• 化粧品白書 > 肌の悩み > イボ > 顔のポツポツ、ニキビじゃなくてイボかも…顔のイボを自力で治すおすすめの方法って? 
prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

顔のポツポツ、ニキビじゃなくてイボかも…顔のイボを自力で治すおすすめの方法って?

気がついたら顔にできてしまう、ニキビのようなポツポツ。
放っておくと大きくなることもあるこのポツポツの正体は、イボかもしれません。

若い人にも多いイボの悩み、実は対処法がよくわからない人が多いのです。

今回は顔のイボでお悩みの方に、自分でケアする方法とおすすめのケア製品をご紹介します!

顔のイボと同じように、首のイボにも悩んでいる人は首のイボを自力で治すおすすめの方法の記事をご覧くださいね。

今すぐ顔イボを治したい方はコチラ!

スポンサーリンク

気になるたくさんのポツポツ…顔にできるイボの特徴

顔にできたポツポツ、なんとなく気にはなるものの、これはイボ?ニキビ?

イボの特徴と見分け方を覚えて、自分のポツポツが何なのか、知っておきましょう。

ニキビとイボの見分け方

洗顔したり保湿したりとケアしているのに大人ニキビが治らない…。

こういったケースは、実はニキビではなくイボである場合が多いのです。

では、どういう症状がイボなのか、ニキビとの違いを紹介します。

イボ ニキビ
特徴
  • 日に日に大きくなる・増える
  • 痛みやかゆみなどはない
  • 楕円や細長い形をしている
  • 目の周りやこめかみなど皮膚の薄いところに出来やすい
  • ニキビ用の化粧品を使っても全く治らない
  • 赤く炎症する事がある
  • 痛み・かゆみが出ることもある
  • 丸い形をしている

どちらも「できもの」ですが、ニキビは炎症を伴い、イボは炎症がないのが最大の特徴。

ニキビかイボかによって治し方が違いますので、まずどちらなのか判別することが重要です。

スポンサーリンク

イボにも2種類ありケア方法が異なる

上の表でニキビとイボの違いは分かったかと思います。
ただ、イボの中にも2種類あり、それぞれケア方法が違います。

ウイルス性のイボは皮膚科での治療が必要

ウイルス性のイボはHPV(ヒトパピローマウイルス)が傷口などに侵入して感染し、隆起してきます。

手でイボに触れたあと別の皮膚を触ると、感染が広がります。

ウイルスが原因なので、自宅でのケアは難しく皮膚科での治療が必要になります。

>>皮膚科での治療内容は下で解説しています

顔や首にできるシミに似た老人性イボは自宅でのケアが可能

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)というイボで、加齢によってできるイボです。

老人性イボは本来なら自然に排出されるメラニンが蓄積することでイボができます。

メラニンが関係しているので、太陽に当たる事の多い、首や顔にできやすいのが特徴です。

太陽の下で畑仕事など、紫外線対策を充分にしていない人にできやすいといえます。
また、屋外でスポーツをする若い人にできることもあります。

肌を健康にしメラニンが正常に排出できれば良いので、自宅でのケアが可能です。

赤や茶色が多いですが、黒くなることもあり、放置していると少しづつ大きくなるので早めのケアが必要です。

>>老人性イボを自宅で簡単ケア!改善方法はこちら

自宅で顔イボケアにおすすめの商品

一番お手頃で人気なのは、イボ専用の化粧品を使ったケア。
ハトムギや杏など、イボに効果のある成分を配合した化粧品もたくさんあります。

オイル、ジェル、クリームタイプなど、症状や毎日のスキンケアに合わせて選びましょう。

おすすめケア製品「クリアポロン」

>>【クリアポロン】の詳細を見てみる<<

市販では対応できない目元や首元にも使えるオールインワン

市販のイボケア製品には顔や首などデリケートな部位には使えないものもあります。

クリアポロンは、顔はもちろん、目元や首などのデリケートな部分にも使うことができます。

角質ケアとスキンケアが1つになったオールインワンタイプから、忙しい朝も手軽です。

あんずとハトムギエキスで角質を柔らかく

ハトムギエキスが気になるポツポツの角質を柔らかくし、ポロリと落としてくれます。

さらに、あんずエキスが肌のバリア機能を高め、滑らかに整えます。

プラセンタやヒアルロン酸をはじめとした美容成分を95.8%も配合

クリアポロンは、お肌にうるおいを与えるプラセンタやヒアルロン酸も豊富に配合。

肌に良いさまざまな成分が肌に働き、通常のスキンケアとしても優秀なオールインワン商品です。

【クリアポロン】の公式HPはこちら

本当にクリアポロンはおすすめ?他イボケア商品と比較

本当にクリアポロンが一番おすすめできるのか、価格や成分などを類似商品と比較してみました。

商品名 クリアポロン シルキースワン アプリアージュオイル

>>詳細はこちら

>>詳細はこちら


>>詳細はこちら

定期価格 1,800円(初回)
5,440円(2回目以降)
2,980円(初回)
5,400円(2回目以降)
なし
単品価格 6,800円 10,584円 7,582円
ケア成分 あんずエキス
Wヨクイニン
ダーマヴェール
①角質ジェル
ハトムギオイル、杏子エキス
②保湿クリーム
ハトムギ、杏仁オイル
杏仁オイル
ヨクイニンエキス
内容量 60g 角質ジェル(40ml)
保湿クリーム(20g×2)
40ml

ケア成分はどの商品はそこまで変わらない

イボケアを成分を比較していましたが、どの製品も「ハトムギエキス」と「あんずエキス」です。

イボケアで考えると成分はそこまで大きな違いはありません。

クリアポロンは定期も通常もどちらも安い

比較してみると、クリアポロンは定期初回価格が1,800円とどの商品よりも試しやすい価格です。

また高額になりがちな単品購入もどの商品も安く購入ができおすすめです。

容量もたっぷり!コスパも最高!

クリアポロンは容量も他商品よりもたっぷりあります。

老人性のイボは年齢とともに増えていきます。

今後のケアの事を考えても大容量の製品を選んだ方がお得です♪

>>クリアポロンの詳細はこちら<<

市販はどう?「スピール膏」「イボコロリ」は顔には使えない

「スピール膏」は、殺菌効果の高い「サリチル酸」を配合した絆創膏です。
イボに貼ることで皮膚や角質を柔らかくして、魚の目やイボが取れやすくなります。

しかし、サルチル酸で角質を溶かす強い薬剤なので、顔のイボには使えません。

また、イボの治療薬として有名な塗り薬「イボコロリ」も顔には使えないので要注意。

顔、目の周囲や唇、粘膜、首などの皮膚の柔らかい部分には使用不可、と記載があります。

>>健康的に肌を改善していく、クリアポロンがおすすめ

かゆみ、痛み、腫れがある場合は皮膚科へ

イボにはいくつもの種類があります。
痒い、痛い、腫れが気になる場合は、自宅ケアは控え、受診をおすすめします。

皮膚科や美容外科では、イボの切除や除去といった治療をすることができます。
加齢性かウイルス性のイボかで治療も変わってきますので、しっかりカウンセリングを!

液体窒素

低温の液体窒素をイボに押し当てることで皮膚を壊死させて取り除きます。
痛みを感じることもあり、取りきれない場合、数回の通院が必要な場合もあります。

レーザーで切除

レーザーによる治療は、ウイルス性と加齢性のイボの両方に効果があります。
主に使われるのは「炭酸ガスレーザー」で、イボに直接照射します。
比較的跡が残りにくく、治療後の肌へのダメージも少ないようです。

費用や保険は?

イボを除去する治療は、保険の適用外になる場合があります(特にレーザー)。
何度か通院する場合もあるので、治療費用が高額になることも視野に入れなければなりません。

漢方(ヨクイニン)

「ヨクイニン」というハトムギの実から作る漢方薬が出される場合もあります。
ヨクイニンは、皮膚にたまった老廃物を取り除く効果があるので、イボに効く成分です。
ハトムギ茶やサプリメントもあるので、日常に取り入れてみるのも良いでしょう。

イボを予防しよう

顔は第一印象を決める大事なパーツですから、イボなんてないほうがいいですよね。
ここからは、イボをつくらない、増やさないための予防方法をご紹介します。

清潔を保つ

肌の状態が悪いと、イボはできやすく、できたイボも治りにくくなります。
加齢性のイボもウイルス性のイボも、環境次第では再発しやすいイボです。
メイクはきちんとクレンジングし、常に皮膚を清潔に保ちましょう。

紫外線対策は万全に

紫外線に当たった後、急にイボが増加することがあります。
紫外線を浴びたことによって皮膚のバリアが低下すると、イボはできやすいのです。
日傘、サングラス、服装などで、日頃から紫外線対策をしっかり行いましょう。

ストレスをためない規則正しい生活

免疫力が低下しているとウイルスへの抵抗力が落ち、イボが発症しやすくなります。
身体が疲れている時やストレスを感じている時は、生活習慣を見直してみましょう。
規則正しい生活習慣を心がけることが、顔イボや肌荒れの予防につながります。

自宅ケアで、顔イボのコンプレックスとさよなら!

顔にできると鬱陶しく、人に会うのも億劫になってしまうイボ。
できてしまったら、広がってしまう前になるべく早くケアを始めましょう。

初期段階なら、クリアポロンをはじめとした自宅ケアで治る可能性は充分あります。
治った後も、今回ご紹介した予防を心がけ、顔イボとは完全にサヨナラしましょう!

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー