prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

赤ちゃん肌をGETせよ! ベビーオイルでクレンジングするメリット

赤ちゃんのスキンケア用品として定番のベビーオイル。
ベビーオイルは赤ちゃん専用のアイテムだと思われがちですが、実はわたしたち大人にとっても優れたスキンケア用品なんです。
ベビーオイルを上手に活用して、美肌に近づいてみませんか?

スポンサーリンク

ベビーオイルでクレンジングができるんです!

ベビーオイルというと保湿するものというイメージが強いです。
ベビーオイルの主な原料はミネラルオイルや植物性の天然オイルです。
オイルですので、メイクを落とす作用もあります。

ベビーオイルでクレンジングするメリット2つ

それでは早速、ベビーオイルでクレンジングするメリットをご紹介します。

(1)保湿力が高い

ベビーオイルの原料であるオイルは、水分を逃さないはたらきがあります。
これにより、肌の水分を奪うことなく、メイク汚れを落とすことができるのです。

スポンサーリンク

(2)刺激が少ない

一般的なクレンジング用品には界面活性剤が含まれています。
それにより、肌が刺激を受けて乾燥を促進させてしまいます。
ベビーオイルには界面活性剤が入っていないので、肌への刺激が少なくなっています。

どうやってベビーオイルでクレンジングすればいいの?

保湿力が高く、刺激が少ないベビーオイルクレンジング。
効果をしっかりと引き出すためにも、正しいやり方をご紹介します。

ベビーオイルを数滴、肌になじませる

乾燥肌を刺激しないよう、やさしくマッサージするように、なじませていきましょう。

ティッシュやコットンで、汚れをふき取る

ベビーオイルは水やお湯では綺麗に落としきれません。
そのため、メイクとベビーオイルをなじませたら、ティッシュやコットンで汚れをふき取ります。

ぬるま湯で洗い流す

ティッシュやコットンで落としきれなかったよごれを、ぬるま湯で洗い流します。
ベビーオイルをすべて洗い流すことは難しいので、無理にこすらないようにしましょう。

洗顔料で洗う

最後に、洗顔料を使い、顔を洗います。
このとき、洗顔料にベビーオイルを一滴加えると、さらに乾燥肌をカバーすることができます。
洗顔後の肌のつっぱりをおさえることができるので、おすすめです。

ベビーオイルでクレンジングするときの注意点

ベビーオイルはクレンジング専用のアイテムではないので、洗浄力が低め。
しっかりメイクのマスカラや口紅は落としきれない場合があるので、注意が必要です。

しっかりメイクはベビーオイルとは別に、クレンジングしておくことがおすすめです。

ベビーオイルを使用すれば、肌の乾燥を保護しつつクレンジングすることができます。
また、洗顔後の肌のつっぱりをおさえることができるのも魅力です。

乾燥肌で悩んでいる人は、ぜひ試してみたいスキンケアですね。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

関連記事

最近芸能人の間でも大人気と噂のホットクレンジング。 愛用者が増えていると聞くけど本当にいいものなのかと疑問も。 でも気になるから使ってみたいという人のために、ホットクレンジングを徹底解析! マナラやスキンビルのクレンジン
まつ毛エクステをしているから、キレイにメイクが落とせないと嘆いているあなた。 キレイに落とせてマツエクも守れるクレンジングをお探しではないですか? マツエクを長持ちさせるためにもクレンジング選びは大事なポイントです。 マ
「美白になりたい」というと、だいたいお肌の色を白くしたいと思われがちです。 でも、美白はお肌を白くすることではありません。 美白とは、紫外線の影響でお肌がの色が変わっていくことを予防することなんです。 しかし、それ以外に
「毎日クレンジングも洗顔もしているのに、毛穴のぶつぶつが気になる!どうにかしたい」そんな悩みを抱えている方は、かなり多いようです。 もしかしたら、目立つ毛穴の原因は「クレンジング選び」にあるかもしれません。 クレンジング

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサする…。 化粧ノリも悪くなるし、ひどいと粉がふいてしまったりすることもある乾燥肌。 特に冬場が近くなると乾燥に悩んでいる人もいるでしょう。 乾燥対策として真っ先に思いつくのは「保湿」! 特

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー