prBox_img
パサパサして絡まる髪…憧れのツヤ髪を手に入れるために必要なのはシャンプーを変えるだけ!?
カサカサなお肌に悩む冬…プルプルの乾燥知らずのお肌になるために見逃せない高保湿クリームをチェック!

【ぬるま湯vs冷水】洗顔するならどっちがいいの?それぞれのメリットとデメリットは?

洗顔は、毎日のスキンケアの中で最も大切なものです。
洗顔をすることで、汚れや余分な皮脂を落すだけではなく、お肌のターンオーバーを促す効果を期待することができます。

効果的に洗顔をするには、洗顔料の選び方も大切ですが。
洗顔の時の水の温度が、大きなポイントとなります。
ここでは、洗顔にはぬるま湯と冷水では、どちらを使ったら良いか見ていましょう。

ぬるま湯での洗顔

メリット

ぬるま湯は、その適度な温度によって、心地良く洗顔をすることができます。
一般的に、洗顔の時に使用するお湯は、ひと肌くらいの温度がちょうど良いと言われています。
人肌くらいの温度とは、約35℃から37℃くらいの温度のことを差しています。

ぬるま湯で洗顔をすると毛穴がほど良く開いて、毛穴の奥の汚れが落ちやすくなります。
また、余分な皮脂なども落ちやすくなるので、脂性肌の方に最適かもしれません。
適温のぬるま湯によって、ほど良く皮膚の血行が促されるところもメリットのひとつです。

デメリット

肌質によっては、ぬるま湯で洗顔をすると、お肌が乾燥しやすくなることがあります。
ぬるま湯と言っても、その温度に違いがあります。
手で触ってみて心地良く感じる場合でも、顔の皮膚にとっては熱く感じることがあります。

同じ温度のぬるま湯で洗顔をしたとしても、脂性肌の方にとっては調度良くても、乾燥肌の方にとっては、お肌の乾燥を招いてしまうことがあります。
このように、ぬるま湯は、温度調節がむずかしいという特徴を持っています。

また、洗顔後に毛穴が開きやすくなるのも、デメリットのひとつです。

冷水での洗顔

メリット

セレブ達の間で人気を博した美容方法のひとつに、冷水洗顔があります。
冷水洗顔は、毛穴を引き締める効果を期待することができます。
毛穴が開いていると、皮脂が詰まりやすくなる上に、メイクが崩れやすくなります。

冷水洗顔をすることで毛穴が引き締まると、メイクのノリが良くなるというメリットがあります。
また、お肌のたるみの改善対策をとることができるのも大きな魅力です。
冷水洗顔は、シンプルな方法でお肌の悩みの改善を目指すことができるので、世界中で注目されているようです。

デメリット

洗顔は、汚れや余分な皮脂を落す大切なスキンケアですが。
冷水洗顔をすることで、毛穴の奥の汚れが取りづらくなります。
毛穴の奥に汚れや皮脂が詰まった状態でいると、肌トラブルに原因となります。

また、肌質によっては、冷たい水に対して強い刺激を感じることもあるようです。
冷水で洗顔をすることで血行が悪くなると、ターンオーバーに悪影響を与えてしまうことがあります。
敏感肌の方の場合、顔が赤くなってしまうこともあるので注意が必要です。

脂性肌な人はぬるま湯、毛穴が開きがちな人は冷水を

ぬるま湯と冷水を比較すると、それぞれにメリットとデメリットがあります。
それぞれの特徴を踏まえた上で、自分の肌質に合った洗顔をすることが、美しい素肌のために必要なことなのかもしれませんね。
注意したいのは極端になりすぎないこと。ぬるま湯も冷水も適温を心がけましょう。

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

スポンサーリンク

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

1回で効果が出る美顔脱毛のHPを見てみる 1回で効果がわかる!キレイになれちゃう美顔脱毛とは ディオーネの脱毛サロンで人気の「美顔脱毛」。 “顔にジェルを塗って、脱毛の光を当てる”という、ごくごく
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー