういわゆる油の一種なのですが、スフィゴン脂質は私たちの体に非常になじみやすいです。
セラミドは、水分を保持する事が出来ますが、セラミドは油…それでも水分を保持することが出来るの?と思いましたよね。

これがセラミドの大きな性質ともいえるのですが、セラミドは油、水それぞれなじみやすい箇所があります。ですからしっかりと水分を保持する事が出来るのです。

セラミドが与える肌への効果

セラミドが凄い!というのは、お分かりいただけたかと思います。
では、実際セラミドは肌にどのような効果をもたらすのでしょうか。以下にまとめました。

・肌への保湿効果
・肌トラブルの予防
・美肌・美白効果
・アトピー性皮膚炎の悪化防止・改善
・乾燥肌の改善
・肌の老化防止

その中で、やはりなんと言ってもセラミドは保湿効果が最も高い。
セラミド以外に保湿効果がある成分はありますが、いくらセラミド以外の保湿効果がある成分を取り込んでも、セラミドが不足しているとバリア機能が低下してしまうため、保湿効果を発揮する事が出来ません。

乾燥が気になるこれからの季節、セラミドの力でトラブルゼロのうるおったお肌を保ちましょう!

効果が変わる!セラミドについている番号の意味とは!?

保湿力の高いセラミド。セラミドが不足すると肌のバリア機能が低下し、美肌からはどんどん遠ざかってしまいます。
乾燥する肌に強い味方のセラミド、そんなセラミドについている11種類の数字の意味を知っていますか?実は、この数字とても大切なのです。ここではその数字の意味をしっかりとお教えします。

セラミドの数字は11種類

少し前までは7種類だったセラミド

セラミドが配合されている化粧品の成分表を見てみると、セラミド1やセラミド2、と言ったセラミドの後につく数字があるのを知っていますか?
この数字、何か意味があるのかな?と思った方も多いはず。

数字は、11種類あるのですが、少し前まで7種類でした。しかし、最近11種類あると分かったのです。
この11という数字はどういう意味があるのかというと、セラミドは、私たちの皮膚に11の種類に分けられて存在します。
11種類のセラミド、すべてそれぞれ効果が違うのです。

11種類の効果の違い

11種類のセラミドのうち、3つはまだ効果がはっきりと分かっていません。下記にセラミド11種類の効果をまとめました。

セラミド1…水分を保ち、バリア機能のサポート
セラミド2…セラミド1よりも水分を保つ事に優れている
セラミド3…シワを抑える機能
セラミド4…角質の脂質バリア
セラミド5…角質の脂質バリア層を作り、それを保つ機能
セラミド6…角質の脂質バリア層を作り、それを保つ機能
セラミド6Ⅱ…水分を保ち、新陳代謝を高め、シワを抑える機能
セラミド7…皮膚の中のバランスを整える
セラミド8…不明
セラミド9…不明
セラミド10…不明

化粧品の成分表を見るとよく配合されているのが、セラミド1.2.3.6です。

上記のセラミド1.2.3.6の効果を見てもらえば分かりますが、セラミドは保湿効果が抜群であるということ。これから化粧品を購入する時は、セラミドの後につく数字にも意識をして購入するとより効果的かもしれませんね。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー