prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

頑固な肝斑を消したい!シミが薄くなるオススメ美白化粧品3選

ほほ骨やこめかみのあたりに薄い茶色のシミが広がる症状、肝斑(かんぱん)。
なじみのない言葉でしたが、テレビCMで使われて一気に認知度と関心が高まり、気になるという方が増えてきました。

肝斑は30歳過ぎから現れるとされています。
薄くてもシミがあると一気に老けた印象になってしまうので、できれば消してしまいたいですよね。

今回は肝斑の原因や治し方、そして肝斑に特化した人気の高い化粧品をご紹介します。
実は肝斑は、化粧品やお薬を使ったケアで薄くしていくことができるシミなのです。
肝斑の正しいケア方法を知って若々しい印象を保ちましょう。

そもそも肝斑って何?


そもそも、肝斑(かんぱん)というのは、皮膚にできる色素斑の一種、いわゆるシミのこと。
目の下のほほ骨にそって薄くぼんやりと、左右対称に現れるのが特徴です。
そばかすや日焼けによるシミとは別物です。

30代~40代の女性によく見られますが、閉経にともなって高齢になると自然に消えることが多いです。

普通のシミと違い、ストレスやホルモンの影響が関係しているので、紫外線対策や美白ケアを行ってもなかなか改善されないことも多いです。

肝斑か確認!チェックリスト

肝斑の特徴を踏まえて、肝斑かどうか確認するチェックリストを作りました。

  • 30代~50代にかけて突然シミができた
  • 頬骨の周辺や目尻の下に左右対称にできている
  • ハケで塗ったようなシミである
  • 生理前に濃くなることがある
  • ストレスを感じている
  • 現在妊娠中、ピルを服用中である
  • 更年期である

上記に当てはまる可能性は肝斑である可能性が高いでしょう。
点々のような丸いシミの場合は肝斑ではなく別のシミであることが多いようです。

肝斑の治療方法は?化粧品で治るの?


一般的なシミの治療には内服薬や塗り薬のほかに、美容外科や美容皮膚科クリニックでのレーザー治療があります。

しかし、肝斑はレーザー治療が不向きなシミと言われています。
効果がなかったり色素沈着を起こして悪化してしまうケースがあります。

そのため美容医療界では、肝斑にレーザーを使用した治療法はあまり進めておらず、内服か塗り薬での治療を勧めています。

皮膚科で肝斑の治療を行う場合は、トラネキサム酸やビタミンCの内服薬に加えて、外用剤としてのビタミンC誘導体やハイドロキノンが処方されることが多いです。

自分でケアするならビタミンC誘導体やハイドロキノンが配合されている化粧品を使うのがオススメです。

肝斑対策!おすすめの美白化粧品

肝斑に効果が高い化粧品のほとんどは、常に美容ブログや口コミサイトで高い評価を集めています。
今回は、タイプ別に肝斑に効く化粧品を3つをご紹介します!

ハイドロキノン配合!ビーグレン ホワイトケアトライアルセット

肝斑を徹底的にケアしたいのであればハイドロキノンが配合された化粧品がオススメです。

7日分 6,924→¥1,944

20160617-kanpan01

ユーザーからとても高い評価を得ている「ビーグレン」。

ビーグレンシリーズは、カリフォルニアで薬学の研究をしていたブライアン博士が皮膚への浸透を追求して生まれた、アメリカ生まれのコスメです。
肌に馴染みにくいハイドロキノンを、浸透テクノロジーによって的確にお肌に届けて、肝斑へアタックしていきます。

洗顔料、ローション、ビタミンC美容液、ホワイトクリーム、リッチクリームの5種類のホワイトニングプログラムでケアすることで、ハリや透明感も出るようです。

ハイドロキノン配合なので、少し刺激が強いかも…と心配の方もいるかもしれません。
しかし、ビーグレンは365日返金保証付きですので、万が一お肌に合わなくても安心です。

>>ビーグレンの公式HPを見てみる

ビーグレンの口コミ

30代/主婦
くすみが減って透明感を実感!
40代/会社員
お値段は少し高めだけど、だんだん顔色が明るくなってきました
40代/介護士
ビーグレンのアイテムは全て伸びが良く使い心地が良い。潤いが長く続きます

公式HPを見てみる

ハイドロキノンについてさらに詳しく知りたい&他のおすすめ商品が知りたいという方は次の記事をどうぞ。

シミに効く?強力な美白成分ハイドロキノンの効果ってどれくらい?

敏感肌向けのサエル

刺激の弱い敏感肌の人は美白化粧品を選ぶのも一苦労。
そんなひとにおすすめな化粧品です。

10日分 ¥2,160→¥1,480

サエルは敏感肌向けにポーラ・オルビスグループから販売されているブランド。
数々の雑誌にも掲載され、美白系の商品として人気です。
敏感肌だと美白成分がききにくいのですが、サエルは独自の研究でしっかり美白することができます。

ビタミンC誘導体やアルブチンを配合したオリジナルの美白成分や、チロシナーゼを抑制するオリジナル成分が配合されています。

刺激に弱い敏感肌のために、アルコール不使用・香料不使用・紫外線吸収剤不使用・皮膚科医立ち合いテスト承認済と徹底した安全ぶり。
大手のポーラから販売されているというのも安心ポイントですね。
30日間の返品保証つきなので、まずは1度試してみましょう!

>>サエルの公式HPを見てみる

サエルの口コミ

20代/営業
私にはとてもあってるみたい、ヒリヒリしなくて安心です。透明感にウキウキします
40代/主婦
使い始めてから、昔より新しくシミができにくくなった気がします。

公式HPを見てみる

エイジング&美白ケアならハニープラセンタ

肝斑はもちろん、エイジングケアにも効果的なプラセンタは美容液でとるのが得策です。
普段のケアにプラスしてケアしていきましょう。

30日分 ¥6,825→¥3,024

上質な馬プラセンタエキスと多くの美容成分を含むハチミツ、そして八の子エキスを高濃度配合しているハニープラセンタ。

導入浸透美容液として使うのがおすすめです。

合成香料、着色料、鉱物油、活性剤、オイル、パラベンが無添加。
お肌への刺激も抑えめなので使いやすいのが特徴です。

トライアルセットではなく本品の購入となりますが、180日間の返金保障があるのでお肌に合わない、使用感が合わないなどがあっても大丈夫ですね。

>>ハニープラセンタの公式HPを見てみる

ハニープラセンタの口コミ

20代/学生
テクスチャーがさらっとしていて使いやすいです。ニオイもあまりないので快適に使ってます!
50代/主婦
容器がちょっと若い子向けかと思いましたが気にならないくらいいい商品でした。お肌の調子もとってもいいです
40代/主婦
刺激も少なく安心して使っています。乾燥もせず使い心地はとてもいいです

公式HPを見てみる

他にもプラセンタ美容液や、プラセンタの成分をさらに詳しく知りたい人は次の記事もチェックしてみましょう。

-5才肌も夢じゃない!プラセンタ美容液人気ランキング

肝斑を治すためにできる+αの対策


肝斑を治すために、美白化粧品を使う他にもあります。
地道にケアをすることが肝斑には重要です。

ピーリングを行う

肝斑はピーリングも有効なシミです。
お肌の代謝を上げ、遅くなったターンオーバーの正常化を促します。
ターンオーバーが正常化することで、メラニンなどのシミの元を排出させるのです。

ただし、やりすぎは禁物。
ミルクやジェルで洗い流すタイプのものを選び、週に1回などで行いましょう。

内服薬を併用する

肝斑対策として売られている内服薬を一緒に使い、内側と外側からのケアをすることでさらに効果が見込めます。

内服薬にはトラネキサム酸などを配合したものを選びましょう。
製品によって用法・容量が異なるため、しっかり説明を理解して取り入れましょうね。

ホワイピュア ¥3,132

ホワイピュアはシミ・そばかすに有効な第3類医薬品です。
お肌のターンオーバーを整え、肝斑はもちろん、シミやそばかすのケアも行ってくれます。

メラニンの生成を抑え、メラニンの沈着を抑えるビタミンEのサポートをするビタミンC、メラニンの過剰生成を抑えるL-システインなどを配合。
体の中からケアをしていきます。

公式HPを見てみる

紫外線対策を行う

シミの元である紫外線。対策は年間を通して行うべきです。
日焼け止めを塗るのはもちろん、日傘やはおりものなどを使ってうまく紫外線をブロックしていきましょう。

最近では飲むだけで紫外線をカットできる飲む日焼け止めも人気なのでチェックしてみるといいかもしれませんね。

【絶対美白】日焼け止め最強オススメ人気ランキング!選び方のポイント

【2017年度版】安全性&効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

そもそも肝斑が出る主な原因4つ

肝斑を治すためのコツをご紹介してきましたが、肝斑ができる原因は主に4つあります。

1.ホルモンバランス

肝斑の原因にはホルモンバランスの乱れが元になり、メラニンが生成されてしまうケースが多くあります。
女性は妊娠、出産といったきっかけでホルモンバランスが大きく乱れてしまうことから、30代〜40代の年齢で肝斑が出現することが多いのです。

また、睡眠不足や食生活の悪化はホルモンバランスの乱れに繋がります。
心当たりのある方は要チェックです。

2.ストレス

肝斑だけでなくシミの発生には、睡眠不足やストレスが関係していることがよくあります。
良質な睡眠と規則正しい生活リズム、そしてバランスのとれた食事、適度な運動を心がけるだけで肌環境が改善される方もいます。

3.摩擦

日々のスキンケアで摩擦や刺激を与えすぎて、色素沈着から肝斑へと発展することがあります。
年齢を重ねたことでスキンケア方法を強化し、敏感肌へパックやパッティングを毎日やりすぎていませんか?

4.紫外線

肝斑の大きな原因はホルモンバランスですが、紫外線を浴びることで悪化してしまう恐れがあります。
日焼け止めを使って紫外線対策をすることが必要です。

肝斑に効果のある美容成分ってどんな美容液?

20160609-puracera04
肝斑を防止するためには“メラニンの産生を抑える”働きを持つものと、“チロシナーゼの抑制を抑える”ものがいいでしょう。
チロシナーゼとはメラニン色素を作り出す酸化酸素のこと。
この酵素を抑制することで、黒色メラニンの生成を防ぐことができます。

では、その2つの働きを持つ美容成分をご紹介します。

ハイドロキノン

皮膚科では肝斑にはまずハイドロキノンを処方されるといってもいいくらい、肝斑には効果が高い成分です。
メラニンの産生を抑え、チロシナーゼを抑制する効果が高く、既にある肝斑を薄くする力があるとされています。

元々ハイドロキノンは海外では美白成分としてよく使用されていましたが、その強い刺激性を考慮し日本では美白成分として認可はされていません。
しかし、安全な成分が開発された他、薬事法の改正によって濃度を守れば一般のスキンケア化粧品に配合できるようになった成分です。

アルプチン

アルプチンはハイドロキノンにグルコース(ブドウ糖)を結合し、刺激を緩和したハイドロキノン誘導体です。
医薬部外品として配合できるため、安全性や刺激の少ない美白成分が欲しい場合はアルプチンが配合されているものを選ぶといいでしょう。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は歯磨き粉や口内炎薬に幅広く使われているため、「トラネキサム酸配合」という表記を目にしたことがあると思います。

アミノ酸の一種であるトラネキサム酸は、抗炎症、抗アレルギー、止血などの作用があります。
肝斑に対しては、メラニンの発生や色素沈着を抑制する効果があり、内服薬としてよく処方される薬です。

プラセンタ

チロシナーゼの抑制に効果がある美容成分です。
馬や豚の胎盤から抽出され、保湿成分やエイジングケア成分とても人気です。

もう隠す必要なし!肝斑は自分でケアできる時代です

いかがでしたか?
もちろん日々の紫外線対策や生活習慣を整えることが重要ですが、優秀な美白コスメや錠剤をうまく取り入れることで、肝斑は自分で治せるのです。

美白成分が多く配合された化粧品は、肌に刺激を感じる方もいると思いますので、まずはトライアルセットなどで試してみることをおすすめします。
自分に合ったケアが見つかれば、使い続けることで肝斑のない美肌がきっと手に入るはず!
もうファンデで隠す必要はなくなりますね!

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

関連記事

年齢を重ねると増えてくる肌トラブル。 その中で最も悩む方が多いとも言えるのが「シミ」です。 シミの原因として“紫外線”は代表的ですから、なるべく避ける努力をしている方が多いと思います。 しかしどんなに家にいたくても、お仕
年齢と共にだんだん増えたり目立ったりしてくるシミ。 30代頃から気になるようになった方も多いのではないでしょうか。 増える肌トラブルの中でもシミは女性を悩ませますよね。 シミは若い頃と同じスキンケアでは不十分なため、美白
シミは、女性にとって悩む方が多い肌トラブルです。 シミを薄くするため美白の努力をしても、なかなか薄くならなず困っている方が多いようです。 気になるシミやソバカスを隠そうとしても「なんだか厚塗りになって、化粧崩れがひどい」
ライフスタイルの一部として楽しむスキンケア。 それは女性らしさをグンと引き立てるエッセンスです。 いつまでも美しくあるために、スキンケアを「趣味」に加えてみませんか? 美容と末永く付き合いたいあなたへ、とっておきの商品と

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサする…。 化粧ノリも悪くなるし、ひどいと粉がふいてしまったりすることもある乾燥肌。 特に冬場が近くなると乾燥に悩んでいる人もいるでしょう。 乾燥対策として真っ先に思いつくのは「保湿」! 特

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー