prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

【人気のシミ対策サプリ】効果のある正しい選び方とは?スキンケアだけじゃダメな理由

女性にとって、年齢を重ねるごとに増える悩みのひとつ、シミ。
若い頃と同じキレイな肌を取り戻したいという思いは皆同じです。

皮膚科やクリニックでのレーザー治療といった方法もありますが、美白コスメを使ってケアしている方がほとんどでしょう。
しかし、日焼け対策やスキンケアといった外からの改善方法だけでは、なかなか効果が見られないことが多いのが現状。
年齢を重ねた肌や、乾燥肌の場合は、スキンケアだけでなく内側からもしっかりとした対策が必要になってきます。

シミに効果がある成分を豊富に含んだサプリメントを使って、効果的にケアをしていきましょう。

では、どんなサプリを選べばよいのでしょうか?
今回は、シミ対策サプリについて詳しく調査しました。

さらに、通販サプリ部門、市販サプリ部門それぞれのおすすめ商品もピックアップしてご紹介します!

スポンサーリンク

シミ改善には スキンケアだけでなく、インナーケアも必要

シミを改善したいという悩みを持つ方は、美白化粧水やクリームで毎日きっちりスキンケアをしていることと思います。
しかし年齢を重ねた肌の場合、肌の回復力が落ちているため、外側からのケアだけではシミへのアプローチ力は足りないのです。

内側からのサポートで代謝機能をアップさせ、ターンオーバーを整え、肌細胞がどんどん生まれ変わっていくように促しましょう。
そうすることで、早くシミを目立たなく改善したり、これからできるシミをできにくくすることが可能になってきます。

シミは、完全にできてしまう前に抑え込むことがおすすめ。
そのために、美白化粧品でのスキンケアにプラスして、内側からのインナーケアの両方を行うことで、早く確実にシミにアプローチできるのです!

シミに効果のある成分

内側からシミ対策をするには、どんな成分が入っているサプリが効果的なのか、気になりますね。
シミに確実に効いてくれるのは、以下のような成分です!

ビタミンC誘導体

シミやそばかすをはじめ、肌トラブルにはビタミンCがいいというのは有名ですね。
しかし、ビタミンCは浸透力が弱く、すぐに体外に排出されてしまいます。
そこで、より長くビタミンCを体内に作用させるために作られたのが「ビタミンC誘導体」という成分です。

通常のビタミンCの数十倍の浸透力があり、作用時間も長くなるため、使い続けることでシミ予防としての働きも期待できます。

スポンサーリンク

ハイドロキノン

海外では主流の美白成分の代表格です。
皮膚にあるメラノサイトの働きを抑え、メラニン発生をブロックします。

また、メラニンを作る過程も阻止することができる大変効果が高いシミ対策成分で、皮膚科の医師も使っている実績があります。

アルブチン

ハイドロキノンは効果が高い反面、濃度によっては肌へのリスクが高くなってしまうのが難点。
それに対しアルブチンは、ハイドロキノンとブドウ糖が結合したもので、ハイドロキノンに比べて肌への刺激が少ないのが特徴です。
メラニン発生を抑制しシミを予防する美白成分として、厚生労働省に認可されています。

安全性の高い美白成分として化粧品やサプリメントに幅広く使われているので、おすすめです。

L-システイン

アミノ酸の一種「L-システイン」という成分は、メラニン発生を抑えるだけでなく、メラニン色素を無色にしたり、生成されたメラニンを排出するはたらきも持っている成分です。

シミ対策サプリの正しい選び方

シミに効果がある成分を、普段の食事から取り入れるのはなかなか難しいですから、サプリメントを使って効果的にケアをしていきましょう。
シミのケアのために摂るサプリメントを選ぶ時には、成分のほかに、次のようなポイントを頭に入れて選びましょう。

①抗酸化力が高いかどうか

紫外線によって体内に活性酸素(フリーラジカル)が発生すると、メラニンを作るホルモンを刺激してシミの発生を促してしまいます。
抗酸化力が高い成分を摂取してこの活性酸素を体内から減らすことが、シミを増やさないためにはとても重要なことなのです。

②皮膚の炎症を抑えることができるか

日焼けや皮膚への色素沈着は、皮膚の炎症の一種。
ここからシミへと発展させないようにするためには、炎症を抑える効果がある成分が含まれているかどうかが重要です。
L-システインやトラネキサム酸などの成分が代表的です。

③ターンオーバーを促進する作用が期待できるか

通常、生成されすぎたメラニンは、ターンオーバーによって28日前後で体外に排出されます。
しかし40代の年齢になるとターンオーバーに45日くらいかかり、メラニンが排出されるまでの時間もかかり、シミとなって残りやすいのです。
新陳代謝をアップさせターンオーバーを促進させれば、シミの発生を予防し、できてしまったシミも薄く改善できる効果が高くなります。

サプリの効果はターンオーバーを考えて

肌のターンオーバーのサイクルと比例して、サプリメントの効果が現れてきます。
肌が生まれ変わって初めて、効果が出ているか実感できることが多いので、特にトラブルなどがなければ、3ヶ月くらいは続けて摂取し、シミの様子をチェックしてみましょう。

おすすめシミ対策サプリ~市販編~

上記のポイント3点をカバーしていることはもちろん、できてしまったシミへの対策や、シミを予防する効果が高いサプリを厳選してご紹介します!
まずは、ドラッグストアなどで手軽に買える、市販のサプリ編です。

大正製薬「アルフェホワイト」

20160603-shimisaplie-01

L-システインが2錠中に80mgと豊富に含まれ、一日の最大量がきっちり摂取できるようになっています。
肌の内側からメラニンに働きかけ、すでにできてしまったシミやそばかすにも効果的に作用し、色素沈着やニキビの跡にも改善効果があります。

第一三共ヘルスケア「システィナC」

20160603-shimisaplie-02

L-システインの生成を助けるビタミンB6やビタミンAが配合されていて、メラニンの過剰な生成を抑えます。
さらに、ビタミンCの働きを助けるパントテン酸カルシウムが、美白効果を高めます。

システィナCにはビタミン類が豊富に含まれているので、疲労回復にも効果が期待できます。

エスエス製薬「ハイチオールC ホワイティア」

20160603-shimisaplie-031

CMでもよく見かける有名なサプリ「ハイチオールC」。
アスコルビン酸やL-システインを多く含有しており、
シミ取りに優れた効果をあらわします。
また、ハイチオールCはシミ対策目的以外にも、肝機能をアップさせる効果があるため、
二日酔いの予防などお酒をよく飲む方にも人気。

おすすめシミ対策サプリ~通販編~

つづいては、専用サイトや電話での通販で注文するサプリをご紹介します。
通販限定キャンペーンや初回割引などもあるので、要チェック。

市販薬とは異なり、定期的に届くシステムも多いので、リピートするならこちら!

アインファーマシーズ「ロスミンローヤル」

20160603-shimisaplie-04

こちらは第3医薬品なので、続けることで確実にシミに対する効果が認められています。
L-システインやビタミンCなどの抗酸化成分はもちろん、22種類の生薬の力も使って、シミを撃退してくれます。

血流を良くするので、シミ対策目的以外にも、肩こりや冷え症の改善、小じわなど様々な女性の悩みに効果があるお薬です。

医薬品で効果も期待できるのに、2,052円で試せるのがポイント!

公式HPを見てみる

ホワイピュア


ホワイピュアはシミ・そばかすケアとしてオススメ。
こちらも第3医薬品なので続けることでシミに対する効果が認められています。

L-システイン、ビタミンC,ビタミンB2、ビタミンE、ビタミンB6等が配合されているので体の内側からシミケアをすることができます。

定期購入コースで申し込むと、初回限定で3,132円で購入できるほか、今なら医薬部外品のホワイピュア薬用美白クリームもついてくるので、シミや黒ずみを徹底的にケアできます。

また、定期購入にしばりがないので、自分に合わないと思ったら解約も可能です。

公式HPを見てみる

シミ・そばかすをケア!ホワイピュアの効果や成分をレビューで徹底検証

マスターホワイト

20160603-shimisaplie-05

「飲む日焼け止め」とか「美白サプリ」と呼ばれるマスターホワイト。
シミへのアプローチだけでなく、くすみやにごった肌表面の透明度を高め、トーンアップといった効果があります。

L-システイン、アスタキサンチン、プロテオグリカン、コラーゲン、セラミドといった16種類の選びぬかれた美容成分だけで作られています。

シミトール

20160603-shimisaplie-06

アスコルビン酸を豊富に含んでいて、皮膚の炎症や新陳代謝の促進、コラーゲンの生成等さまざまな働きを行ってくれます。
すでにあるメラニン色素を薄くする効果もあるので、できてしまったシミやそばかすにも効果が期待できるお薬です。
こちらもお薬なので、体質に合わなかったり、効果がみられないという場合には返金保証制度が利用できます。

ストレスフリーな生活を意識することも大切

シミの発生をはじめとする皮膚トラブルには、紫外線やメラニンの活動の他に、食生活の乱れ、ストレス、乾燥、体質なども大きく関係してきます。
スキンケアやインナーケアをすることはもちろんですが、生活習慣も気にしてみましょう。

シミの予防効果を上げるには、規則正しい時間にバランスのとれた食事をとり、適度な運動、十分な睡眠が大切です。

サプリメントを有効活用!内側からもシミ対策をしてみて

シミの対策、予防法にはインナーケアも必要ということがわかりましたね。

紫外線対策や保湿を中心としたスキンケアと、サプリを効率よく使ったインナーケアを併用すれば、もう怖いもの知らず!

年齢を重ねてもキレイな白い肌を、長くキープしていられるでしょう!

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

関連記事

年齢を重ねると増えてくる肌トラブル。 その中で最も悩む方が多いとも言えるのが「シミ」です。 シミの原因として“紫外線”は代表的ですから、なるべく避ける努力をしている方が多いと思います。 しかしどんなに家にいたくても、お仕
年齢と共にだんだん増えたり目立ったりしてくるシミ。 30代頃から気になるようになった方も多いのではないでしょうか。 増える肌トラブルの中でもシミは女性を悩ませますよね。 シミは若い頃と同じスキンケアでは不十分なため、美白
シミは、女性にとって悩む方が多い肌トラブルです。 シミを薄くするため美白の努力をしても、なかなか薄くならなず困っている方が多いようです。 気になるシミやソバカスを隠そうとしても「なんだか厚塗りになって、化粧崩れがひどい」
ライフスタイルの一部として楽しむスキンケア。 それは女性らしさをグンと引き立てるエッセンスです。 いつまでも美しくあるために、スキンケアを「趣味」に加えてみませんか? 美容と末永く付き合いたいあなたへ、とっておきの商品と

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサする…。 化粧ノリも悪くなるし、ひどいと粉がふいてしまったりすることもある乾燥肌。 特に冬場が近くなると乾燥に悩んでいる人もいるでしょう。 乾燥対策として真っ先に思いつくのは「保湿」! 特

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー