prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

失敗しない!ノンシリコンシャンプー選びのポイント&おすすめ商品紹介

ヘアケア業界に彗星のごとく登場し、一躍話題となったノンシリコンシャンプー。
じつのところ、ノンシリコンシャンプーが現れるまで「シャンプーにシリコンが入っている」ということはあまり知られていませんでしたね。

さて、ノンシリコンシャンプーの購入を検討されている方は、きっと肌への刺激がマイルドであることを期待されていることでしょう。

髪を洗う時間というのは日常生活を送るうえで欠かせません。
だからこそ納得の仕上がりを手にして、有意義な時間としたいですよね。

そのためにはノンシリコンシャンプーの特徴を知っておくことが大切です。
こちらの記事では「ノンシリコンシャンプーを使いたい髪質」「選ぶポイント」「おすすめ商品」などをまとめてご紹介していきます。

ボリューム感がほしいあなたにノンシリコンシャンプー

img_7749
似合うメイクや髪の色が人によって異なるように、シャンプーも合う・合わないの指針があります。
見極めるポイントは髪質。
「使ってよかった」と感じるために、下記の項目と髪質を比べてみましょう。

  • 髪の毛が柔らかい(猫毛)
  • 髪の毛の量が少なめ
  • パーマ、カラーを頻繁にする

当てはまる項目が多い方ほど、ノンシリコンシャンプーがおすすめです。
あまり当てはまらないのであれば、シリコンシャンプーを選んだ方がいいのかも?
理由はシャンプーそれぞれの特徴にあります。

洗い上がりで見るシャンプーの特徴

シリコンシャンプーで洗うと髪がコーティングされ、指通りはしなやかに、かつ洗い上がりはしっとりとします。
反対にノンシリコンシャンプーはシリコンを加えていないので、洗い上がりはさっぱりと軽やか。
ここがシリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの大きな違いです。

髪の毛のやわらかい方やボリュームの少な目な方は、シリコンシャンプーだと仕上がりがぺったりとしてしまいがち。
そんなときノンシリコンシャンプーを試してみることで、ふんわりとした仕上がりが叶うかもしれません。

なぜシャンプーにシリコンを入れるの?

シリコンというと、食器やスマートフォンのケースとして用いられているゴムのような材質が一般的。
あのシリコンがシャンプーに入っているなんて、ちょっと信じられませんよね。

それが入ってしまうのです。

シリコンは加工法により、オイル状に変化します。
そしてオイル状のシリコンを配合しているシャンプーが、シリコンシャンプーと呼ばれます。

では、なぜシャンプーにシリコンを入れるのでしょうか。
答えは髪をなめらかにして摩擦から守るため。
オイル状のシリコンが髪の表面をコーティングすることで、ヴェールの役割を果たすのです。

ノンシリコンシャンプーはその名の通り、シリコンを加えていないシャンプーです。
ですから洗い上がりはまっさらなまま。
軽やかな洗い上がりの理由はここなのです。

気を付けたいポイントは?

ノンシリコンシャンプーの良い点をお伝えしてきましたが、正しく選ぶためにもデメリットを把握しておきましょう。

1つ目は、シリコンを加えたシャンプーと異なり、コーティング力が弱いのできしみやすいという点。
2つ目は洗い上がりの手触りがよくない場合が多いという点です。

シリコンのように髪をカバーする成分が少ないことが、こういったデメリットの要因ですね。
人によってはシャワーで流し終わったタイミングから「あれ?」っと仕上がりの違いを感じられることも。
なれるまではこの変化に戸惑われてしまうかもしれません。

「シリコンが頭皮に悪い」根拠はあるの?

「シリコンシャンプーは頭皮に悪い」
「ノンシリコンシャンプーは頭皮に良い」

シャンプー選びのポイントとして、このような話を聞いたことはありませんか?
この方程式が本当に正しいのかといえば意見が分かれるところです。

シリコンシャンプー、ノンシリコンシャンプーを問わず、頭皮に洗い残しがあれば炎症を起こすことがあります。
そして洗い残しがないようしっかり洗髪するのであれば、どちらのシャンプーを使っても頭皮はクリーンに保たれます。

また、”シリコンが人体に悪影響を及ぼす”という話もありますが、手術などで体内に無理やり入れた場合を除き、害はほとんどないと言われています。
それよりもシリコンを避けようとして、シリコン以外に有害な成分が入っているものを選んでしまってはたまりませんよね。

ですから選ぶ際には、洗い上がりと成分が重視するポイントとなってくるのです。

注目!「アミノ酸系シャンプー」&「オイルシャンプー」

89da802643da991513dba8baaade8982_s
きしみやすいと言われているノンシリコンシャンプー。
そのデメリットを解消すべく、さまざまなメーカーが知恵を絞って商品を開発しています。
その中で今回注目したのは「アミノ酸系シャンプー」と「オイルシャンプー」。
これらは洗浄力のマイルドなものが多く、保湿力も備えています。

アミノ酸系シャンプー

ココイルグルタミン酸、ヤシ油脂肪酸、ココイルアラニンなどが洗浄成分の主剤となっていればアミノ酸系シャンプーです。
アミノ酸系シャンプーはマイルドな洗浄力が特徴で、皮脂を除きすぎないという特徴があります。
ちなみに美容室で使われているシャンプーもアミノ酸系シャンプーが多いのだとか。

美容液と見紛うほどの美容成分が配合されているものも多く、一つひとつにメーカーそれぞれの個性があります。
敏感肌、乾燥肌でお悩みの方にお試しいただきたいシャンプーですね。

オイルシャンプー

シリコンの代用としてオイルを配合したシャンプーがこちらです。
メイクをオイルクレンジングで落とす方法はご存じですか?
同じように頭皮の汚れをオイルが吸着し、さらに保湿までサポートしてくれるシャンプーです。

アルガンオイル、ホホバオイル、椿油など植物由来の成分を配合しているものが多いですね。
中にはオーガニック植物を使用したものもあります。

また、ほとんどの場合はオイルと一緒に植物エキスを加えており、ワンプッシュすれば豊かな香りが広がることも。
オイルのうるおいはダメージケアも担うので、髪のパサつきでお悩みの方におすすめです。

界面活性剤は気にしたほうが良いの?

ノンシリコンシャンプーの登場によって、界面活性剤についての話題も頻繁に聞かれるようになりました。
アミノ酸系シャンプーではココイルグルタミン酸、ヤシ油脂肪酸などにあげられている洗浄成分が界面活性剤と呼ばれるもの。
これらがどういった成分なのかによって、洗髪後の仕上がりが変わります。

たとえば、アミノ酸系シャンプーの洗い心地がマイルドな理由は、汚れを落としすぎない洗浄成分を使っているため。
反対にしっかりと汚れを落とすのは、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸アンモニウムなどを主成分としているシャンプーです。

ノンシリコンシャンプーの場合、髪のコーティング力が落ちるので、洗浄力は控えめが良いと言われています。
しかしアミノ酸系シャンプーでべたつく感覚があったなら、洗浄力が足りていない可能性も。
髪と地肌の様子をチェックして、目的に応じた洗浄成分を選んでみてくださいね。

おすすめノンシリコンシャンプー

nature-sunset-person-woman
それでは「アミノ酸系シャンプー」と「オイルシャンプー」の中からおすすめをご紹介いたします。
注目のポイントはズバリ「成分がシンプルであること」です。
髪や頭皮にお悩みの方、そしてシャンプー選びにお悩みの方も、ぜひ参考になさってくださいね。

「アミノ酸系シャンプー」おすすめピックアップ

刺激控えめの「アミノ酸系シャンプー」から、ご紹介させていただく商品は2つ。
どちらも作り手のこだわりが感じられる、髪と頭皮のためのアイテムです。

QUEEN’S BATHROOM 薬用ヘアソープ 500ml

メーカー希望小売価格:税込2,484円

有効成分としてグリチルリチン酸ジカリウムを配合。
「不要な汚れは洗い流し」「髪や地肌を刺激することなくうるおいを残す」という2つのコンセプトを独自の技術で融合させました。
洗い心地を表現するなら”余分なものだけを脱ぎ捨てる”感覚。
1kgで100万円はするといわれる漢方生薬「冬夏虫草」エキスをはじめ、高級保湿成分を惜しげもなく配合しています。
毛先までツヤツヤと輝き、うるおいに包まれる仕上がりをご堪能ください。

【医薬部外品】

効果・効能

  • フケ・かゆみを防ぐ
  • 毛髪・頭皮の汗臭を防ぐ
  • 毛髪・頭皮を清浄にする
  • 毛髪・頭皮をすこやかに保つ
  • 毛髪をしなやかにする
成分:グリチルリチン酸ジカリウム、アルギニン、ヒアルロン酸Na-2、チョウジエキス、冬虫夏草エキス、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン、メタクリル酸ブチル共重合体液、ラウリルジメチルベタイン、ヤシ油脂肪酸アシルDL-アラニンTEA液、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸K、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、濃グリセリン、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸Na、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、クエン酸、BG、フェニキシエタノール、香料、水

ちふれ アミノ シャンプー 200mL

メーカー希望小売価格:税込540円

化粧品メーカーとして知られる「ちふれ」が贈る、アミノ酸と絹で洗うシャンプーです。
アミノ酸系洗浄成分としてラウロイルメチルアラニンNa、絹からつくられた洗浄成分としてラウロイル加水分解シルクNaを配合しています。
泡立ちはまろやかでクリーミー。

シリコンにかわり、絹から生まれた洗浄成分が髪をツヤやかにコーティングして保護します。
メーカーサイトでは配合している成分の目的から表示分量まで細かく記載されており、親切な物作りがうかがえるようではないでしょうか。

成分:ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ラウロイル加水分解シルクNa、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、BG、ラベンダー油、コカミドメチルMEA、フェノキシエタノール、安息香酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン、クエン酸、クエン酸Na、エチドロン酸、塩化Na、酢酸Na、イソプロパノール、水

「オイルシャンプー」おすすめピックアップ

「オイル」という言葉からベタッとした仕上がりを想像されて、躊躇されている方もいらっしゃることでしょう。
ご安心ください。
程よい「オイル」はうるおいとなり、髪と頭皮を落ち着かせてくれますよ。

また、オイリー肌の原因が、じつは乾燥だったということは珍しくありません。
オイルのうるおいを与えて、肌を穏やかに導きましょう。

凛として酵素シャンプー 500mL

メーカー希望小売価格:税込3,240円

植物性天然解酵素のリパーゼ、パパイン、プロテアーゼを配合。合成界面活性剤不使用のシャンプーです。

必要最低限の原料で作られているがゆえのサラリとしたテクスチャ。
酵素で汚れを落とす新たな感覚。
植物の生み出す豊かなうるおい。

それらはすべて、使った人だけがわかる「凛として」ならではの喜びです。
徹底した「人」たちの品質管理のもとで作られた、日本生まれの製品をどうぞお試しあれ。

成分:水、ヤシ脂肪酸K、リパーゼ、プロテアーゼ、パパイン、グアーガム、クエン酸、グリセリン、ローズマリー油、オレンジ果皮油、メボウキ油、ティーツリー油、アルガニアスピノサ核油、ツバキ油、コミカドプロピルベタイン、1,2-ヘキサンジオール

ノンシリコンシャンプー・スカルプシャンプー・石鹸シャンプーの関係って?

68d579581271829cfea70d7832ff248e_s
さて、ここからはノンシリコンシャンプーとよく比較されるシャンプーのお話です。
ノンシリコンシャンプーとスカルプシャンプー、石鹸シャンプー。
頭皮からすっきりするような洗い上がり、髪や頭皮のケアなど、3つのシャンプーには共通点が多くあります。

ですが、これらはすべて異なるアイテムなのです。

スカルプシャンプーは頭皮重視のシャンプー

「スカルプ」という名前の通り「頭皮」のためを意識して作られたシャンプーです。
スカッと清涼感のある仕上がりのものが多く、ノンシリコンシャンプーのまっさらな洗い上がりと似て感じられます。

しかし、スカルプシャンプーが何よりも重視している点は「頭皮」。
さわやかな清涼感がありながらも、必要な皮脂まで落としすぎることのないよう調整されています。

なお、皮脂というと「汚い・落とした方がよいのでは」と思われますよね。
確かに分泌されすぎてしまうと、ベタつきやにおいの原因となってしまうことがあります。
けれども程よく分泌された皮脂は、天然のヘアクリームとなって髪や頭皮のバリアとなってくれるのです。

肌にやさしく汚れは落とす石鹸シャンプー

自然派のコスメを愛する方に支持を得ているのが石鹸シャンプー。
主成分には「石けん素地」「カリ石けん素地」「石けん分」などが書かれてあります。
洗浄成分の多くは天然素材の界面活性剤であり、高い洗浄力を持ちます。

洗浄後は髪がアルカリ性に傾くため、専用のリンスで中和する必要があります。
添加物を使用しなくても十分な洗浄力を発揮してくれるケースが多く、無添加のものが多い点も特徴ですね。
なお、洗浄力は高めですが肌への刺激はマイルドなので、肌のデリケートな方にも選ばれることが多いようです。

ノンシリコンのシャンプーもアリ!

「スカルプシャンプーだからノンシリコン」ではありませんが、スカルプシャンプーかつノンシリコンのシャンプーは多くあります。
また、石鹸シャンプーの場合は髪に現れる性質が異なるために、シリコンを配合しているものはほとんどありません。

すべて特徴が異なりますので、今お使いのシャンプーが合わないようでしたらぜひ一度お試しを。
その際はミニボトルタイプなどを選んで、髪と頭皮の仕上がりを確認してみてくださいね。

シャンプー方法のポイント伝授

1fd2a3154da0342480feb9e658f22da6_s
シャンプーを選んだあとは、正しいシャンプーの手順をおさらいしてみましょう。
頭皮は髪の毛が密集しており、地肌を洗えていないということはよくある話。
そして洗い残した皮脂などが、ペタッとした髪の理由になっていることも考えられますよ。

1)髪を念入りにとかしましょう

「髪を洗う」というと、濡らすところから考えてしまいがち。
ですがその前に髪をとかしておくことが重要なのです。

こうすることで髪の絡まりがほぐれ、摩擦によるダメージが軽減。
さらに汚れや抜けた髪を取り除くことができるのです。

2)予洗いは最低でも1分以上

サロンで美容師さんに洗ってもらっている様子をイメージしましょう。
生え際、襟足、後頭部、耳の裏。
お湯の届いてないところがないと思えるくらいまで、しっかり濡らしてくださいね。

丁寧に予洗いしておくことで、汚れの大部分は落とせてしまうという話もありますよ。

3)シャンプーをよく泡立てて

シャンプーを手に取り、よく泡立てます。
泡は汚れを包む役割だけでなく、髪同士の摩擦を防ぐクッションにもなってくれます。

ポイント

シャンプーのとき、ポンプを何プッシュくらいしていますか?
5回、6回。
このくらい取っているとしたら、もしかしたら使い過ぎかもしれません。

よく空気を含ませると、シャンプーは少量でも案外泡立ってくれるもの。

ショートスタイルの方は1プッシュ。
ミディアムからロングの方は1プッシュで泡立てたあともう1プッシュ追加。
それでも足りないようならもう1プッシュを心掛けてみてくださいね。

シャンプーの使用量が減ることで、お財布にもやさしくなってくれますよ。

4)髪でさらに泡立て徐々に地肌へ

地肌をキレイにすることはとても大切。
だからといって手の泡を直接地肌に届けようとしても、なかなかうまくいきません。

まずは髪に泡を持っていき、クシュクシュ揉み洗いしてさらに大きな泡にしましょう。
たっぷりと泡立てたら頭皮も揉みこんで洗っていきます。
爪を立ててしまわないよう、指の腹でやさしく洗ってくださいね。

5)たっぷりすすいでフィニッシュ

すすぎはシャンプーの工程の中でも特に気をつけたいところ。
髪や頭皮にシャンプーが残ったままにならないよう、地肌からじっくりと洗いながしてください。

頭皮をマッサージするように揉み動かすと、地肌をまんべんなく洗えますよ。

ポイント

髪が絡まってしまう方は、上を向いておでこの生え際から流すのがコツ。
髪の流れと同じ方向で水の流れを作ることで、すすぎがスムーズになることでしょう。
すすぐ時間は予洗いよりもやや長くなるよう意識してみてくださいね。

しっかり乾かしさらさらヘアに

ppp_haretahinokumototaiyou_tp_v
髪を洗い終わったあと、濡れたままの時間が長ければ髪も頭皮も乾燥してしまいます。
また、もし濡れたままベッドへ横になったりなどすれば、湿ったところに雑菌が繁殖することも…。
スピーディーなヘアドライは健やかな髪のための仕上げです。
できるだけササッと&正確に乾かしていきましょう。

1)タオルドライ

ドライヤーの熱というのは、髪にとってあまり嬉しいものではありません。
タオルドライで水分を拭っておくことで、ドライヤーを当てる時間を短縮できますよ。
頭皮や髪の根本は水分を含んでしまいがちなので、根本から毛先の流れを意識して拭きましょう。

ポイント

タオルでゴシゴシ拭いてしまうと髪に摩擦のダメージが。
押し当てるイメージで水分を吸収していくと、摩擦の発生を抑えられますよ。
マイクロファイバータオルがあると、触れるだけでサッと水分を吸収できるのでおすすめです。

2)強い風量で一気にドライ

ドライヤーで大切なのは、熱さよりも風量です。
強い風量で根本から乾かしていきましょう。

頭皮に指の腹を当て、小刻みな振動を与えながら乾かしてくださいね。
注意したいのはドライヤーの噴出し口から頭皮までの距離を10cm以上に保つこと。

ドライヤーの熱はあっという間に髪を熱くしてしまいます。
ダメージを抑えるためにも噴出し口は遠ざけておきましょう。
また、1か所に熱が当たりすぎないようにも意識してくださいね。

3)程よく乾いたタイミングでOFF

髪がドライヤーの風でサラッとなびくようになったらOKです。
熱をかけすぎてしまわないよう、ドライヤーの電源を切りましょう。

ほんのりと水分を感じる程度であれば、髪に残った余熱で自然と乾いてくれます。

髪と頭皮に合ったシャンプーを選ぶために

yuka7541_dakdkis_tp_v
ノンシリコンシャンプーについて、いかがでしたか?
日々、世界中のメーカーからさまざまなシャンプーが登場しています。

自分に合うシャンプー探しは骨が折れますが、見つかったときの喜びといったらもう、とても言葉では言い表せないほど。
成分と地肌をマッチングして、ベストなアイテムをチョイスしてくださいね。

また、髪に優しい無添加のシャンプーが気になる方は下の記事も参考にしてみてください。

「無添加シャンプーって何?どれを選ぶの?」ポイント解説&おすすめ商品紹介も

■参考文献
話題のノンシリコンシャンプーとは?(スキンケア大学)
やっぱりノンシリコンがよい?アミノ酸シャンプーの正しい選び方(スキンケア大学)

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー