prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

VCOマイルドソープ口コミの真相!毛穴汚れにも効果アリってホント?

鼻の毛穴汚れによるイチゴ鼻・ニキビ肌・乾燥肌などの悩みには、すべて毎日の洗顔が深く関わっています。
もし、あなたが肌トラブルに悩んでいるなら、それは洗顔に問題があるかもしれません。

とくに洗顔石けんは、肌トラブルを引き起こす原因にもなる可能性があるため、どんな石けんを使うかは重要な問題といえるでしょう。

今、口コミでかなり評判の高い洗顔石けんが「VCOマイルドソープ」という固形石けんです。

VCOマイルドソープは、「赤ちゃん肌」をうたうほどの美容効果をかねそなえているため、肌にも優しそうなイメージを受ける方が多いようです。

実際に、VCOマイルドソープを使って「毛穴の黒ずみがなくなった」「ニキビ肌がきれいになった」といった口コミもたくさんあります。

なぜ、これほどVCOマイルドソープは、多くの方から評価されているのでしょうか。

口コミの評判は本当なのか、はたまた嘘なのか、肌で悩んでいる身としては、かなり気になるところです。
そんなVCOマイルドソープの真相について、徹底的に解析していきます。

VCOマイルドソープをチェック

スポンサーリンク

VCOマイルドソープってどんな口コミが多いの?


VCOマイルドソープを実際に使った方の体験談で多いのは、肌トラブルに関するものと、肌の変化を感じたものです。

肌トラブルを持っていた方の体験談

皮膚科でも治らなかったニキビが治った

このような、ニキビ肌で悩んでいた方が、肌に改善を感じたという声が多いようです。

洗顔後に感じていた肌の乾燥をしなくなった

敏感肌のトラブルがなくなってきた

また乾燥肌で悩んでいた方による声もあります。

スポンサーリンク

肌の変化を感じた方の体験談

鼻の毛穴が目立たなくなった

鼻の毛穴汚れがうすくなった

くすみがとれて肌の色が明るくなった

このように、肌の違いを感じている声をよくみかけます。

洗顔後ぜんぜんつっぱらない

しっとりとした洗い上がり

ピリピリしない

使い心地も、おおむねよい評価をされているようです。

体験談や口コミを読むと、いろいろな面が評価されているVCOマイルドソープ。
これだけ、評判のVCOマイルドソープとは、どのような石けんなのでしょうか?

VCOマイルドソープってどんな石けん?


忙しい毎日、洗顔で肌ケアができたら、楽ちんですよね。

もし、肌のケアができる石けんを望むなら、洗顔石けんを選ぶ3つのポイントがあります。

石けん選びのpoint

  • 汚れを落とせること
  • こすらずに洗える泡立ち
  • 肌へのやさしさ

VCOマイルドソープは、この3つのポイントをすべて兼ね備えています。

どういうことか、VCOマイルドソープの特徴をみてみましょう。

高級美容オイルVCOで赤ちゃん肌へ

VCOマイルドソープの主成分は、インドネシア産のヴァージンココナッツオイル(VCO)です。

VCOは高級美容オイルとして、古くからジャワ王国で宮殿の女性たちが、美しさを磨くために愛用していたという歴史があるといわれています。
スーパーモデルやハリウッド女優なども、美容のためにヴァージンココナッツオイルを愛用している方が多いようです。

VCOは母乳と同じ成分の「ラウリン酸」が成分の約50%が含まれているため、天然の母乳成分といわれています。

このVCOが高配合されているため、洗顔で肌本来の機能を高め、健康的な素肌になるのを助けてくれるようです。

赤ちゃんのようなみずみずしくてスベスベな肌を、目指したいですね。

美容成分が段違いに豊富

一般的な石けんの成分は、洗浄成分が99%といわれています。

これでは、ほぼすべてが洗浄成分ということになり、美容成分はたったの1%しか含まれていません

それに対して、VCOマイルドソープは「枠練り製法」と呼ばれる昔ながらの製法を採用することにより、美容成分が40%も配合されています。

枠練り製法は、手作業の工程が多く、時間と手間がかかるのですが、石けん素地以外の美容成分を配合できる製法です。

VCOマイルドソープは、ただ単に汚れを落とすだけの石けんではなく、美容成分によって肌のケアをできる石けんということになります。

肌へのやさしさにこだわった無添加

VCOマイルドソープには、肌への刺激となる合成界面活性剤・香料・防腐剤・着色料といった成分が、一切使われていません

肌への優しさのために、完全無添加にこだわって作られています。

肌についていらない汚れはしっかり落として、肌にとって大切な皮脂はしっかり残すことができるという、肌のバランスを考えたやさしい洗顔ができるのです。

W保湿成分による高い保湿力

VCOマイルドソープには、ふたつの保湿成分が含まれています。
それは、ラウリン酸とヒアルロン酸です。

ラウリン酸

ひとつはヴァージンココナッツオイル(VCO)に含まれる「ラウリン酸」です。
さきほど母乳に含まれている成分とお伝えしたのは、ラウリン酸のこと。

ラウリン酸は脂肪酸のひとつで、皮脂と似た成分といわれており、肌の乾燥を防ぎ、潤いをもたらす働きがあります。
また、抗菌作用や抗炎症作用に優れているため、肌トラブルをおさえることが考えられますね。

口コミでよくあった「肌トラブルがよくなったかも」というのは、ラウリン酸の働きがあったのかもしれません。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、もともと肌にある成分で、角質層の水分を保つ働きをしてくれます。

1gで2~6リットルの水分を保てるといわれており、その保湿力の高さから、多くの化粧品に配合されている美容成分です。

ヒアルロン酸が石けんに含まれることで、角質層の水分をヒアルロン酸がしっかり保つため、肌から余計な水分が蒸発しないように防ぐ働きを期待できます。

このヒアルロン酸とVCOのダブル保湿が、洗ったあともつっぱらないで、しっとりした肌を実現するのです。

きめ細かく濃密な泡立ち

VCOマイルドソープのつくる泡は、生クリームのような濃密できめの細かい泡が特徴です。

VCOに含まれるラウリン酸の気泡力が、分子の小さい細かな、それでいて濃密な泡をつくります。
その濃密さは、泡立ってから3時間経ってもへたらないほどです。

このきめ細かい泡は、毛穴の奥まで入り込んで汚れをしっかり吸着します
VCOマイルドソープが毛穴汚れにも効果的といわれているのは、この泡の力が大きいといえます。

シンプルな成分だけでつくられている

VCOマイルドソープは、無添加で余計なものは入れない、シンプルな成分だけでつくられています。

VCOマイルドソープの全成分をしっかりみてみましょう。

植物由来の石鹸下地

石けんにするための主原料です。
植物の油脂から作られています。

一般的には、石鹸素地だけで石けんが作られることは、ほとんどありません。
効果成分や、化学合成添加物などを加えることが多いようです。

VCOマイルドソープは、植物油脂が原料の石鹸素地をベースに次の成分が含まれています。

ヤシ油

ヴァージンココナッツオイル(VCO)のことです。

VCOマイルドソープの主成分となります。
薬品を使わず化学処理を行わずに、自然な方法で抽出された天然のココナッツオイルです。

加熱処置や漂白剤の配合がされていないもので、ココナッツオイルに含まれた栄養が壊されていません。

ステアリン酸

不飽和脂肪酸のひとつで高級脂肪酸です。
水と油のなじみをよくする作用があるため、天然の界面活性剤として使用されています。

界面活性剤というと、不安を覚える方もいるのではないでしょうか。
ステアリン酸は合成の界面活性剤とは違い、肌へ刺激を与えずに保湿し、抗菌・抗酸化作用で肌を清潔に保つことができます。

VCOマイルドソープの泡立ちを支える成分のひとつです。

ヒアルロン酸Na(ヒアルロン酸ナトリウム)

角質層の水分を保つ保湿成分です。
三大保湿成分といわれる、セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸のひとつ。

高い保湿力で、肌の水分が蒸発しないように抑える働きを期待できます。

分子が大きいため、体内に入るのではなく、肌の表面に水の膜を貼って肌を乾燥から守る役目があります。

水酸化K(水酸化カリウム)

水酸化カリウムは、水と油を乳化させ、石けんを安定させるph調整剤の役割があります。

角質の余分な汚れを、しっかり落としてくれる働きを期待できる成分です。

水酸化カリウムはアルカリ性のため、肌への刺激を問題視することもあります。
しかし石けんになるために、ラウリン酸やステアリン酸と結びつくことで、化学反応を経て無害化するようです
そのため、肌に刺激を与えることはありません。

そもそも、厚生労働省の「肌に被害をもたらす可能性がある物質」に入っていない成分なので、安全性が保たれており大きく心配する必要はなさそうです。

石けんをつくる成分を混ぜるときに、欠かせない成分です。
また、水そのものにも肌に潤いを与える働きがあります。

VCOマイルドソープに含まれているのは、たったこれだけ。
余計なものが一切含まれていない安心感も、VCOマイルドソープの特徴といえます。

VCOマイルドソープ公式サイト

VCOマイルドソープこんな人にオススメ


いろいろ調べましたが、VCOマイルドソープは、やさしく洗って肌を元気にする石けんのようです。

「健康な肌になりたい」というすべての方にオススメできる石けんでした。

なかでも、次のような肌トラブルを抱えている人には、とくにオススメです。

鼻の毛穴の汚れ

毛穴の汚れは、通常の石けんで洗ってもなかなか落ちません

VCOマイルドソープの泡は、きめ細かくてモチモチしているので、毛穴の奥にまで入り込み、汚れを吸着して毛穴をきれいにします

もっちりとしてしっかりした最上級の泡をつくれるVCOマイルドソープは、毛穴汚れにも効果を発揮できるようです。

ニキビ肌

ニキビ肌の天敵は、刺激と乾燥です。

乾燥は、肌本来のバリア機能を弱らせます
そこに石けんの成分や、洗顔でこすることによる刺激が加わるとニキビは治りづらくなります。

VCOマイルドソープは、肌への刺激となる成分を含まないので、肌をやさしく洗えます。

また、濃密でへたらない泡だからこそ、肌に手を触れることなく洗うことができ、こすり洗いをしなくて済むのです。

洗顔後は高い保湿力で、肌を乾燥から守ります

このためVCOマイルドソープは、洗顔でニキビ肌を改善できる可能性がある石けんといえるでしょう。

肌のくすみ

肌がくすむのは、肌が不健康になっているサインです。

肌の血行が悪くなったり、新陳代謝がうまくいかなくなると、古い角質が残り、肌がくすんでみえてしまいます。

VCOマイルドソープは、洗顔で肌を健康にしていく石けんです。
健康になった肌は、自らの力で新しい肌へと生まれ変わっていきます。

古くてくすんだ肌から、新しい透明感のある肌へ。
使い続けた方は、肌に違いを感じるケースが多い石けんです。

乾燥肌

多くの場合、乾燥肌の洗顔は注意しなければならないのです。

洗顔をすることで、肌に必要な皮脂までも奪ってしまうため、乾燥肌を進行させてしまいます

しかし、VCOマイルドソープは皮脂に近い成分が含まれており、高い保湿力を誇るため乾燥で悩んでいる方にオススメできる石けんです。

乾燥肌の方でも「毎日安心して使える」と口コミで人気な理由がわかります。

VCOマイルドソープ公式サイト

注意したいのはアレルギー


天然素材で肌に優しい石けんですが、世界中のどんな体質の方でもOKというわけではありません。

なかには使用することで、アレルギー反応が出る可能性もあります。
これは、VCOマイルドソープだけでなく、どんな化粧品にもいえることです。

肌トラブルがあったり、敏感肌の方ほど、パッチテストを行ってから使用しましょう。

パッチテストの方法

  1. 指先に水を付け、石けんを少し溶かす
  2. 溶かした石けんを、腕の裏側など皮ふの柔らかい場所に塗る
  3. 上から絆創膏を貼る
  4. 12時間ほど放置する
  5. 絆創膏をはがし、皮ふをチェックしたら洗い流す

もしも、途中でかゆくなれば、自分の肌に合わないので使用しないでください

絆創膏をはがしたあと、赤くなっていないか、かぶれていないかのチェックをしましょう。
なにもなっていなければ、安心して使えます。

VCOマイルドソープってどのくらいもつの?


多くの方が、洗顔するのは朝か夜、もしくはその両方ではないでしょうか。

皮脂を落としすぎないように「朝の洗顔には石けんを使わない」という方も「朝晩しっかり石けんで肌の汚れを落としたい」という方もいます。

VCOマイルドソープは1個が85gです。
夜だけの使用なら約2か月分、朝夜両方使うなら約1か月分になります。

洗顔は毎日のことです。
上質な洗顔石けんが、毎日使って1か月以上もつのはうれしいですね。

VCOマイルドソープを購入するには

洗顔で肌ケアまでできるVCOマイルドソープが、人気の理由がわかりました。
悪い要素を探したのですが、あまりなかったのが悔しいです。

「使いたいけど、どこで売っているの?」
「よさそうだけど、ものすごく高いんじゃない?」

よいものだとわかると、このような疑問がでてきます。

いくらよい商品でも、値段や購入方法は気になるものです。

そこで、VCOマイルドソープの購入に関する知っておきたい点を紹介します。

どこで買えるの?

VCOマイルドソープは、公式サイトである「さくらの森オンラインショップ」から購入できます。

電話での注文もOKです。
残念ながら、楽天やAmazonでは販売していません。

VCOマイルドソープ公式サイト

気になるお値段は?

VCOマイルドソープは、通常価格2,847円です。

しかし、今なら2か月ごとに商品が届く定期購入コースで、初回半額のキャンペーンを実施しており、初回価格が2,847円から1,423円になります。

通常価格2,847円で購入した場合、朝夜の使用で1日約95円、夜のみ使用なら1日約47円。
これがキャンペーン価格の1,423円なら、朝晩使用が1日約47円、夜のみ使用で1日約24円です。

無添加で肌によい上質の石けんが、1日分この金額で使えるなら、割とリーズナブルといえるのではないでしょうか。

万が一、商品が気に入らなかったり、肌に合わなかった場合でも、15日間の返金保証があるので安心して購入できます。

送料は、商品代金とは別に、税別500円かかります。

おまけでついてくる泡立てネットが凄い!

VCOマイルドソープを購入すると、おまけで泡立てネットが付いてきます。
その名も「最高級泡立てネット
キメの細かい、ふわっふわの泡が作れる泡立てネットです。

ほかの商品についてくる泡立てネットとは、比べ物にならないくらい上質な泡をつくることができるため、石けんのみならず、この泡立てネットのファンがいるくらいの代物なのでうれしいおまけといえますね。

どうやって使うといいの?

VCOマイルドソープの使い方は簡単です。

  1. ネットに石けんを入れて、石けんの表面を数回こする
  2. 石けんを取り出す
  3. ネットに空気を含ませるように泡立てると生クリームのようなモコモコ泡に
  4. たっぷりの泡を両手に広げて、顔に泡を付け、内側から外側に向けて洗顔
  5. 水またはぬるま湯で洗い残しのないよう、丁寧に洗い流す

あまりにも、もこもこと泡が立つため「泡が落としづらかった」という口コミもあるようです。

毛穴にしっかり泡が吸着するため、ささっと流しただけでは泡を落としきれないことも。
32度くらいのぬるま湯で、しっかりと洗い流す必要があります。

やっぱり定期コースがお得!

VCOマイルドソープを買うなら、2か月ごとに届く定期コースがお得でしょう。

定期コースは初回価格が50%OFFの1,423円となるばかりでなく、2回目以降もずっと20%OFFの2,277円で購入できる特典があるためです。

しかも、今ならVCOマイルドソープの濃密できめ細かい泡をつくる「最高級泡立てネット」をプレゼントしています。
洗顔は毎日のことですから、うっかり注文忘れのない定期コースは、やはりお得で便利ですね。

支払い方法は?

VCOマイルドソープの代金は、3つの方法で支払いができます。

  1. 振込
    郵便局またはコンビニで振込ができます。
  2. 代金引換
    通常購入だと手数料が税別300円かかります。
    定期コースなら、この手数料が無料です。
  3. クレジットカード
    大手のクレジットカードなら、ほぼどこのカードでも使えます。

解約したいときはどうすればいいの?

定期コースを解約したいときは、次の商品が届く予定日の10日前までに連絡するだけでOKです。
電話1本で簡単に解約できます。

VCOマイルドソープ公式サイト

VCOマイルドソープで洗顔しながら肌ケア


VCOマイルドソープは「普通の石けんとしては少々高い」と感じる方が多いかもしれません。

しかし、安価な石けんは、やはりそれなりといえるでしょう。
値段を下げるためには、合成界面活性剤や防腐剤などの化学物質を、多く使わざるをえないのです

それが、一概に悪いわけではありませんが、肌への安全性を考えたり、肌トラブルを解消したいと思っている方には不向きかもしれませんね。

VCOマイルドソープは「肌のためになにかできることはないか」と考えている方にとっては、単純な金額比較をできない価値があるといえます。

もちろん、この石けんひとつですべての悩みが解決するわけではありませんが、悩みを和らげることは、できるのではないでしょうか

スキンケアのキホンは洗顔です。
よい洗顔は、肌のコンディションを整えることにつながります。

VCOマイルドソープで、肌ケア洗顔をはじめてみませんか。

VCOマイルドソープをチェック

>>洗顔石けんのおすすめを詳しくみてみる

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー