prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

いつものメイクに少しだけプラス!鼻下チークで美人に大変身できる裏ワザ

毎年、毎シーズンごとに注目のメイク法が出てきますね。
どうしたらもっとかわいく、きれいにみえるの?
女性の永遠のテーマです。

今、注目のメイクテクニックの一つとして鼻下チークが注目されているって知っていますか?
今回は鼻下チークがかわいく見える理由と、メイクのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

鼻下チークの効果

チークは通常、チーク=頬のことですから、ほっぺに塗るものですよね。
血色が良く、健康的に見え、入れ方によっては小顔効果も得られる欠かせないポイントメイクアイテムです。
以前から、アイシャドウとして使ったりする使用法がありましたが、今、鼻下にちょんと色味を与える鼻下チークが注目されています。

鼻下チークの効果はずばり、視覚のマジックで美人の黄金比率に近づけることにあります。

美人の黄金比率として、以下の法則があります。
鼻から上唇までの距離:下唇からあごまでの距離=1:2

人は年を取ると顔の中の鼻下の比率が上がってきます。
つまり、鼻と口までの距離が短いほど、若々しく美人に見えるのです。

実際の鼻下比率の上昇は食い止められませんが、鼻の下にチークをのせると、視覚の魔法で鼻から上唇までの距離が短く見えるのです。

鼻下チークのやり方

鼻下にチークのせてますよ!と他の人が一目でわかるほどはたいてしまうと逆効果です。
メイクのスパイス、最後の一仕上げと思って、メイクしている自分でなんとかわかるくらいで十分な効果があります。

程度の目安としては、頬にチークをのせたあと、追加で付けずに残った粉でぽんぽんのせるくらいで十分です。
鼻下の真ん中のくぼみからちょっと盛り上がったところまでの範囲であまり広範囲に塗らないこともポイントです。

おすすめのチークの色とタイプ

オレンジ系のチークが一番鼻下の色に馴染みます。いい具合に視覚補正効果を発揮してくれます。
ピンク系、ブラウン系は悪目立ちするのでおすすめしません。

チークのタイプとしては、薄付きで発色の微妙な調整が出来るパウダータイプがおすすめ。
練タイプは発色が良すぎて使いにくいです。

ラメは入っていないマットな仕上がりのものがベターです。
鼻下がキラキラしているってちょっと変ですよね。

鼻下チークでさらに綺麗に!

鼻下チークの効果、効果的なやり方、色やチークのタイプの選び方についてご紹介しました。
メイクの最後にちょっと塗るだけで、ぐっと美人さんになりますので、ぜひぜひ試してみて下さいね。

スポンサーリンク

  • メイク
  • 作成日:2016年09月14日
  • 3,745 views
prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

関連記事

女性なら誰でも憧れる「レ・メルヴェイユーズ ラデュレ」の花びらチーク。 オシャレな小瓶に入った本物そっくりの花びらは実はチークなんです。 使っても可愛く、飾ってあるだけでもオシャレで女性には大人気のコスメですよね。 そん
チークを使うことで、表情が華やかになります。 チークは、頬だけに使うものだと思っていませんか? 実は、チークの色を頬以外のところにのせることで、意外な効果があるのです。 チークの使い方によって、いつものメイクにこれまでに
チーク&リップをご存知ですか?1つでリップにもチークにも使える、今流行のメイクアイテムです。どんな点が多くの女性に支持されているのでしょうか? スポンサーリンク 目次1 イガリメイクの必需品といったらコレ!リップ&チーク
みなさんは水チークを使った事がありますか? チークと言えばパウダー状でブラシやスポンジでつけるものなんじゃないの?と思う方もいらっしゃると思います。 水チークはリキッドチークとも呼ばれており、自然なツヤで透明感あるトレン

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサする…。 化粧ノリも悪くなるし、ひどいと粉がふいてしまったりすることもある乾燥肌。 特に冬場が近くなると乾燥に悩んでいる人もいるでしょう。 乾燥対策として真っ先に思いつくのは「保湿」! 特

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー