prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

韓国の女性に大人気!身近にある薬草、よもぎのスゴイ美容効果!

みなさん、こんにちは!世の中には健康オタクと呼ばれるほど健康に気を使っている方がいます。
それほどではなくても、様々な健康法を試してみたことがあるという方なら多いのではないでしょうか。
今回はそういった方々のためによもぎを使った美容法についての記事をお届けします。

スポンサーリンク

よもぎは昔から使われている薬草

よもぎとはみなさんの一番身近な薬草で、ちょっとした田舎道にいくと道端で見かけます。
このよもぎ自体、日本に伝わってきたのは西暦にして600年ころで中国から伝わってきました。
中国ではお灸として使われており、その効果も古くから発見されていました。

よもぎの効果は絶大!

日本でよもぎというとよもぎ餅として用いられてるくらいですが、よもぎだけでも身体に良いです。
例えばクロロフィルという物質が含まれており、小腸に溜まった有害物質を取り除いてくれます。
他にも発がん性を低下させることや、血液中のコレステロールを低下させるなどの働きがあります。

一番人気はよもぎ蒸し

ではよもぎを使った美容法にはどういった物があるのでしょうか?実際に見ていきましょう。
一番有名なのはよもぎ蒸しと呼ばれる美容法で、韓国で600年ほどの歴史を誇っています。
この美容法がメディアで取り上げられ、日本でもやってみた女性が多くなりました。

具体的には裸になってからマントのような物を着て、その中でよもぎを煎じた蒸気を浴びます。
この蒸気を下半身中心に浴びるのですが、時間は20分程度でできてしまいます。
美肌効果があることはもちろん、冷え性にも効いてとても良い美容法なのです。

よもぎ茶で冷えと貧血知らずに!

その他にもよもぎ茶が注目されており、楽しみながら健康を保つことができます。
よもぎ茶の良いところはカフェインが配合されていないところで、冷えや貧血の心配がありません。
それゆえにカフェインが身体に悪いと言われる妊婦さんでも気軽に飲めるのです。

もちろんよもぎの効能をたっぷりそのまま体内に入れることができるので効果も期待できます。
先ほどご紹介したコレステロール値の低下などはもちろん、便秘改善などの効果もあります。
韓国では若い女性を中心に痩せるお茶として楽しまれているようです。

よもぎを取り入れて健康美人に

いかがでしたか?今回はよもぎをテーマにした美容法をみなさんにお届けしました。
雑草だと多くの人が思っていたよもぎで、これだけの健康効果があるのはすごいですよね。
ぜひともこれを機会に一度よもぎの効果を実感してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

関連記事

出産後のママの生活は常に赤ちゃん中心、自分のことは後回しになってしまいがちです。 そのため、気が付いたら肌荒れがひどい…ということもあるでしょう。 産後は体の調子も万全ではないため、肌荒れが起こるのは普通の現象です。 赤
[PR] あなたは何の化粧品を使っていますか? 化粧品にこだわりはありますか? 『ファンデーションのノリが少し悪くなった気がする』 『高価な化粧品に興味はあるけど、何を選ぶべきなのかよくわからない』 『プチプラ化粧品を使
目の下のシワは、見た目年齢が老けて見られがちになるので嫌ですよね。 実は、目の下は顔の中でも特に皮膚が薄くデリケートなので、シワが出来やすい部分。 特に最近は、20代で目の下のシワが出来る方が増えているようです。 そこで
ニキビは顔のどこにでもできますが、眉毛やこめかみにできてしまうと大変! 毛に邪魔されて、なかなかケアがしにくいですよね。 眉毛やこめかみのニキビは、実はかなり身体の不調を訴えている状況。 これ以上ひどくならない内に、身体

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサする…。 化粧ノリも悪くなるし、ひどいと粉がふいてしまったりすることもある乾燥肌。 特に冬場が近くなると乾燥に悩んでいる人もいるでしょう。 乾燥対策として真っ先に思いつくのは「保湿」! 特

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー