prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

症状が辛い上に肌もトラブル続き…そんな時に!簡単3つのスキンケア方法

花粉症34

スポンサーリンク

花粉症の症状と、肌トラブルのダブルパンチ

花粉症に悩む方の多くは、それに関係した肌のトラブルにも悩まれている方が多いと思います。

花粉症の症状だけでもじゅうぶん辛いのに、肌のトラブルまで起こってしまうなんて、気が滅入ってしまいますよね。

そこで、花粉症の方に試してみてほしいスキンケア方法をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね☆

花粉症による肌トラブル

まず、花粉症によってどんな起こる肌トラブルには、どんなものがあるでしょうか?

鼻の下の荒れ

花粉症に限らず、鼻水で辛い時の代表肌トラブルですよね~。
鼻をかむたびに痛いし、かといって放置しておくわけにもいかず…

最近はうるおい系のティッシュもありますが、それでも1日に何度も鼻をかんでいると荒れてしまうものです。

スポンサーリンク

肌の乾燥やかゆみ

花粉のシーズンになると、なんだか肌がカサカサしたり、かゆくなったりすることはありませんか?

それは、花粉が原因の可能性があります!

花粉症は目や鼻の粘膜が起こすアレルギー症状ですが、これは肌にも言えることで、花粉によって肌がアレルギー反応を起こしている場合があるのです。

花粉シーズンのスキンケア方法

では、そんなつら~い花粉シーズンをどんなスキンケア方法で乗り越えたらいいのでしょうか?

より保湿力が高いスキンケアを選ぶ

言葉にすると簡単な感じがしますが、基本中の基本であり一番重要なことです。

鼻の下の荒れもティッシュに水分や油分を吸い取られて起こる乾燥によるものですし、肌のかゆみも乾燥が原因の場合が多いです。

化粧水だけではなく保湿力の高い乳液や、クリームなど、普段よりも保湿に気を使って肌をいたわってあげましょう。

敏感肌用のスキンケアを使う

花粉症によって肌トラブルが起きているようであれば、敏感肌用のスキンケア用品を使用するようにしましょう。

ただでさえアレルギー症状で荒れているお肌に、刺激の強いスキンケア用品を使用しては肌が更に荒れてしまうこともあります。

また、花粉症を発症している方はアレルギー体質である可能性も高いので、敏感肌用のスキンケア用品を使うことは花粉症による肌トラブルに特化したものではなく、アトピーなどの他のアレルギーにおいても、効果が期待できると思います。

こまめに保湿をする

保湿力が高いスキンケアを選ぶことが大切、と言いましたが、こまめに保湿をしてあげることも大切です。

保湿力に意識を奪われがちで「こまめな保湿」というのはなかなか気づかないことかもしれません。

しかし!夜の就寝前や朝のお化粧前にスキンケアももちろん大切ですが、1日中花粉と闘っている肌は1日中乾燥と隣り合わせです。
こまめに保湿をしてあげることで、乾燥から守ってあげましょう♪

…とは言っても、女性はいちいち化粧を落として保湿ケアなんてできないですよね。
そんな時はお化粧の上からでも使えるミストタイプのスキンケア商品をおすすめします!

私も使っていますがミストが細かくて気持ちがいいし、べたつかずむしろ化粧崩れまで直せるすぐれ物もあるんですよ♪

朝は潤っていても、お昼頃や夕方になると乾燥が気になる方はぜひ試してみてくださいね☆

花粉症は辛いけど、お肌への配慮も忘れないで

鼻水や鼻づまり、目のかゆみ…花粉症のアレルギー症状が辛すぎて、おろそかになりがちな肌ケアですが、肌だって花粉の影響を受けていることを忘れずに、まずはこの簡単な3つの方法を試してみてください!

花粉症の症状と肌トラブルのダブルパンチなんて辛すぎます…上手にケアして、なんとか回避しましょう!

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー