prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

緑のコーヒー!?話題の健康ドリンク「グリーンコーヒー」の効果って?

アメリカで話題の「グリーンコーヒー」をご存知ですか?
様々な美容効果のある健康的な飲み物として、アメリカを始め日本でも密かなブームになっています。
今回は、そんなグリーンコーヒーの美容効果についてご紹介しますよ!

グリーンコーヒーとは?

グリーンコーヒーとは、焙煎する前の生の状態のコーヒー豆のことを言います。
実は、私たちが普段飲んでいる焙煎後のコーヒー豆と違って、生のコーヒー豆は綺麗な緑色をしているのです。

グリーンコーヒーにはクロロゲン酸が豊富

通常のコーヒー豆は、焙煎することによってクロロゲン酸が失われてしまっています。
クロロゲン酸とはポリフェノールの一種で、様々な美容効果や健康効果が期待できます。

生豆の状態であるグリーンコーヒーは、美容効果の高いクロロゲン酸を効果的に摂取することが出来るのです。

グリーンコーヒーの美容効果&ダイエット効果

抗酸化作用

私たちの身体の中で発生した活性酸素は、人間の身体を酸化させ生活習慣病などの原因に。
グリーンコーヒーに含まれるクロロゲン酸には、この活性酸素を抑制する抗酸化作用の効果が期待できます。

脂肪の蓄積を抑える

グリーンコーヒーのクロロゲン酸には、身体に脂肪が溜まるのを防ぐ効果があります。
生活習慣病の予防はもちろん、脂肪の蓄積を抑えるのでダイエット効果も期待できますよ!

糖の吸収を遅らせる

クロロゲン酸には、身体に糖分が吸収されるのを遅らせる作用もあります。
糖の吸収を抑えるので、ダイエットにも効果的です。

食事前のグリーンコーヒーはダイエット効果が!

食事をする30分前にグリーンコーヒーを飲むことでダイエットにもなります。
糖の吸収を遅らせ、身体に脂肪が付くのを防ぐことが出来るのです。

グリーンコーヒーの効果的な飲み方(淹れ方)

ではここからはグリーンコーヒーの効果的な飲み方を見ていきましょう。

90〜95度以下のお湯で淹れる

クロロゲン酸は熱に弱いので、沸騰したアツアツのお湯で淹れるとその成分が壊れてしまいます。
グリーンコーヒーを淹れるときは、90〜95度以下のお湯を使って淹れるようにしましょう。

水は軟水を使う

硬水に含まれるマグネシウムなどのミネラルは、クロロゲン酸と化学反応を起こし、吸収しづらい状態にしてしまいます。
そのため、グリーンコーヒーは水道水などの軟水で淹れるようにしましょう。

グリーンコーヒーを飲んで内側から美しく!

いかがでしたか?
コーヒーの生豆が美容やダイエットに効果があるなんて驚きですね。
コーヒーなら毎日手軽に続けることができます。

また、コーヒーを淹れる時間がない、という方でもグリーンコーヒーをサプリメントにしたもので手軽に摂取できるのでおススメですよ!

ぜひグリーンコーヒーを効果的な淹れ方&飲み方で摂取して、身体の内側から美しくなりましょう。

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

スポンサーリンク

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー