prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

梅雨はニキビが発生しやすい季節!その原因と対処法は?

毎年、梅雨になると肌の調子が崩れてニキビができるという方も多いと思います。
どうして梅雨になると肌が荒れてニキビができやすくなるのでしょうか?
今回は梅雨にニキビができやすい理由やその対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

なぜ梅雨はニキビができやすいのか?

高い湿度

梅雨は、湿度が高くじめじめとした日が続くため、皮脂の分泌量が増え、肌の雑菌も繁殖しやすくなります。
皮脂は肌の潤いを保つために重要な役割を果たしていますが、分泌量が増えすぎると毛穴に詰まりやすくなります。

このような状態が続くと、皮脂を栄養として肌の雑菌が繁殖してしまいます。
その結果、炎症を起こして肌が荒れてニキビができてしまうのです。

スポンサーリンク

意外と強い紫外線

紫外線は肌の角質を厚くさせて毛穴を狭くしたり、肌のバリア機能を低下させたりするため、ニキビの発生や悪化の原因になります。
梅雨の時期は曇りがちな日が多く、紫外線の量も少ないと思われるかもしれませんが、実は5~6月は年間を通しても紫外線が強い時期に当たります。

そのため、梅雨だからと紫外線対策を怠るとニキビができやすくなってしまうのです。

乾燥

梅雨の時期は室内もじめじめして過ごしにくいため、エアコン(除湿)を使うこともあるでしょう。
室内の湿度が下がり、過ごしやすくなりますが、湿度が60度を下回ると肌の乾燥が進んでしまいます。
肌が乾燥してしまうと、肌荒れが進み、ニキビの原因となることも…。

梅雨のニキビの対処法

正しい洗顔

まずは肌に雑菌が繁殖しないように、正しい洗顔をして肌を清潔に保ちましょう。
洗顔する時は、洗顔料をしっかりと泡立てて優しく肌の汚れを落としてください。
顔を拭く時も雑菌が付かないように清潔なタオルと使って、肌に押し当てるようにして水分を拭き取りましょう。

紫外線対策

たとえ雨が降っている日でも紫外線は降り注いでいます。
そのため、梅雨の時期でも日焼け止めを塗ることを忘れないようにしましょう。
また、トマトやグレープフルーツなど、紫外線による活性酸素の発生を防ぐ野菜や果物を食べるのも効果的です。

たっぷりと保湿

洗顔を行った後にたっぷりと保湿をすることで、肌の乾燥状態が改善し、紫外線によって受けたダメージも回復していきます。
すると、皮脂の分泌量も正常に戻り、雑菌の繁殖しにくい肌になり、ニキビができにくくなります。

まとめ

梅雨は、湿度や紫外線、室内の乾燥などの影響で、肌にダメージを受けやすいため、ニキビができやすくなります。
洗顔、紫外線対策、保湿をしっかり行って、肌が受けるダメージを最小限に抑えて、じめじめとした梅雨を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

関連記事

乾燥がひどくて小ジワも目立ち、年寄りも老けて見られがち。 このカサカサ、シワシワ肌を今こそなんとかしたい! そんな人にオススメなのがセラミド化粧品です。 最近はセラミド配合をうたった商品が多く販売されており、保湿にはまず
ニキビや黒ずみ、ブツブツとした角栓など、目立つ毛穴のトラブルに悩んでいる方は多いようです。 「いろいろなケアをしても、毛穴が目立つ」と悩んでいるのは、あなただけはありません。 毛穴パックやピーリングで一時的に毛穴の角栓を
人の第一印象は「肌で決まる」といわれています。 肌トラブルのなかでも、もっとも目立つのは、ニキビよりも毛穴のようです。 広がった毛穴や、毛穴の黒ずみに悩み「毛穴のひどさがつらい」「どうにか目立たなくさせよう」としているに
「顔がかゆい!」と感じたことはありませんか? ひとことで「かゆみ」といっても、さまざまな原因が考えられますが、肌荒れがかゆみの原因だと、なかなか痒みがおさまりません。 肌がかゆくて「イライラする」「物事に集中しにくくてと

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサする…。 化粧ノリも悪くなるし、ひどいと粉がふいてしまったりすることもある乾燥肌。 特に冬場が近くなると乾燥に悩んでいる人もいるでしょう。 乾燥対策として真っ先に思いつくのは「保湿」! 特

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー