prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

美白の味方!ハイドロキノンクリームのおすすめ商品&正しい使い方

美白成分として高い効果を持つと話題になっているハイドロキノン。
聞いたことはあるけれど、実際にどのような効果があるのか、他の美白成分とどう違うのか、そして安全性はどうなのか…等、具体的にまだご存知ではない方もいらっしゃると思います。

こちらではハイドロキノンの特徴や効果、使用時の注意点などについて詳しくご紹介していきます。
また、後半では安全性の高い、おすすめのハイドロキノンクリーム商品についてもふれていきます。

ハイドロキノンの特性を知って安全に使っていきたい、とご検討中の方はぜひお役立て下さい!

人気ハイドロキノンクリーム

ハイドロキノンとは?


ハイドロキノンは自然界にも存在する天然成分です。
酸化を抑える働き(還元作用)を持っており、写真の現像の際に多く用いられてきました。

それが美容面においてなぜこんなに人気になったのでしょう?

ハイドロキノンは“できてしまったシミにアプローチ”できる成分

ハイドロキノンの美容面における最も顕著な特徴は、メラニンの生成を抑えてこれからシミをできないように予防するだけではなく、できてしまったシミを薄くしていく力、漂白できる力がある、ということです。

つまり、これまでの美白成分は「シミを予防する」だけでしたが、ハイドロキノンは「今あるシミを薄くしていける」のです。

ハイドロキノンはシミや色素沈着のもととなるメラノサイト(メラニン色素を作り出す細胞)自体を減らしていくことができます。
還元作用により、すでにできているシミや色素沈着を薄くすることができます。
予防するだけではなく、今存在する、できてしまったシミにアプローチできる、まさに「シミへの切り札」と言える成分なのです。

ハイドロキノンの弱点

ただ、その強い効果の反面、刺激が強いという弱点もあります。
欧米では一般的に用いられてきたハイドロキノンですが、日本ではもともと医師の処方の下でしか手に入るものではありませんでした。

日本においてハイドロキノンが化粧品として市販されるようになったのは2001年の薬事法改定以来です。
化粧品として身近なものになってからまだ日が浅いと言えます。

ハイドロキノンは効果も高い分、医師の管理の下でなければ取り扱いが難しい、刺激の強い成分とされてきました。
今でも日本で市販されている化粧品に認められているハイドロキノンの含有率は4%以下で、それ以上の高濃度のものは医療機関での取り扱いが基本となります。

ハイドロキノンクリームの効果が高い症状


ここでハイドロキノンクリームを使うのがおすすめなシミの種類をご紹介します。
基本的には“美白化粧品で改善が見込めるシミ”なら、ハイドロキノンも効果が見込めます。
より詳しく知りたい方は「美白成分は効く?効かない?シミの種類一覧」も参考にしてください。

老人生色素斑

紫外線が原因のシミです。
紫外線対策はもちろん、一般的な美白成分を使うことで元のお肌に戻す手伝いをしてくれます。

雀卵斑(そばかす)

遺伝的なものと紫外線などによる後天的なものがあります。
遺伝的なものは自然と消えることもありますが、紫外線によって増えたり、濃くなることもあります。

肝斑

30代~40代の女性に多い肝斑は、女性ホルモンの乱れが主な原因になります。
他にも、紫外線や肌への摩擦によって悪化するシミです。
頬に左右対称に横長く現れるのがポイントです。

炎症後色素沈着

肌の炎症(ニキビやアレルギー性皮膚炎など)のあとに残ってしまったシミのこと。
炎症の原因を取り除くのが一番の治療法ですが、化粧品でのケアは美白成分配合のものを使うといいとされています。

ハイドロキノンクリームの選び方ポイント


ハイドロキノンの特徴と効果のありそうなシミの種類はわかりましたか?
自分のシミがハイドロキノンで解決できるとわかったら、次はどんなハイドロキノンクリームを選べばいいのかをお教えいたします!

① ハイドロキノン配合クリームか確認する

まずは大前提として、ハイドロキノンが配合されているものを選びましょう。
商品説明や成分表示に「ハイドロキノン配合」と書いてあるものはもちろん、「HQ」がついているものもハイドロキノンが配合されているという目安になります。

② ハイドロキノンの配合率を見る

ハイドロキノンが配合されているのを確認したら、その配合率も確認しましょう。

商品説明のところに書いてあるものは分かりやすいですが、書いていない場合は成分表の表示順を参考にしましょう。
化粧品の成分表示は配合率が高いほど先に表示されるようになっています。

1%~3%

刺激が少ないぶん、効果は低くなります。
お肌の弱い方はこの配合率でもピリピリすることがありますので、パッチテストは忘れずに行うようにしましょう。

4%~5%

濃度が高いぶん、効果が高いと言われます。
これ以上の濃度のものは専門機関からの処方が基本となりますので、さらに強力なものが欲しい人は皮膚科へ行きましょう。
また、お肌に合わなず、赤みやかぶれが出た場合も受診するように心掛けてください。

③ ドクターズコスメやクリニック販売のものを選ぶ

刺激の強い成分だからこそ、皮膚科医が監修したものや、クリニックから販売されているものを選びましょう。
お肌への刺激を少なくし、肌トラブルが起こらないような処方をしているところが多く、安全に使えるでしょう。

おすすめ!人気のハイドロキノンクリーム3選

ハイドロキノンの選び方ポイントを踏まえた上で、おすすめの人気ハイドロキノンクリームをピックアップしました。

どんな製品でも初めて使用する前にはパッチテストを行って下さい。
トライアルセットがあれば先にそちらを購入して、ご自身の肌との相性を確かめてみるのがいいですね。

ブライトニングクリスタル:セルピュア

20160523-haodorokinon-cream01

皮膚科東京スキンケアクリニックが監修したドクターズコスメ。
ハイドロキノンを5%と高配合。
スキンケア大学の「おすすめコスメ」として紹介されるほどの実力派。

使い方:夜のスキンケアの最後に、適量を指先にとり、シミが気になる箇所に塗りこんでなじませる。
購入方法:ドクターズコスメ「セルピュア」の公式サイト、楽天・アマゾン等のオンライン通販にて。

セルピュアをチェックする

プラスナノHQ:ネットショップ「プラスキレイ」

20160523-haodorokinon-cream03

ハイドロキノンを4%含有したクリーム。
ハイドロキノンの他に、レスベラトロール、アスタキサンチンが配合されてさらなる美肌効果も期待できる。

フェイスクリームの楽天リアルタイムランキングで5日連続の1位を記録した。
1本で5g、約1ヶ月分。
最新の臨床結果に基づいて、1か所に最長で約6ヶ月までの使用ができる。

使い方:スキンケアの最後に、シミや黒ずみが気になる箇所につける。
購入方法:「プラスキレイ」の公式サイト、楽天・アマゾン等のオンライン通販にて。

プラスキレイをチェックする

オバジHQブライトニングナイトセラム:ロート製薬

20160523-haodorokinon-cream02

ハイドロキノン配合の夜用美容液。
日本有数の製薬メーカーが製造しているので安心感を持って使える。
美白の他に保湿効果も期待できる。

使い方:夜のスキンケアの最後にシミ・黒ずみが気になる箇所にポイント的に塗って使用する。
購入方法:各種オンライン通販の他、全国のドラッグストアにて販売中

ハイドロキノンクリームの正しい使い方


安全に使うためには、ハイドロキノンクリームの正しい使い方を知っておく必要があります。
そこで、ハイドロキノンを扱う上で大切なことをまとめました。

パッチテストを行う

ハイドロキノンが合う肌タイプと合わない肌タイプがあります。
ハイドロキノンは肌への刺激が強いので、初めて使用する前には必ずパッチテストを行い、ご自身の肌に合うかどうかを確かめてから使用することをおすすめします。

簡単!自分でできるパッチテストのやり方

[用意するもの]
・絆創膏
・使用したいハイドロキノン製品
やり方

①絆創膏のガーゼの部分に使用したいハイドロキノン製品を塗布します。
②それを上腕(二の腕)の内側に貼ってそのまま24時間キープ。

24時間以内に赤み、かぶれ、かゆみ、刺激といった反応が現れるかどうか、様子を見ます。

特に異常が現れなかった場合→ハイドロキノンを使っても肌トラブルが起きる可能性は低いでしょう。
上記のような症状が現れた場合→ハイドロキノンの使用を中止して皮膚科医に相談してみて下さい。

メーカーの使用法と使用量を守る

ハイドロキノンクリームは顔全体に塗るのではなく、改善したいシミや色素沈着のある箇所にのみ塗布します。
指先や綿棒に適量(メーカーの推奨している量)をとり、集中的に塗っていきます。

1日に何回塗布するのか、1回につける量はどのくらいか等、具体的な使い方はメーカーごと、商品ごとに異なります。
自己判断ではなく、必ずメーカーの推奨している用法・用量を守って使用して下さいね。

清潔な肌に使用する

ハイドロキノンクリームを塗る際は、汚れをオフした清潔なお肌に使いましょう。

ただし、洗顔直後の肌は、浸透性が高いため、効果が効きすぎてしまいます。
洗顔後20分経過してから使用するか、洗顔の後に化粧水・乳液などでスキンケアをしてからハイドロキノンを塗布しましょう。

配合率の高いクリームは綿棒で塗る

配合率の高いクリームは、刺激性も強いため顔全体に塗るよりは気になるポイントだけに塗りましょう。
シミができてない部分に高濃度のハイドロキノンクリームが付着してしまうと、肌トラブルに繋がってしまう恐れがあります。

冷蔵庫で保存する

ハイドロキノンは熱、光に弱い成分。
酸化しやすいので、保管は冷暗所が適しています。

市販のハイドロキノンクリームは常温保存ができるものもあるので、説明書をしっかり読んで、その化粧品に適した場所で安全に保管してくださいね。

UVケアは必ず行う

ハイドロキノンを使用中のお肌は、紫外線にとても弱くなっている状態です。
UVケアを怠ってしまうと、逆にシミやそばかすなどの色素沈着を引き起こしてしまう可能性があります。
日焼け止めを塗ったり、帽子やUVカット効果のあるサングラスなどを使用して、紫外線からお肌を守りましょう。

ハイドロキノンの注意点


ハイドロキノンは正しく安全に使うことを心がけなければ、肌荒れなどの肌トラブルが起こってしまう可能性もあります。
以下にシミの集中ケアに効果的なハイドロキノンクリームについて、安全に使用するためのポイントをまとめてみました。

使用期限を守る

ハイドロキノンは開封して長時間放っておくと、その性質上、酸化して劣化していきます。
酸化したハイドロキノンの使用は肌によいものではありません。
必ず使用期限を守って下さい。

紫外線に注意

ハイドロキノンは非常に酸化しやすいという特徴を持っています。
さらに紫外線を受けると酸化はスピードアップ。
ハイドロキノンが酸化すると「ベンゾキノン」という、肌にダメージを与える物質に変化してしまいます。

ハイドロキノン使用中は肌のメラニンが少なくなり、紫外線の影響をダイレクトに受けやすい状態でもあります。
ハイドロキノンの使用時期は、季節に関係なく、必ず日焼け止めを塗って紫外線対策を強化して下さい。

おすすめの日焼け止めや、正しい日焼け止めの塗り方は「【タイプ別】日焼け止めの正しい選び方&おすすめ商品」で紹介しています。
また、飲む日焼け止めも最近は人気ですので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

妊娠中は使用控える

ハイドロキノンは効果も高い成分ですが、その分刺激が強い成分だとこの記事でも繰り返してきました。
そのため、お肌が敏感になる妊娠中は使用を控えることをおすすめします。
また、そのように促している商品も多いです。

ただ、胎児に悪影響を及ぼすのは、ハイドロキノンと併せて使用されるトレチノインであるため、商品によっては妊娠中も使えるとしているものもあります。
それでもハイドロキノンは刺激の強い成分であることに変わりはありません。
自己判断ではなく、かかりつけの医師に相談してからどのように使用するか決めましょう。

シミが薄くなって来たら使用をやめる

「シミがうすくなった」など、望む効果が得られたら、その箇所への使用は終了させましょう。
ハイドロキノンを同じ場所に必要以上に長期間使用すると、その部分が白く(白斑)なる可能性があります。

こうしたトラブルは濃度が5%以下では起きにくく、まだ事故の報告はありません。
しかし、十分な効果を得られた時点でハイドロキノン塗布のケアは終了にすることがおすすめです。

ハイドロキノンの副作用


ハイドロキノンは非常に刺激の強い成分です。
そのため、人によっては肌トラブルをおこしてしまうこともあります。
少しでも異常を感じたら使用をすぐに中止し、皮膚科を受診しましょう。

考えられるハイドロキノンの副作用は以下の3つです。

赤み、炎症

ハイドロキノンを使った際に一番でやすい症状です。
万が一赤みや炎症が起きた場合は保冷材などを使って冷やしましょう。

お肌の乾燥を防ぐため、保湿を行うのもおすすめです。

シミの悪化

ハイドロキノンは紫外線に弱く、ハイドロキノンを塗った状態で紫外線にあたるとシミが悪化することがあります。
そうならないためにも、ハイドロキノンは夜に使うのがおすすめです。
日中に使った場合は必ず日焼け止めを使いましょう。

白斑

シミがない部分にハイドロキノンを使うと、その部分が本来のお肌以上に白くなってしまい、白斑になってしまう可能性もあります。
1度白斑になってしまうと元に戻すのは難しいため注意が必要です。

現在のところ、市販で売られているハイドロキノン化粧品で白斑被害は報告されていません。
ただし、そういった危険性があるということを理解したうえで、適切な使用を心掛けることが大切です。

ハイドロキノンQ&A


高い効果を持ち、強い成分であるハイドロキノン。
しかし、そんなハイドロキノンだからこそ分からないことも多いですよね。
今回はハイドロキノンのなかでもよくある質問をまとめてみました。

どのくらいの期間で効果が出るの?

早いと数週間で効果が出るひととも言われています。
ただ、使う濃度にも左右されますし、個人差があるので一概にはいえないのが現状です。

デリケートゾーン(陰部)に塗っても大丈夫?

ハイドロキノンは刺激の強い成分なので、敏感なデリケートゾーンにはあまりおすすめできません。
どうしても使いたいのであればできるだけ刺激の弱いものを選ぶ、もしくは医師の処方で使用することをおすすめします。

また、デリケートゾーンの黒ずみ対策商品も数多く販売されているので、そちらを使用するのもおすすめです。

ニキビ跡には効果ある?

ニキビ跡にも種類があり、色素沈着型のニキビ跡にはハイドロキノンも効果を発揮すると言われています。
ただ、進行中のニキビに使ってしまうと悪化する恐れがありますので注意が必要です。
詳しくは次の記事で紹介しています。

ニキビ跡をきれいにする!おすすめのハイドロキノン化粧品3選

正しい使い方で安全に美白を手に入れましょう


ハイドロキノンは正しい使い方をすれば効果の高い成分ですが、誤った使い方をすると肌荒れなどの危険性も高い美容成分です。
ハイドロキノンを使っても、できてしまったシミは1日2日で消えるものではありません。
正しく活用して美白・シミ消しのために有効に使っていきましょう!

また、シミを作りたくないのであれば常日頃から美白化粧品でケアしたり、紫外線対策が欠かせません。
出来てしまったシミはピンポイントでケアしながら、肌全体は美白化粧品を使うなどしてケアしていきましょう!

スキンケアアドバイザー
美白ケアをもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェックしてみましょう!

美白ケアに人気の商品をチェック

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

スポンサーリンク

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー