prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

白く輝く歯をゲットできる!自宅で簡単セルフホワイトニングケア

芸能人の白く輝く歯って憧れますよね。
それに比べて自分の歯は何だか歯がくすんできている気がする。

歯はとても目立つので、見られているんじゃないかと気になるとなかなか笑顔も作れません。
かと言って歯医者でクリーニングしてもらう時間も余裕もないし。

そこで今回は、自宅で手軽に白くできるホワイトニングケアについてまとめてみました!
あなたに合った簡単ケアを見つける参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

目次

歯の着色の原因は大きく分けて3つある

着色の原因や種類によって、歯を白くする方法は変わってきます。
自分の汚れの原因をきちんと知った上で、適切な対処法を選びましょう。

着色の原因は大きく分けて3つあります。

①食事やタバコなどによるエナメル質表面の着色

毎日食べたり飲んだりしているものが、歯の表面にあるエナメル質に付着することが原因です。
蓄積するとステイン(着色汚れ)となり、エナメル質が黄色く変化していきます。
タバコのヤニなどもステインとなって歯を変色させてしまいます。

この状態であれば、歯磨きなどである程度キレイにすることができます。

長年の汚れが蓄積したエナメル質内部の着色

汚れが蓄積すると、表面だけでなく内部にまで色素が侵食し、黄ばみが進行します。
この状態になると自宅ケアだけでキレイにするのは難しくなります。

エナメル質が薄くなって象牙質が見える

加齢などによって歯の表面のエナメル質が薄くなると、内部にある象牙質が透けて見えます。
象牙質は黄味がかっているため、歯が黄ばんで見えてしまいます。
若い時に歯が白くても、歳を重ねると黄ばんでくるのはそのせいでもあるでしょう。

また、エナメル質の厚さは遺伝すると言われています。
薄い人は内部の象牙質が見えやすいので、余計に黄ばみが目立ってしまいます。

歯の内部をキレイにできるのは、現在では歯科医院などの医療機関のみになります。

自宅でできる歯のホワイトニングケア

表面の汚れであれば、自宅でも歯をキレイにしていくことができます。
どんな方法があるのか見ていきましょう。

ホワイトニング歯磨き粉を使う

歯磨き粉の多くは、研磨剤という歯の着色汚れを削ってキレイにする成分を含んでいます。
ホワイトニング歯磨き粉はその研磨剤に更に工夫をし、汚れをより効果的に落とすことができます。
また研磨剤の代わりに、色素を分解して落とす成分を配合してあるものも多く出ています。

これらの工夫により歯の着色や汚れが落ちて白くなったと感じられます。
実際には歯を白くしているわけではなく、白く見えるということ。
ここが、歯科医院で行うホワイトニングとは違うポイントです。

歯の消しゴムを使う

歯磨き粉に含まれる研磨剤を利用した、歯専用の消しゴムもあります。
歯の表面を消しゴムでこすり、その後はうがいで汚れを流すだけなのでとても簡単。
歯と歯の合間の汚れを落としたい時にもおすすめです。

ただし研磨性が強いので、こすりすぎると歯や歯茎を傷つける恐れがあります。
あまり頻繁にではなく、1週間に1度くらいの頻度で使う方が良いでしょう。
値段も500円前後なので、リーズナブルで使い勝手の良いアイテムです。

歯のパックも汚れが落ちる

歯にシートを貼って、着色汚れを吸収する歯のパックもあります。
3~5分ほどでできるので、手軽で人気の製品です。

通常の歯磨きでは落ちにくい汚れもスッキリと落とし、歯を傷つける心配もなく安心です。
値段も手頃で使い方も簡単なので、これからホワイトニングを始める人にもおすすめです。

効果が高いと評判のホワイトニングテープ

アメリカではとても良く使用されているホワイトニングテープ。
過酸化水素水を染み込ませたテープを歯に貼り付けて、歯の汚れを溶かしキレイにする方法です。

しかし効果が高い分薬剤も強力なので、日本での販売は認められていません。
現時点ではネットでの購入になります。
値段は大体1万円前後(約20回分程度)で販売されています。

人によってはピリピリとした刺激を感じたり、歯茎を傷つける恐れもあります。
使用方法や注意点に十分気をつけるようにしてください。

すぐに白くなりたいのなら歯のマニキュア

白い塗料をマニキュアのように歯に直接塗って白くします。
少し前までは歯科医院でもこの方法を行っていたようです。
しかし施術が面倒なわりにあまり長持ちしないため、現在ではほとんど行われていません。

市販されているので自分でも塗ることができます。
しかしコツがいるため、自然な仕上がりにするのはなかなか難しいようです。
または食事などでもすぐはがれてしまうので、緊急用として使う方が良いかもしれません。

セルフケアにはホワイトニング歯磨き粉がおすすめ!

このように色々なセルフケアがありますが、やはりおすすめなのはホワイトニング歯磨き粉です。

歯を白くするには汚れを落とすだけでなく、歯や歯茎の健康を守る必要があります。
虫歯や歯垢、歯石は細菌がいっぱいの状態。
増殖した細菌は歯を汚してボロボロにしてしまい、歯周病の原因にもなります。

つまり歯が白いというのは、健康で丈夫な証拠でもあるのです。
その健康な歯を守るためには、毎日丁寧に歯磨きをしてあげる必要があります。
その点ホワイトニング歯磨き粉なら、毎日きちんとケアしてあげれるのでベストです。

イチオシはこれ!おすすめのホワイトニング歯磨き粉

ホワイトニング歯磨き粉はたくさん出ていますが、その中でもおすすめはこれ!
沖縄から生まれたちゅらトゥースホワイトニングです。

リピーター続出で、あまりの人気に一時期販売が中止されたほどの人気商品です。
そんな人気の秘密はどこにあるのでしょうか?

ちゅらトゥースホワイトニング

ちゅらトゥースホワイトニングには歯や口内をキレイにしてくれる3つの成分が含まれています。

 

成分 効能
PAA(ポリアスパラギン酸) 黄ばみやステインを除去する

歯の汚れを浮かせて、はがして落とす

リンゴ酸+ビタミンC 様々な着色汚れを落とす働きがある

歯にバリアを張って、汚れが再度付着するのを予防する

GTO(※新配合成分) 虫歯の元凶であるGtaseを阻害して、虫歯を予防する

歯茎を若返らせ、歯肉炎や歯周病、口臭なども予防してくれる

他にも歯茎の腫れを抑える成分などを配合し、磨くだけで口内を健康にしてくれる優れもの。
研磨剤を使用していないので歯を傷つけにくく、刺激も少ないので安心して使えます。
天然由来の甘味(ステビア、キシリトール、メントール)が爽やかな使い心地です。

ちゅらトゥースホワイトニング(30g) / 4,980円(税抜)

特別モニターコースなら20%オフがずっと続く

特別モニターコースなら20%オフの3,980円(税抜)で購入できます。
30日ごとの定期コースで送料、手数料が無料。

白さや口内の健康を保つために、お得に続けられるのが嬉しいですね。

ちゅらトゥースホワイトニングの口コミ

とても評判の良いちゅらトゥースホワイトニング。
芸能人も愛用している人が多く、口コミでも高評価です。

「1ヶ月経たないくらいで歯の白さを実感しました。口の中がネバネバすることもなくなりました。
刺激も変なメントール感もなく、毎日歯磨きしながら爽やかな気分になれます。」(30代女性)

「タバコを吸うので歯が黄ばんでいましたが、数日でだいぶ白くなってきました。
研磨剤が入っていないので、歯茎も元気になってきたような気がします。
気になるヤニの匂いも感じなくなりました。」(20代男性)

歯を白くするだけでなく根本的な悩みも解決してくれるので、一度使うと皆手放せなくなるようですね。

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ際のポイント

ホワイトニング歯磨き粉は、なるべく研磨剤が入っていないものを選びましょう。
研磨剤は摩擦で汚れを落とすため、こすり過ぎるとエナメル質を傷つける恐れがあります
エナメル質が傷つくと内部にある象牙質が浮き出たり、汚れが付着しやすくなります。

研磨剤の代わりにホワイトニング効果のある成分が配合されているもの。
なおかつ表面を修復できる歯磨き粉が良いでしょう。

またフッ素が配合されている製品もおすすめです。
フッ素には歯を白くする効果はありませんが、歯のエナメルを強くする効果があります。
歯を白くする手助けをしてくれるので、一緒に使うとより効果アップが期待できます。

セルフケアでどのくらい効果が持続するの?

セルフケアは毎日続けることで、段々と歯の汚れを落としていくものです。
そのため、止めてしまうと当然効果は失われてきます。

個人差もありますが、1ヶ月も放置すればまた汚れが目立ってきてしまうでしょう。
ですがホワイトニング歯磨き粉などは汚れをつきにくくする効果もあります。
使い続けるうちに段々と、歯が黄ばむ間隔も空いてくることでしょう。

白さを持続させるためのセルフケア

せっかく歯をキレイにするのなら、できる限り長い間もたせたいですよね。
少しでも効果を持続させるために、気をつけるポイントを覚えて実践しましょう。

ホワイトニング歯磨き粉をこまめに使う

色の濃い食品を食べたりタバコを吸ったりしたら、できるだけ時間を空けずに歯磨きでケアしましょう。
その日の汚れはその日のうちに落とすよう心がけておくことが大事です。

毎日の歯磨きも丁寧に

もちろん毎日の歯磨きを丁寧に行うことは大前提です。
できれば1日3回食後に歯を磨きたいところですが、なかなかそうもいきません。
その代わり、1回1回の歯磨きをしっかり行いましょう。

虫歯や歯肉炎は歯を不健康にし、黄ばみや汚れをひどくすることも。
かといってゴシゴシこすっては歯を傷つけ菌を増殖させる恐れもあります。
あまり力を入れずに優しく磨きましょう。

デンタルフロスで歯と歯の隙間を掃除してあげることもおすすめです。
歯垢や歯石のもとになる汚れを掻き出せるので、歯の健康を保つのに役立ちます。

食べ物などの生活習慣にも気をつける

着色しやすい食べ物をできるだけ避けたいところですが、そうもいきませんよね。
量や回数を減らせればいいのですが、それも難しければ食べ方を工夫してみましょう。

飲み物はなるべくストローなどを使って、歯に直接つかないよう気をつける。
食べ物も細かくして、歯の表面にベタベタつけないよう食べる。
食べる前にコーディング効果のある歯磨き粉で歯を磨いておくなど、できる範囲でOKです。

以下、とりすぎると着色しやすいものを揚げておきますので、食事の際の参考にしてください。

コーヒー、緑茶、赤ワイン、コーラなど・・・ステインが多く含まれ、歯のシミの原因に
スポーツドリンク、ピクルス、ケチャップなど・・・エナメル質を弱める酸が強く、シミになりやすい
カレーやキムチなど色の濃いもの・・・歯に色が付着して変色しやすい

裏技!ホワイトニングペンでプラスケア

塗るだけで歯を白くできるホワイトニングペンというものもあります。
ペンタイプで持ち運びできるので、どこでも気になった時に歯の手入れができて便利。

しかし薬事法の関係で、日本で販売されているものは成分や効能が海外のものと違います。
日本で販売されているものは、ホワイトニング効果というより歯表面の汚れを落とすような効果です。

日常のホワイトニングケアの効果が切れてきた時や、一時的に黄ばみを消したい時。
気になる部分にちょっと塗る使い方がおすすめです。

どのくらいかかる?ホワイトニングの値段を比較

セルフケアの場合、歯科医院で受けるホワイトニングよりどれだけお得なのでしょうか?
かかる費用を簡単に表にまとめてみました。

料金はホワイトニング専門歯科で受診した場合を参考にしています。
また医院によって設定料金は様々ですので、大体の目安として見てください。

 

オフィスホワイトニング ホームホワイトニング セルフホワイトニング
方法 歯科医院で施術
過酸化水素水を塗布した歯に特殊なライトを照射する
歯科医院でマウスピースを作ってもらい、処方された薬剤を使って自宅で行う 歯磨きやテープなどの市販のケア製品を使って自宅で行う
料金 10,000~30,000(1回) 15,000~35,000円(1回) 500~10,000円(1個)
その他
諸費用
【診察料】
クリーニング料金(任意)
コーディング料金(任意)
本数を増やす場合
【診察料】
薬剤代
クリーニング料金(任意)
特になし

 

ホームホワイトニングの初回費用は、ほとんどマウスピース代になります。
その後は薬剤のみの追加購入で済むので、トータルはオフィスよりも安くなります。

こうして見ると、セルフホワイトニングは格段に安いですね。
医院ごとの料金の差や、通院にかかる諸費用を考えなくて済むのも楽です。

ホワイトニングのメリット、デメリットを比較

値段の他に、それぞれのメリットやデメリットも比較してみました。

 

オフィスホワイトニング ホームホワイトニング セルフホワイトニング
メリット ・1回でも高い効果を実感できる        

・真っ白になれる

・医師の施術で安全

・数回の通院で完了

・効果が高い(かなり白くできる)

・色戻りしにくい

・奥歯まで白くできる

・非常に安い

・通院の手間がない

・簡単にできる

・虫歯予防もできる

デメリット ・値段が高い

・色戻りしやすい傾向がある

・定期的に通院してメンテナンスの必要がある

・値段が高い

・即効性がない

・自分で行う分の手間がかかる

・色の調整が難しい(自分で行うため)

・効果に個人差がある

・真っ白にはならない

・間違ったケアで歯を傷つけるリスクがある

・継続が面倒

 

確実に効果を得たいのであればオフィス、ホームホワイトニングでしょう。
ですがそこまでの白さは求めないのであれば、やはりセルフケアがおすすめです。

コストも安くて済みますし、何より手間がかかりません。
自宅などで好きな時にできるのが大きなポイントです。

もしオフィスやホームを受ける場合も、初めにセルフホワイトニングをしておきましょう。
あらかじめ歯の汚れを落としておくことで、歯科医院での手間やコストもだいぶカットできます。

破格に安いオフィスホワイトニングには要注意!

オフィスホワイトニングで「1回500円」や「ワンコイン」などという文句がある場合は注意です。
「1回500円」などは大体が歯1本につき500円ということです。
普通15本~20本はホワイトニングするでしょうから、当然費用は500円×本数と跳ね上がります。

また「お試し」や「初回価格」にも注意してください。
文字通り低価格なのは初めの1回だけで、後はそれなりに料金がかかるパターンがほとんど。
定期的に通う必要があるので、通常料金を必ずチェックする必要があります。

安い初回料金で呼び寄せて、高額なコースを勧めるところもあります。
院選びには細心の注意を払うよう心がけてください。

セルフケアでやってはいけない4つのこと

ネット上ではセルフケアに関する情報がたくさん出回っています。
効果があったという口コミも多いのですが、はたしてその方法は正しいのでしょうか?
良く目にする4つのケア方法を検証していきましょう。

①イチゴ+重曹で歯磨きはダメ

イチゴの持つクエン酸や重曹が歯の汚れを落とすという情報をネットで度々見ます。
イチゴと重曹を混ぜた歯磨き粉の作り方なども載っていて、使っている人も多いよう。
しかしこれは全くの間違いです!

重曹は研磨剤と同じように、非常に研磨力の高い粒子です。
ですので歯に直接重曹をつけて歯を磨くのは、歯を傷つける危険性があります。

またイチゴに含まれるクエン酸は歯の表面を溶かしてデコボコにしてしまいます。
当然エナメル質も薄くなって、歯が白くなるどころか逆に黄ばみがひどくなってしまいます。

②レモンや酢を使った歯磨きもダメ

レモンやお酢などで歯磨きすると歯が白くなるという話を聞きますが、実はこれも大間違い!
レモンやお酢にもクエン酸が含まれています。
しかも非常に強い酸性なので、歯に塗り続けると虫歯や知覚過敏になりやすく危険です。

ビタミンCなどの美白効果や、クエン酸の効果から勘違いしてしまったのかもしれませんね。
実際は歯をボロボロにしてしまう恐れがあるので、絶対にやってはいけませんよ。

③バナナの皮をこすりつけてはいけない

ホワイトニングにバナナの皮を使っている人もいるようです。
これは、バナナの皮に含まれる豊富なミネラルが黄ばみを吸収してくれるからだとか。

しかし歯に必要なミネラルは唾液からきちんと補充されているので、余分なミネラルは必要ありません。

またバナナに含まれるタンニンはコーヒーなどと同じ種類のポリフェノールです。
歯を白くするどころか、かえって着色の原因になりかねません。
バナナに含まれるフルーツ酸はペーハー(酸性)値が高く、エナメル質を溶かす恐れもあります。

④ココナッツオイルなどでうがいをしても効果なし

今何かと話題のココナッツオイル。
これで歯を磨いたり口をゆすいだりすると歯が白くなるとネット上でささやかれています。
オイルプリングといって、歯周病や口臭予防にも効果があるとされています。

しかし医学的根拠は全くありません。
特に体に悪いものではないのですが、ホワイトニングには効果がないということは覚えておきましょう。

間違った情報をうのみにしてしまうのは非常に危険です。
たとえ効果があったとしても一時的なもので、かえって状況が悪化してしまう場合もあります。
歯医者さんがおすすめするなどの、きちんとした根拠に基づいたやり方を参考にしましょう。

白くするのではなく、汚れを落として白さに近づけるのがセルフケア

オフィスやホームホワイトニングと違って、汚れを落として白く見せるのがセルフホワイトニング。
それだけでは芸能人のように真っ白な歯…というわけにはいきません。
ですが見栄えだけでなく、根本から歯を元気に美しくしていくためにはとっても大事なのです。

人それぞれ肌の色が違うように、歯ももともとはその人本来の色を持っています。
元の歯は決して真っ白ではないので、あまりそこばかりにこだわる必要もないでしょう。
大切なのは適度な白さと、清潔感ですよね。

そのために、まずはセルフホワイトニングでできる限り頑張ってみましょう!
歯の健康も守れて一石二鳥です。
少しずつキレイになっていく歯が見れると、毎日のケアも楽しくなりますよ!

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー