prBox_img
スキンケアをしているのに首や顔のポツポツが治らない…自分ではどうしたらいいかわからない、イボのセルフケア方法を伝授!
カサカサなお肌に悩む冬…プルプルの乾燥知らずのお肌になるために見逃せない高保湿クリームをチェック!

アトピー肌の保湿におすすめ!毎日安心して使える保湿化粧品

gahag-0111833949

アトピー肌の方にとって、よい肌状態を維持するために毎日の保湿は必須。
しかし、市販の保湿化粧品から安心して使えるものを選ぶのは難しいものです。
使ってみたらヒリヒリしたり、赤みが出た経験のある方も多いでしょう。

今回は、肌に刺激となる成分を極力含まず、保湿力のある化粧品をご紹介します。
アトピー肌にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

アトピー肌に保湿が重要な理由

現代の日本人の1〜2割が罹患しているといわれているアトピー性皮膚炎。
根本的な原因が解明されていないため、長年悩まされている方がほとんどです。
繰り返す乾燥や炎症、その予防やケアには、毎日の保湿が重要だと言われています。

セラミドの不足により、乾燥しやすい

アトピー肌の角質層には、細胞間脂質セラミドという成分が少ないことがわかっています。
セラミドは肌の水分保持力やバリア機能の大半を担っているといわれています。
そのためアトピー性皮膚炎の肌は、健常な皮膚よりも乾燥しやすいのです。

角質層のバリア力が低下、刺激に弱い

セラミド不足による乾燥を放置していると、肌のバリア機能が低下してきます。
そのため、外部からの刺激や異物の侵入に弱く、炎症やかゆみにつながるのです。
アトピーのお肌は、保湿によってバリア機能をサポートしてあげる必要があります。

掻くことでダメージを受ける

乾燥やかゆみが起きると、我慢もつらく、ついつい掻いてしまいますね。
爪で掻くことがさらなる皮膚への強い刺激になり、赤みや炎症を起こします。
こうしてますます皮膚のバリア力が低下するという、悪循環に陥りがちなのです。

アトピー肌に保湿剤を選ぶポイント

アトピー性皮膚炎の肌は、服を着ていない裸の皮膚、というふうに考えましょう。
炎症がなくても、少しの防腐剤や香料でしみたりヒリヒリすることがあります。
水分と油分がバランス良く含まれ、添加物が入っていないものを選ぶことが重要です。

ドラッグストアで、市販の化粧品のパッケージをよく見てみましょう。
「ビタミンCプラス」「バラのエキスを贅沢に配合」などと記載されています。
肌に良さそうなものをあれもこれもと配合しているものがとても多いのです。

アトピー肌の場合、極力シンプルな成分だけで作られたものを選んでください。
水分を与えて、ふたをして閉じ込め、バリアを作って乾燥や外敵から守る。
これだけできれば十分で、香りや色やおまけ成分は、必要ありません。

アトピー肌におすすめ保湿剤6選!

アトピー肌には、保湿剤で皮膚の表面をしっかりコーティングしてあげましょう。
肌にバリアを作ることで、乾燥を防ぎ、外部からの刺激や異物から肌を守ります。
余計な添加物が入っていない、精製度が高い保湿剤を6つご紹介します。

①セラミド配合化粧水キュレル

セラミドが不足しているアトピー肌には、セラミド化粧水で補うのがおすすめ。
キュレルは花王から販売されている、セラミド配合保湿シリーズです。
乾燥肌に特化して作られているため、しみることはほとんどないようです。

②無印良品のホホバオイル

ホホバオイルとは文字通り、ホホバという多年草から抽出されるオイルです。
人間の皮脂に近い成分といわれ、医療に使われるほど安全な成分からできています。
なかでも無印良品は、不純物が少なく、刺激も少ない優秀なホホバオイルです。

③赤ちゃんでも安心なベビーオイル

赤ちゃんがいるご家庭なら1本はある、おなじみベビーオイル。
肌に刺激がなく酸化しにくいので、アトピー肌の保湿にもぴったりなのです。
日本製のものが不純物が少なく、伸びが良くて保湿力も高いのでおすすめ。

④ロクシタンのシアバター

シアバターとは、アフリカにある「シア」という木の実から抽出される成分。
アフリカの強い紫外線と乾燥から肌を守る、高い保湿力と抗炎症力を持っています。
なかでも人気のロクシタンシアバターは100%天然成分で、髪や爪、全身に使えます。

⑤ユースキンは痒みも抑える

ユースキンはあかぎれやしもやけを保湿するクリームですが、アトピーにも効果的。
グリセリンの保湿力によりバリア機能を高め、かゆみや炎症も抑えます。
保湿だけでなく、炎症を抑える成分が含まれていても大丈夫な方にはおすすめです。

⑥みんなの肌潤糖

みんなの肌潤糖は、砂糖の浸透力と保湿力に着目したアトピー専用保湿化粧品です。
特殊な微粒子に加工したお砂糖とオイル、たったそれだけで作られている製品。
濡れた肌になじませるだけで、全身のカサつき・ゴワゴワ肌にうるおいを与えます。

皮膚科の治療で処方される保湿剤

アトピー肌の場合、皮膚科で定期的に診察を受けている方も多いと思います。
皮膚科では、かゆみや炎症の治療薬のほかに、毎日の保湿ケア用外用薬も処方されます。
アトピー性皮膚炎に処方される主な保湿剤をご紹介します。

ワセリン

ワセリンは、水分を保湿するものではなく、皮膚にバリア膜を作る油分です。
あくまでも入浴やローションなどで水分を補った後の、コーティングには最適です。
ベタついて塗りにくく、塗ったあとは汗腺をふさいでしまい汗をかきにくいのが難点。

プロペド

ワセリンの不純物をさらに取り除いたのがプロペトです。
伸びがよく保湿力も高くて安全なので、赤ちゃんにもよく処方されます。
アトピーが治ったあと、保湿することで再発を予防していきたいときにも最適です。

ヒルドイド

年齢を問わず、アトピー性皮膚炎で最も広く使われる保湿剤がヒルドイドです。
固めのクリーム状の軟膏と、さらりとしたローションタイプがあります。
「ビーソフテン」という薬はヒルドイドのジェネリック版です。

ヘパリン類似物質とは

ヒルドイドやビーソフテンは「ヘパリン類似物質」と呼ばれることがあります。
ヘパリンは人の体内に存在し、血液を流れやすくし、水分を取り込む働きがあります。
そのヘパリンに近い成分の物質という意味で、血行促進・保湿力に優れています。

正しい保湿剤の塗り方

自分に合った保湿剤を見つけても、使い方が間違っていては効果がありません。
また、保湿剤に入っている水分と油分の分量によって、使用感も異なります。
アトピー肌に適した、タイミングや塗り方を覚えておきましょう。

タイミングはお風呂上がりがベスト

保湿剤でコーティングするタイミングは、肌が水分で潤っている時がベストです。
また、塗る部位も塗る手先も清潔なので、入浴後が最適なタイミングといえます。
入浴後どんどん乾燥が進むので、なるべく時間をおかずに保湿するのがポイント。

顔とボディでケアを変える

効果が高くても、テカリやベタつきが気になるといった保湿剤もあります。
顔には、べたべたしないさらりとした使用感のものを使いましょう。
塗る部位や炎症の程度によって、保湿剤を使い分けることも必要です。

ボディの場合は広範囲に塗ることが多いので、伸びがいいものが使いやすいです。
さらっとなじんでベタつかない保湿剤ならば、すぐに服を着ることができます。
また、髪があって塗りにくい頭皮には、ローション系のものがおすすめです。

頻度はどれくらい?

水分を保持する力が弱いアトピー肌には、できるだけ頻繁に保湿したいところです。
しかし頻繁な塗布は難しいですので、せめて朝晩の2回は保湿に専念しましょう。
メイクや外気に触れる前の朝と、1日の汚れを清潔にした入浴後が最適です。

皮膚が薄い目の周りも保護しよう

目の周囲は赤みやかゆみが出やすく、こすってしまうことで悪化しやすい場所です。
悪化しやすいにもかかわらず、皮膚が薄いこともあり、ケアを怠りがちです。
しみない、浸透しやすい保湿剤を指でやさしく塗りましょう。

保湿剤を使用するときの注意

アトピー性皮膚炎の肌には、とにかく刺激がないものを選ぶのが第一です。
そのうえで、かゆみや炎症の進行具合をよく観察しながら使いましょう。

炎症があるときは慎重に

赤みや炎症が起きているときは、皮膚はとてもデリケートな状態です。
普段使って大丈夫だった化粧品でも、刺激になって炎症が悪化することがあります。
新しい保湿製品にチェンジする時は、なるべく肌状態が良いときにしましょう。

悪化したら一旦やめる

市販の保湿剤を使ってみて、アトピーの症状が悪化した場合は、使用をやめましょう。
使用の前に一旦パッチテストを行ったり、試供品でテストするのもおすすめの方法です。
心配なときは製品を持参して、皮膚科の先生に相談してみてください。

乾燥の冬も日差しの夏も、適切な保湿剤で快適に!

保湿剤はあくまでも、乾燥対策や弱い肌を刺激から保護する役目です。
アトピー性皮膚炎を治せる方法ではありません。
しかし、悪化を予防したり、肌の水分量をキープすることは大いに可能です。

冬は乾燥、夏は紫外線と、外にはアトピー肌によくない刺激がいっぱい。
自分に合った保湿剤を見つけて上手にスキンケアし、1年中快適に過ごしましょう!

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

スポンサーリンク

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

1回で効果が出る美顔脱毛のHPを見てみる 1回で効果がわかる!キレイになれちゃう美顔脱毛とは ディオーネの脱毛サロンで人気の「美顔脱毛」。 “顔にジェルを塗って、脱毛の光を当てる”という、ごくごく
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー