prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

2017年オーガニック日焼け止めノンケミカル人気ランキング!敏感肌でもOK

夏本番が近づいて、いよいよ本格的にお肌を陽射しから守らなくてはいけない季節になりました。

日焼け止めでガッチリガードしたいところですが、お肌の弱い人にとっては日焼け止めでも荒れてしまうという方もいるでしょう。
また、お子さんに使う場合もできるだけお肌に優しいものを使いたいですよね。

そんなときはオーガニック日焼け止めがオススメ。

肌に優しくて敏感肌の方でも安心。
紫外線をガードしながら、肌のダメージも回復してくれるオーガニック日焼け止めなら、あなたのお悩みも吹き飛ぶはずですよ!

オーガニック日焼け止め
おすすめランキングを見る!

スポンサーリンク

そもそもオーガニック日焼け止めってなに?

お肌に優しいと言われるオーガニック化粧品。
日焼け止めにもオーガニックのものがありますが、そもそもオーガニックって何?
普通の日焼け止めと何が違うのでしょう?

まずはオーガニック日焼け止めがどういうものなのか、その特徴などをご紹介します。

オーガニックコスメの定義


そもそもオーガニックとは、化学成分を使用せずに育てられた自然のもの(植物など)のことを指します。
これらのオーガニック素材を使ったコスメや食品は、人が本来持つ治癒力を高め、肌や体を生き生きとさせてくれる力があります。

オーガニック日焼け止めもその一つで、石油由来成分(ケミカル成分)を使わず、オーガニック素材などの天然由来成分を主原料にして作られています。

ただ、オーガニックコスメといっても、少しでも天然素材を使っていればオーガニックコスメという商品もあります。
本当にお肌に優しいものかを判断するには「成分」をしっかり確認する必要があります。
天然成分100%など、しっかり記載のあるものを選びましょう。

スポンサーリンク

普通の日焼け止めとの違いは?


普通の日焼け止めとオーガニック日焼け止めの違いは、主に成分の違いです。
日焼け止めには紫外線を防ぐための成分が2種類あります。

普通の日焼け止めに使われているのは紫外線吸収剤

1つは紫外線吸収剤(ケミカル成分)で、一般的に日焼け止めに使われているもの。

紫外線を吸収し、化学的に体外へ放出して、お肌を紫外線から守ります。
ただ、紫外線を防ぐ力は高いものの、お肌への負担が大きく、人によっては刺激を感じることもあります。

その他にも普通の日焼け止めは様々な化学成分が含まれているため、お肌の弱い人には刺激が強すぎることが多々あります。

オーガニック日焼け止めは紫外線散乱剤を使用

もう一つが紫外線散乱剤。ノンケミカルとも表記されます。
これは、紫外線を反射させて、肌を守るという成分。
石油由来の紫外線吸収剤と違って、金属由来のものです。

お肌への負担が少なく、効果が長持ちするのが特徴で、オーガニック日焼け止めはこちらのタイプになります。

ノンケミカルで無添加の日焼け止めとの違いは?


中にはオーガニック日焼け止めでなくてもノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)の日焼け止めもあります。
では、オーガニック日焼け止めと何が違うのかといえば、これも成分の違い。

確かにノンケミカルで無添加の日焼け止めは、紫外線吸収剤は使っていません。
しかし、それ以外の化学成分は使っている可能性があるのです。

それに対して、オーガニック日焼け止めは自然由来のものを使っているので、お肌に優しいのですね。

化粧品でよく聞くナノ粒子って?

化粧品成分の配合方法でよく聞く「ナノ粒子」。
ナノ粒子とは細胞の隙間に入り込めるほど、小さくした成分のことで、スキンケア用品では多く採用されています。

ただ、日焼け止めに使われているナノ粒子に関しては角質層まで浸透しないそうなので、そこまで気にする必要はないようです。
しかし、極度の敏感肌の場合はお肌のバリア機能が低下しているので、ナノ粒子を使っていない日焼け止めを使用しましょう。

オーガニック日焼け止めはSPF値やPA値は少な目のことが多い

PA値はシワやたるみの原因になる紫外線A波をどのくらい防ぐか防ぐものです。
一方、SPF値はシミやそばかすの原因になり、お肌を黒くする紫外線B波を防ぐものです。

オーガニック日焼け止めのPA値が++、SPF数値は20~30のものがほとんどです。
日焼け防止効果があるのはおよそ1~2時間なので、普段使いであればこの数値で十分。

しかし、例えば海水やプールなど、炎天下の下陽射しに一日中さらされる状態などですと、少し数値が弱い感じもします。
アウトドアに出掛ける時はウォータープルーフのものを一時的に使うなど、状況に応じて使い分けていきましょう。

オーガニック日焼け止めは簡単に落とせる

ケミカル成分や合成添加物を使っていないオーガニック日焼け止めは、石鹸などで簡単に洗い流せます。
何度もクレンジングしたり、ゴシゴシこすって落とす必要がないので、肌を痛めることも、皮脂を洗い流しすぎて乾燥させる心配もありません。

オーガニック日焼け止めの特徴をまとめると…


これまでの説明でオーガニック日焼け止めとは何なのか分かったと思います。
改めてオーガニック日焼け止めの特徴をまとめてみましょう。

  • 紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)で、お肌への刺激が少ない
  • 自然由来成分でできているから低刺激
  • SPF30程度だが、日常生活レベルは十分に日焼けを防げる
  • 1日中屋外にいる場合などは弱め
  • 簡単に落とせる

以上がオーガニック日焼け止めの特徴となります。

オーガニック日焼け止めを選ぶポイント

お肌に優しく、使いやすいオーガニック日焼け止め。
でも、どんなものを選んだらいいのか、そもそもどれがオーガニック日焼け止めなのか…分かりませんよね。

ここではオーガニック日焼け止めを選ぶ際、チェックするべきポイントをご紹介します。

1.ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)で天然成分100%であること

まず、大前提としてオーガニック日焼け止めの基準を満たしていること。
ノンケミカルで天然成分を使用している日焼け止めがオーガニック日焼け止めなので、ここは外せないポイントです。

2.保湿成分が配合されている

オーガニック日焼け止めに配合されていると良い成分は、保湿成分とダメージケア成分です。

例えば、シアバターやヒアルロン酸などの保湿成分は肌の乾燥を防いでくれます。
ローズウォーター、カモミールエキス、アロエベラエキスなどの植物エキスは、強い陽射しでダメージを受けた肌をケアして、正常な状態に戻してくれます。

陽射しから肌を守るだけでなく、美肌に導いてくれることも大切なポイントですので、これらの成分がしっかり入っているものを選ぶようにしましょう。

3.目的別で選ぶ

最近のオーガニック日焼け止めは質も良く、どれも肌に優しいのはもちろんのことなので、その他の選ぶ決め手を見つけるのが難しいところです。
そんな時は、使用目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

  • 白浮きしないものがいい(色がついている)
  • 化粧下地になるものがいい
  • 子供と一緒に使いたい
  • ボディと顔と一緒に使いたい

このように、あらかじめ何点か頭に置いておいて、それらをちゃんと満たしてくれるものを選ぶと分かりやすいですよ。

オーガニック日焼け止めのおすすめランキング

さて、ポイントを押さえたうえで、オススメのオーガニック日焼け止めをランキング形式でご紹介します。
下地効果のある顔用日焼け止めと、体にも使えるボディ用日焼け止めで分けているので、自分に合ったものを選んでくださいね。

改めてポイントをおさらいしてみましょう。

  • ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)で天然成分100%であること
  • 保湿成分が配合されている
  • 目的別で選ぶ

この3つがポイントですよ。
それでは顔用日焼け止めからご紹介します。
※価格はすべて税込みです。

顔用のオーガニック日焼け止めおすすめランキング

1位/HANAオーガニック ウェアルーUV(日焼け止めベース)

全成分をチェック
ダマスクバラ花水、スクワラン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、酸化チタン、プロパンジオール、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ベヘニルアルコール、グリセリン、ミリスチン酸オクチルドデシル、(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル、水、酸化亜鉛、レウコノストック/ダイコン根発酵液、ポリヒドロキシステアリン酸
ホホバエステル、ツバキ油、コメ胚芽油、ノバラエキス、加水分解オクラ種子エキス、シャクヤク根エキス、加水分解ハトムギ種子、キュウリ果実エキス、ビターオレンジ花油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、オニサルビア油、イランイラン花油、ビターオレンジ葉/枝油、ローズマリーエキス、サリックスニグラ樹皮エキス、オクチルドデカノール、ステアリン酸、キサンタンガム、デキストリン、アルミナ、エタノール、BG、マイカ、シリカ、酸化鉄、ラウロイルリシン、ステアロイルグルタミン酸2Na、水酸化Al

UVカット SPF30 PA++
使用期間 / 容量 2~3ヶ月分/30ml
料金 3,672円
成分 天然成分100%、ホホバオイル、シャクヤク、ハトムギ、イランイラン等

ファンデーションのようなオーガニックのUVベースを実現させたのが、HANAオーガニックのウェアルーUV。
通常の日焼け止めと違って、肌に近い2色から選べるので、日焼け止めによくある白浮きがありません。

化粧下地としてもファンデーションとしても使えるので、美容業界でも大人気です。

美容液85%!天然成分100%だからお肌に負担がかからない!

天然100%のオーガニックを使用しており、肌に負担のかかる成分は直接肌に触れないようコーティングしてあるので、肌へのストレスが0。

しかも、濃縮オーガニックローズなどの美容成分をたっぷり85%も配合しているので、肌の潤いが持続し、つける程に肌への栄養が行き渡ります。

透明感のあるバラ色のお肌を実現!

ウェアルーUVは光をコントロールするため、ファンデーションや普通の化粧下地では実現できない透明感とバラ色のお肌を実現することができます。
お肌に優しいうえに、いきいきとした美肌をつくることができるので人気なのです。

WEB限定のトライアルキットがおすすめ

まずは7日間のトライアルセットで効果を実感してみましょう。
美容液UV、洗顔料、化粧水、乳液と一式揃って、初回限定1,480円(税込・送料無料)でお試しできるお得なセットです。

HANAオーガニック公式HPへ

2位/シークワーサーブラントニングUVヴェール(琉白)

全成分をチェック
ミリスチン酸メチルヘプチル、酸化亜鉛、シイクワシャー果実水※、(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル、ポリヒドロキシステアリン酸、エリスリトール、炭酸Ca、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-6、パルミチン酸デキストリン、エーデルワイス花/葉エキス※、チャ葉エキス※、マテチャ葉エキス、シークワシャー果皮エキス、ムラサキ根エキス、ユキノシタエキス、カンゾウ根エキス、ヨーロッパキイチゴ種子油※、トウキンセンカ花エキス※、ヤエヤマアオキ果汁、アスコルビルグルコシド、ゼニアオイ花エキス※、ツバキ油、ヒマワリ種子油※、グリセリン、BG、ラウロイルリシン、水、レブリン酸Na、アニス酸Na、マルトデキストリン、トコフェロール、オレンジ油※、バクホウシアシトリオドラ葉油※、ビターオレンジ花油※、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、マイカ、酸化チタン、タルク、塩化Mg、水酸化Al、酸化鉄※ ※有機栽培原料(キャリーオーバー成分も表記しています)

UVカット SPF50+ PA++++
使用期間 / 容量 2~3ヶ月分/30ml
料金 3,465円
成分 天然成分100%、シークワーサー等

汗水に強いオーガニック日焼け止め、琉白のシークワーサーブラントニングUVヴェール。
ウォータープルーフとまではいかないものの、ある程度の水は弾くので、夏には特にオススメです。

汗水に強い!オーガニックなのにSPF50+、PA++++!

100%天然成分のオーガニックなのに高SPF&PA値な琉白のシークワーサーブラントニングUVヴェール。
独自の技術「W/O(ウォーターinオイル)」と光老化を防ぐシークワーサーで水に強く、化粧崩れを防ぎながら高い紫外線カット効果を実現しています。

プロが監修!これ1本でお肌のくすみをカバーする

お肌を生き生きさせるピンクやオレンジを絶妙にブレンドし、若々しさをパールで補います。
ツヤと血色を与えてくれるので、下地ながらもこれ1つで美肌が完成するのです。

パッチテストかわりにトライアルキットの購入がオススメ

シークワーサーブラントニングUVヴェールはトライアルキットの中にお試しとして入っているので、まずはそちらから購入してお肌に合うかチェックするのがオススメ。

琉白公式HPをチェック

3位/WELEDA エーデルワイスUVプロテクト

全成分をチェック
水、グリセリン、オリーブ果実油、酸化チタン、スクワラン、エタノール、ラウリン酸ポリグリセリル-10、アルミナ、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、シリカ、エーデルワイスエキス、アロエベラ液汁、サンシキスミレエキス、香料、ステアリン酸、ベヘニルアルコール、アラビアゴム、キサンタンガム、パルミチン酸デキストリン、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、酸化鉄

20160719-organic03

UVカット SPF33+ PA++
使用期間 / 容量 3~4ヶ月分/50ml
料金 2,484円
成分 天然成分100%、シークワーサー等

乾燥しがちな肌を潤して、肌のキメを整えてくれるWELEDAの日焼け止め。
顔と体両方に使えます。

日本限定!石鹸で落とせる優しいクリーム

日本人の肌を考えて作られているため、肌へのなじみ具合は抜群です。
べたつかずサラッとなじみ、のびの良いテクスチャーで、肌のキメを整えて透明感を出し、ワンランク上の美肌に見せてくれます。
薄いベージュ色のクリームは化粧下地としても使えます。

石鹸で落とせ、赤ちゃんも使える優しいクリームです。

ヴェレダの詳細

ボディ用のオーガニック日焼け止めおすすめランキング

1位/アロベビー UV&アウトドアミスト

全成分をチェック
水、BG、酸化チタン、含水シリカ、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、レモングラス油、ローズマリー精油

UVカット SPF15
使用期間 / 容量 1ヶ月分/80ml
料金 2,350円
成分 100%天然由来、ローズマリー油、レモングラス等

アロベビーは0歳から使えるUVスプレーです。
白浮きしないのにお湯で落とせるので、お肌への刺激を最小限に抑えます。
独特のニオイもなく、優しいアロマの香りなので、赤ちゃんも嫌がらないのが特徴です。

0歳の赤ちゃんでも使えるこだわりの成分

アロベビーは0歳の赤ちゃんでも使えるように無添加・無香料はもちろん、アルコールやシリコン、ポリマー、抗粒油、石油系界面活性剤などを不使用に。

ママブログや人気雑誌でも紹介されている商品で、石黒彩さんや蛯原英里さん、市川海老蔵さんもお子様用にと愛用中です。

虫除け効果もあるからアウトドアでもOK!

UVカットはもちろんですが、虫除けの効果も有るのがこのスプレーのすごいところ。
虫の嫌がる天然の香りを配合しています。
赤ちゃんにはもちろん、ちょっとしたお出かけにもシュッと使えるので便利です。

30日間の返金保障あり!

お肌が弱かったり、赤ちゃんに使うとなると、お肌に合うかどうか不安ですよね。
そんな人のために、アロベビーでは30日間の返金保証を用意しています。
これなら安心して試すことができますね。

アロベビーの公式HP

2位/ママバター UVケアミスト アロマイン

全成分をチェック
水、DPG、酸化チタン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、イソステアリン酸エチル、シア脂、ジカプリン酸PG、 グリセリン、ステアリン酸ソルビタン、ペンチレングリコール、イソステアリン酸PEG-20、水酸化AI、ヒドロキシプロピルデンプンリン酸、酸化亜鉛、ステアロイルグルタミン酸2Na、ベヘニルアルコール、オクテニルコハク酸デンプンAI、 (アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、 t-プタノール、ステアレス-2、ヤシ脂肪酸スクロース、イソステアリルグリセリル、トコフェロール、水酸化Ca、 フェノキシエタノール

UVカット SPF25 PA++
使用期間 / 容量 1~2ヶ月分/45g
料金 1,296円
成分 シア油等

近年、ハンドクリームなどで良く見るようになったシアバター。
シアの実にはオレイン酸やビタミン類などの様々な美肌の元が凝縮されて詰まっています。

このシアの恵みをそのままギュッと閉じ込めたのがママバターシリーズです。

赤ちゃんの保湿も万全、UVケアクリーム

天然の保湿成分でもあるシアバターが、肌を保湿しながらUVケアしてくれるので、乾燥肌の人にもピッタリです。
シアバターが主原料のこのクリームは、高い保湿効果で肌を刺激から守ってくれるから安心。
ノンシリコン、ノンケミカルで低刺激なので、年齢や肌タイプに関係なく全身に使えます。

のびや肌なじみも良く、落とす時も石鹸でスルッと落とせます。
ただし、白浮きしてしまうのがちょっと難点。ファンデーションの色合わせに気をつけないと、白塗りになってしまうことも。

ママバターは商品の種類が豊富!

ママバターは日焼け止めの種類も多く、7種類ほどあります。
今回紹介したのは石けんでも洗い流せるいちばんやさしい処方の日焼け止めです。

他にもUVケアミストなども白浮きしないと人気です。
便利なスプレータイプで、1度で広範囲をカバーできてとってもお手軽。

SPF値は20ですが、紫外線をきちんとカットするほか、虫が嫌がると言われているハーブのエッセンシャルオイルを数種類ブレンドしてあるので、虫よけとしても使えます。

ママバターの公式HP

3位/ロべクチン プレミアムUVディフェンス

全成分をチェック
シクロペンタシロキサン・酸化亜鉛・水 ・シクロヘキサシロキサン・BG・(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル・PEG-10ジメチコン・ラウリン酸ヘキシル・炭酸ジカプリリル・酸化チタン・ジメチコン・1,2-ヘキサンジオール・シリカ・塩化Na・ミツロウ・(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー・ハイドロゲンジメチコン・トリエトキシカプリリルシラン・水酸化AI・パンテノール・ジメチルシリル化シリカ・酸化鉄・ステアリン酸・ツボクサエキス・カプリル酸グリセリル・スベリヒユエキス・酢酸トコフェロール・(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー・グリセリン・アロエベラ葉水

UVカット SPF50+ PA+++
使用期間 / 容量 1~2ヶ月分/50ml
料金 5,980円
成分 アロエベラ葉水、スベリヒユエキス、ツボクサエキス等

オーガニック日焼け止めとは別ですが、低刺激の日焼け止めということでランクイン。
しっかり紫外線をカットしてくれるのにお肌には優しい、新しい日焼け止めです。

がん患者の方も使える!肌に優しい低刺激で高い効果の日焼け止め

ロべクチンの日焼け止めは抗がん剤治療や放射線療法など、酷い肌荒れでも使えるというのをコンセプトにしています。

そのため、紫外線吸収剤不使用、オイルフリー、パラベンフリー、石油系界面活性剤フリー、人工香料不使用、発がん性物質不使用と、お肌のやさしさを徹底的に追求。

SPF50/PA+++だからしっかり紫外線からお肌を守る

最大の特徴はお肌に低刺激なのに高いSPFとPAです。
紫外線を反射させるノンケミカルなので、SPF50でもお肌に優しいのです。

また、天然美容保湿成分も配合しているので、潤いもキープ。
お肌に優しいながらもしっかり紫外線をガードします。

ロべクチンの公式HP

【番外編】肌が弱い人には飲む日焼け止めもおすすめ

市販の日焼け止めを使いたくない方には、飲む日焼け止めサプリメントで体の中から日焼けを予防するのもおすすめです。

2016年の最先端!UVケアサプリメント ホワイトヴェール

20160719-organic04

UV対策の日焼け止めクリームは、何時間かおきに塗る必要があったり、塗る際もムラや塗り残しがないよう気をつけたりと、結構面倒な点もあります。
それを解消してくれるのが、飲むUV対策サプリのホワイトヴェールです。

紫外線から肌を守る天然ポリフェノールや、植物由来の美容成分をふんだんに配合。
しかも天然オーガニックビタミンやミネラルをたっぷり詰め込んで、なんと成分の99%が植物由来という安心で贅沢なサプリメントです。

もともとは海外の商品でしたが、2016年に日本でも解禁になりました。
飲むだけで全身をケアし、日焼けに負けない顔や体にしてくれます。
それだけでなく、美肌に導いてくれる効果も期待できるため、まさに最先端の日焼け止め商品です。

ホワイトヴェール通常価格(1袋60粒、約1か月分) / 7,560円(税込・送料無料)

ちょっとお高い?と思った方も大丈夫!限定お試しやぐんとお得な定期コースもありますよ。

ホワイトヴェールは夏までの限定価格が安い!

まずはお試し価格でお得に始めてみましょう。

ホワイトヴェール(1袋60粒、約1か月分) / 980円(税込・送料無料)

90日間の全額返金保証制度つきです。

続けてキレイ!コース

続けてみたいと思ったなら、自動お届けの「続けてキレイ!」定期コースがお得です。

1回目を980円で試した後は、2~4回目は34%オフの4,980円。
5回目以降はなんと約半額の3,980円で続けられるので、断然こちらがおすすめです!(全て税込・送料無料)

ホワイトヴェールの詳細

オーガニック日焼け止めを使う時の注意点


お肌に優しいオーガニック日焼け止めとはいえ、注意点はいくつかあります。
安全に使い、効果をしっかり発揮するためにもしっかり目を通しましょうね。

お肌に合うか確認するため、パッチテストを行う

自然由来の成分を使っているオーガニック日焼け止めですが、その自然素材自体がお肌に合わないものだったら肌荒れしてしまいます。
そのため、オーガニック日焼け止めといってもまずは手の甲や腕に使ってみて肌荒れしないか確かめてみましょう。

海やプールなどで遊ぶときはウォータープルーフのものを使う

強い陽射しの下、汗をかき続けるような状況の場合は、オーガニック日焼け止めだけだと少し不安です。
日焼け止めに配合される合成添加物よりも、紫外線を長時間浴びる方がはるかに肌への負担は大きいと言えます。
肌への優しさにこだわるあまりオーガニックに固執して、逆に肌に負担をかけてしまっては元も子もありません。

そういう場合は、一時的にウォータープルーフのものを使ってあげるなどして、上手く使い分けることも必要です。

さらに完璧にUV対策をしたいなら…?

お肌が弱くてもしっかりUVケア対策をしたい人にオススメなオーガニック日焼け止め。
しかし、SPAやPAが通常の日焼け止めよりも弱めということもあり、「ちょっと心細い…」ということもあるでしょう。

完璧にUVケアをするためにはいくつかコツがあります。
ここではその方法をご紹介しましょう。

数時間ごとに塗り直す

日焼け止めは一度塗ったら終わりではなく、2~3時間ほどで効果が落ちてしまうものがほとんど。
SPFとPA値によって変化しますが、オーガニック日焼け止めはこのどちらも低めなので、数時間おきの塗り直しが大切になってきます。

2~3時間おきに塗り直すことを意識しましょう。

日焼け止めサプリを併用する

UV対策の日焼け止めクリームは、何時間かおきに塗る必要があったり、塗る際もムラや塗り残しがないよう気をつけたりと、結構面倒な点もあります。
それを解消してくれるのが、2016年から発売されている人気の飲む日焼け止めサプリ。

紫外線から肌を守る天然ポリフェノールや、植物由来の美容成分をふんだんに配合。
しかも天然オーガニックビタミンやミネラルをたっぷり詰め込んで、なんと成分の99%が植物由来という安心で贅沢なサプリメントです。

>>飲む日焼け止めって何?効果やオススメ商品をチェック!

日傘や長袖の上着を羽織る

そもそも日に当たらなければ日焼けする心配もありません。
なので、日傘や長袖の上着、もしくはアームウォーマーなどで紫外線からお肌を守ることも考えてみましょう。

オーガニック日焼け止めQ&A


オーガニック日焼け止めの特徴からおすすめ商品までご紹介してきました。
最後に、オーガニック日焼け止めでよく寄せられる質問をまとめてご紹介します。
今現在疑問に思っていることもここで解決してしまいましょう!

本当に紫外線対策ができているの?

オーガニックと言えど、UVケア成分として効果がある植物成分は多くあります。
それらを配合しているため、紫外線対策効果は“ある”といえるでしょう。

なぜ植物成分でUVケアするとお肌にやさしいの?

一般の化粧品に含まれている化学成分は、お肌を外部刺激から守ったり、保湿を行うバリア機能を壊してしまうものも多くあります。
しかし、植物成分はそういったことがないため、お肌に優しいと言われています。

顔と体はわけたほうがいい?

顔と体兼用の日焼け止めなら問題はありません。
しかし、顔の場合は化粧下地と兼用したいという方もいるでしょう。
その場合は化粧下地効果のある顔用日焼け止めをオススメします。

また、顔と体は皮膚の厚さも異なります。
顔用の日焼け止めは低刺激に作られているため、どこに塗っても特別問題はないと思いますが、体の皮膚は顔よりも厚いため、体用の日焼け止めは刺激が強いこともあります。
極度の敏感肌の方などは特に注意しましょう。

さらに、顔用の日焼け止めは少し割高だったりするので、コスパの面でも使い分けをしたほうがよさそうです。

オーガニック日焼け止めを上手に選んで快適な夏を!


いかがでしたか?一口にオーガニック日焼け止めと言っても、数も種類も様々ですね。
しかし、肌への優しさや安全性は、市販の日焼け止めとは格段に違います。
敏感肌の方なら特にその違いが分かるはず。

どれも比較的リーズナブルなので、迷った時は何種類かを使ってみてから、自分に合ったものに決めるのも良いでしょう。

ただし、オーガニックを使っているからと安心して、日々のケアを怠ってはいけませんよ。
帽子やサングラス、日傘などのアイテムで、しっかり紫外線をガード。それから日々のスキンケアで肌を労わることも忘れないでくださいね。

手放せない1本が見つかれば、紫外線のストレスから解放されて、陽射しも怖くなくなるはず。
オーガニック日焼け止めを上手に使って、ストレスフリーの夏を思いっきり楽しみましょう!

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサする…。 化粧ノリも悪くなるし、ひどいと粉がふいてしまったりすることもある乾燥肌。 特に冬場が近くなると乾燥に悩んでいる人もいるでしょう。 乾燥対策として真っ先に思いつくのは「保湿」! 特

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー