prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

頭ニキビ徹底ケア!美しい髪と頭皮を守るために必要な8つのこと

ブラシで髪をとかしていると、突然チクッと刺すような痛み。
気になるところを見てみたら、頭皮にポツンと赤いニキビができていたことはありませんか。

「できやすい体質だから」「勝手に治るから」…。
その考え方は赤信号。
原因を突き止めてケアしないと、抜け毛や薄毛といった問題に発展してしまうかもしれません。

いつまでも美しい髪と頭皮を守るため、頭ニキビについて調べてみましょう。

スポンサーリンク

あなたの頭ニキビはどのタイプ?

頭ニキビにも種類があります。
ひとつは生活習慣や食生活が原因となっているニキビ。
もうひとつは頭皮が皮膚炎を起こしているニキビです。

痛みや治りが遅いなど、何か気になることがあれば、大きな炎症をおこしているのかも。
見た目で判断せず、まずは皮膚科への相談をおすすめします。
正しく薬を処方することで、宿敵ニキビを治療できるかもしれませんよ。

生活習慣や食生活が原因のニキビであれば、できることはとっても簡単。
けれども解決方法の前に、まずは「頭ニキビがどうしてできてしまうのか」についてお伝えしますね。

皮脂のたまりやすい場所、それが頭皮

皮脂というのは、フェイスケアにとって大きな課題。
とくに小鼻のまわりやTゾーンというのは皮脂の分泌が盛んです。
テカリや毛穴の開きにお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

じつはそういった顔のポイントよりも、頭皮の方が皮脂が多いことをご存知でしたか?

頭は体のパーツの中でも毛穴が多い場所。
毛穴が多いということは、その分皮脂の分泌が多いということに繋がります。
ですから頭ニキビの場合、頭皮ケアが不可欠なのです。

頭ニキビの原因

それでは、頭ニキビの原因について詳しく調べていきましょう。
思い当たる点があったなら、それが頭ニキビの打開策となるかも?

皮脂の詰まり

何度も繰り返してしまいますが、大きな理由として考えられるのが皮脂の問題です。
環境の変化や外気、ホルモンバランスの乱れといった要因が皮脂の過剰分泌に繋がっているかもしれません。

また、頭皮は髪が生えているため、洗えているようで意外と洗えていません。
洗い残しの皮脂が毛穴に詰まると、肌トラブルの原因に。

さらに洗髪時のすすぎが足りなければ、シャンプーやリンスが頭皮に付着したままになってしまいます。
結果、残った成分が肌に炎症を起こしているということも考えられますよ。

ヘアワックスの残留にご用心!

髪をセットするために、ワックスやスプレーを使いますよね。
最近はキープ力に優れたワックスが多くありますが、その分洗い落すのも難しいのです。
頭皮に残ったままのワックスが、毛穴の詰まりや炎症の引き金になっているかもしれません。

頭皮の乾燥

フェイスケアの基本は「うるおい」だと言いますよね。
同じように頭皮にとっても乾燥は天敵です。

髪を1日に何度も洗ってはいませんか。
長時間のドライヤー、はたまた髪を濡れたままにしてはしていませんか。
もし風呂あがりに頭皮がつっぱる感覚があったなら、洗浄成分が強すぎている可能性も考えましょう。

紫外線によるダメージ

目に見えないところにも落とし穴は潜んでいます。
その正体は紫外線。
夏場だけでなく、冬も紫外線が降り注いでいることはご存知ですか?

日焼けした肌がカサつくように、紫外線を浴びると頭皮も乾燥しやすくなります。
そして乾燥した肌は刺激に弱く、ちょっとしたことでトラブルに結びついてしまうのです。

汗が雑菌の温床に

汗は体内の栄養を含んでいます。
そのままにしておくと雑菌はどんどん増えて、頭ニキビや頭皮のニオイの原因に。
頭皮や髪にとって、雑菌が多くある環境は喜ばしくありませんよね。

ストレスによる心と体の乱れ

ストレスと密接に関わっているのがホルモンバランス。
疲れているときに限って化粧のノリが悪い、という経験はありませんか。
これもホルモンバランスの乱れのひとつ。

体はとてもデリケートで、過度なストレスを受けるとターンオーバーが乱れたり、体内に毒素をため込んでしまうことがあります。
こういった要因が重なって、肌トラブルを引き起こしているのかもしれません。

食生活の偏り

飲み会、パーティー。
楽しいイベントには、揚げ物やケーキ、スナック菓子が欠かせませんよね。
食べやすく美味しいので、あるとつい手が進んでしまいます。

けれども食べ過ぎると、皮脂の分泌が多くなる結果に。
栄養バランスも偏ってしまい、体全体の乱れにも繋がります。

枕に潜む大量の汚れ

睡眠時にも危険が潜んでいます。
人は寝ている間も汗をかきますよね。
その汗をシーツや枕は毎日吸収しているのです。

汗や湿気はそう、雑菌の大好物。
もしも濡れた髪で寝てしまった日には、大切な髪と枕が…。

頭ニキビをケアするために

コレだ!という原因は見つかりましたか?あとは頭ニキビにアプローチするのみ。
悩みのポイントを押さえたら、健やかな頭皮は目前です。

気になっても触るのはNG

ニキビができていると、つい気になって触ったり、潰そうとしたりしていませんか。
ムズムズと触りたくなったとしても、そこはグッとこらえて!

スマートフォンやドアを直接触る手には、非常に多くの雑菌が潜んでいるのです。
触ることで雑菌がニキビに入り込み、もっと大きな炎症を起こしてしまうことがありますよ。

スタイリングもストップ、頭皮に休息を

スタイリング剤の刺激は、デリケートな皮膚をさらに窮地に立たせてしまうことに。
痛み、かゆみ、さらには炎症など、悩みが深くなる前に頭皮を休ませてあげましょう。

皮脂はスッキリ頭皮しっとり。クリーンを目指す洗髪を

皮脂の詰まりや乾燥で悩まないため、まずはシャンプーの意識を変えてみましょう。
健やかな髪と頭皮を手に入れる、とっておきのポイントをお伝えしますね。

1)お風呂に入る前にブラッシング

ブラッシングをすることで、髪の汚れをある程度取り除くことができます。
また、髪の指通りがなめらかになれば、お湯やシャンプーをスムーズに地肌へ届けられますよ。

2)お湯の温度は「ひと肌」程度

不要な皮脂を流すなら、お湯の温度は「ややぬるい」と感じる程度がおすすめ。
熱すぎると必要な皮脂まで流れてしまい、冷たければ皮膚が緊張してしまいます。

3)シャンプー前、髪を濡らす時間を念入りに

髪を濡らすとすぐにシャンプーを使いたくなりますよね。
けれどもストップ!
頭皮の汚れを洗い落とすつもりで、たっぷりと洗い流しましょう。

爪をたてたり、強く洗いすぎるのはNGです。
指の腹と手のひらを使い、優しく洗ってくださいね。

4)シャンプーとリンスはマイルドなものを

頭ニキビのできてしまった肌はデリケート。
洗浄成分のマイルドなシャンプーとリンスを選ぶことで、肌への刺激を抑えられますよ。
必要な皮脂を残すことで、洗い過ぎの乾燥対策にも。

5)たっぷりの時間をかけて洗い流して

シャンプーとリンス後は、洗い残しがないよう隅々まですすぎましょう。
生え際、耳の裏はとくに洗い損ねてしまいがちなので、意識してすすぐのを忘れずに。
少なくとも1分以上は、じっくりと洗い流してくださいね。

6)入念に乾かしフィニッシュ

仕上げのドライはケアでもっとも差がつくところ。
タオルドライとドライヤーを駆使して、皮脂や雑菌に負けない頭皮環境へ導きましょう。

タオルドライ編

洗髪後、髪を濡らしたままでいるのは頭皮にも髪にも良くありません。
まずは不要な水分をタオルで拭き取りましょう。
充分にタオルドライをすることで、ドライヤーを使う時間を短縮できます。

とはいえ、早く乾かすためにゴシゴシとこすらないようご注意を。
頭皮と髪にとって摩擦は大敵なのです。
タオルでマッサージする感覚で、優しく拭うイメージを心がけましょう。

ドライヤー編

さて、タオルドライで水分を拭えたら、ドライヤーで仕上げです。
「熱で乾かす」というよりも、「風で水を飛ばす」ことが大切。
多めの風量ですばやく髪を乾かしましょう。

ドライヤーの注意点は、熱を当てすぎないこと。
熱はそれだけで頭皮と髪のダメージとなる原因です。
一ヶ所に熱が集中しないよう、根元から毛先へ、上部から下部への動きを意識してください。

紫外線は帽子でブロック

外出の際に帽子をかぶるだけで、上空から降り注ぐ紫外線のダメージをカットできます。
紫外線は目に見えないからこそ、オールシーズンのケアが大切。
カラフルな日傘や帽子はファッションアイテムとしても取り入れられるので、いくつかローテーションさせても楽しいですね。

汗はこまめに拭きとる習慣を

夏は太陽の暑さ、冬は強い暖房によって、じんわりと汗をかいてしまうことはありませんか。
髪の生え際、首の後ろといったポイントは、汗が溜まりやすい場所でもあります。
汗をこまめに拭うことで、汚れやニオイのシャットアウトも期待できますよ。

ストレス発散!心ハツラツ、体にとってもイイコトづくめ

オフの時間はストレス発散の大チャンス。
美味しい食べ物を食べたり、大好きな音楽を聴いたり。
大自然の美しい風景を楽しむことも、ストレス解消にピッタリです。

「まだ頑張れる」という考えは、もしかしたら無理をしている証拠かも?
足を止めてプライベートを満喫し、心と体のバランスを整えましょう。

たっぷりの睡眠でリラックス

睡眠不足はストレスの大きな原因です。
睡眠中は成長ホルモンが活発に働く大事な時間。
7~8時間の睡眠を意識することで、理想的な眠りを体験できます。

よく寝たあとは体がスッキリしたように感じられるはず。
この感覚がストレス、しいては頭ニキビまでケアするカギとなるのです。

栄養バランスのとれた食生活を

1日3食規則正しい食事をとることで、体内のケアが叶います。
野菜をたっぷり食べて、油ものを控えめにすれば、過剰な皮脂も落ち着きを取り戻すことでしょう。
昔ながらの和食は、日本人の体にピッタリですよ。

衣類と一緒に枕カバーもお洗濯

最後に枕カバーを洗ったのはいつでしょう?
ギクッとされた方は要注意。
枕が汚れてしまっているかもしれません。

これからは衣類と同じように、枕カバーのお洗濯を習慣づけてみませんか。
枕カバーのお洗濯が難しい方は、枕にタオルを巻いてみましょう。
頭が直接枕に触れてしまうのを防ぐことができますよ。

ヘアケアから頭皮のスキンケアケアという発想へ

顔や体のケアに比べて、頭皮のケアはおろそかになってしまいがち。
しかし顔と頭は1枚の皮でできており、悩みの原因も似たところにあるのです。

頭ニキビのケアに力を入れたなら、気が付いたときには肌も髪も健やかに導かれているはず。
「悩み」を「意識の変化」に変えて、誰もが憧れるような美しさを手に入れましょう。

■参考文献
・スキンケア大学:頭皮にできるニキビの原因とは?
・スキンケア大学:頭皮ニキビのケアと予防方法
・ニキビLabo:【頭皮ニキビの原因&治し方】皮膚科医がわかりやすく解説

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー