prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

敏感肌におすすめ日焼け止め!赤ちゃんも安心の肌が荒れない低刺激を厳選

敏感肌は、日焼け止めの成分が刺激になって、肌が荒れてしまいがちです。
だからといって、UVケアをしなくてもよいのでしょうか。

敏感肌だからこそ、紫外線のダメージより肌を守っていく必要があります。
日焼けは、肌を乾燥させ、シミやそばかす、シワやたるみの原因にもなるのです。
ただでさえ、刺激に弱い敏感肌の方は、しっかり紫外線を防いでいきましょう。

では、どういった日焼け止めがよいのでしょうか。
敏感肌ならではの日焼け止めを選ぶ方法や、編集部が厳選した肌荒れをしないオススメの日焼け止めを紹介します。

スポンサーリンク

敏感肌は日焼け止めをしたほうがいい?


敏感肌とは、皮ふの外側からの刺激に弱い肌をいいます。

肌に本来備わっているバリア機能が、なんらかの原因で弱くなり、外からの刺激が入りやすい状態になっているのです。

バリア機能が弱くなる理由は、アレルギーやホルモンバランス、間違ったスキンケア、生活習慣によるものが考えられます。

このバリア機能が低下した肌で、紫外線の刺激を受けるとどうなるのでしょうか。
紫外線によって肌は炎症を起こし、ヒリヒリとした刺激や赤みを感じやすくなります。
健康な肌よりも奥までダメージをうけるため、シミやそばかす、シワやたるみは出やすくなるのです。

このため敏感肌の方は、普通肌の方以上に、しっかりと紫外線対策を行ったほうがよいでしょう。

敏感肌で日焼け止めを選ぶ4つのポイント

敏感肌の方は紫外線対策をしたほうがよいといっても、日焼け止めで肌荒れを起こしてしまう可能性があります。
そこで、肌荒れしないように、よろしく日焼け止めを選び方のコツをお伝えしましょう。

ポイント1:ノンケミカルを選ぶ

日焼け止めには、紫外線をカットするためにふたつの成分が使われています。
紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」です。

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収し肌の上で化学変化を起こして、肌への浸透を防ぎます。
紫外線を防ぐ効果は高いものの、肌への刺激は強く、使用頻度が高くなるにつれて肌の体力を損なっていくことになるのです。

いっぽう、紫外線散乱剤は、紫外線を肌の上で反射させることで、肌への侵入を防ぎます。

このふたつを比較すると、紫外線散乱剤を使用している日焼け止めのほうが、肌に優しいので敏感肌の方へはオススメです。

紫外線吸収剤を使用していないものを、一般的に「ノンケミカル」と呼ばれています。
ノンケミカルのデメリットとしては、白浮きしたりべとべとするといった使用感の悪いものが多いことです。

ポイント2:SPFは30以下を選ぶ

日焼け止めのパッケージに書いてある「SPF値」や「PA値」は紫外線を防ぐUVカット効果を数値で表したものです。

SPF50+、PA++++が日本では最強クラスの表示ですが、日常生活ではそんなに必要ではありません。

SPFは、UV-Bによる日焼けで、皮ふが赤くなるまでの時間を、何倍に伸ばすかという時間の指標です。
SPF1が、皮ふが赤くなるまでの時間と考えるので、20分紫外線に当たると皮ふが赤くなる人なら、SPF1=20分とします。

この方の場合だと、SPFによる効果時間は次のとおりです。

  • SPF15=15×20分=300分(5時間)
  • SPF30=30×20分=600分(10時間)
  • SPF50=50×20分=1,000分(16時間40分)

日照時間を考えても、SPF値が高くなくてもよいということがわかります。
また、SPF値が高くなるほど肌に負担がかかります

敏感肌の方は、日常生活はSPF30以下のものを、こまめに塗りなおしましょう

高い数値の日焼け止めは、炎天下のレジャーや海・プールなどだけと、限定することをオススメします。

ポイント3:肌を刺激する成分を避ける

日焼け止めや化粧品には、さまざまな成分が入っています。
パッケージに原料が載っているので、確認するクセをつけるとよいでしょう。

敏感肌は避けたい成分

  • 紫外線吸収剤
  • 合成界面活性剤
  • 合成着色料
  • エタノール
  • パラベン
  • 鉱物油

エタノールやアルコールに毒性はありませんが、水分を乾燥させるため、入っている分量が多いと敏感肌はさらに刺激に弱くなる可能性があります。

なるべく、保湿成分が入っていたり、赤ちゃんにも安全と書かれているものを選ぶとよいでしょう。
とはいえ、市販の1,000円以下の日焼け止めは「子ども・敏感肌用」と書いてあっても、上記の成分が入っていることもあります。
しっかり確認することが大切ですね。

石けんで落とせる」という表示があるものは、肌に優しいものが多いのでオススメです。
数値の高い日焼け止めほど、洗浄力の高いクレンジングが必要になるのですが、強力なクレンジングは肌に大きく負担をかけ、肌荒れの原因になってしまいます。

ポイント4:使う前にパッチテストをする

使用前に、肌に合うかどうかパッチテストをしてから日焼け止めを使いましょう。

パッチテストの方法

  1. 入浴後、日焼け止めを絆創膏に染み込ませ、二の腕か太ももの内側に貼る
  2. 水に濡らさないようにする
  3. 24時間後(本格的にするなら48時間後)絆創膏をはがして、赤みやかぶれがないかチェックする

パッチテストの最中に、かゆみや痛みなどの症状がでたときは、すぐに中止して洗い流しましょう。
パッチテストを中止しても、異常が続くようなら、皮膚科を受診してください。

パッチテスト用に試供品をもらえるとベストですが、トライアルキットを購入して肌のチェックをしてみましょう。

敏感肌こそオススメ!飲む日焼け止め

肌への刺激に弱い敏感肌の方に、もっとも刺激がない日焼け止めは「飲むタイプ」の日焼け止めです。

紫外線から肌を守る成分が入っているサプリメントは、美肌成分が配合されているものが多く、日焼け止めをしつつ美肌に近づけられる可能性があります。

飲む日焼け止め初心者にオススメ:ホワイトヴェール


【公式HP】へ

初回 / 2回目以降 980円 / 4,980円
ニュートロックスサン配合 1粒あたり62.5mg

日焼け止め以外にも美容成分を多く配合

ホワイトヴェールは、紫外線から肌を守る成分・ニュートロックスサンを1粒当たり62.5mg配合しています。
植物由来、天然のポリフェノールなので、体にも害はありません。
抗酸化作用が高いため、アンチエイジングや美肌効果を期待できます。

ほかにも、11種類の美容成分が含まれているため、日焼け止め防止はもちろん、美肌サプリとしてもおすすめです。

初回980円、全額返金保証付き

定価の約87%OFF、980円で試すことができるため、初めて日焼け止めサプリを飲む方には、気軽に試せます
日焼け止めサプリのなかでも、もっとも安く試せるのがホワイトヴェールです。

多くの日焼け止めサプリが3回以上買わないといけない契約に対し、ホワイトヴェールは1回のみでも購入できるのがうれしいところです。
さらに、90日間全額返金保障もついているので、万が一お肌に合わなかった場合でも金銭的な損がないので、初心者にピッタリです。

公式HPを見てみる

成分は最強クラス:インナーパラソル16200forUV


【公式HP】へ

初回 / 2回目以降 1,069円 / 6,048円
ニュートロックスサン配合 1粒あたり125mg

日焼け止め成分はトップクラス

インナーパラソルは、1粒あたりのニュートロックスサンを配合している量が、どの日焼け止めサプリよりも高い125mgも配合しています。
「日傘サプリ」として認定される250mgを、推奨量の2粒を飲むだけで摂取できるのです。
ほんのちょっぴりだけ配合していても「〇〇配合」と表示されることが多い業界なので、しっかり内容量がわかり、認定されているものは安心です。

もちろん、ビタミンCなどの美白成分も高配合をされています。
それだけでなく、安全性にもしっかり配慮して生産されているためオススメです。

注意:定期購入は3回の継続が必要

定期初回料金も安いため、気軽に試してみたいところですが、定期購入をすると最低でも3回は購入しなければなりません。
1回のみのお届けだと7,560円+送料がかかってしまうので、「おためし」で使うには少し不便といえるでしょう。

もともと日焼け止めサプリを使っていて、乗り換えを考えている人にオススメです。
「今回初めて日焼け止めサプリを使うから、とりあえずお試しで使ってみたい…」という方は、初回の料金も安く、定期購入の縛りがないホワイトヴェールがオススメです。

公式HPを見てみる

飲む日焼け止めサプリランキング決定版!国産&コスパ良し&効果高めのサプリは?

普段使いでオススメの日焼け止め

敏感肌の方が、普段使いできる日焼け止めは、成分に注目。
肌に優しく、しっかり肌を守れるものがよいでしょう。
赤ちゃんにも使えるような成分であることが、普段使いで選ぶポイントです。

HANAオーガニック ウェアルーUV(日焼け止めベース)

全成分をチェック
ダマスクバラ花水、スクワラン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、酸化チタン、プロパンジオール、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ベヘニルアルコール、グリセリン、ミリスチン酸オクチルドデシル、(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル、水、酸化亜鉛、レウコノストック/ダイコン根発酵液、ポリヒドロキシステアリン酸
ホホバエステル、ツバキ油、コメ胚芽油、ノバラエキス、加水分解オクラ種子エキス、シャクヤク根エキス、加水分解ハトムギ種子、キュウリ果実エキス、ビターオレンジ花油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、オニサルビア油、イランイラン花油、ビターオレンジ葉/枝油、ローズマリーエキス、サリックスニグラ樹皮エキス、オクチルドデカノール、ステアリン酸、キサンタンガム、デキストリン、アルミナ、エタノール、BG、マイカ、シリカ、酸化鉄、ラウロイルリシン、ステアロイルグルタミン酸2Na、水酸化Al

UVカット SPF30 PA++
使用期間 / 容量 2~3ヶ月分/30ml
料金 3,672円
成分 天然成分100%、ホホバオイル、シャクヤク、ハトムギ、イランイラン等

これぞ肌に優しい日焼け止め!

ノンケミカル天然成分100%、美容成分85%という、まるで敏感肌の方専用につくったかのようなオーガニックの日焼け止めです。
肌に負担がかかるような成分は、直接肌に触れないようにコーティングしてあるため、肌ストレスを感じません。

気になる日焼け止め効果は、日常生活では十分なSPF30です。

これ1本で、美容乳液・日焼け止め・化粧下地・ファンデーションの4役ができます。
ウェアルーだけでも、光反射で肌を美しく見せるため、透明感のあるバラ色の肌を実現できます。

web限定のトライアルキットでパッチテスト

美容液UV・洗顔料・化粧水・乳液と基礎化粧品が一式揃って、初回限定1,480円(税込・送料無料)でお試しできるお得なセットが、web限定で手に入ります。

まずは、トライアルキットでパッチテストを行って、使用感を確かめてみるとよいでしょう。

HANAオーガニック公式HPへ

ロべクチン プレミアムUVディフェンス

全成分をチェック
シクロペンタシロキサン・酸化亜鉛・水 ・シクロヘキサシロキサン・BG・(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル・PEG-10ジメチコン・ラウリン酸ヘキシル・炭酸ジカプリリル・酸化チタン・ジメチコン・1,2-ヘキサンジオール・シリカ・塩化Na・ミツロウ・(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー・ハイドロゲンジメチコン・トリエトキシカプリリルシラン・水酸化AI・パンテノール・ジメチルシリル化シリカ・酸化鉄・ステアリン酸・ツボクサエキス・カプリル酸グリセリル・スベリヒユエキス・酢酸トコフェロール・(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー・グリセリン・アロエベラ葉水


UVカット SPF50+ PA+++
使用期間 / 容量 1~2ヶ月分/50ml
料金 5,980円
成分 アロエベラ葉水、スベリヒユエキス、ツボクサエキス等

がん患者でも使えるSPF50+PA+++

最近注目されている、ロングUV-Aという波長の長い紫外線をしっかりカットし、肌を守ります。

SPF50+ということで、刺激が心配になる方もいるようですが、敏感肌はもちろん、抗がん剤治療や、放射線治療の副作用でおこる酷い肌トラブルを抱えた方でも使えるような、肌に優しい処方です。

紫外線から肌を守るだけでなく、美容成分もしっかり配合されているため、肌を整えて潤いを与えてくれます。

6ヶ月以上の赤ちゃんでも使え、石けんで落とせるのもポイントが高いところですね。
白浮きしにくく、伸びがよいので、使い心地がよい日焼け止めといえます。

ロべクチンの公式HP

2017年オーガニック日焼け止めノンケミカル人気ランキング!敏感肌でもOK

塗り直しに便利でオススメの日焼け止め

敏感肌の場合は、何度も塗りなおすことで肌に負担をかけることが心配です。
そこで肌への負担が軽く、塗り直しやすい日焼け止めとしてパウダータイプをおすすめします。

エトヴォス ミネラルUVパクト

20160217-etovos

UVカット SPF30 PA++
エトヴォス通常価格(税込) ¥3,240
初回トライアルセット(税込) ¥4,320→¥1,944

石けんでメイクオフできてしっかりカバー

ミネラルと美容成分のみで、作られており、肌への優しさを追求したパウダーです。

肌に負担をかける成分は配合されていないことが、高ポイント。
SPF30+PA++と、日常生活では十分すぎる日焼け止め効果がありますが、肌に優しく毛穴をふさぎません。

ロングUV-Aにも対応し、ブルーライトカットまでできるため、口コミでも人気が高く、売り切れ続出の商品です。

肌に優しいだけでなく、毛穴カバーやソフトフォーカス効果のある成分を配合されているため、美しくきめ細かな肌にみえます。

トライアルについてくる下地にも悪い成分なし!

エトヴォスのトライアルに付いて下地は、つけたまま眠れるくらいトリートメント力があるパウダーです。
下地効果もしっかりあるので、一緒に使って損はありません。

購入予定を立てている人は、お得に購入できる公式サイトもチェックすることをお勧めします。

エトヴォスの全成分
酸化亜鉛、マイカ、シリカ、、酸化鉄ステアリン酸、酸化チタン、水酸化Al

エトヴォスを購入

オンリーミネラル リッチモイスト プレストファンデーション

20160302-only03

UVカット SPF50+ PA++++
オンリーミネラル通常価格(税込) ¥4,104
初回トライアルセット(税込) ¥4,320→¥2,052

日焼け止め効果抜群

天然由来の美容保湿成分で、パウダーなの潤いが続くファンデーションは、肌に優しくSPF50+ PA++++と最高クラスの日焼け止め効果があります

つけたまま眠れるくらい、肌に優しい天然由来成分100%なので、肌に優しくしっとりとしたなめらかな肌を作れます。

また、日焼け止め・化粧下地・コンシーラー・ファンデーション・フェイスパウダーがこれひとつでカバーできる5in1のため、朝のベースメイクも時短できます。

トライアルセットが充実!

オンリーミネラルは商品のラインナップが豊富で、トライアルセットも充実しているのが特徴です。
気になる商品は、トライアルで気軽に試せるので、パッチテストをしたと考えている方にはもってこいといえます。

オンリーミネラルの全成分
酸化亜鉛、マイカ、酸化鉄、酸化チタン

オンリーミネラルを購入

便利な日焼け止めパウダー人気ランキング6選! 正しい使い方で美肌を守る!

正しい日焼け止めの使い方

紫外線をしっかり防ぐためには、正しく日焼け止めを使わないと、効果を期待できません。
そこで、多くの方が間違えがちな日焼け止めの使い方を、しっかりみていきましょう。

1:ポイントは量!顔なら500円玉大

最近の日焼け止めは伸びがよいものが多く、少しの量で広範囲をカバーできてしまいますが、薄塗りは効果がありません

日焼け止めに表示されているSPFやPAの効果は、顔なら500円玉程度の量が必要です。
とはいえ、500円玉程度の量を一気に顔に塗るのは大変です。
2~3回に分けて顔に塗るとよいでしょう。

たっぷり日焼け止めを塗ることで、はじめて効果を期待できるのです。

2:メイクをするときの順番は?

日焼け止めを使って、メイクをするときは下記の順番で行うとよいでしょう。

  1. 化粧水を浸透させて肌を整える
  2. 乳液で化粧水を含んだ肌をカバーする
  3. 日焼け止めを塗る
  4. 化粧下地を塗る
  5. ファンデーションを塗る

日焼け止めを塗ったあとに、乾くまで5分ほどおいてからファンデーションを塗ると、化粧崩れをしにくくなります。

3:塗り直しは必須

高いSPF・PAの日焼け止めであっても、汗で流れたり、拭いたときに落ちてしまっては効果を発揮できません。

そこで、2~3時間に1回は塗りなおすようにしましょう。
とはいえ、塗りなおすときに肌を強くこするのはNGです。

パウダータイプの日焼け止めなら、化粧直しと塗り直しが1回で終わらせることができます。
スプレータイプなら、シュッと吹き付けるだけなので、こすらずに手軽に塗りなおせます。

4:ワンシーズンで使い切る

敏感肌向けに作られている日焼け止めは、酸化防止剤や防腐剤が入っていなかったり、入っていても少量の場合が多いようです。
そのため、ほかの日焼け止めよりも劣化しやすいと考えておきましょう。

なるべく早めに使い切り、1年をめどに捨てるとよいでしょう。

日焼け止めのクレンジングは?

敏感肌の方は、なるべく石けんで落とせる日焼け止めを使うことをオススメしますが、やむを得ぬ事情で専用クレンジングが必要な日焼け止めを使ったときは、なるべく優しく洗いましょう。

肌に負担をかけない洗い方

  1. 手を洗う
    雑菌がついた手で顔を触らないように
  2. クレンジングの量は適正量
    クレンジングの量が少なすぎると、何度も肌をこすることになり、負担が増します。
  3. クレンジングを手のひらに乗せ、両手を使って優しく肌をマッサージ
    指だけを使うと、余計な力が入ってしまいがちなので、手のひらを使うとよいでしょう。
  4. ぬるま湯で優しく流す
    高温のお湯は余分な皮脂も落とすため、ぬるま湯で優しく洗い流します。

肌が過敏になって日焼け止めを付けられないときは

肌が荒れているときは、無理に日焼け止めを塗ったりしないようにしましょう。

なんとか化粧はできるならルースパウダーで対処

日焼け止めは塗れないくらい肌の状態がよくないけど、化粧はできるという状態なら、UVカット効果があるルースパウダーを使いましょう。

肌にやさしく、石けんで落とせるルースパウダーを上手に利用しましょう。

化粧も無理ならグッズで対応

化粧品も付けることができないような肌のときは、無理に日焼け止めを塗ってはいけません。

日傘やアームカバー・ストール、サングラスなどで物理的に紫外線をカットしていきましょう。
普通の長袖は、紫外線は通り抜けてしまうため、UVカット効果のあるアイテムを選びましょう。

飲む日焼け止めで対処

飲む日焼け止めは、肌のコンディションがよくないときでもオススメできます。
ただし、成分にアレルギーがないかなどは、必ず確認してください。

飲む日焼け止め、副作用はある?子供も飲める安全なサプリ3選&選び方のコツ

紫外線ケアができる食べ物を選ぶ

紫外線のダメージは、体内にある活性酸素の働きでつくられていきます。
ということは、活性酸素を抑える抗酸化作用のある食べ物を積極的に摂取するようにすると、紫外線ケアができるということです。

抗酸化作用のある食べ物

  • アボカド
  • トマト
  • キウイフルーツ
  • まぐろ
  • 鶏肉
  • 豚肉
  • モロヘイヤ
  • 緑茶
  • アーモンド など

逆に気を付けたいのは「ソラニン」という成分を含んだ食べ物です。
ソラニンは紫外線の感受性を高める働きがあるため、食べたすぐあとに日に当たると、シミやそばかすができやすくなります。

レモン・オレンジ・グレープフルーツなどの柑橘類、パセリ・セロリ・ブロッコリーの茎などは、ソラニンを含むため、日焼け止めを使えないなら、朝食で食べないほうがよいでしょう。

日焼け止めが嫌いなあなたへ!塗らなくてもOKなUV対策とは?

敏感肌は紫外線から肌を守らないといけない

敏感肌は、乾燥しやすく肌のバリア機能が低下している状態のため、紫外線を防ぐことは必須といえます。

とはいえ、日焼け止めの成分によっては、肌に大きく負担をかけるため、しっかりと選ぶことが大切です。
選ぶときは、成分を見ることも大切ですが、実際にパッチテストを行いましょう。

肌に優しい日焼け止めを塗ることはもちろんですが、飲む日焼け止めも有効です。
肌に負担をかけないため、今まで飲んでいなかった方は試してみるのもよいですね。

肌のコンディションが悪いときは、無理に日焼け止めを塗らずに、物理的に紫外線をガードしていきましょう。

しっかり肌を守ることは、美白だけでなく美肌につながります。
敏感だからこそ、守ってくださいね。

スポンサーリンク

  • メイク
  • 作成日:2016年08月01日
  • 1,239 views
prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー