prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

イチゴ鼻を改善したい!洗顔で黒ずみスッキリさせる洗顔料とテクニック

ツルスベ美肌を目指しているのに邪魔をする鼻の黒ずみ。
鼻は顔の真ん中にドンと構えているので、嫌でも黒ずみが目立ちます。
メイクでも隠しきれないし、下手をすると老けて見られることも。

毎日頑張っているのになかなか取れない!
この邪魔な黒ずみをなんとかしたい!

そんな頑張るあなたのために、正しい黒ずみのケア方法をお教えしましょう。
正しい方法でちゃんとお手入れすれば、きれいな毛穴レスの肌をゲットできるはずですよ!

実践の前に知っておいて!黒ずみができるワケ

毛穴の黒ずみの主な原因は汚れや皮脂、古い角質にあります。
毛穴に汚れや皮脂、角質などの老廃物が詰まり、酸化することによって黒ずみが生じます。

また、皮脂と古い角質が混ざり合うことで角栓となり、毛穴を塞ぎ広げてしまいます。
広がった毛穴の影が黒く見えて、黒ずみと呼ばれる場合もあります。

黒ずみはいったんできるとなかなか改善できず、本当に困りものです。

洗顔による皮脂の落としすぎが毛穴の黒ずみを招く

そもそもどうして皮脂や角質が詰まってしまったのか?
単にクレンジングや洗顔を怠って、汚れをきちんと落としきれていなかったからかもしれません。
しかしそれとは反対に、洗顔のしすぎによる場合もあるのです。

毛穴からは皮脂が分泌されています。
この皮脂は皮膚表面に保護膜を張り、常に肌を乾燥などの外的刺激から守ってくれています。
皮脂が正常に分泌されている肌は潤いが保たれ、様々な肌トラブルを寄せ付けない健康な状態でいられます。

しかし、汚れをしっかり落とそうと何度も過剰な洗顔を繰り返していると、皮脂はどんどん落ちてしまいます。
皮脂が少なくなった肌は、失われた皮脂を取り戻そうと毛穴から過剰に皮脂を分泌させます。
そのためオイリー肌になったり、毛穴にあふれた皮脂が詰まってしまいやすくなります。

これが角栓による毛穴詰まりや黒ずみの原因となるのです。

洗顔でもとれない黒ずみのワケは?肌のターンオーバーが滞っているから

洗顔には十分に気をつけているのに取れないんです!
というお怒りの声も聞こえてきそうですね。

でも本当ですか?
途中で我慢できなくなって角栓を爪で押し出したり、何度も何度も洗ったりしていませんか?

角栓が詰まって黒ずみができてしまうのは、肌の代謝が滞って正常に機能していないから。
つまり肌細胞が衰えて元気に活動できていないから、毛穴の老廃物をきちんと出し切れていないんですね。
そこに刺激を与えてしまっては、肌はますますダメージを負うばかりです。

肌のターンオーバーを整えることが最重要

肌を回復させるためには丁寧な洗顔と保湿を根気よく続けていくことが大切です。
決して刺激を与えず、無理に角栓を取ろうとせず、半ば放置するつもりで腹をくくりましょう。
そうすることで肌は徐々にですが回復し、ターンオーバーを正常化させていきます。
ターンオーバーが復旧すれば、自然と角栓も解消されていきます。

肌の復旧のために、まずは正しい洗顔方法を学ぼう

いの一番に知っておいてほしいのは、黒ずみ除去には正しい洗顔が大切だということです。
鼻パックやオイルクレンジングなどを必死で試すよりも、毎日の丁寧な洗顔を心掛けること。
これだけでも肌のターンオーバーはちゃんと回復し、黒ずみが根本から改善できちゃうんです!

それでは黒ずみ改善に有効な洗顔の仕方をさっそく見ていきますよ。

肌と毛穴を柔らかくして代謝を高めよう

まずは毛穴を開き、汚れを落としやすくしてあげましょう。
開きやすくするポイントは、軽い運動、入浴などを洗顔前に行うことです。

例えば軽くウォーキングやストレッチなどをして、体が温まってから洗顔する。
入浴時に軽くストレッチしたり、湯船に浸かってから洗顔するなどが効果的です。

こうすることで毛穴が開きやすくなるだけではなく、体の代謝も高まります。
代謝を高めることは老廃物の排出も促進されますので、皮脂や汚れが毛穴から落ちやすくなります。

洗顔料は良く泡立てて汚れを吸着

洗顔料は良く泡立てましょう。
水っぽい泡ではなく、弾力のあるもっちりとした泡がベストです。
泡で鼻を包み込むように優しくのせ、泡に汚れを吸着させます。

泡の他にもクレイ(粘土)や汚れを吸着させる成分のものを使うのもおすすめです。

ゴシゴシ洗い厳禁!

さてここで何より注意してほしいのは、必要な皮脂を落とし過ぎないこと!
皮脂は肌を乾燥などの刺激から守り、保湿のバランスを保つのにとても大切。
この皮脂を落としすぎてしまうと乾燥から肌を守ろうと皮脂は過剰に分泌されてしまいます。
過剰な皮脂の分泌は毛穴詰まりの元となり、洗えば洗うほど負のスパイラルに陥りやすくなります。

もっちりとした泡ならば、こすらずとも十分に汚れが浸み込みますので、のせておくだけでOKです。
ゴシゴシ力を入れてこすったり指を動かしすぎたりせず、あくまでも優しく。
汚れの吸着は泡に任せて、なるべく指で肌を刺激しないようにしてくださいね。

時間をかけすぎるのもNG!

洗顔は時間との勝負と言ってもいいでしょう。
ダラダラとクレンジングや洗顔を続けても、肌に刺激を与えるばかりです。
洗顔料は洗浄力が強力なので、たいていの汚れは最初の10秒間くらいで流れ落ちます。

泡を肌に伸ばしたら、30秒以内をめどに洗い流しましょう。
落ちてないんじゃないかといつまでも泡を残しておくのはダメ。
かえって汚れが肌に戻ってしまったり、必要な皮脂まで落としてしまいかねません。

すすぎは優しく十分に

時間との勝負とは言え、洗い方が雑になってはいけません。
洗顔料をしっかり洗い落とすために、すすぎは十分に行ってください。

洗顔料が肌に残っていると雑菌が入ったり汚れの元になってしまいますので、ここは丁寧に。
ゴシゴシこすって流すのではなく、手のひらを使って優しくまんべんなく水を行き渡らせましょう。

洗顔料選びも重要なポイントに!毛穴汚れ専用の洗顔料を使おう

毛穴の黒ずみを改善するには、きちんとした洗顔料を選ぶことも重要です。
黒ずみが軽度の場合、洗顔料を変えただけで黒ずみが目立たなくなることもあるくらいです。

あなたが今お使いの洗顔料が毛穴にとって良いものであるか、これからチェックしていきましょう。

市販の洗顔フォームは刺激が強い

ドラッグストアなどで販売されている洗顔フォームには、合成界面活性剤などの合成洗剤が含まれています。
この合成洗剤は洗浄力が強い分、肌に必要な皮脂や成分も落としてしまう危険性があります。

洗った後にツッパリ感がないから、保湿成分が効いていると思われている方もいるでしょう。
しかしこの保湿感も、実はこの合成界面活性剤によるもの。
肌の脂に合成界面活性剤がくっついて、じわじわと肌の皮脂を落とし続けながら広がるからです。

保湿感に惑わされることなく、あくまでも肌への優しさで洗顔料を選ぶことが大切です。

洗顔フォームではなく洗顔石鹸を使おう

肌や毛穴に負担をかけず、汚れを落とすことに優れているのは洗顔石鹸です。
石鹸は肌や毛穴に洗剤が残らないため、皮脂が落ち続けることがありません。

洗い流せば石鹸の役割はおしまい。
それ以上でもそれ以下でもなく、肌に過剰な干渉をすることがありません。
その分、毛穴が自力でターンオーバーを回復させる手伝いになっているのです。

正しい洗顔石鹸を選ぶポイントまとめ

汚れや皮脂の落としすぎで肌を弱らせないようにする。
そのためには石鹸が良いということはお分かりいただけましたか?
ではどういう石鹸を選べばいいのか、そのポイントをまとめてみました。

なるべく純度の高い石鹸を選ぶ

石鹸なら何でも良いと言うわけではありません。
肌に優しいことが大前提なのですから、不純物や合成添加物がてんこ盛りのものを使っては意味がありません。

また、肌への優しさは値段にも表れます。
丁寧に作られた石鹸はそれなりの値がする分、純度も高いものが多いです。
多少高くても余計なものが入っておらず、純度の高い石鹸を選びましょう。

汚れ落ちや角質ケアのアピールは必要ない

汚れ落ちをやたらアピールしてくる石鹸も、やはり強力な合成洗剤が配合されている可能性があります。
これでは、落とし過ぎないという石鹸の良さが全く生かされません。

また、角質ケアをアピールしてくる石鹸も危険です。
角質を剥がしたり、毛穴や肌を削る成分が含まれていることが考えられるからです。
そのような石鹸は肌に負担を与えてしまうため、かえって黒ずみにとって逆効果になる危険性があります。

石鹸に余計な役割を期待しない

繰り返し言いますが、石鹸はあくまでも肌に負担を与えず汚れを落とすもの。
余分な役割は必要ありません。

保湿成分がたっぷり配合という文句は聞こえがいいのですが、あまりそればかりを重視しないように。
保湿成分を補うために、合成添加物でごまかしている商品も少なくはありません。

バランス良く皮脂が落とせているのなら、潤い不足で肌がつっぱることはありません。
洗顔は洗顔として考え、その後のスキンケアは別にしっかり行いましょう。

もこもこの泡ができるものを選ぶ

洗顔料が汚れを落とすポイントは、ズバリ「泡」にあります。
近年はボディソープもハンドソープも泡で出てくる物が多くなっていますね。何故でしょうか?
「泡立てる手間を省くため。」で大筋はあっていますが、ではなぜ泡でないとダメなのでしょう。

肌は平らではない上に、毛穴が開いていれば更にボコボコしているのを思い出して下さい。
原液は洗浄成分が濃縮されていますが、本当は泡にする事でパワーが発揮されます。

毛穴の中に洗顔料が入り、中の汚れを除去するので、泡が細かければ細かいほど毛穴に入りやすいということになります。

よく、洗顔料で吸着力をアピールしている商品がありますが、それらは泡が細かいということです。
逆に、スクラブ入りの洗顔料は泡が大きいものが多く、その代わりにスクラブを入れているというしくみです。
「毛穴をキレイにしたい=スクラブ洗顔」というイメージを持っている人も少なくないと思いますが、毛穴の中までキレイにするためにはスクラブ洗顔よりも、とにかく泡が細かい(吸着力が強い)洗顔料を選んでください。

黒ずみ除去におすすめの洗顔料

さて、それでは実際にどのような洗顔料を使えばいいのでしょう?
ここでは肌に優しく、余分な汚れを落とすことに優れた洗顔料を2つほどご紹介します。

肌に優しいピュアマイルドEXソープ

ピュアマイルドEXソープ 3個入り(40g×3) / 1,290円(税込)
9個入り(40g×9) /3,240円(税込)
pdt269921
サッフォ化粧品株式会社と言う会社が出している、肌と毛穴にとても優しい洗顔石鹸です。
原料にも徹底し、肌と毛穴の負担になるものを取り除くことにこだわって作られています。
刺激がないため、使用後のツッパリ感やピリピリ感もありません。

メイク肌にはクレンジングクリームもおすすめ

クレンジングクリーム(メイク浮かし) 3,880円(税込)
pdt269925
メイク残りが心配な方には、落とすのではなく浮かせるクレンジングクリームもあります。
メイクや汚れを優しく浮き上がらせてくれるので、こすりすぎる必要なし。
肌に残る洗浄剤は配合していないので負担がなく、敏感肌の方にもおすすめです。

天然成分100%!純度にこだわったよかせっけん

然 よかせっけん 1,944円(税込)
186525_xl
然(しかり)よかせっけんは長寿の里という会社が出している医薬部外品の石鹸です。
九州南部の火山から摂取したシラスパウダーを原料に作られており、天然ミネラルがたっぷり。

また、独自の練り製法で美容成分を60パーセントも配合することに成功。
汚れや不要な皮脂だけを落とすことに優れているため、肌の油分と水分のバランスを整えてくれます。
洗顔後の水分量の復活を邪魔することがないため、洗い上がりもしっとり。

送料は432円(税込)かかりますが、2個以上、またはセット商品を購入の場合は無料となります。

毎月定期コースを選ぶ場合は送料無料で1,841円(税込)となります。

今回ご紹介した毛穴の黒ずみに効く洗顔石鹸はもちろん、お肌に優しい洗顔石鹸を選ぶことが大切です。
無添加で敏感肌でも使える洗顔石鹸は他にも多くあります。
気になる方はランキングをチェックしてみましょう!

お肌に優しい洗顔石鹸ランキングをチェック

この洗顔法は黒ずみに効く?効果的と言われる方法エトセトラ

今までお話してきた洗顔法の他にも、巷では色々と黒ずみに効くと言われるものが紹介されています。
本当にそのやり方で黒ずみが解消されるのか?
効果やリスクを併せて見ていきましょう。

洗顔ブラシを使って毛穴のお掃除

手洗いでは落としきれない毛穴の奥の汚れを、顔専用の洗顔ブラシを使って落とす方法があります。
細い毛でフワフワの泡を作りながら肌をなでるように洗顔するので、気持ちが良いと使っている方もかなりいるようです。

洗顔ブラシのメリット

なかなか落とせない肌奥の角質や角栓が落とせるのが洗顔ブラシのメリット。
肌表面のゴワツキやくすみが取れ、毛穴の黒ずみも取り除きやすくなります。

また、目元や小鼻のキワなど細かい部分もしっかりケアできるのがポイントです。

洗顔ブラシのデメリット

洗顔ブラシはどんなに優しく扱っても、どうしても肌に負担がかかってしまいがちです。
そのため皮脂や角質を取り除きすぎて、肌のバリア機能が低下する恐れがあります。
バリア機能が低下した肌はターンオーバーが上手くいかずに、黒ずみや肌トラブルを悪化させてしまう場合も。
また、刺激によるメラニン生成で新たな黒ずみができてしまうこともあります。

そのほかにも使ったブラシに雑菌が繁殖して、肌に炎症などのダメージを与える恐れもあります。

敏感肌や乾燥肌の方、肌にニキビなどのトラブルを抱えている方の使用はおすすめできません。

プチプラで万能!オロナインパック

抜群の保湿力を誇るオロナイン。
どこの家庭にも一つは置いてあって、色々な効能を持つコスパの高い商品ですね。
このオロナインでパックすると、黒ずみがごっそり落ちるとネットで評判になっています。

オロナインパックは鼻全体に厚さ1ミリくらいのオロナインを塗り、10~15分くらい放置した後洗い流します。
その後、鼻用の毛穴パックを貼ると、ビックリするほど角栓が取れるのだそうです。

オロナイン洗顔のメリット

オロナインに配合されている有効成分が肌に作用し、汚れや角栓を浮かす働きをしてくれます。
また、配合されているオリーブ油は肌に馴染むと乳化し、毛穴の角栓を溶かしてくれます。

そのため、汚れが浮きやすくなった状態で毛穴パックをすると、面白いくらいにきれいに角栓が取れるのです。

オロナイン洗顔のデメリット

しかしオロナインは優れた殺菌、抗菌作用を持つ医薬品です。
医薬品は有効成分の量も強さも美容製品をはるかに上回ります。
そのため、適正な使用量を超えてしまうと肌に刺激を与えてしまいます。
オロナインを鼻に塗っていると、ピリピリとした刺激を感じるというのはそのせいでしょう。

また、肌表面には皮膚常在菌というものが存在します。
この皮膚常在菌は肌のバランスを安定させ、美肌を維持するのに大切な役割をになっています。
オロナインの殺菌効果は肌に大事な皮膚常在菌をも殺してしまうため、肌のバランスを崩してしまう恐れがあります。

オロナインパックで一時的に角栓が取れたとしても、その後の皮膚のダメージケアにはなんの効果もありません。
かえって皮膚に炎症などのダメージを与える恐れがあるため、安全性は保証できません。
オロナインは医薬品であることを理解して、毛穴ケア用品としての使用は避ける方がいいでしょう。

綿棒で黒ずみがごっそり取れる?綿棒オイルマッサージ

こちらも最近ネットで評判になっている綿棒とオイルを使ったマッサージ。
鼻全体にオイルを塗って、綿棒で優しくクルクルとマッサージするだけ。
これだけで鼻の黒ずみや汚れが浮き出て、洗い流した後はツルツルの毛穴になれます。

綿棒マッサージのメリット

まずお金がかからないこと。
次にいつでも簡単にできることが大きなメリットです。

オイルは専用のものをいちいち揃える必要がありません。
皮脂の成分に近いオリーブオイルが効果的です。

肌をオイルが守ってくれるのと、オイルの成分が角質を溶かしてくれるので肌への刺激も少なくてすみます。

綿棒マッサージのデメリット

こちらも洗顔ブラシと同じように、ついついやりすぎて肌を痛めてしまう危険性があります。
特に最初は加減が分からず、力を入れすぎてしまうこともあるでしょう。
良く落ちるからと言ってずっとクルクル動かしていてはいけません。

また、あまり頻繁にやってもいけません。
せめて1~2週間に一度くらいにしておきましょう。

この効果はあくまでも一時的なもの。
すぐに毛穴をきれいにしたい場合の奥の手のようなものです。
綿棒マッサージに頼るのではなく、毎日丁寧な洗顔ケアをコツコツ続けることが大前提ですよ。

朝は水洗顔がおすすめってホント?

最近話題になっている水洗顔。
朝は水だけで洗顔することで洗顔料による洗いすぎを防ぎ、肌への負担を減らすというものです。

この方法で毛穴の開きや黒ずみが改善されたという声を聞き、興味を持って水洗顔に切り替える人も多いようです。

朝水洗顔のメリット

ほとんどの肌トラブルの原因は洗いすぎにあります。
そして洗顔料に洗浄力がある限り、どんなに肌に優しい洗顔料でも肌に負担をかけてしまうことは否めません。

洗浄力の強さは、皮脂を落とす強さ。
肌や毛穴へ与える刺激の強さに比例します。

その点、水洗顔なら洗いすぎて皮脂を余計に落としてしまうことがありません。
洗浄力の弱さ=肌への優しさという点においては、究極の洗顔法だと言えるでしょう。

朝水洗顔のデメリット

しかし、水洗顔が有効なのは健康な肌に限られているということを忘れてはいけません。
肌荒れやなんらかのトラブルを抱えている肌には、水洗顔は弱すぎるのです。

弱った肌の毛穴は汚れが落ちにくく、ターンオーバーも滞っており、皮脂の分泌のバランスが崩れています。
軽いほこりや汚れならばいざ知らず、頑固な黒ずみは水洗顔だけでは落ちないでしょう。

もしどうしてもトライしたいのであれば、最初はやはり石鹸での洗顔から始めていきましょう。
その後肌の調子が良くなった時点で水洗顔に切り替えることをおすすめします。

洗顔後はしっかり保湿で皮脂の分泌を抑えよう

洗顔と同じくらい重要なのが洗顔後の保湿です。
せっかくきれいに汚れを取り除いても、保湿を怠ってしまっては何にもなりません。
洗顔+保湿、この二つをしっかり行ってこそ効果が表れるのです!

しかし保湿が重要だからと、化粧水などをいつまでも大量につけ続けるのはNGです。
肌が疲弊してしまい、かえって毛穴が開いたりする危険性があります。

1回の保湿は、弾力がありもっちりとした手触りを感じられればOK。
ただし、テカリや乾燥を感じたらこまめに潤いを与えてあげるようにしましょう。

保湿は皮脂のバランサー。重要性をきちんと理解しよう

皮脂の量をちょうど良いバランスに保つことが、肌にとってはとても大切。
多すぎれば脂性、少なすぎては乾燥と、どちらも毛穴にとって非常なダメージを負いやすくなります。

皮脂を落とすことだけに力を入れるのではなく、守ることにも意識を向けなくてはなりません。
保湿によって皮脂のバランスを取ることは最重要課題だと言うことを覚えておきましょう。

黒ずみ除去におすすめのスキンケア製品

黒ずみを改善し、できにくくするためには、ビタミンC誘導体とセラミドが有効です。
ビタミンC誘導体は肌の角栓や古い角質を取り除き、抑制する働きがあります。
セラミドは毛穴の引き締めに欠かせません。

保湿商品を選ぶ際には、これら2つの成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。
オススメの商品をご紹介します。

抜群の保湿力アヤナス

アヤナス ローション コンセントレート 5,400円(税込)
ay_1000
アヤナスはポーラ・オルビスグループの出す敏感肌、乾燥肌のためのブランドです。
3種類のセラミドは通常の1/20のサイズに加工され、通常の4倍の浸透力で肌を奥から潤いで満たしてくれます。

また、抗炎症作用のある成分コウキエキスは肌の様々なトラブルを抑制し、健康な肌を取り戻します。
体内コラーゲンの生成もサポートしてくれるので、毛穴のケアに加えシワなどの改善にも効果があり!
雑誌でもたびたび紹介される人気商品です。

効果を実感できるトライアルセットがおすすめ

アヤナスの商品は決して安くはありませんが、トライアルセットならばお得に肌の変化を実感できます。

・濃密化粧水
・糖化ケア美容液
・ハリアップクリーム
約10日分の3点に加え、目元用アイクリーム1回分をプレゼント。
通常価格2,700円が、初回限定1,480円(税込、送料手数料無料)でお試しできます。

>>>アヤナスのトライアルセット詳細を見てみる

毎日コツコツ丁寧ケアが一番!正しい洗顔法で毛穴レスの陶器肌をゲットしよう!

いかがでしょうか?
洗顔や保湿で「やってしまっていた!」と思う点はありましたか?

でももう大丈夫!
優しい洗顔と十分な保湿を繰り返すことで、毛穴は徐々に元気を取り戻していきますからね。

毛穴パックやクレンジングに頼ってきれいになっても、それはあくまで一時的なもの。
正しい洗顔と保湿には即効性はありません。
しかし肌に負担をかけず根本から毛穴をきれいにし、その状態を持続させるベストな毛穴対策なのです。

決して焦らずに、丁寧に根気良く続けていきましょう。
そうすることで黒ずみもない、毛穴レスの鼻もゲットできますよ。

嬉しくてつい何度も鏡を見ちゃうようになりたいですね!

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

スポンサーリンク

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー