prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

海外で流行中のゼラチンパック、その効果は?作り方は簡単?

最近海外で流行しているのが、ゼラチンと牛乳で作る「ゼラチンパック」。
そのゼラチンパックについて、効果や作り方をご紹介します。

ゼラチンパックって?

ゼラチンパックとは、角栓や毛穴の黒ずみをすっきり除去してくれるパックとして、海外で流行しているお手入れ方法です。
このゼラチンパック、ゼラチンと牛乳だけと、とっても身近な食材だけでできるんです。

しつこい小鼻の角栓や黒ずみを、お手軽に綺麗にできると話題になっています。
ゼラチンはコラーゲンで出来ていて、コラーゲンは肌を構成する成分でもあるので、肌に優しく、おまけに低価格で入手できるのが魅力。
ゼラチンも牛乳も、口にしても大丈夫なものですので、肌の弱い方も安心です。

ゼラチンパックの効果とは?

ゼラチンパックには、毛穴の黒ずみ汚れや角栓をごっそり落としてくれる効果があります。
つまり、ピーリング効果が期待できるということです。
毛穴の汚れがすっきりした結果、肌が白くなった、トーンが上がったというように感じる人も多くいます。

また、ゼラチンパックには、肌に潤いを与えることによる美肌効果もあります。
ゼラチンパックをした後は、しっとり、もちもちとしたお肌に。

なぜゼラチンパックで美肌になれるのか?

ではなぜ、ゼラチンパックをすると様々な美肌効果があるのでしょうか?
理由を詳しく調べてみました。

ゼラチンの固まる性質で、毛穴の黒ずみがすっきり取れる!

ポイントは、ゼラチンの固まる性質にあります。
とろとろな状態のゼラチンがて穴に入り込み、徐々に固まるにつれて、しつこい角栓をしっかりキャッチします。
そのため、パックをはがすと、角栓も一緒に、ごっそりオフできるんです。

ゼラチンに含まれるコラーゲンが肌をしっとりツルツルに!

ゼラチンには肌の土台をつくるコラーゲンがたっぷりと含まれています。
美容のためにコラーゲンのサプリメントなどを愛用している人も多いように、コラーゲンは肌の健康を保ってくれるのです。
このコラーゲンを皮膚に密着させ、吸収させれば、肌は潤いを得てしっとりツルツルになります。

ゼラチンパックの作り方

では、ゼラチンパックの作り方をご紹介します。

材料

用意するものはゼラチンと牛乳を大さじ1杯ずつ。
ゼラチンは味がついていないものを用意しましょう。

パウダー状のゼラチンだと溶けやすくて楽に作れます。
また、家にあれば、フェイスブラシや刷毛があると、肌に塗る時に便利です。

作り方

①まず、ゼラチンと牛乳、それぞれ大さじ1杯を耐熱容器に入れ、混ぜます。
②だいたい混ざったら、500wの電子レンジで20秒から30秒ほど加熱します。
③とろとろとした永代状になったら出来上がりです。

加熱しすぎてしまったり、加熱後そのまま放っておくと固まってしまうので注意が必要です。
出来上がったパックは少し冷まし、粗熱がとれたら小鼻や頬に塗ります。
このとき刷毛やフェイスブラシを使うと手を汚さずに済みます。

塗り終わったら10〜20分ほど放置しましょう。

パックが完全に乾いたら、外側からゆっくり剥がしていきます。
このとき、パックが乾燥して肌にくっついてしまった場合は、無理やり剥がさないようにしてください。
お湯やぬるま湯で優しく溶かすように剥がしましょう。

またパック後は、毛穴が開いてしまっているので、必ずアフターケアを行ってください。

ゼラチンパックで肌をツルツルに

ゼラチンパックの効果ややり方について説明してきましたが、いかがでしたか?
とってもお手軽にできるので、ぜひ挑戦してみてください。

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

スポンサーリンク

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー