prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

メイクの上からササッと塗り直し!便利なパウダータイプの日焼け止め

夏の紫外線対策は、女性の必須項目ともいえます。
紫外線は肌の老化を進め、シミのもとにもなるため、どこまで上手にUV対策できるかがポイント。

そんな中、日焼け止めパウダー(UVカットパウダー)が、ここ最近で大注目されています。

日焼け止めパウダーには、便利で使いやすい魅力がたっぷり。
知ってしまえば、絶対欲しくなってしまいます!
では、その日焼け止めパウダーについて詳しくみていきましょう。

日焼け止めパウダーとは

日焼け止めパウダーとは、UVカット効果があるパウダーのことです。
普通のパウダーファンデーションや、UV効果がないフェイスパウダーとは違うので、混同しないようにしてください。

日焼け止めパウダーは、紫外線吸収剤を使用していません。
UVカット成分として、紫外線散乱剤である「酸化チタン」や「酸化亜鉛」といったミネラルの成分を配合しています。

紫外線吸収剤フリーになるので、肌にやさしく安心して使うことができます。

日焼け止めは塗り直しが必要

日焼け止めのUVカット力は、ずっと継続されているわけではありません。
一度塗っても3時間ほどで塗りなおさなければ、UV防止効果が下がっていきます。
また、汗や摩擦で落ちてしまえば、もっと短時間で塗りなおす必要もあります。

しかし、わざわざメイクを落として日焼け止めを塗り直すのは大変なので、ついついそのままに…。
すると紫外線をカットしきれずに、肌老化やシミを招くことになってしまうわけです。

そこで、日焼け止めパウダーが大活躍!
メイク直しのときに、ササッとメイクの上から日焼け止めを補強することができてしまうんです。

さらに、パウダーなので白浮きすることもなく、テカリやメイク崩れを防ぐこともできます。
まさに、一石二鳥の優れたアイテムなんです。

ボディ(体)にも使える!

日焼け止めパウダーは、粉状でサラサラしています。
体にもササッと塗ることができるので、メイク直しのついでに体の紫外線対策もできてしまいます。

デコルテや手の甲は、エイジングのサインが出やすいところです。
顔と一緒に、しっかりとUVカットをしていきましょう。

日焼け止めパウダーが活躍できるシーン

とっても便利な日焼け止めパウダーは、活躍できるシーンがたくさんあります!

手軽に日焼け止めの塗り直し

長時間の外出や、外での仕事の場合、普通の日焼け止めでは顔に塗り直すことができません。
しかし、日焼け止めパウダーなら簡単!
メイクの上から日焼け止めを塗ることができます。

日焼け止めの強化

ベースメイクにUVカット下地や、UVカット機能がついたBBクリームを使ってから日焼け止めパウダー。
すると、かなり紫外線カットの力が強化されます。

海や山といった、紫外線の強い場所へのお出かけには、強化された紫外線対策が役に立ちます。

肌への負担を軽減

油分が配合されていない日焼け止めパウダーなら、クレンジングなしで落とすことができます。

クレンジングは肌への負担がとても大きいものです。
そのクレンジングの負担を減らし、なおかつ時短にもなるわけです。
紫外線の強い時期は肌へのダメージも強くなっているので、クレンジングの負担を減らせるのは大きなメリットになります。

ナチュラルメイクに

日焼けはしたくないけど、ナチュラルメイクはしておきたいときにも活躍できます。

日焼け止めパウダーはファンデーションと違い、厚塗り感もなくとってもナチュラルに肌を仕上げてくれます。
近所への買い物にはもってこいですね!

日焼け止めパウダーのデメリット

日焼け止めパウダーは、使ってみると手放せなくなるくらい優れたアイテムですが、デメリットもあります。
デメリットもよく踏まえたうえで、上手に使っていきましょう。

乾燥しやすい

パウダーなので、乾燥しやすいというデメリットがあります。

乾燥肌が気になっている人は、スキンケアの段階でしっかりと保湿をしておくようにしましょう。
とくに、皮脂コントロール機能がついている商品は乾燥しやすいようです。

落ちやすい

普通のクリームタイプの日焼け止めよりも、落ちやすいというデメリットもあります。

汗や水に弱いので、プールや海といった水遊びのシーンでは効果が不十分になりがちです。
こまめに塗り直していくようにしましょう。

カバー力がない

ファンデーションのようなカバー力はありません。
しっかりとしたメイクが必要なシーンでは、ファンデーションとの重ね付けが必要になります。

日焼け止めパウダーの選びかた

日焼け止めパウダーを選ぶうえで、大切なポイントは配合されている成分です。

紫外線吸収剤フリー(ノンケミカル)なので、肌にはとてもやさしくできています。
しかし、そのほかに強い添加物や刺激剤が入っていては、肌への負担が大きくなってしまいます。

せっかく肌にやさしい日焼け止めパウダーを選ぶなら、その配合成分にもこだわっておきましょう!

オーガニック(ミネラルだけ)なら安心!

日焼け止めパウダーを選ぶなら、ミネラル成分のみでつくられた商品がおすすめです。

天然ミネラルで作られたパウダーなら、肌トラブルが怖い敏感肌でも安心して使用することができます。
もちろん、クレンジングがいらないという大きなメリットもあります。

おすすめのパウダー・人気ランキング

では、そんなミネラルや美容成分から作られている、人気の日焼け止めパウダーをランキング形式でご紹介していきます。

1位<エトヴォス>ミネラルUVパウダー

ミネラルファンデーションで有名なブランド、エトヴォスから販売されているパウダーです。

ミネラルと美容成分のみでできていて、肌へのやさしさにこだわっています。
さらに注目されているのは、今話題のロングUVAカット機能が付いているところ。
ブルーライトもカットでき、売れ切れ続出の人気商品です。

毛穴カバー効果と、ソフトフォーカス効果のある「硫酸バリウム」と「炭酸カルシウム」を配合。
アミノ酸由来成分で肌の質感もアップできるので、美肌効果もバッチリです!
「シリカ」と「カオリン」が余分な皮脂も吸収してくれるので、メイクしたての肌表面がとってもキレイなんです。

2位<トゥベール>ミネラルサンスクリーン

とにかく優秀過ぎるUVパウダーと呼ばれている、UVカット対策として最強のパウダーです。

肌にやさしいミネラルパウダーで作られていながら、「SPF50、PA++++」という紫外線カット機能がついています。
さらに肌を乾燥させないよう、ヒアルロン酸をはじめとする保湿成分を11種類も配合。
これだけの高機能なのに、無添加でクレンジングも不要だから肌へのやさしさもたっぷりです!

3位<ベアミネラル>ナチュラルサンスクリーン

画期的なブラシ一体型のパウダーで、その使いやすさから人気の商品です。

UVカット微粒子のミネラルパウダーが、紫外線をしっかりカットしてくれます。
もちろんミネラルベースなので肌にもやさしく、顔にもボディにも使用できます。

使い心地はサラッとしていて、とっても軽やか。
携帯にも便利なので、外出先で簡単に付け直すことができます。

日焼け止めパウダーを上手につけるコツ

日焼け止めパウダーを、キレイに塗るだけでなく効果的に塗るコツをチェックしておきましょう!

ブラシで塗る派

ブラシ全体に粉を馴染ませるのがコツです。

ブラシにたっぷりの粉をふくませ、余分な粉を落としながら全体に馴染ませていきます。
ブラシにはパウダーが付きやすいので、肌に付けすぎないためにもこの工程が大切です。

余分な粉を落としたら、クルクルとブラシを回しながらパウダーを付けていきます。
顔の中心を多め、外側を少なめにパウダーを付けると立体感が出ます。
最後に、粉が付いていないブラシで余分な粉を落としておくと、さらに仕上がりがきれいになります。

パフで塗る派

パフもブラシと同様に、全体に粉をふくませるのがポイントです。

パフにパウダーを付けたら、もみ込んで全体に馴染ませます。
このときブラシとは逆に、パウダーを落とし過ぎないように注意しましょう。

パフにパウダーが馴染んだら、ポンポンと軽くたたくようにして顔全体に付けていきます。
小鼻や目の周りなどは付けにくいので、パフを折りたたんで付けていってくださいね。
しっかりと粉を付けておかないと、化粧ムラや化粧崩れの原因になります。

日焼け止めパウダー・Q&A

日焼け止めパウダーを初めて使う人は、疑問に思うことも多いはずですね。
よくある質問を取り上げていきます。
パウダーを使う際の注意点にもなりますので、こちらも要チェックです!

Q1・下地は必要なの?

日焼け止めパウダーを塗る際に、下地がなくても使用することはできます。
しかし、下地を使ったほうがやはりメイクの仕上がりがきれいになります。

ナチュラルでいいときは、下地なしでしっかりと保湿をしてから塗る。
きれいにメイクを仕上げたいときは下地も使用するなど、シーンによって使い分けしていきましょう。

Q2・パウダーだけでUVケアできるの?

パウダーのみでもUVケアはできます。
しかし、UVパウダーは落ちやすいという欠点もあります。

紫外線が強い場所に出かけるときは、UV効果のある下地やクリームも使う。
簡単な外出のときはUVパウダーのみを使うなど、こちらもシーンによって使い分けていきましょう。

Q3・クレンジングは必要なの?

クレンジングが必要なものと、必要ではないものとがあります。
商品の配合成分によって違うのですが、油分が配合されているものは必要だと思ってください。

商品の説明書きに「クレンジング不要」と記載されているかどうか、購入前にチェックしておくといいでしょう。

一つはもっておきたい!日焼け止めパウダー

毎日の紫外線対策に、とっても便利な日焼け止めパウダー。
この夏、一つはもっておきたいおすすめアイテムです!

毎日のメイクにとり入れて、紫外線からの攻撃に対抗していきましょう。

  • メイク
  • 作成日:2016年08月08日
  • 5,117 views
prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

スポンサーリンク

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー