prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

もう肌トラブル知らず!敏感肌にも使える日焼け止め3選

春から夏は紫外線が強くなる季節です。
紫外線対策はどのようにしていますか?
日焼け止めを使って対策している方も多いのではないでしょうか。

日焼け止めは肌に直接触れるものなので自分に合ったものを使いたいですよね!
特に敏感肌に悩む人は気を付けたいですよね。

日焼け止めには紫外線を防止するため肌に負担をかける成分も含まれます。
敏感肌で肌トラブルを起こしたことがある方もいるのではないでしょうか。

今回は敏感肌の人はなぜ日焼け止めで肌トラブルが起きてしまうのか、敏感肌にも使える日焼け止めの選び方について紹介します!
ぜひ参考にしてください。

敏感肌の私。日焼け止めで肌トラブルが起きたのはなぜ?

日焼止めを使って肌が荒れてしまったり、かゆみがでてしまう人は意外と多くいるもの。
肌を焼きたくないのに日焼け止めが使えないのは致命的ですよね。
では、その原因は何でしょうか?

主な原因は2つあります。

成分が合わない

原因の1つは、そもそも日焼け止めに使われている成分が、お肌に合わないこと。
日焼止めの中には、紫外線のダメージを肌に与えないため、化学物質が含まれています。
普通肌の人なら問題なく使用できる日焼け止めでも、刺激に弱い敏感肌の人では肌荒れを起こしてしまうことがあるのです。

日焼け止めに含まれる化学物質の種類は2つ。
紫外線吸収剤と紫外線散乱剤。
どちらも紫外線からお肌を守る役割を持っていますが、守る方法が違います。
詳しく見てみましょう!

紫外線吸収剤

その名の通り、紫外線を吸収して、肌内部に紫外線の影響を受けないようにするのが紫外線吸収剤。
吸収した紫外線を熱エネルギー変えて、肌表面から放出させる仕組みでお肌を守っています。
この化学反応で、敏感肌の人は肌荒れを起こしてしまうことが多いのです。

紫外線吸収剤は熱を吸収するため、肌を酸化させてしまうことも…
長時間つけていると、酸化が原因でシミやシワができてしまう可能性もあるのです。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、紫外線を反射、散乱させることで、お肌を守っています。
使用されている成分は有機化合物でがないため、お肌には低刺激。
しかし、皮脂を吸収してしまうため、乾燥しやすく、かゆみが出ることも…。

合わないと感じた商品や成分はチェックしておく

実際に使って肌荒れを起こしてしまった日焼け止めがあったら、その成分をチェックしてみましょう。
お肌に刺激の強い紫外線吸収剤を使用している日焼け止めは、敏感肌の人では肌荒れを起こしやすい傾向にあります。
そのため、できるだけ刺激の少ない日焼け止めを選ぶことが大切です。

自分が前に使用した商品をチェックすることで、何が原因だったのか知ることができます。
次からはその成分の入っていない日焼け止めを選べば、肌荒れは起こりづらくなるでしょう。

間違った使い方をしている

日焼け止めの成分に問題はないけれど、肌荒れを起こしてしまっている方は、使い方に原因があるかも。
日焼け止めは紫外線からお肌を守ってくれますが、使い方を間違えてるとお肌には刺激となってしまいます。
間違った使い方をしていないかチェックしてみましょう。

1年以上前の日焼け止めを使っている

1年以上前に開封している日焼け止めは注意が必要です。
一度あけてしまった日焼け止めは酸化してしまいます。
酸化すると、お肌に悪影響を及ぼす物質に変化してしまうことも…。

変質してしまった日焼け止めを使うと、シミやしわの原因にもなります。
紫外線からお肌を守るための日焼け止めが、肌トラブルの原因になってしまうのです。

肌トラブルを防止したいのなら、1年以上前の日焼け止めは使わない方が無難でしょう。

高い数値のSPFのものを使っている

SPFとは、紫外線を浴びてから、肌が赤くなるまでの時間を延ばしてくれる効果を示すもの。
高い数値のSPFの日焼け止めは、それだけ強力な化学物質をつかっているため、お肌に与える負担も大きいのです。

そのため、シチュエーションに合わせた日焼け止めを使い分けることが大切です。

外出する直前に塗っている

外出する直前に日焼け止めを塗っている人はいませんか?
実はその行動も肌トラブルの原因なんです。

日焼け止めが肌になじみ、効果を十分発揮するためには、30分前に塗る必要があります。
外出の直前に日焼け止めを塗ると、日焼け止めを塗ったのに日焼けしているという事態にも…。
しっかり日焼け止めを塗ることで、日焼けによる肌荒れの原因を防止しましょう。

塗り直しをしていない

どの日焼け止めも、1日効果が続くものはあまりありません。
時間とともに効果が落ちていったり、汗で日焼け止め自体が流れてしまうこともあります。
そのため、日焼け止めは2~3時間おきに塗りなおすことがおすすめです。

日焼けによる肌荒れが原因の場合は、塗り直しをしっかり行うことを意識しましょう。

敏感肌にも優しい日焼け止めを選ぶ4つのポイント

自分が肌荒れを起こす原因はわかりましたか?
使い方が間違っていた人は、まず正しい使い方を試してみましょう。
それでも肌荒れが起こってしまう場合は、やはり成分が原因です。

肌トラブルが起こりづらい、敏感肌でも使いやすい日焼け止めは、どんな商品でしょうか?
お肌に優しい日焼け止めを選ぶポイント4つまとめました!

ノンケミカル

ノンケミカルとは、化学物質を使っていない商品のことを示します。
日焼け止めでいうノンケミカルは、紫外線吸収剤を使っていない商品のこと。

紫外線散乱剤は天然成分でできているため、お肌への刺激も弱く、化学反応もありません。
そのため、化学成分で肌荒れを起こしてしまう人はノンケミカルの商品を使うことがポイントです。

肌に優しい、無添加の成分を配合

ノンケミカルの日焼け止めに加え、無添加の成分配合だとさらにお肌への負担は軽くなります。
パラペンなどの防腐剤や、化学物質である合成界面活性剤などは、肌荒れの大きな原因となります。
パラペンフリーや無添加の商品を選びましょう。

口コミやランキングだけに頼らない

口コミサイトやランキングを、1つの選ぶ基準にするのは良いこと。
しかし、それを鵜呑みにしてはいけません。

なぜなら、肌の性質は人それぞれだから。
ランキングや口コミがどんなに良くても、自分の肌には合わなかった…ということはたくさんあります。
自分と似た肌質の口コミやランキングを参考にしたうえで日焼け止めを選び、実際に使ってみましょう。
その日焼け止めがあなたに合うかどうかは、使ってみなければわからないのです。

腕の内側でパッチテストを!

自分の肌質にあうかどうかを確かめるためには、テスターを使ってパッチテストをしてみましょう。
敏感肌向けに販売している商品は、パッチテストやアレルギーテスト済みと記載されてる商品も多いですが、自分の肌に合うかは試してみないとわかりません。

テスターは化粧品会社に送ってもらうことも可能ですし、店頭で試させてくれるところがほとんど。
腕の内側など、目立たないところに塗って、肌トラブルの有無を確認しましょう。

また、パッチテストで異常がなくても、顔などの敏感な場所にはすぐに塗らないように気を付けましょう。
紫外線吸収剤を含む日焼け止めの場合、紫外線を吸収することで初めて反応が出る場合もあります。
腕で試してからがおすすめです。

SPF、PAが低いものを選ぶ

日焼け止めの効果の強さを示すSPFとPA。
高いものなら紫外線をカットする効果も高そう!ととりあえず高めのものを選んでいる方も多いのでは?

SPFとPAが高い日焼け止めは、その分化学物質の割合も高く、お肌への負担が大きいものがほとんどです。
普段の生活では1日中炎天下の下にいることも少なく、紫外線を浴びる量も多くありません。
日常生活なら最低限のSPF20 PA++で十分です。

必要に応じて使い分けることで、お肌への負担を軽減し、肌荒れを防ぐことができます。

SPFとは?

SPF(Sun Protection Factor)とは紫外線をブロックする指数のこと。
紫外線を浴びた際、皮膚が赤くなるまでの時間を何倍長くできるかを表したものになります。

たとえば、日を浴びてから赤くなるまでの時間が20分の人がSPF20の日焼け止めを使った場合。
20分×20SPFで400分日焼けを抑えることができます。
高ければ高いほど、お肌への負担は大きくなるので要注意です。

PAとは?

PA(Protection grade of UVA)とは、紫外線A波から防御して肌が黒くなるのを防ぐ役割を持ちます。
PAにはPA+からPA++++までの4段階があり、+が多くなるほど効果が高くなります。
効果が高くなる分、お肌への刺激も大きくなります。

敏感肌におすすめの日焼け止めはコレ

ノンケミカルで、アレルギーやパッチテストが済んでいるもの。
そして、SPFとPAも強力なものではないものであれば、肌荒れを起こしづらいことがわかりました。

それでは、どの商品が敏感肌にはオススメなのでしょうか?
3つのポイントに沿って、お肌に優しい商品をピックアップしてみました!

資生堂dプログラム アレルバリアエッセンス

 

商品名 資生堂dプログラム アレルバリアエッセンス
価格 3240円(税込)40ml
アレルギーテスト済み
洗顔料で落とせる △(専用クレンジング不要)
SPF SPF40
PA PA+++
ノンケミカルか
顔にも使える

資生堂のdプログラム アレルバリアエッセンスは、敏感肌用の化粧品シリーズとして人気!
ノンケミカルであることはもちろん、無香料・無着色・パラペン無添加・鉱物油無添加・アルコール無添加と、お肌に優しいことにこだわった日焼け止めです。
SPFとPAもそこそこ高く、日常使いなら十分効果を発揮してくれます。

ノブ UVシールドEX

 

商品名 ノブ UVシールドEX
価格 2700円 30g
アレルギーテスト済み
洗顔料で落とせる
SPF SPF50
PA PA++++
ノンケミカルか
顔にも使える

皮膚科の医師もおすすめするNOV。
無香料、無着色、低刺激で、紫外線の影響を受けやすい敏感肌を、刺激することなくしっかりカバーする力を持っています。

ビオレさらさらUVマイルドケアミルク

 

商品名 ビオレさらさらUVマイルドケアミルク
価格 614円 120ml
アレルギーテスト済み
洗顔料で落とせる
SPF SPF30
PA PA++
ノンケミカルか ×
顔にも使える

プチプラならビオレのさらさらUVマイルドケアミルクがおすすめ。
ノンケミカルではありませんが、弱酸性&アルコールフリーで、お肌に優しいのが特徴です。
紫外線吸収剤を使っているため、アレルギーがある方は要注意!

おすすめは敏感肌でもしっかり紫外線をカバーするNOV

3つの中でもおすすめはNOVです。
理由は5つ!

  • お肌に優しいノンケミカル!
  • ウォータープルーフなのに落としやすい
  • にきび肌にも使える
  • 無香料・低刺激性テスト済み
  • 敏感肌でも使える高めSPFの日焼け止め

SPFが高めのNOVですが、ノンケミカルで香料も不使用。
ウォータープルーフですが、お肌に優しい成分で出来ているため、石けんで落とせる日焼け止めが多く、クレンジングによるお肌への負担も減らすことができます。
NOVは臨床皮膚医学に基づいて作られているため、低刺激かつ効果の高い日焼け止めなのです。

また、ニキビにも優しいことをコンセプトにしているため、ニキビ肌の人でも安心。
パッチテスト済みかつ、アレルギーテスト済みなので、お肌への安心感も保証済み。
皮膚科の医師も進めているので、信頼と実績も抜群です。

飲む日焼け止めを併用すると効果も抜群

敏感肌でできるだけ肌に刺激を与えたくない!という方は、飲む日焼け止めを試してみるといいでしょう。
GENKINGさんのスタイルブックにも掲載されており、多くの女性が飲む日焼け止めを使って紫外線対策をしています。

直接肌に塗らない飲む日焼け止めなら、敏感肌でも肌荒れを起こすことはありません。
また、全身くまなく紫外線対策ができるので大人気となっています。

気になる方は一度試してみるといいでしょう。
飲む日焼け止めサプリランキングはこちら

日焼け止めで肌トラブルを起こさないために日焼け止め選び以外にできること

肌に合った日焼け止めを使うことが、肌トラブルを起こさないためには大切。
しかし、お肌そのものを健康に保つことも、肌トラブル防止には必要不可欠です。
日常から気を付けるべきポイントは3つあります。
日頃から意識することで、肌トラブルを抑制し、美肌を手に入れましょう。

スキンケアを怠らない

お肌のトラブルは乾燥や、普段のスキンケア不足で起こります。
日焼け止めが原因の場合は商品を変える必要性がありますが、それでも肌トラブルが治まらない場合、普段のスキンケアを見直してみましょう。

洗顔をしっかり行う、保湿を行う。
基礎的なケア方法を見直し、コツコツ続けていくことで、肌質も改善し、肌荒れが起こりづらくなります。

栄養を摂るなど、体の内側からも対策をする

外面だけでなく、身体の内側からケアをすることも忘れずに!
栄養バランスが偏った食事をしていたり、睡眠が足りないと、どんなにスキンケアを頑張っても肌トラブルは起きてしまいます。

規則正しい生活と、バランスのよい食事を心掛けて。
どうしても足りない栄養は、サプリメントなどで摂取すると良いですよ。

日焼け止め以外にも紫外線対策をする

日焼け止めを塗るだけの紫外線対策は、やはり万全ではありません。
日傘をさしたり、長袖の洋服を着るなど、紫外線を遮る方法はたくさんあります。

お肌に直接何かを塗るわけではないので、お肌への負担も軽減!
日焼け止めと紫外線対策を一緒に行うことで、日焼け止めによるお肌への負担を減らすことができるのです。

ポイントを抑えて敏感肌に合う日焼け止めを見つけよう!

敏感肌でも肌荒れを起こさない日焼け止めをご紹介してきました。
肌荒れを起こしてしまう原因は、ほとんどがお肌への刺激や負担。
何が原因で、お肌が刺激されてしまっているのか把握することが大切です。

お肌の負担を減らすためにはノンケミカルの日焼け止めを使ったり、日焼け止めを正しく使用すること。
今回のポイントを踏まえて、肌荒れを起こさない、自分の肌に合う日焼け止めを見つけましょう!

参照:飲む日焼け止めサプリランキング!一番人気は「ホワイトヴェール」

  • メイク
  • 作成日:2016年05月19日
  • 884 views
prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

スポンサーリンク

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー