prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

乾燥肌・敏感肌の洗顔方法は?石鹸・洗顔料ランキング10選!

乾燥肌や敏感肌の方は、洗顔を変えるだけで、肌が改善したというケースがあるくらい、洗顔方法が大切なのだそうです。

赤くなったり、ヒリヒリする肌は、メイクをしても崩れやすく、悩みがつきません。

そこで、今回は洗顔に注目しました。

乾燥肌や敏感肌を改善して、しっとりスベスベの素肌をめざせる洗顔方法や、敏感肌の方も安心して使える、洗顔石けん・洗顔フォームなどについてまとめました。

スポンサーリンク

乾燥・敏感肌におすすめの洗顔料10選

通販やドラッグストアで購入できる、市販の洗顔料を厳選して紹介します。

VCOマイルドソープ

内容量:85g 価格(税込):3,074円
初回(税込):1,536円(50%OFF)
定期購入(税込):2,459円(20%OFF)

「VCOヴァージンココナッツオイル」で作られた洗顔石鹸です。

皮脂と似た成分の、母乳にも含まれている「ラウリン酸」が豊富に含まれています。

ヒアルロン酸が配合されているため、角質層の水分を保ちつつ、洗えるのです。

生クリームのようなきめ細やかな泡立ちで、汚れをしっかり落としつつ、肌に必要な皮脂はしっかり残すのが、この石けんの特徴です。

赤ちゃんのように、もっちりした肌を目指せる石けんといえるでしょう。

合成界面活性剤不使用・防腐剤不使用・無添加・無香料の完全無添加洗顔石鹸です。

VCOマイルドソープ公式HPを見てみる

VCOマイルドソープ口コミの真相!毛穴汚れにも効果アリってホント?

スポンサーリンク

然(しかり)よかせっけん

内容量:88g 価格(税込):1,944円 *泡立てネット付き
定期購入(税込):1,841円(5%OFF)

ミネラル分豊富な、火山灰シラスが原料です。

毛穴より小さい超微細シラスパウダー配合で、毛穴の奥の汚れまでしっかりと取り除いてくれるので、毛穴対策にも効果を期待できるでしょう。

コラーゲン・アロエエキス・ローヤルゼリー・天然ミネラルといった美肌成分が、60%以上含まれているので、潤いもアップし、ハリのあるワントーン明るい肌に導いてくれます。

防腐剤、鉱物油、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料、エタノールを一切使用していない完全無添加です。

然(しかり)よかせっけん公式HPを見てみる

然(しかり)よかせっけんの口コミの裏側・真相を、ナチュラル派目線で探る

ハニーサンゴ石鹸

内容量:80g 価格(税込):3,899円
定期購入(税込):3,120円(20%OFF)

洗浄と保湿という、ふたつのバランスにこだわった石けんです。

サンゴパウダーでしっかり洗浄し、はちみつ成分が保湿を行うので、しっとり洗い上げます

また、はちの子エキスなどの美容成分が配合されているので、エイジングケアもできる石鹸です。

オレンジオイルがよい香りなだけでなく、殺菌・洗浄成分が入っているため、汚れを落としてプルプル肌を目指せます。

着色料不使用・添加物不使用

ハニーサンゴ石鹸公式HPを見てみる

米肌 肌潤石鹸

内容量:80g 価格(税込):3,780円
トライアルセット(税込):1,500円

お米と発酵のパワーで美肌に導く、コーセーの「米肌」シリーズ。

「肌潤石鹸」は弾力のあるモチモチ濃密泡で、肌に負担をかけずに、毛穴汚れやくすみを取り除けます。

水分保持力の向上に効果的なライスパワーエキスや、大豆発酵エキス、ビフィズス菌発酵エキスを配合しています。

すっきりすべすべの洗い上がりです。

うるおいを残しながら洗い流し、肌表面を整える働きがあるため、後から使う化粧品の浸透をたすけるブースターとしての働きを期待できます。

米肌公式HPを見てみる

ビーグレン クレイウォッシュ

内容量:150g 価格(税込):4,212円
定期購入(税込):4,001円(5%OFF)
初回トライアルセット(税込):1,944円

敏感肌の方に人気のスキンケアブランド「ビーグレン」がだしている、「クレイウォッシュ」は泥の洗顔料です。

天然クレイの「モンモリロナイト」が、肌の汚れだけに吸着し取り除きます。

使い方は、クレイウォッシュを泡立てないで、そのまま肌になじませ、やさしくマッサージするだけOKです。

超微粒子のクレイは、クリームのように柔らかく、なめらかに肌に密着します。

トライアルセットもオススメです。
洗顔料・化粧水・美容液・クリームまでライン使いでお試しできます。

ビーグレン公式HPを見てみる

ランリッチ しっとりソープ

内容量:50g 価格(税込):2,160円
初回(税込):1,080円(50%OFF)*泡立てネット付き
定期購入(税込):1,944円(10%OFF)
健康家族 ランリッチ しっとりソープ 60g

卵から抽出された保湿成分「卵白酵素」と「卵殻膜エキス」で、やわらかくしっとりした肌に導く「ランリッチ しっとりソープ」

メレンゲのような濃密泡は泡立ちもよく、肌に負担をかけずに洗い上げます。

吸着力にも優れているので、薄いメイクならクレンジングもできますよ。

ミヨシ 無添加 洗顔せっけん 固形

内容量:40g 2個入り 価格(税込):540円*泡立てネット付き
無添加洗顔せっけん 40g×2

無添加にこだわった「ミヨシ」の洗顔石鹸は、洗浄成分は100%純せっけんだけです。

牛脂とパーム核油の天然原料を使用し、釜焚き製法にこだわった石鹸は、天然の保湿成分が溶け込み、洗い上がりもしっとりしています。

プチプラでリーズナブルなのは、余分なものを入れないから実現できるようです。

無香料・無着色・防腐剤無添加なので、安心して使えます。

キュレル潤浸保湿 泡洗顔料

内容量:150ml オープン価格
キュレル 泡洗顔料 150ml

「キュレル」は「乾燥性敏感肌」のために考えられたブランドです。

キメの細かい泡タイプの洗顔料なので、泡立てる手間がありません。

肌の保湿成分「セラミド」を守りながら、洗い上げます。

消炎剤が配合されているので、ニキビ肌や肌荒れが気になるメンズにもおすすめです。

弱酸性・無香料・無着色・アルコールフリーという肌に優しい処方といえるでしょう。

ファンケル 洗顔パウダー

内容量:50g 価格(税込):1,296円
初回(税込):980円(20%OFF)
3本おまとめ購入(税込):3,599円(9%OFF)
FANCL ファンケル 洗顔パウダー しっとり 50g

「ファンケル」の洗顔料はパウダータイプです。

汚れを落とし、うるおいを守りつつ、つるんとした素肌に洗いあがります。

肌の保湿力も上がり、乾燥による小じわも目立たなくなります。

泡立ちが早く、弾力のあるもっちり泡は洗顔中にへたることもなく、肌に負担をかけずに洗えます。

お得な初回トライアルセットがおすすめです。
マイルドクレンジングオイルと、洗顔パウダー・泡立てネットがセットになっています。

防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤を一切使用していない無添加の洗顔料です。

ミノン フェイシャルウォッシュ

内容量:100g 価格(税込):1,296円
MINON(ミノン) フェイシャルウォッシュ 100g

1973年に発売された「ミノン」は、肌にやさしい安全性の高い洗浄料として知られています。

「フェイシャルウォッシュ」は、アレルギーの原因物質を極力カットした、低刺激の洗顔料で、肌へ余計な負担をかけません。

植物性のアミノ酸系洗浄成分が配合され、つっぱらずしっとりした肌になります。

チューブのクリームタイプと、泡で出てくるタイプがあります。

乾燥肌や敏感肌の原因


敏感肌になる主な原因は、乾燥による肌のバリア機能の低下といわれています。

肌を刺激から守るバリア機能の働きが低下すると、水分が失われ刺激を受けやすい敏感肌になってしまうのです。

乾燥肌だけでなく、「Tゾーンはテカるけどほかの部分は乾燥する」といった、顔の部分によって肌質が違う混合肌も、敏感肌のひとつです。

しっかり保湿しつつ、皮脂分泌もコントロールすることが大切です。

カサカサ肌を卒業したい!自分でできる乾燥肌対策で潤い肌をゲット!

乾燥による敏感肌を改善するには、洗顔料の見直しが重要

洗顔はスキンケアの基本です。

ゴシゴシ洗って、肌のうるおい成分である角質層を傷つけると、肌の乾燥が悪化してしまいます。

単に、汚れを落とすだけでなく、肌に負担をかけないやさしい洗顔がとても大切です。

自分の洗顔を見直すことで、肌の状態も変わってくるでしょう。

規則正しい生活習慣も大切

肌トラブルには、食生活や睡眠不足、ストレスなどの生活習慣の乱れが影響している場合もあります。

規則正しい生活習慣を心がけることで、肌の状態もよくなり、敏感肌の改善にも役立つはずです。

乾燥・敏感肌の洗顔料選び方のポイント


敏感肌には、摩擦は禁物です。

ふき取りタイプの洗顔料などは、ふき取るときに摩擦が生じ、肌への刺激が強すぎるかもしれません。

敏感肌の方は、弾力のある泡で洗顔することをおすすめします。

それでは具体的には、どんな洗顔料を選べばよいのでしょうか。

保湿成分が入っている

肌を乾燥させないためには、保湿がもっとも重要です。

潤いは残しつつ、汚れを落とせる洗顔料を選びましょう。

保湿成分を配合しているものが、おすすめです。

肌にやさしい成分が配合されている

合成界面活性剤・保存料・着色料などの成分は、敏感肌にとっては刺激となり、肌トラブルの原因にこともあります。

とくに、合成界面活性剤の場合は、洗浄力が強力なため、肌にかかる負担が大きいのでおすすめしません。

無添加や天然由来成分など、肌にやさしい洗顔料を選んでください。

洗顔フォームと洗顔石鹸の違い

洗顔料は、大きく分けると「洗顔フォーム」と「洗顔石鹸」の2種類になります。
この2つの違いは「成分」です。

「固形だからせっけん」「チューブだから洗顔フォーム」というわけではありません。

石鹸は「アルカリ性」でできており、石鹸だけの成分です。

成分表記は脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウム、石けん素地、純石けん分のように表記されています。

洗顔フォームは「弱酸性」「中性」のもの。

汚れを落とすために石鹸の成分ではなく、「合成界面活性剤」を使っていることが多いのです。

界面活性剤は、水と油を馴染ませるのに必要な成分です。

肌の汚れには油分が含まれているので、水分のみでは落とすことが難しくなってしまいます。

化粧品には界面活性剤が不可欠ですが、合成界面活性剤の場合は、洗浄力が強力なため、肌にかかる負担が大きいのです。

もちろん汚れを吸着する成分は、石けん以外にもあるので、一概にはいえませんが、成分表を見て上の方に合成界面活性剤が含まれていたり、その種類が多い場合は注意しましょう。

乾燥肌の方のための正しい洗顔方法


肌にやさしい、正しい洗顔方法を紹介します。

まずは、ぬるま湯で顔を濡らします。

洗顔料をしっかり泡立てます。

泡で包み込むように洗います。
顔の上で泡を滑らせるようにしながら、くるくるとマッサージするように洗いましょう。

ぬるま湯で十分にすすぎます。
すすぎ残しは肌荒れの原因となりますので、しっかり洗い流してください。

タオルでやさしく拭きます。ポンポンと水分を吸い取るように優しくタオルを抑えるようにふくのがポイントです。

洗顔で気を付けるポイントをチェック

正しい洗顔を行う上で、気をつけたいポイントをまとめました。

ぬるま湯を用意する

熱いお湯は、肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。

そこで30~32度くらいのぬるま湯で、洗いましょう。

「ちょっと冷たいかな」と思う程度のお湯が、適温です。

しっかり泡立てる

手で洗うというよりは、「泡で汚れを落とすイメージ」で洗うため、洗顔料は泡がとても大切です。

もっちりとした、キメの細かい泡を作りましょう。

泡立ちネットは、簡単に泡が作れるのでおススメです。

こすらない

なるべく肌に刺激を与えないように、泡をころがすように洗います。

泡を肌にすべらせるような感覚です。

爪を立てたり、力を入れてゴシゴシと洗うと、肌にとっては刺激になるので注意しましょう。

短い時間で洗う

泡が顔の上に長い時間留まっていれば、肌への刺激にもなります。

長く時間をかけずに、1分くらいで泡を落としてください。

すすぎは十分に

ぬるま湯でしっかりすすいで、泡を完全に落としてください。

20~30回が目安です。

洗顔後はすぐ保湿!

洗顔後すぐから、徐々に水分が失われていきます。

すぐに保湿ケアをして、乾燥から肌を守ってください。

保管しにくい固形の洗顔石鹸の保存方法

固形の石鹸は溶けやすいため、置き場所に困っていませんか?

石鹸は湿気が少なく、風通しのよい場所に置いてください。

必ず水気を切ってから保管します。

浴室は、湿度が高く、石鹸が溶けやすいので避けたほうがよいでしょう。

ネットでつるすのも、オススメです。

せっかく洗顔料を変えても、お手入れ方法が間違っていれば効果は期待できません。

洗いすぎ

洗顔回数が多いと、肌に必要な皮脂まで奪ってしまいます。

洗顔料を使用する頻度は、1日1~2回で十分です。

意外かもしれませんは、朝は洗顔料を使わずに、ぬるま湯だけで洗うだけで問題ありません。

夜は汗やほこりが付くくらいなので、洗顔料の洗浄力は不要といえるでしょう。

ゴシゴシ洗う

ゴシゴシ洗うと、肌との摩擦が起き角質層を痛め、バリア機能を壊してしまいます。

手でこするのではなく、泡を転がすようにやさしくなでるように洗いましょう。

肌荒れをしていると、ついついカサカサしている部分を爪でかいてしまいがちですが、悪化の原因になりかねません。

なるべく荒れている部分には、触らないようにしましょう。

熱いお湯または冷たい水での洗顔

熱いお湯は皮膚への刺激が強く、皮脂を落としすぎてしまいます。

また冷水での洗顔も刺激が強く、乾燥を悪化させてしまうこともあるのです。

熱いお湯や、冷たい水での洗顔は、避けてください。

温度は30~32度くらいの、ぬるま湯がベストです。

ふきとり化粧水や、シートタイプのクレンジングを使う

ふき取り化粧水は、化粧水をコットンなどに含んでふきとるものです。
また、シートタイプのクレンジングは、シートで化粧をふきとります。

つまり、両方とも、肌をこすることが多い方法です。

簡単で便利なので、よく行う人もいるかもしれませんが、敏感肌で肌がピリピリするという方には刺激が強すぎる可能性もあります。

ごしごし擦るのではなく、軽く押さえて汚れを落とすような使い方をするなど、工夫する必要があるでしょう。

敏感肌対策のスキンケア方法


そもそも敏感肌の原因は、肌のバリア機能が低下することでおこります。

バリア機能が低下してしまう原因は洗顔のしすぎや保湿不足といった間違ったスキンケア・生活習慣の乱れ・生まれつきです。

肌の保湿は忘れずにおこなう

生まれつき乾燥しやすい体質の方はもちろん、後天的に敏感肌となってしまった方のセルフケアとしては保湿が大切です。

セラミドやNMF、ヒアルロン酸やプラセンタなど、保湿成分が多く含まれた化粧品を使うのはもちろん、クリームや乳液などでしっかり肌を保護することを意識しましょう。

乾燥肌にオススメのフェイスクリーム7選!顔の保湿に必要な成分って?

規則正しい健康的な生活をする

バランスのとれた食事や適度なストレス解消、十分な睡眠をとることで、肌細胞が活性化して肌も健康的になります。

毎日の生活習慣を見直してみましょう。

サプリなどを使って、内側から肌の保湿成分を増やしていくのもよい方法です。

セラミドサプリは効果あり?オススメランキング10!保湿は内側から!

肌に合わない場合はすぐに使用を中止する

いくら成分的に美肌に効果があると言っても、自分の肌にあわない化粧品を使い続けると、肌はさらに荒れてしまいます。

人によって、成分の向き不向きはあるもの。

顔に使う前に、必ずパッチテストをしましょう。

いざ使い始めても、ピリピリと刺激を感じる場合は、すぐに使用をやめて洗い流すことが大切です。

自分の肌は、どんな成分があわないのかを、皮膚科でしっかり診断してもらうのもひとつの手段かもしれません。

洗顔を見直して、敏感肌を改善しよう!


乾燥による敏感肌の方に、おすすめの洗顔料はなるべく刺激の少ないものです。

さらに保湿成分が入っているとよいですね。

また、正しい洗顔を心がけることも大切です。

毎日の洗顔を見直すことで、透明感のあるみずみずしい素肌を取り戻してください!

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機会ってありますよね。 でも、化粧を取ったら毛穴が目立つ、ニキビ跡が汚くてとても見せられない…! どう
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー