prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

絶対美白宣言!おすすめの日焼け止めランキングと「ミルフィーユ塗り」で徹底防御!

日焼け止めを使っているのに、日差しに当たれば日焼けをしてしまう…。
美白なんて、私にはほど遠いな…とお悩みの方はいらっしゃいませんか?

日焼け止めを使っているのに、日焼けを起こしてしまうのには原因があります。

ここでは、日焼け止めについてや、美白美女に話題のミルフィーユ塗りについてご紹介していきます。

日焼け止めを使っていても焼けてしまう原因

日焼け止めを使っていても肌が焼けてしまうことってありますよね。

自分ではしっかり塗ったつもり…。
効果が高そうなUV対策商品を選んだつもり…。

それなのにも関わらず、肌が日焼けてしまうのには原因があります。
ここからは「日焼け止めを塗ったのに焼けてしまう原因」について見ていきましょう。

日焼け止めに含まれる“鉱物油”に要注意

日焼け止めの裏面に成分が記載されていますが、主に紫外線を熱変換する「紫外線吸収剤」、反射させる「紫外線散乱材」、水、油、その他たくさんの添加物が含まれています。

実はここに入っている「油」が日焼けをしてしまう原因となります。
特に使われている油は鉱物油のものが多いです。

水に溶けない油は時間がたつごとに塗った周りに分離していきます。
すると、分離した油が日焼けを増すことにつながってしまうのです。

ポイントとしては、鉱物油フリーの日焼け止めを選ぶこと。

鉱物油フリーの日焼け止め

人気の鉱物油フリーの日焼け止めを紹介していきます。
今までの日焼けが「鉱物油によるものだったかも…。」と思い当たる方はぜひチェックしてください。

サンメディックUV薬用ホワイトプロテクトw n

サンメディックUV薬用ホワイトプロテクトWn

SPF50+ PA++++
販売元:資生堂薬品
容量:40ml
価格:3,139円(税別)

鉱物油フリーはもちろん、パラベン(防腐剤)、アルコール、香料、着色料が入っていませんので、お肌にやさしいです。

しかも、その上、紫外線カット効果が最大値となっていることも嬉しいですね。
さらに、医療成分としても使われる美白成分「トラネキサム酸」も配合されており、美白美女には欠かせない日焼け止めです。

サンメディックUV薬用サンプロテクト n

資生堂 サンメディックUV 薬用サンプロテクトn 50ml

SPF50+ PA++++
販売元:資生堂薬品
容量:50ml
価格:1,980円(税別)

こちらも、鉱物油、パラベン(防腐剤)、アルコール、香料、着色料がフリーとなっております。

顔・からだ用で、ウォータープルーフタイプになっていますので、汗をかいても、海に行ってもおちません。
レジャー好きなアクティブ女子に匹敵の日焼け止めです。

ALLIEエクストラUVジェル

【カネボウ】ALLIE(アリィー) エクストラUVジェル(ミネラルモイスト)60g《顔・からだ用》
SPF50+ PA++++
販売元:コーセー
容量:60ml
価格:2,800円(税別)

鉱物油、パラベン(防腐剤)、香料がフリーとなっております。

鉱物油フリーで、使用感にこだわりたい方にはジェルタイプのこちらがおススメです。
ジェルタイプ特有のさらっとした使い心地です。

“天気が悪い日”でも日焼け止めは塗るべき

紫外線のうち、地上に届いて私たちに影響を及ぼすのは、A波とB波という2種類の紫外線です。

紫外線A波は、シミやシワに加え、皮膚が黒くなってしまう原因に。
紫外線B波は、シミやそばかす、皮膚ガンの原因になります。

特に、A波は波長が長い為、曇りの日や、雨の日でも地上に降り注いでいます。
日焼けをしたくないと考えている方は、天気が悪いからと言って油断しないようにしましょう!

美白になるための日焼け止めの選び方

日焼け止めをきちんと塗っていても、焼けてしまう…。

そもそもその日焼け止め、きちんと効果のあるものを選んでいますか?
最近では、日焼け止め商品も多く登場してどのようなものを選べばよいか迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここからは、美白にも繋がる、効果のある日焼け止めの選び方について紹介していきます。

SPF、PAの表記の見方

日焼け止めの効果がある商品に「SPF」「PA」という記載がありますよね。
これらが何を表しているかご存知ですか?

SPFは、紫外線B波をカットする紫外線防御指数を表します。
PAは、紫外線A波を防止する効果を表しています。

数値は高い方が効果的!?

SPFやPA数値が高い方が効果もありそうに感じるかもしれません。
ですが、ここで注意してほしいのは「50」という表記で「50%防げる」わけではないということ。

SPFの効果は、20分何もつけていない肌と比べて、「日焼けが始まるまでの時間」をどの程度伸ばせるかということになります。
つまり、SPFが10の場合は、20×10で200分となり、3時間20分程度は日焼け止め効果を発揮することになります。

数値が高いものを選んでも、紫外線を防ぐ効果はほとんど変わりません。
季節や使用シーンにもよって使い分けると良いでしょう。

PAの効果は、4段階で分かれていて、「色素沈着を起こしてしまう時間」を2~4倍に伸ばす効果を持っています。
2段階では「かなり効果がある」、3段階では「非常に高い効果がある」といった意味になります。
肌の老化や、シミ、シワ、色素沈着が気になる方は値が高いものを選ぶと良いでしょう。

紫外線を防ぐ有効成分が含まれているかどうかチェック

SPFとPAについて紹介しましたが、日焼け止めが高い効果を発揮するには、“紫外線を防ぐ有効成分”が必要不可欠です。
紫外線散乱剤、紫外線吸収剤と呼ばれる2つの有効成分です。

では、それぞれ一体どのような効果を発揮してくれるのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して肌への影響を防いでくれる成分です。
多くの日焼け止めに含まれています。

SPFやPAの数値が高いものに含まれていることも多く、その分肌への負担も大きくなるので要注意です。
肌への負担が大きいと、美しく白さを保つこともできません。
美白を目指している方は、紫外線吸収剤が含まれていないものを選ぶことをおすすめします。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、紫外線を反射、散乱させることで肌への影響を防いでくれる成分です。

両方の成分を含んでいるものもあれば、片方のみ入っている日焼け止めも少なくありません。
自分の肌と目的に合わせてしっかりとチェックしましょう。

絶対美白宣言!おすすめの日焼け止めランキング

美白するためには「日焼け止め効果の高いもの」であることと、「肌への負担が少ない」ことが大切です。
SPF、PAは国内最強クラスでも、紫外線吸収剤が含まれていない、もしくは低刺激のものを選ぶことで肌への負担も少なくなります。

「日焼け止め効果の高いもの」「肌への負担が少ない」を中心に厳選したTOP3の日焼け止めを紹介しますよ!
気になるものはぜひチェックしてみてください!

【第1位】アスタリフトホワイト パーフェクトUVクリアソリューション(FUJIFILM)

SPF50+ PA++++
販売元:富士フイルム
使用できる部分:顔・からだ
容量:30g
通常価格:4,212円(税込)
定期割引価格:3,790円(税込)

アンチエイジング商品が人気の富士フィルムから、頼もしい日焼け止めが登場です。
「SPF50+」・「PA++++」という国内最強基準ともなる強い紫外線防止効果はもちろん、女性にとっても嬉しい「美容液」と「化粧下地」の機能を兼ね揃えています。
スキンケアをしながら日焼けも防げるのです。

独自技術の紫外線防御剤によって、波長が長いA波もしっかりカット。
「いつのまにか日焼け」を防いでくれます。
肌をケアしながら、紫外線を漏れなく防いでくれる優れものです。

【第2位】ホワイティシモ UVブロックシールドホワイト

SPF50 PA++++
販売元:POLA
使用できる部分:顔・からだ
容量:50ml
価格:4,104円(税込)

「SPF50」・「PA++++」で、紫外線のカット力が期待できます。
さらっとした使用感で、人気の声も高い薬用UVカット美白美容液。
顔・からだに両用できるだけでなく、水や汗にも強いウォータープルーフ仕様が嬉しいですよね!

日焼け止め特有のベタつきが気になる方にはこちらがおすすめです。

【第3位】LANOA

SPF50+ PA++++
販売元:株式会社ラフィスコスメティック
使用できる部分:顔
容量:30g
価格:3,300円(税別)

太陽から受ける紫外線光を、肌に対してダメージの少ない状態に変えてくれるCCクリーム。
こちらも紫外線吸収剤が不要なので、お肌に負担をかけることなく使えます。
鉱物油も使用していません。

また、スキンケアとメイクケアが一度にできるので、1本持っているだけで大活躍です。

敏感肌でも安心して使える日焼け止め

美白向けの日焼け止めおすすめランキングを紹介しました。

肌に優しいもの、といってもSPFやPAが国内最強クラスとなると、敏感肌の方は「自分にも使えるのかな…」と不安になるかもしれません。
そこで、続いてはそんな敏感肌の方にも安心して使える日焼け止めを紹介していきます。

つむぎCCクリーム

SPF30 PA++
販売元:クリシェ
使用できる部分:顔
容量:30g
通常価格:2,916円(税込)
定期割引価格:2,160円(税込)

1本で、日焼け止めのみならず美白美容液、化粧下地、ファンデーション、コンシーラ、クリームの6役をこなしてくれる優れもの。
有効成分のプラセンタエキスがメラニンの生成を抑え、シミそばかすの防止にも役立ちます。

さらに、ヒアルロン酸が配合されているので、水分を保持してくれますよ!

また、紫外線吸収剤は使用せずに、ノンケミカルの紫外線散乱剤を使っています。
敏感肌の方が気になる化学成分も入っていない上、国産の商品なので安心して使うことができますね。

ユースキンS UVミルク

ユースキンS UVミルク SPF25 PA++ 40g (敏感肌用日焼け止め)

SPF25 PA++
販売元:ユースキン製薬
使用できる部分:顔・からだ
容量:40ml
価格:730円(税込)
販売:ドラッグストアなど

ドラッグストアでも購入できるこちらの日焼け止め。
お馴染みのユースキンシリーズのものです。

お値段も1000円以下と、お財布にも優しいです。
紫外線吸収剤無配合で、石鹸で簡単に落とせるので安心して使うことができますね。

キュレル UVローション

キュレル UVミルク SPF30 PA++ 30ml
SPF50+ PA+++
販売元:花王
使用できる部分:顔・からだ
容量: 60ml
価格:1,620円(税込)
販売:ドラッグストアなど

紫外線をカットしながら、紫外線による肌ダメージを防いでくれるローションです。
しっとりとした使い心地で、顔と体の両方に使うことができます。
植物由来の有効成分が、日焼け後のほてりを防いでくれるのも嬉しいですね。

ウェリナ デイリーUVケア/キスフォータウン

ウェリナオーガニクス キスフォータウン (日焼け止めデイリー用) 45ml

SPF50+ PA+++
販売元:ウェリナオーガニクス
使用できる部分:顔・からだ
容量: 60ml
価格:3,024円(税込)
販売:オンラインサイトなど

赤ちゃんの敏感肌にも使えるオーガニック由来の日焼け止めです。
ミネラルが多く含まれた海洋深層水や天然植物をベースにして作られたオイルとなっています。
専用クレンジングは不要で石鹸や洗顔で簡単に落とすことができます。

コーセー 雪肌精 サンプロテクトエッセンスジェル

コーセー 雪肌精 サンプロテクト エッセンスジェル 80g

販売元:コーセー
使用できる部分:顔・からだ
容量: 80g
価格:2,800円(税込)
販売:ドラッグストアなど

スーッと肌になじむ、化粧水仕立てのジェル。
肌ダメージを防いで透明感を守ってくれますよ!

日焼けによるシミやソバカスはもちろん、乾燥による肌荒れやくすみも防いでくれます。

レジャーでも大活躍!水や汗に強い日焼け止め

レジャーの時はいつも以上に日差しに当たる時間も長いですよね。

海やプール、運動の際などは汗や水も気になります。

普段よりも効果が高いもので、ウォータープルーフのものを使いましょう。

ここからは、「ウォータープルーフ」で「クレンジングや石鹸で簡単に落とせる」おすすめの日焼け止めを紹介します。

カネボウ アリィー エクストラUVプロテクター(ホワイトニング)N

カネボウ アリィー エクストラUVプロテクター(ホワイトニング)N 60ml

SPF50+ PA+++
販売元:株式会社カネボウ化粧品
使用できる部分:顔・からだ
容量:60ml
価格:2,800円(税抜)
販売:ドラッグストアなど

美白効果のある薬用成分と強力な紫外線カット力を兼ね備えています。
日差しの強いビーチや日常使いと幅広いシーンで使用できますよ!

シミ、そばかすも予防できるので美白したい方にはおすすめです。
また、普段のクレンジングで落とせます。

アネッサ エッセンスUV アクアブースター

資生堂 アネッサ エッセンスUV アクアブースター60ml×2

SPF50+ PA++++
販売元:株式会社カネボウ化粧品
使用できる部分:顔・からだ
容量:60ml
価格:2,430円(税込)
販売:ドラッグストアなど

汗や水に触れるとパワーアップする「アクアブースター技術が搭載された日焼け止め。
紫外線をブロックする膜が強くなります。

美肌エッセンスも使用されていて、紫外線ダメージからお肌をしっかり守ってくれるので安心ですよ。

ゴシゴシ洗わなくても、せっけんでするりと落とせて肌にも優しいです。

飲む日焼け止めで内側からも紫外線を防止

飲む日焼け止めは、その名の通り飲むだけで紫外線をカットする効果のあるサプリです。
体の外からの紫外線対策だけでは防ぐことのできない紫外線もあります。

海や温泉、屋外でのスポーツなどでも紫外線を気にすることなく、高い日焼け止め効果が期待できますよ!

また、紫外線によって起きる様々な肌トラブルを防ぐことができる成分も含まれています。

さらに詳しく知りたい方はこちら

1000円以下のプチプラで手軽に購入できる日焼け止め

化粧下地機能があるもの、美白効果があるもの、オーガニックのものとそれぞれの特性によって価格は変わってきます。

「毎日使うものだから、あまり高いものは…。」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

日常生活で使うのにおすすめな、1000円以下のプチプラでありながら、SPF、PAの効果も高めな日焼け止めを紹介します。
ドラッグストア、スーパー、コンビニで手に入れることができますよ!

ニベアサン プロテクトウォータージェル

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF50 PA+++ 80g
SPF50 PA+++
販売元:花王
使用できる部分:顔・からだ
容量:80g
価格:270円(税込)

ビオレ さらさらUV アクアリッチウォータリージェル

花王 ビオレ さらさらUV アクアリッチウォータリージェル 90ml
PF50+ PA++++
販売元:花王
使用できる部分:顔・からだ
容量:90ml
価格:598円(税込)

日焼け止めの効果的な塗り方

さて、ここまで日焼け止めを塗ったのに焼けてしまう原因、日焼け止めの選び方を中心に紹介してきました。

でも効果の高い日焼け止めを手に入れたところで、塗り方が間違っていては意味がありませんよね。
ここからは「日焼け止めの効果的な塗り方」について見ていきましょう。

塗る順番

女性の多くは、朝にお化粧をしますよね。
日焼け止めの他にも顔や体に塗るものがあるでしょう。

化粧下地からファンデーションまで担ってくれる日焼け止めを除いて、日焼け止めのほとんどは以下の順番で塗るのをおすすめします。

1.化粧水を浸透させて肌を整える
2.日焼け止めを塗る
3.化粧下地を塗る
4.ファンデーションを塗る

適切な量

日焼け止めを毎日使っていたり、全身に使っているとすぐになくなってしまいますよね。

だからといって、量を少なくするのはやめましょう!
せっかくの効果も台無しになってしまいますよ。

紫外線対策の試験で使われている日焼け止めの量は「1㎠あたり2mg」です。
顔に塗るとすると、少なくとも500円玉分の量は必要なのです。

塗り直し

日焼け止めをしっかり塗ったつもりでも、皮脂や汗などと一緒に落ちていってしまいます。
2~3時間程度置いたら塗り直しをするようにしましょう。

日焼け止めを塗るのが大変という方には、スプレータイプの日焼け止めもおすすめです。

ミルフィーユ塗り?さらに効果的な塗り方とは

ミルフィーユケーキなどでお馴染みの、何層にもなるようにUVカットやUVケアの効果がある化粧品を使うことを「ミルフィーユ塗り」といいます。
絶対防御をしたい方におすすめです!

ミルフィーユ塗りの方法

一例をご紹介します。

①日焼け止めを塗る

②UVカット効果がある化粧下地をつける
なるべくノリが均等でノビが良いものを選んでください。(重ね使いですので、しっかりチョイスした方が良いです)

③UVカット効果があるファンデーションを塗る
ファンデーションにも「SPF」「PA」の記載があるものはUVカットが備わっています。

④UVカット効果があるフェースパウダーをつける
フェースパウダーを使うことでUVカットを増すだけではなく余分な脂を吸い取ってくれます。

日焼け止めを正しく使って美白に近づきましょう!

いかがでしたでしょうか。

・日焼け止めを使っていても焼けてしまう原因
・美白になるための日焼け止めの選び方
・日焼け止めの効果的な塗り方

以上を中心に紹介しました。

自分ではしっかり塗っているつもりでも、日焼け止めの選び方や使い方が間違っていると日焼けしてしまうことがあります。

日焼け止めを有効的に使用して、あなたも美白美女に仲間入りしましょう。

  • メイク
  • 作成日:2016年06月14日
  • 817 views
prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

スポンサーリンク

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー