prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

大人ニキビのスパイラル!繰り返すニキビはバリア機能の低下が原因

ニキビ2
ニキビを繰り返してしまう大きな原因は肌のバリア機能の低下。

加齢とともに衰えてしまうものだから、工夫して強めるしかありません。あなたの肌バリアのはたらきは活発ですか?

スポンサーリンク

お肌のバリア機能とは

20151106baria

お肌のバリア機能は外部の刺激や異物の侵入からお肌を守る働きと、そしてお肌の水分が蒸発するのを防ぐ働きを持っています。

お肌のバリア機能のポイントは皮脂、天然保湿因子、セラミドといえるでしょう。

まずは1次バリアとしてお肌の皮脂の膜が水分の蒸発を防ぎ、ほこり等の異物の侵入を防ぎます。

そして2次バリアとして細胞間脂質で水分を保持しています。

この細胞間脂質にはセラミドが沢山存在しており、スポンジのように潤い成分である天然保湿因子を保持しています。

スポンサーリンク

皮脂

皮脂というとべたつきやオイリー肌等のネガティブなイメージがまず思い浮かぶかもしれませんが、実はお肌を守る大切な成分でもあるのです。

お肌の一番表面に位置する皮脂の膜は水分の蒸発を防ぎ、異物の侵入も防いでいます。
そして弱酸性なので細菌の繁殖も防ぎます。

この皮脂膜が失われると水分が蒸発してしわになりやすくなり、また、異物の侵入も許してしまうためお肌トラブルに見舞われ、最悪の場合アトピーやアレルギーが発症してしまう場合もあるでしょう。

天然保湿因子

天然保湿因子(Natural Moisturizing Factor)はNMFと呼ばれ、水分を保持してお肌の弾力性を保ちます。

セラミド

潤いの土台のようなもので、スポンジのように水分を保持しています。

親水基と親油基をもち、脂質二重層となって水分層と脂質層を交互に保持しています。

この構造が崩れてしまうと水分をしっかりと保持できなくなり、乾燥肌となってしまいます。

バリア機能の低下は美肌の大敵

20151106womansad
肌の表面で水分を保ち、外界からの刺激から守るバリア機能が低下すると、肌のターンオーバーが乱れ、刺激に絶えられず肌トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

すると毛穴に皮脂や角質が溜まりやすく、肌トラブルの元凶に。
ニキビをケアするために栄養を補給しても栄養が逃げてしまいやすく、清潔に保つために洗い流すことでさらにバリア機能を低下させてしまいます。

肌トラブルを防ぎ、ニキビのできにくい肌を育てるためには肌のバリア機能を高めることが重要。

肌のバリア機能を高めるために一番重要なのが「保湿」ケアです。
肌自身の水分保持能力を高めることで、肌トラブルを起こしにくく、ニキビの悩みと無縁の肌を育てることが可能です。

知っておきたい保湿成分はセラミド

肌のバリア機能を高める保湿成分「セラミド」をご存知ですか?

セラミドは肌の表面でバリア機能を担っている細胞間物質。細胞と細胞とをくっつける接着剤のような役割も担っています。

このセラミドは赤ちゃん時代の肌に豊富。
あかちゃんの肌が潤ってもちもちしているのはセラミドが豊富だからなんです。

悲しいことにセラミドは加齢とともに減少していきます。

つまり、意識して補給していかなければ肌のセラミドはどんどん減少し、バリア機能が衰えるばかりだということ。
スキンケアではセラミドを補給し、食生活を工夫してセラミドを生み出しやすい身体にすることが大切です。

スキンケア化粧品を選ぶなら、セラミド入りを!

20151104hair3
肌は吸収器官ではありませんからスキンケア化粧品でセラミドを補給しても新しいセラミドを生み出すことはできません。

ですが今あるセラミドのはたらきを高めることは可能。
できればセラミド含有のクリームを使用して潤いの土台からケアすることをおすすめします。
肌にあるセラミドをスキンケアでサポートしながらセラミドを生み出す工夫を取り入れることが賢い方法です。

たんぱく質の補給を積極的に

20151104huusen
細胞の材料はたんぱく質。炭水化物に偏った食生活ではセラミドを効率的に生み出せません。

丼ものやパスタなど、炭水化物に偏った食生活をしている場合は積極的に肉や魚を摂るように心がけましょう。
もちろん、野菜や炭水化物もバランスよく取り入れることが大切です。

肌のバリア機能が高ければ、多少の刺激や不調に負けません。

ニキビ肌に悩まされないためには肌を強く育てることが重要ですね。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機会ってありますよね。 でも、化粧を取ったら毛穴が目立つ、ニキビ跡が汚くてとても見せられない…! どう
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー