prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

口周りや顎に繰り返しできるニキビ…原因と対策方法は?

繰り返す口周りのニキビ(ふきでもの)は、目立ったり腫れてしまったりとトラブルがつきものです。
いつまでたっても治らない、毎回同じ場所にニキビが出来るとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

そんな今回は、口周りに出来るニキビの様々な原因やニキビタイプ別の徹底的な治療法をお届けします。
さらに、自分で出来るケア方法、予防方法もまとめてみました。

是非、参考にして下さいね。

スポンサーリンク

赤い!大きい!口周りはニキビが特に出来やすい場所

鼻の下や顎、フェイスラインに出来る大人ニキビ。
繰り返しがちで出来てしまうとなかなか治らず、困ってしまいますよね。
実は、口周りは皮脂腺が集中している部分なので、特にニキビが出来やすい場所なのです。

口周りのニキビが出来る10個の理由

口周りにニキビが出来やすい理由は1つではなく様々あります。
その理由を詳しくご紹介しましょう。
なかなか口周りのニキビが治らない方や出来やすい方は、その根本的な原因をたどってみて下さいね。

①生活習慣の乱れ

乱れた生活習慣を送っていると、代謝が落ちて肌のターンオーバーも上手く出来なくなります。
どんな生活習慣を送っているとニキビが出来やすくなるのか具体的に見てゆきましょう。

肉中心の食事や油・甘いものなど偏った食生活

脂っこいファーストフード、スナック菓子、コンビニ弁当などや甘いものを日常的にたくさん食べていませんか?
これらの食事は、動物性脂肪がたっぷり!
皮脂の分泌量が過剰になり、毛穴を詰まらせるため、肌がニキビを作りやすい環境になってしまうのです。

コーヒーや酒・タバコの摂りすぎ

コーヒーには、カフェインが含まれています。
カフェインには利尿作用があり、ターンオーバーや皮脂の代謝に必要なビタミンBが流れていってしまうため、ニキビが出来やすい環境を作るわけです。

さらに、カフェインを摂りすぎると、胃を刺激する作用も。
また、タバコや酒もビタミンBを大量消費してしまうため、ニキビが出来やすい肌になるのですね。

寝不足

睡眠はしっかりとれていますか?
睡眠中は成長ホルモンが分泌されるので、傷ついた肌細胞を修復し、肌の状態を整えてくれる時間でもあります。
その睡眠がしっかり取れていないと肌のターンオーバーも低下するため、老廃物がうまく外に出なくなり、ニキビを作ってしまうのです。

スポンサーリンク

②ストレス

ストレスもニキビの大敵なんです。
精神的なストレスは、気分を落ち込ませるだけではなく、体にもニキビとして現れてしまうのですね。

過度なダイエット

絶食や食事制限などの過度なダイエットは、食べれない事がストレスにつながります。
ストレスの反動で暴飲暴食になってしまう可能性も。
また、栄養もキチンと取れないため、肌もボロボロになりニキビを作りやすくするのです。

③ホルモンバランスの乱れ

実は、ホルモンバランスが乱れる原因は、上記で上げたストレスや生活習慣の乱れ、ストレス、睡眠不足などにつながっているのです。

女性の口まわりのニキビとホルモンの関係

女性ホルモンは、肌のハリや潤いを保つ「エストロゲン」と皮脂の分泌を促す「プロゲステロン」の2つから成り立っています。
肌作りに大きな影響があるため、ホルモンのバランスが崩れると肌環境が悪くなり、ニキビが出来やすくなるのです。

女性は生理前や生理中に出やすい

女性ホルモンの乱れが原因のニキビは、生理前、生理中に顎やフェイスラインに現れます。
生理前になるとこの部分にニキビが出る方も多いのではないでしょうか?
生理前は、プロゲステロンの分泌が活発になるので、皮脂が多くなりやすいためです。

妊娠超初期に吹き出物!?妊娠中は特に肌荒れしやすい

妊娠をすると赤ちゃんの成長を促すプロゲステロンが大幅に増えるため、ホルモンバランスが大きく変わります。
そのため、ニキビや吹き出物が出やすくなるのです。

④アレルギー

なかなか治りにくい口周りのニキビは、遅延型アレルギーの場合も。
遅延型アレルギーとは、何か食物を食べて数時間から数週間経って症状が出るタイプのもの。
食べてから時間が経ってから出るアレルギーのため、何のアレルギーなのか特定するのが難しいのです。

何をしてもニキビが治らないという方は、遅延型アレルギーなのかもしれません。
検査ですぐ分かるので、気になった方は試されてみてはいかがでしょうか。

⑤体調不良

実は、体の不調も口周りのニキビの原因の1つ。
体からのSOSがニキビとして現れるのです。

胃や肝臓などの内臓疲れ

先程も触れた偏った食生活やコーヒーなどの多量摂取は、内臓の疲れに繋がります。
内臓が疲れていると、肌の代謝を促進するビタミンBを大量に消費してしまうので、ニキビが出来やすいお肌になるのですね。

便秘や下痢

便秘になると、体の中の老廃物が外に排出されなくなります。
すると、体がどうにかして老廃物を外に出そうとして、ニキビを作ってしまうのです。

また、下痢もニキビの原因になります。
老廃物が体に溜まっていない状態なのに不思議ですよね。

実は、下痢になると腸内環境が悪くなり悪玉菌が増えます。

すると、腸の動きも悪くなり肌作りに必要な栄養などが腸から吸収されなくなります。
栄養がないと肌の代謝も悪くなるので、新しい細胞が作られず、肌荒れやニキビの原因になるのですね。

⑥肌への刺激

肌への外的刺激が肌にダメージを与え、ニキビを作り出すパターンも考えられます。
普段、無意識にしている事が口周りのニキビを作る事に関係していたのです。

マスクや髪の毛で隠す事が刺激に繋がる

口周りのニキビは大きくなったり赤くなってしまうと、目立つから恥ずかしいですよね。
そんな時に、マスクや髪の毛などでニキビを隠していませんか?
マスクや髪の毛が肌に触れるだけでも肌には刺激となるのです。

スマホや化粧ブラシなどは雑菌が繁殖しやすい

あなたがお使いのスマホや化粧する時のパフやブラシは清潔ですか?
実は、これらは見た目には分からないかもしれませんが、雑菌が繁殖しやすい事でも有名なんです。
そんな汚いものを肌に付けているなんて考えただけでもゾッとしますよね。

⑦肌の乾燥

健康で正常な肌は、水分量と油分量のバランスをキープしています。
肌が乾燥していると、不足している水分を補おうとして油分の分泌が活発になります。
結果的に皮脂が多くなるため、ニキビの原因になるのですね。

⑧婦人科系の病気のサイン

なかなか治らないフェイスラインや顎に出来るニキビは、卵巣や子宮トラブルのサインという場合も。
病気になるとホルモンバランスが崩れるため、初期の症状でニキビが現れる事があるようです。

⑨虫歯

虫歯を放置していませんか?
一見、関係がなさそうに思えますが、実は顎やフェイスラインに出来るニキビは、虫歯が原因の場合もあるのです。

膿やガスが溜まる

虫歯が悪化しままま放置していると、虫歯の中に膿やガスが溜まります。
膿やガスは、なんとかして外に出ようと口周りのニキビとなって現れます。

これは驚きですよね。
虫歯を放置している方は、注意が必要です。

⑩冷え性

女性に多い冷え性。
実は、この体の冷えが顎ニキビの原因にもなるのです。
体が冷えると血管が縮まり、細胞の元気がなくなるため、新陳代謝が落ちます。

代謝が落ちると、肌のターンオーバーや皮脂の代謝も停滞します。
すると、老廃物などを外に排出できなくなるので、ニキビを作りやすくしてしまうのです。

【番外編】唇に出来る白いポツポツの原因は?

では、唇に出来る白いポツポツはニキビなのでしょうか?
唇にできるポツポツはいくつかの種類があります。

口角炎

口角炎は、唇の両端に出来る炎症を起こし腫れや出血などを伴う病気。
ストレスや疲れ、ビタミン不足などが原因です。

食べ過ぎサインの場合もある

唇の端に出来るニキビは、食べ過ぎのサインという可能性も。
食べ過ぎで栄養のバランスが崩れ、胃腸に負担がかかってしまい、ニキビが出来るという事があります。

ヘルペスにきび

唇にニキビのようなものが出来たら、それはヘルペスである可能性が高いです。
口唇ヘルペスは、ウイルスによって起こるものなので、ニキビとは対処法も全く異なります。

顎ニキビとヘルペスの見分け方

そもそも唇には毛穴がありません。
毛穴のない場所にニキビは出来ないため、唇にニキビのようなものが出来たらヘルペスの疑いが高いです。

また、ヘルペスは、ひりひり、ちくちくとした違和感を感じた後に、ほてりやかゆみを伴い、患部が赤く腫れ、水ぶくれになった後、かさぶたになるというのが一般的な症状として知られています。

口周りのニキビタイプ別の対処法

口周りのニキビの症状にも、酷いものから軽いものまで様々あります。
ニキビのタイプに合わせて対処法を変えるのがベストです。

痒いニキビには保湿が効く!

痒みを感じるのは、乾燥が原因なので、保湿が有効。
口周りは特に乾燥しやすい部分です。

高い保湿効果のある化粧水や乳液を使った後、潤いを逃がさないようにオイルやクリームでフタをしたり、肌を乾燥させないように心がける事が大切です。

>>口周りの乾燥をなおす保湿クリームを見てみる

ひどい炎症や腫れ・痛みがあるニキビは病院へ!

もし、口周りのニキビが腫れ上がっていたり、痛みを伴う場合には、専門家に診てもらうのが一番です。

内科や婦人科・皮膚科・美容皮膚科で優先的に治療する

どの病院へかかるかで処方される内容は多少変わりますが、体の内側と外側から同時に治療する事がニキビの改善につながります。
では、口周りのニキビに対してよく処方される内容を見てみましょう。

飲み薬

体内からニキビを治す飲み薬には、胃腸やホルモンバランスを整えるものから、ニキビに直接的に効く薬まで様々なものがあります。

・ピル
ホルモンバランスの乱れを整える方法として、婦人科ではピルが処方されます。

・抗生物質
重い症状のニキビによく処方されるのが、ルリッドやミノマイシンなどの抗生物質。
患部の炎症を抑えたり、殺菌・抗菌をします。

・ビオフェルミン
ビオフェルミンは、腸内環境を整える効果があります。
便秘や下痢などで腸内環境が悪化し、ニキビが出来やすい方に処方されます。

・漢方薬
冷え性の改善やホルモンバランスを整える加味逍遙散(かみしょうようさん)やニキビの腫れや化膿を抑える十味敗毒湯(じょうみはいどくとう)、皮膚を潤し、ホルモンバランスを整える温経湯(うんけいとう)などが処方されます。

塗り薬

塗り薬は、患部に直接塗る事が出来るため、外側からのニキビの治療に効果的です。

・ディフェリンゲル
ニキビの原因となる角質の生成や皮脂の分泌を抑える作用があるため、毛穴の詰まりを防ぎます。

・ダラシンTゲル
抗生物質の塗り薬で、クリンダマイシンという主成分が、ニキビの原因の1つであるアクネ菌や黄色ブドウ球を殺菌します。

しかし、5~10%ほどの比率で、このゲルに耐性があるアクネ菌が存在します。
耐性があると、この薬は効かないので、治療を変える必要があるようです。

・ステロイド
炎症を鎮める強力な作用がある塗り薬。
ヒドい炎症のニキビには最も効果的で、皮膚科などでよく処方されます。

ピーリング

皮膚科などでよく行われる治療がピーリング。
フルーツ酸などを使い、古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを助けます。
毛穴や角栓の詰まりもクリアになるため、ニキビ改善に効果があります。

できてしまったニキビをなおしたいのなら

もし突然口周りにニキビが出来てしまったら、出来る対処はいくつかあります。
自分で出来る対処法をご紹介します。

市販薬

薬局やドラッグストアなどで簡単に手に入るので、ニキビが出来たら覚えておくと便利です。

オロナイン

オロナインには、抗菌・殺菌効果があります。
オロナインはニキビに対して、炎症を鎮静化するので効果的なのです。

ただし、オロナインが有効なのは、あくまでも炎症している赤いニキビだけ。
白ニキビや黒ニキビには、効果がないので気をつけましょう。

ニベア

TVで話題になったのが、ニベアで口周りのニキビを治す方法。
洗顔後に基礎化粧品などを一切使わず、ニベアだけで仕上げるというとてもシンプルなスキンケアです。
肌の水分量が3倍に上がったというデータがTVで紹介されていました。

ただし、ニベアが有効的なのは、極度の乾燥肌の方やいろいろなケアをし過ぎて、乾燥肌になってしまった方です。
オイリーなニキビ肌の方には向かないので、気をつけましょう。

ワセリン

ワセリンは肌にやさしく、肌内部の水分を保持する働きがあります。
季節の変わり目などで乾燥しがちなお肌にはピッタリ!
知恵袋では、ワセリンで顎ニキビが治った方もいらっしゃいました。

プロアクティブ

ニキビ専用のスキンケア化粧品といえば、プロアクティブというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?
個人差はあるようですが、プロアクティブで口周りのニキビが完治したという声もあります。

しかし、プロアクティブが有効的なのは、何らかの理由で、皮脂が過剰になった肌に出来たニキビのみ。
乾燥肌などから来るニキビには、効果がないので、注意しましょう。

チョコラbbなどのサプリ

ビタミンCやビタミンB群などが配合されているので、ニキビの治療や肌作りに欠かせない栄養を補給出来ます。
また、食べた物の代謝を促す働きもあるので、甘いものを食べ過ぎてしまった時のお守りとしても良いですよ。

キャベジンなどの胃薬

食生活の偏りなどの胃腸の不調から来るニキビには、胃腸薬で胃腸の調子を整える事も有効です。

ツボを押してみる

口周りのニキビに効果的なツボを押してみるのもオススメ!
即効性はありませんが、手軽に出来るので、頭に入れておくと便利ですよ。

合谷(ごうごく)

代謝を高めるツボです。
腸の動きが活発になるため、腸内環境を正常化して口周りのニキビ改善につながります。
手の甲の親指と人さし指の骨が交わる部分にあります。

関衝(かんしょう)

ホルモンの分泌をコントロールして、肌をなめらかにする効果があるので、女性は特に覚えておきたいツボ。
薬指の爪の小指側の生え際にあります。

曲池(きょくち)

胃腸の環境を整えてくれる効果があります。
腕を曲げた時、腕の内側にあるシワの先端あたりにあるツボです。

口周りのニキビ予防法

繰り返しがちなニキビの原因を根本から除外して、ニキビの出来にくい肌作りをする事が一番大切です。
是非参考にしてみて下さい。

栄養バランスのとれた食生活

私たちの体は、私たちが食べたものから作られていますよね。
そのため、ニキビを作りやすい環境から作りにくい環境に変えていくためにも食事は大切なのです。

野菜やビタミン中心

野菜やビタミン豊富なフルーツなどは、積極的に摂りましょう。
野菜やビタミンは、美肌を作ってくれる元となる栄養素。
野菜が摂れないなと思ったら、野菜ジュースを飲むだけでも変わってきますよ。

豆乳やヨーグルトを積極的に摂る

豆乳は女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボン、ヨーグルトは腸内環境を整える乳酸菌が入っています。
肌と腸の環境を整えるには欠かせない食品です。

甘いものを控える

肌を作るビタミンBを消費したり、皮脂が過多になる甘いものは極力控えましょう。
毎日食べていた頻度を週1回に減らすだけでも、変わってきます。

スキンケアの見直し

毎日のスキンケアを見直す事も大切なポイントです。
再度洗い方などを確認してみて下さいね。

肌タイプに合ったスキンケア

オイリー肌だと思っていたら、内部が乾燥しているインナードライだったという事も。
水分量チェックをすると、自分の肌タイプが把握できるのでおすすめ!

季節の変わり目などで肌質は変化します。
自分のお肌の状態を見て、適切なケアが出来るとベストですね。

正しい洗顔法

洗顔は正しく出来ていますか?
少し温度が低めのぬるま湯を使い、洗顔料をたっぷりの泡立てて、肌の上で滑らせるように優しく洗って下さいね。

洗顔後の水分は、雑菌が繁殖しにくいティッシュでポンポンと軽く抑えるのがオススメ!
タオルに比べ、程よい水分がお肌にとどまってくれますよ。

肌に使うものは清潔なアイテムを使う

肌に触れるパフやメイクブラシ、タオルなどは清潔を心がけて下さい。
先程も触れましたが、これらは雑菌が繁殖しがちなアイテムなので、特に気をつけて下さいね。

肌断食

究極なスキンケアですが、肌断食という手も。
何をしても効かなかったという方は、試されてみても良いでしょう。

化粧水などのスキンケアを絶つ

肌断食とは、洗顔後のスキンケアアイテムを一切使わない方法。
即効性はありませんが、余計なものを付けないので、肌が休まり、本来持つチカラを発揮するという方法です。

ワセリンと洗顔後のファンデ-ションは使用してもOK

肌断食中はほとんどの化粧品は使えませんが、ワセリンとパウダーファンデーションは使用してもOKとされています。

とてもシンプルですが、肌の機能を回復させるためには手軽な方法です。

体を冷やさない

女性は男性に比べ筋肉量が少ないので、体が特に冷えやすいです。
体を冷やすと体の不調にも繋がるため、冷やさない事が大切です。
筋肉を付けたり、温かい飲み物を飲むようにしたり常に体を冷やさない工夫をしましょう。

あごの脱毛

顎のうぶ毛を脱毛する手もあります。
先程も触れたように、顎はホルモン分泌に左右されやすい場所。
だからこそ、うぶ毛を処理し毛穴自体を小さくしてニキビが出来にくい環境作りを作ってしまうのです。

ストレス解消

ニキビを作らないためには、ストレスをためこまない事も大切です。
自分なりのストレス解消法をいくつか持っていると、良いですね。

早く治すために!口周りのニキビに対しての注意点

出来てしまった口周りのニキビを1日も早く治すためにも気をつけて欲しい注意点があります。
ニキビを悪化させないためにも守って下さいね。

ニキビを潰す事は絶対NG!

口周りに出来るニキビは、どうしても目立ってしまうのでつい潰してしまったりする方も多いのではないでしょうか?

これは絶対NGなのです!

炎症がひどくなってなかなか治らない

ニキビを潰すとそれが刺激となりますし、手に雑菌が付いている場合も。
さらにニキビが悪化する可能性大なのです。
悪化してしまうと、ニキビもなかなか治らず、悪循環になってしまうのです。

跡が残ってしまい黒ずみやシミになる事も!

ニキビを潰すと肌がダメージを受けます。
すると、刺激から肌を守ろうとメラニン色素が分泌されます。
そのため、黒ずみやシミになってしまう場合もあります。

頬杖や口周りを触る癖をやめる

頬杖をついたり、口周りを触るクセはありませんか?
キレイにしているつもりでも、手には見えない雑菌がたくさん付いているのです。
もし、そんなクセを持っている方は、気をつけましょう。

かゆいニキビは温めたり掻いたりしない

かゆいニキビは、どうしても掻いてしまいたいですよね。
しかし、掻いてしまうとそれが刺激となり、悪化したり跡になる可能性があります。
気をつけて下さいね。

そもそもかゆみを伴うニキビは、乾燥が原因。
乾燥は、体を温めるとかゆみが酷くなります。
ニキビを掻いたりしないためにも、温めないようにして下さい。

繰り返しやすい口周りのニキビはしっかりと対策する事が大切!

口周りのニキビは、体の外と中からしっかりとケアしてあげる事が大切なのです。

ご紹介した口周りのニキビを作る原因が当てはまった方も多かったのではないでしょうか?
自分の口周りにできるニキビの原因や改善策を知り、ニキビ知らずのお肌を目指しましょう!

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機会ってありますよね。 でも、化粧を取ったら毛穴が目立つ、ニキビ跡が汚くてとても見せられない…! どう
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー