prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

「無添加シャンプーって何?どれを選ぶの?」ポイント解説&おすすめ商品紹介も

こちらのページをご覧になっているあなたはきっと、”シャンプー ジプシー”ではないですか?
ベタベタの髪、フケ、肌荒れ…。
毎日しっかり洗っているはずなのに、髪と頭皮が応えてくれない。
美しい髪を求めるほど、シャンプーと相性が合わない時のガッカリ感といったらたまりませんよね。

ドラッグストアを見渡せば、たくさんのシャンプーが目に飛び込んできます。
しかし、いったいどれを選べばよいのでしょう。
そして肌に優しいイメージの「無添加シャンプー」とは、どういったものなのでしょう。

ご安心ください。
脱ジプシーをかなえるため、デリケートな肌をいたわるシャンプー選びを詳しくご紹介いたします。

たくさんフリーと書いてあるのに!…相性が合わないのはなぜ?

髪と頭皮に悩んでいると、ひときわ目に飛び込んでくる”無添加”の文字。
「○○を使用していません」「○○フリー」という文言にひかれて選んだのに、使ってみたらまたもガッカリ…。
そんな経験はありませんか?

もちろんフリーの成分が多くあれば、それだけ丁寧に作られたシャンプーだと思われます。
しかし重要なのは、”どの成分があなたの肌と合っているのか”という点です。

「せっかく無添加のシャンプーを使ったのに…」と、どうか落胆しないでください。

使っているシャンプーにどんな成分が使われているのか。
どれが刺激になっているのか。
合わない理由は、フリーにされていない成分にあるのかもしれませんよ。

もし刺激を感じたなら、そのシャンプーとは異なる成分を配合しているシャンプーへ。
中身を見極め、髪や頭皮と相談することが美しい仕上がりにつながるのです。

無添加シャンプーが「無添加ではない」理由

さて、さきほど少し触れた、「肌に合う成分はどれなのか」というポイント。
なんだか不思議に感じられませんか?

「無添加シャンプーなのだから、全部”添加物”を使っていないのでしょう?」
そのように思いがちですが、答えはNO。
「無添加シャンプー」といっても、無添加にしている成分はシャンプーによってさまざまなのです。

「無添加シャンプー」の定義について

2016年12月現在、「無添加シャンプー」とするうえで、具体的に「何」を無添加にすべきという明確なルールは定まっておらず、法律などもありません。

あるメーカーの製品は「合成香料」を使っていないから。
また、あるメーカーの製品は「旧表示成分(※)」を使っていないから。

方向性の異なるこれら2つの製品は、どちらも「無添加シャンプー」といえます。

※旧表示成分
「肌にトラブルを起こす可能性がある」として、1980年に表示が義務付けられた102種類の成分。旧厚生省指定。

まずは「成分」チェックから

ですからシャンプー選びの際には「何を無添加なのか」の確認がキーワードとなってきます。

可愛らしいパッケージのもの、華やかな香りが特徴のもの。
これらは視覚や嗅覚によって真っ先にわかる特徴です。

思わず手を伸ばしてしまいたくなりますが、その手に待った!

カゴの中に入れる前に、ボトルをくるっと裏返してみましょう。
商品名と並んで「成分表」がありませんか?
詳しく並んでいる一つひとつの成分が、仕上がりを決める道しるべです。

それでは、ここからはポイントとなる「成分の特徴」について詳しくご紹介しますね。

成分で異なる洗い心地

シャンプーの洗い心地は、配合されている成分で左右されます。
あなたと相性がぴったりのシャンプーをチョイスするため、お手持ちのシャンプーがどのジャンルに属するのかを調べてみましょう。

「ラウリル硫酸ナトリウム」などが主成分

市販されているシャンプーの中でもメジャーな種類がこちら。
高級アルコール系シャンプーと呼ばれるもので、洗浄成分のメインに「ラウリル硫酸ナトリウム」を配合しています。
特徴はなんといっても洗浄力の高さ。
香り立ちもよく、ヘアコロンに負けないほどの香りを誇るものもありますよ。
低コストなため入手しやすいという点も、毎日使うものだからこそ見逃せないポイントです。

「ココイルグルタミン酸」などが主成分

「ココイルグルタミン酸」など、アミノ酸系界面活性剤を洗浄成分としているシャンプーはこちら。
アミノ酸系シャンプーと呼ばれ、親しまれています。
髪や頭皮への刺激が少ないと言われ、近年よくその名前を目にするようになってきましたね。
低刺激といわれる理由は、人体の素となるタンパク質がアミノ酸で構成されているから。
マイルドな洗浄力でやさしく洗い流すため、保湿を考える方にもおすすめのアイテムです。

「石けん素地」「石けん分」「脂肪酸ナトリウム」「脂肪酸カリウム」が主成分

石鹸をベースとしたシャンプーはこちらのジャンル。
石鹸シャンプーと呼ばれていますね。
固形の石鹸だけでなく、泡立てやすく扱いやすい液体タイプのものもあります。
石鹸ならではの、さっぱりとした洗い心地が特徴です。
シャンプーで髪が弱アルカリに傾くので、シャンプー後は専用リンスやお酢を使い、弱酸性に中和する使い方が基本となります。

よくある間違い!無添加≠ノンシリコン・ボタニカル・オーガニック

ノンシリコンシャンプー。
ボタニカルシャンプー。
オーガニックシャンプー。

無添加のシャンプーを探していると、きっと出会うこれらの商品。

「ノンシリコンということは無添加?」
「植物由来だから無添加?」
それはちょっとだけ違います。

1つずつ、違いについて見ていきましょう。

ノンシリコンシャンプー

シリコンというと、弾力のある固形のものを想像されませんか。
ここで言われているシリコンというのも、まさにあのシリコンのこと。
シリコンは加工方法によって、オイルのようにすることができるのです。

では、なぜシリコンをシャンプーに入れるのかというと、洗い上がりを滑らかにするため。
洗浄力の高いシャンプーは、そのままだとギシギシしてしまいます。
そのギシギシを解消するのがシリコンの役目。
シリコンで髪をコーティングすることにより洗髪しやすく整え、仕上げもツヤやかに導きます。

ノンシリコンシャンプーは上記の方法とは趣向を変えて、あえてシリコンを配合しなかったっもの。
コーティングを除去することで、まっさらな仕上がりに導いてくれるシャンプーです。
シリコンフリーによるふわりと軽やかな洗い上がりが、こちらの大きな特徴ですね。

ボタニカルシャンプー

ボタニカルとは植物のこと。
ですからボタニカルシャンプーは「植物由来の成分を配合している」ということを指します。
野生栽培の植物原料を使用しているものが、こちらに属することもありますね。
コスメ以外でも、ファッションアイテムやインテリアで「ボタニカル柄」と記されているのを見たことがありますでしょうか。
この場合、アイテムには植物の柄が描かれているはずですよ。

オーガニックシャンプー

オーガニックとは有機栽培のこと。
つまりオーガニックハーブやオーガニック野菜は、化学肥料や化学農薬を使用しないで生産された植物ということになります。
そして、オーガニック原料の植物を成分として加えたシャンプーがオーガニックシャンプーです。
商品にオーガニックを冠するための基準は厳しく、多くの規定をクリアしていることが求められます。

無添加かつノンシリコン・ボタニカル・オーガニックもあります!

ノンシリコン・ボタニカル・オーガニックの違い、いかがでしたでしょうか。

これらは特徴の1つであって、無添加ではないのです。
もちろん、それぞれの特徴を持ち、さらに無添加としているシャンプーもありますよ。

シンプルな成分でピックアップ!おすすめ「無添加シャンプー」3選

それでは以上をふまえて、おすすめの「無添加シャンプー」をご紹介します。
ピックアップしているのは、「無添加シャンプー」の中でも成分がシンプルにまとめられているシャンプーの一部です。
たくさんあってどれを選べばいいのかわからない、という方もぜひ参考にしてくださいね。

カウブランド無添加シャンプー

カウブランド無添加シャンプーは、身近で目にする機会の多い「無添加シャンプー」の1つではないでしょうか。
洗浄成分には「コカミドプロピルベタイン」「ココイルグルタミン酸2Na」「スルホコハク酸ラウレス2Na」などが主に使用されています。
「ココイルグルタミン酸」はアミノ酸系洗浄成分ですね。
もしご自宅から近いお店で取り扱っていればリピートしやすく、「無添加シャンプー」デビューの候補にしたい商品の1つです。

着色料・香料・防腐剤・品質安定剤 無添加
※皮膚アレルギーテスト済み
(全ての方にアレルギーが起こらないということではありません。)

成分:水、DPG、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、スルホコハク酸ラウレス2Na、グリセリン、セテアレス-60ミリスチルグリコール、トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン、ココイルグルタミン酸Na、PCA-Na、コハク酸ジエトキシエチル、ポリクオタニウム-10、クエン酸

ポンプ付き 550mL メーカー希望小売価格:1,080円(税込)
詰替用 400mL メーカー希望小売価格:648円(税込)

エスケー せっけんシャンプー

大正7年創業。自然派石鹸のパイオニア、エスケーが贈る石鹸シャンプーです。
「人へのやさしさは地球へのやさしさから」というコンセプトを掲げているとおり、使用されている成分もピュアそのもの。
理想の洗い上がりに合わせて選べる2種展開も嬉しいですね。
成分にこだわり、ナチュラルな仕上がりを求める方におすすめですよ。

うるおいシリーズ(無香料)

無添加・無香料
成分:水、カリ石ケン素地、グリセリン、クエン酸K

容量 500mL メーカー希望小売価格:1,080円(税込)
詰替用 450mL メーカー希望小売価格:756円(税込)

しっとりシリーズ(香料)

無添加
成分:水、カリ石ケン素地、クエン酸K、エタノール、グリセリン、香料

容量 500mL メーカー希望小売価格:972円(税込)
詰替用 450mL メーカー希望小売価格:648円

WELINA ORGANIC COSMETICS フランキスシャンプー(艶髪・頭皮ケア)

「植物の力で最大の体感を引き出し、素肌力アップに貢献」
「シンプルな処方で、防腐殺菌作用などの成分を排除」
「防腐剤フリーで理想的なはだっ環境をキープし、肌をサポート」

それがWELINA ORGANICの基本理念です。

植物由来成分を100%使用し、同時に豊かな泡立ちを実現しています。
豊富な植物が生み出す甘い香りにうっとりしてしまいそう。

鉱物油、パラベン、シリコン、合成ポリマー、動物性原料、合成着色料合成香料、石油系合成界面活性剤、防腐剤、酸化防止剤、フェノキシエタノール、アルコール、エタノール類を一切不使用
成分:水(ハワイアン海洋深層水由来)、ココイルメチルタウリンNa、コカミドDEA、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドプロピルベタイン、セテアレス-60ミリスチルグリコール、ゼラニウム油、ポリクオタニウム-10、ニュウコウジュ油、メラレウカエリシホリア葉油、イタリアイトスギ葉/実/茎油、カラメル、ベルガモット果実油(ベルガプテンフリー)、イランイラン花油、ククイナッツ油、カンゾウ根エキス、アロエベラ液汁末、ローズウッド油、マンダリンオレンジ果皮油、マカデミアナッツ油、塩化Na、サンショウ果実エキス、スイカズラ花エキス、プルサチラコレアナエキス、グレープフルーツ種子エキス

容量 275mL メーカー希望小売価格:2,376円(税込)

デリケートな髪と頭皮へ。いたわりのシャンプー テクニック

お気に入りのシャンプーを選んだら、洗い方にも一工夫。
デリケートな肌へ贈る、やさしい洗髪方法をご案内します。
合言葉は「丁寧に」。
ポイントをおさえて、「無添加シャンプー」の洗い上がりを体験しましょう!

1)洗髪前にブラッシング

髪の毛を洗おうと思ったときは、お風呂に直行せず、まずは念入りにブラッシングを。
ブラッシングすることで、不要な汚れをある程度落とすことができますよ。
また、絡まりをといておくことは、洗髪中のヘアダメージ軽減にも役立ちます。

2)たっぷりのお湯で頭皮まで

ブラッシングを終えたら、いざお風呂へ。
シャワーをONにしたあとは、髪に指をとおして頭皮まで十分に濡らしましょう。

ポイント

お湯の温度が熱すぎないよう気をつけてくださいね。
熱いお湯は頭皮の刺激になるだけでなく、必要な皮脂まで洗い流してしまうかもしれません。

3)シャンプーをモコモコに泡立てましょう

シャンプーの泡は汚れを包み込むだけでなく、髪同士がこすれてしまうのを防ぐクッションの役割も果たします。
手のひらでなじませたり、スポンジを使用したりして、きめ細やかに泡立てましょう。

ポイント

忙しい時間にじっくり泡立てるのは大変ですよね。
そんなとき、プッシュするだけで泡状にしてくれるポンプがあると時間を短縮できますよ。

4)指の腹でマッサージするような洗髪を

髪だけでなく頭皮の奥からマッサージする動きを心がけることで、スッキリと汚れを洗えます。
生え際、耳の後ろ、襟足などは洗い残してしまいがち。
頭全体を意識して、まんべんなく洗いましょう。

ポイント

爪をたてたり、強くこする洗い方はNG。
手のひら、指の腹といった、やわらかな部分でいたわるように洗ってくださいね。

5)すすぎはじっくり丁寧に

すすぐ際も、頭皮にシャンプー残しがないよう意識します。
お湯が頭皮全体に行きわたるよう、髪をかきあげるようにしてすすいでください。
洗う時と同じように、生え際、耳の後ろ、襟足は念入りに。

ポイント

髪が絡まってしまう方は、髪の流れにそってすすぎましょう。
しなやかな水の流れを作ることで、絡まりにくくできますよ。

痛み、かゆみは皮膚科に相談を

マイルドなシャンプーは、デリケートに傾いた肌をサポートしてくれます。
ですが、もし痛みや荒れ、炎症が見られる場合は、自己判断せず皮膚科への相談をおすすめします。
薬の処方や、正しいアドバイスを受けることで、悩みを解決できるかもしれません。

また、アレルギーの原因がわかれば、今後のシャンプー選びがよりスムーズになりますよ。

楽しく選んで手に入れる、充実のシャンプーライフ!

いかがでしたか。
シャンプーに用いられている成分の違いだけでも、製品に込められた思いが感じ取れますよね。

オーガニックシャンプーやノンシリコンシャンプーなど、たくさんのシャンプーがある今、「無添加シャンプー」も手に取りたい選択肢の1つです。

毎日のバスタイムをもっと楽しく快適な時間に。
あなたの髪と頭皮のための、とっておきのパートナーを選んでみてくださいね。

■参考文献
無添加シャンプーは本当に髪や地肌にやさしい?(スキンケア大学)
高級アルコール系シャンプーはダメ?(ヘッドスパ 頭美人)
どんな種類があるの?(石けん百貨)
ボタニカルとオーガニックの違い(ヘッドスパ 頭美人 )
頭皮に良い正しいシャンプーの仕方(スキンケア大学)

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

スポンサーリンク

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー