prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

【敏感肌用】正しい洗顔方法&おすすめの洗顔石鹸ランキング

敏感肌や、乾燥肌の人はスキンケアがとても大変です。
肌の保水力を高めるためのスキンケアを心がける必要があります。

では、そのスキンケアのどこに重点を置いていますか。
化粧水?クリーム?でも、なかなか肌のコンディションが良くならないというなら、洗顔を見直すべきです。

洗顔は、基礎化粧品の土台になる大事なプロセスです。
どんなにいい化粧品メーカーの化粧品を使っても、この洗顔で間違えてしまうと効果が半減してしまいます。

では、敏感肌ならどんな洗顔料を選ぶべきなのか、どんな洗顔をするべきなのかをみていきましょう。

敏感肌用の洗顔せっけん

敏感肌の原因

敏感肌の原因はお肌を外部刺激から守るバリア機能の低下です。

バリア機能には皮脂やセラミド、NMFなど、保水成分が多く含まれているのですが、洗顔のしすぎや保湿不足によってバリア機能が崩れ、刺激に弱くなってしまいます。
他にも、季節の変わり目や、生活習慣の乱れが原因になります。
また、元々水分保持力が弱く、皮脂分泌も少ない乾燥しやすいタイプの方は敏感肌になりやすい傾向にあります。

敏感肌の人におすすめの洗顔方法

20160629-binkanhada-sengan04
敏感肌になってしまう原因の1つに、洗顔のし過ぎがあります。

洗顔は、肌の汚れや化粧を落とすための大切な工程です。
毛穴に汚れが残ったままの状態になっていると、角栓や毛穴トラブルのもとになります。
また、古くなった皮脂は「変性皮脂」となり、肌老化の原因にもなりかねません。
とくに外出時の日焼け止めなどは、しっかりと落とす必要があります。

しかし、洗顔の難しいところは「汚れをただ落とせばいい」というものではないということです。
とくに敏感肌の人は、肌の乾燥からバリア機能が低下し、外部刺激が肌内部に入り込みやすくなっている状態。
肌の汚れを落とすことばかりに気を取られていると、肌の乾燥を進めてしまうことになります。

では、どのようにすればよいのでしょう?
敏感肌の方におすすめの洗顔方法は2通りあります。

ぬるま湯で洗顔する

洗顔するとヒリヒリする人やそもそも敏感肌を治したいのであればお湯での洗顔をおすすめします。
生まれつきや老化によるお肌の乾燥以外は、「洗いすぎ」が敏感肌の原因であることがほとんど。

そのため、少しの刺激でもヒリヒリするような状態の場合は洗顔料を使わない「ぬるま湯洗顔」を実行しましょう。
水洗顔でもよいのですが、あまりに冷たすぎるのは逆にお肌への刺激になってしまうのでNG。
体温より低めの30℃ぐらいが理想的です。

この場合はお肌の自然治癒力を回復させ、ターンオーバーを促進させることが目的のため、洗顔後も化粧水を使わないのが吉。
いわゆる肌断食というものです。

とはいえ、メイクをしている状態では洗顔料を使わないというのは不可能。
お湯だけではメイクが落ち切らないからです。

メイクの度合いにもよりますが、ナチュラルメイクなら洗顔料を使って落とすのも一つの方法。
朝のみお湯洗顔を行うなど、汚れの状態に応じて使い分けていきましょう。

刺激の少ない洗顔石鹸で洗顔する

水洗顔やぬるま湯洗顔が厳しい場合は、できるだけ刺激の少ない洗顔石鹸で洗いましょう。

洗顔料の種類は大きく分けて2つあり、洗顔フォームと洗顔石鹸です。

洗顔フォームは泡も立てやすく、使いやすいので圧倒的に愛用者が多くなっています。
しかし、洗顔フォームには合成界面活性剤や防腐剤といった添加物が含まれているものも多いのが事実です。
強すぎる合成界面活性剤はお肌のバリア機能である皮脂も落とし過ぎてしまうことも…。

その結果、バリア機能が崩れて化粧水や洗顔料がしみてしまうのです。

敏感肌なら、汚れを落とし、肌の油分と水分を残すためにも、余計なものが添加されていない洗顔石けんがオススメ。
自然由来の洗浄成分で作られた石けんなら、洗浄力や脱脂力が高すぎないので安心です。

敏感肌向け洗顔石鹸の選び方のコツ3つ

20160629-binkanhada-sengan06

① きめ細かい弾力泡がつくれること

汚れを落とすためにゴシゴシと洗うのは、肌への負担をかけてしまい乾燥を進めてしまいます。

洗顔は、肌に石鹸をこすり付けることで汚れを落とすわけではありません。
泡がもつ「表面張力」によって、汚れを包み込んで落としていくのです。

つまり、洗顔においてはまず「キメ細かい泡」がポイントになってきます。
弾力のある泡が作れる洗顔石鹸を選びましょう。

もしかしたら泡だけではもの足りなく感じるかもしれませんが、十分に汚れは落とせます。
敏感肌には、刺激と摩擦が大敵です。
角質層を刺激しない洗顔を心がけることが大切です。

② 添加物の少ないものを選ぶ

一般的な洗顔料には、合成界面活性剤、保存料、着色料などの刺激成分が多く含まれています。
敏感肌なら、そういった刺激成分が含まれていない洗顔石鹸を選ぶことが大切です。
天然由来成分が多く含まれている洗顔石鹸は、肌への刺激が少なくなっています。

また、殺菌成分配合のものや抗炎症成分配合のものも刺激が強いので避けた方が無難。
着色料や合成香料も刺激になる可能性があるので避けましょう。

できるかぎり添加物の少ない、石けん成分やうるおい成分配合のものを選ぶことがポイントです。

③ スキンケアを邪魔しない成分のものを選ぶ

洗顔は「汚れを落とす」ことが目的。
対して、栄養を補給するのは「化粧水」です。
なので、洗顔に関しては油分などが含まれていないほうが吉。

洗顔石鹸は肌に刺激を与えずに、肌の余分な脂や汚れだけを落とし、その後のスキンケアの浸透を良くする効果があります。
洗顔石鹸で大切な油分と水分は残しつつ、保水力が高くなる基礎化粧品でバリア機能をサポートするのが良いでしょう。

敏感肌におすすめ!洗顔石鹸ランキング

洗顔石鹸といっても、たくさんの商品があります。
敏感肌の人が使って良かった!という口コミが多いオススメ商品を、ランキング形式でご紹介しましょう。

1位・VCOマイルドソープ

初回限定:¥1,536(税込み) 85g:夜のみ使用2ヵ月

20160629-binkanhada-sengan01

合成界面活性剤不使用、香料不使用、着色料不使用、防腐剤不使用の完全無添加洗顔石鹸。

母乳と同じ成分であり、皮脂とも似ている「ラウリン酸」がたっぷり配合。
汚れはしっかり落としつつお肌に本来必要な皮脂はしっかり残してくれるのが特徴です。
牛乳でアレルギーを起こす人はいても、母乳でアレルギーを起こす人はほとんどいません。
つまり、母乳成分と人の肌細胞とはとても相性がいいのです。

また、枠練り製法で丁寧に作られているので、40%も美容成分が配合。
高保湿成分ヒアルロン酸を配合しているので、洗顔後のお肌はつっぱらずにもっちり。

さらに、もこもこの泡で毛穴汚れもスッキリさせるので、そのあとに使う化粧水もしっかり染み込みます。
また、今なら15日間の返金保障もついているので、万が一お肌にあわなかったときも安心です。

VCOマイルドソープの詳細

全成分:石鹸素地(植物油)、ヤシ油(ヴァージンココナッツオイル)、ステアリン酸、水、ヒアルロン酸Na、水酸化K

2位・然(しかり)よかせっけん

定期コース:¥1,841(税込) 88g:約1ヵ月

20160629-binkanhada-sengan02

リピーターも多く、評価の高いよかせっけんは固形石鹸ではなく練り石鹸。
美肌成分を60%以上含んでいるため、お肌がつっぱりません。

よかせっけんの原料は汚れを吸いつける力が強く、ミネラル分も豊富な火山灰シラスを使用しています。
また、超微細のシリカパウダーで毛穴の古い角質も吸着するため、くすみのない肌に導きます。
※くすみとは古い角質を含むよごれのことです。

然りせっけんの詳細

全成分:グリチルリチン酸ジカリウム、精製水、水酸化カリウム、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、黒砂糖、ケイ酸・ケイ酸アルミニウム焼成物、酸化チタン、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液、水溶性コラーゲン液(3)、ローヤルゼリーエキス、アロエエキス(2)、加水分解コンキオリン液、チャエキス(1)、ウーロン茶エキス

3位・ハニーサンゴ石鹸

定期コース:¥3,120(税込) 80g:約1ヵ月
201502131205564337

メディアでも多数紹介されているハニーサンゴ石鹸。
サンゴパウダーで汚れを吸着するので、強い洗浄成分を入れなくてもしっかり汚れをおとしてくれます。

また、保湿力の高いはちみつや、洗浄成分のオレンジオイル、美容成分が多数配合されているはちの子エキスなど、美容成分もたっぷり。
年齢肌ケアもしっかりできる人気商品です。

ハニーサンゴ石鹸の詳細

全成分:石ケン素地、水、スクロール、グリセリン、エタノール、ラウロイルグルタミン酸Na、ハチミツ、加水分解ハチ幼虫/さなぎエキス、サンゴ末、カンゾウ根エキス、オレンジ油

米肌 肌潤石鹸

:¥3,780(税込) 80g:約1ヵ月
2014052118244128512

お米と発酵のパワーで美肌に導くスキンケアシリーズ、米肌。
素手でももこもこのホイップクリームのような泡立ちができる石鹸です。

水分保持力の向上に効果的なライスパワーエキスや、大豆発酵エキス、ビフィズス菌発酵エキスなどを配合しているので、洗い上がりももちもち肌に。
さらに、ブースター効果もあるため、化粧水の浸透力もあがる優れものです。

1500円で洗顔石鹸と化粧水、美容液やクリームまで試せる14日分のトライアルセットもあります。
>>トライアルセットの詳細はこちら

まずはトライアルセットで試してみるのもあり、1ヶ月まるまる洗顔石鹸を試してみるのもアリですね。

米肌 肌潤石鹸の詳細

全成分:カリ含有石ケン素地・水・ラウリン酸・グリセリン・オリーブ油・グリコシルトレハロース・コメエキス・ダイズ発酵エキス・トコフェロール・ビフィズス菌発酵エキス・ポリクオタニウム-51・BG・エタノール・クエン酸・スクロース・加水分解水添デンプン・結晶セルロース・乳酸Na・フェノキシエタノール・メチルパラベン
※ライスパワー®No.11はコメエキスのこと。

ドラッグストアで買える無添加石鹸

ドラッグストア等で買える市販物でも、リーズナブルな価格で無添加の石鹸が手に入ります。
ただし、保湿成分が少なく洗った後につっぱることが多いようです。
自分に合うものを選びましょう!

カウブランド 赤箱 (しっとり)

¥108(税込) 100g:約1ヵ月
牛乳石鹸共進社 カウブランド 赤箱 125g

1928年から販売されている人気の石鹸。
ミルク成分とスクワランを配合しているため、しっとりなめらかなお肌に仕上がります。
泡立ちネットなどで泡立てて使うのがおすすめです。

>>カウブランド 赤箱の詳細を見てみる

全成分:石ケン素地、香料、乳脂(牛乳)、水、ステアリン酸、酸化チタン、EDTA-4Na

カウブランド 青箱 (さっぱり)

¥86(税込) 100g:約1ヵ月
カウブランド 青箱1個 85g

1949年から販売されている人気の石鹸。
ミルク成分を配合し、さわやかなジャスミンの香りが特徴的です。
こちらも泡立ちネットなどで泡立てて使うのがおすすめです。

さっぱりとした洗い心地です。

>>カウブランド 青箱の詳細を見てみる

全成分:石ケン素地、香料、乳脂(牛乳)、スクワラン、水、ステアリン酸、酸化チタン、EDTA-4Na

ソンバーユ石鹸

¥549(税込) 85g:約1ヵ月
ソンバーユ 石鹸(馬油石鹸) 85g

純石鹸分99%。
お肌のうるおい成分は残しつつ、ほこりや汚れなどはしっかり落としてくれる馬油原料の石鹸です。
泡立ちやすく保湿力もあると評判の商品です。

>>ソンバーユ石鹸の詳細を見てみる

全成分:石けん素地、馬油、パーム油、水、水酸化Na、パーム核脂肪酸、塩化Na、香料(ヒノキの香り)、クエン酸Na

市販物には保湿成分が配合されていないことも多いので注意!

赤ちゃん用に使用している人も多い、シャボン玉石けんとカウブランド無添加。
どちらも100%天然素材の純石鹸です。

敏感肌でも安心して使える素材といえますが、無添加なので保湿成分が配合されていません。
使用後にツッパリ感を感じる人が多いのはそのためです。

保湿力を高めて、バリア機能を取り戻したい敏感肌の人が使用する場合は、風呂上がりすぐに保湿スキンケアの必要があります。

洗顔フォームと洗顔石鹸の違い

ここで一つ、洗顔フォームと洗顔石鹸について補足で説明しておきましょう。

洗顔料は、大きく分けると「洗顔フォーム」と「洗顔石鹸」の2種類になります。
この2つの違いは「成分」です。
“固形だからせっけん”“チューブだからフォーム”というわけではないのです。
上記でご紹介した洗顔石鹸も、固形ではないものが含まれていますよね。

石鹸は“アルカリ性”でできており、石鹸だけの成分でできています。
成分表記は脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウム、石けん素地、純石けん分となっています。

洗顔フォームは“弱酸性”“中性”のもの。
汚れを落とすために石鹸の成分ではなく、「合成界面活性剤」を使っていることが多いです。

界面活性剤は、水と油を馴染ませるのに必要な成分です。
肌の汚れには油分が含まれているので、水分のみでは落とすことが難しくなってしまいます。
化粧品には界面活性剤が不可欠ですが、合成界面活性剤の場合はその洗浄力が強力なため、お肌にかかる負担が大きいのです。

もちろん汚れを吸着する成分は石けん以外にもあるので、一概には言えませんが、成分表を見て上の方に合成界面活性剤が含まれていたり、その種類が多い場合は注意しましょう。

敏感肌なら意識したい!正しい洗顔方法

敏感肌の方は洗顔方法がそもそも間違っているということも。
正しい洗顔方法で敏感肌を整えて健康的な肌にしていきましょう!

洗顔の仕方

お肌に優しい洗顔の仕方を伝授します!

お湯は体温よりも低めの30℃

体温よりも高いお湯で洗顔をすると、お肌に本来必要な油分や皮脂も洗い流してしまい、その結果、バリア機能が崩れて敏感肌になってしまいます。
そのため、少しぬるいくらいの30℃を目安にして洗顔しましょう。

必ず泡で洗顔する

敏感肌は少しの刺激でもお肌を傷つける原因になってしまいます。
そのため、ゴシゴシ洗いが必要のない泡洗顔が必須。
手で泡をたてられるものもありますが、泡立てネットを使うとより早く、細かい泡が出来上がるのでおすすめです。

洗顔は時間をかけず1分で行う!

刺激が少ない方が敏感肌には最適。
そのため、お肌に優しい泡洗顔でもできるだけスピーディーに洗顔しましょう。

目安は1分。
泡を顔につけて、皮脂の多いおでこや鼻を先に洗います。
その後頬など広い場所を洗い、一番皮膚の薄い目周りや口周りを優しく洗いましょう。

すすぎは水をかけるだけ、しっかり行う

ゴシゴシ洗いは厳禁の敏感肌向け洗顔。
もちろんすすぎの際もゴシゴシするのはNG。

ぬるま湯を優しく肌にかけながら徐々に泡を落としていきましょう。
力を入れないように意識して。
洗い残しのないように注意しましょう。

タオルで優しくふいたらすぐに保湿へ!

水滴を拭くときも優しく押させるようにして拭きましょう。
そのあとはすぐにスキンケアにうつるのがポイント。

お肌の水分はお風呂上りから蒸発していきます。
そのため、できるだけ早くスキンケアをするのが大切。
水分が蒸発しないよう、化粧水をつけた後はしっかり保湿をしましょう。

敏感肌にはおすすめできない洗顔方法

逆に、敏感肌にはあまりおすすめできない洗顔方法も。
刺激を与えやすい洗顔方法は敏感肌さんは避けた方が無難です。

ふきとり化粧水を使う

ふき取り化粧水は化粧水をコットンなどに含んでふきとるもの。
つまり、お肌をこすることが多い方法です。

簡単で便利なのでよく行う人もいるかもしれませんが、敏感肌で肌がピリピリするという方には刺激が強すぎる可能性も…。
ごしごし擦るのではなく、軽く押さえて汚れを落とすような使い方をするなど、工夫する必要があるでしょう。

熱いお湯で洗顔する

あまりにも熱すぎるお湯は皮脂を落とし過ぎてしまう原因になります。
また、熱さそのものがお肌への刺激になる可能性もあるため、熱湯での洗顔は控えるようにしましょう。

冷水で洗顔する

逆に、冷水を使うことも敏感肌には刺激が強すぎることも。
冷水で肌を急激に冷やすと乾燥してしまうことがあるのです。

体温以下のぬるま湯で洗顔することを心掛けましょう。

ゆっくりじっくり洗顔する

時間をかけすぎる洗顔は、長時間お肌に洗顔料をつけている状態なので、洗顔料そのものがお肌への刺激となることがあります。
短時間でシンプルに洗顔することが大切です。

固形洗顔石鹸の保存方法

固形の洗顔石鹸は置き場所にも困ったり、気が付いたら溶けてしまった…ということもありますよね。
固形石鹸の保存方法にはコツがあります。

湿気の少ない風通しのいい場所

溶けにくくするためには水気のない場所に保管するのが一番。
そのため、湿気の少なく、風通しのいい場所に保管しましょう。
浴室は溶けやすいので注意が必要です。

スポンジやタオルの上に保存する

水分をきるためにスポンジやタオルの上に保存するのがいいでしょう。
ネットにいれてつるすのもOK。
水を切ってから保管しましょう。

敏感肌対策のスキンケア方法

敏感肌におすすめの洗顔石鹸とその方法について詳しく解説してきました。
そもそも敏感肌の原因は最初に述べた通り、バリア機能の低下です。
バリア機能が低下してしまう原因は洗顔のしすぎや保湿不足といった『間違ったスキンケア』、『生活習慣の乱れ』、『生まれつき』です。

お肌の保湿は忘れずにおこなう

生まれつき乾燥しやすい体質のひとはもちろん、後天的に敏感肌となってしまった人のセルフケアとしては“保湿”が一番大切。

セラミドやNMF、ヒアルロン酸やプラセンタなど、保湿成分が多く含まれた化粧品を使うのはもちろん、クリームや乳液などでしっかり蓋をすることを意識しましょう。

規則正しい健康的な生活をする

バランスのとれた食事や適度なストレス解消、十分な睡眠をとることで、肌細胞が活性化してお肌も健康的になります。
毎日の生活習慣を見直してみましょう。

お肌に合わない場合はすぐに使用を中止する

いくら成分的に美肌に効果があると言っても、自分のお肌にあわない化粧品を使い続ければお肌はさらに荒れてしまいます。

人によって成分の向き不向きはあるもの。
顔に使う前にパッチテストをするのは不可欠です。
いざ使い始めてもピリピリする場合はすぐに使用をやめましょう。

自分のお肌はどんな成分があわないのか?
皮膚科などでしっかり診断してもらうのも1つの手段です。

まずはお肌に優しい洗顔石鹸&方法でケアすることが大切

肌への刺激が辛い敏感肌。
しかし、諦める必要はありません。
角質層の水分量を上げて、バリア機能を回復させれば必ず改善される肌トラブルです。

そのためには、まずは洗顔料の見直しからです。
使わないのがお肌の回復には1番ですが、毎日メイクをする女性にとってはなかなか難しいですので、洗顔石鹸をしっかり選ぶことが大切。

肌の汚れを落とし、水分量を守れる洗顔石鹸でケアしていきましょう。

参考:【洗顔石鹸人気ランキング】無添加で肌に優しいおすすめ1位紹介

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー