prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

たるみやしわが気になる…エイジングケア化粧品の選び方&おすすめランキング!

通勤電車の窓に映った自分の顔を見て、愕然としたことはありませんか?

年齢とともにハリがなくなってくると、たるみで目元や口角が下がって見えます。
しかし、しわやたるみは年齢にあった化粧品を使ったり、ケアをすることで目立たなくすることは可能です。

今回は、肌のたるみやしわが気になり始めたエイジングケア世代のための化粧品にスポットを当ててみました。

まずは上手な選び方と、おすすめ商品をランキング形式で5つピックアップします。
後半には、さらに効果を上げるエクササイズや日常生活のポイントもご紹介するので要チェックです!

スポンサーリンク

たるみの原因とメカニズム


ほうれい線、目の下、あごまわりの皮膚や脂肪が下がってくるのが「たるみ」

老化のサインなのか…他に原因があるのか…女性にとっては深刻な悩みのひとつです。
いったいなぜたるみは起こるのでしょうか?

加齢により筋肉が衰える

顔には、表情によって動く「表情筋」という筋肉が表面にあり、顔を動かしています。
この筋肉があることで、皮膚や脂肪を支え、肌の弾力を保っているのです。

しかし筋肉というのは、使わなかったり年齢を重ねることで、量が減少していきます。

顔の筋肉量が減ると、皮膚や脂肪を支える力がなくなってきます。
すると皮膚や脂肪は重力に逆らえなくなり下がってしまうため、たるみが起こるのです。

スポンサーリンク

乾燥から生まれるしわ

肌は乾燥してくると、角質層に水分を閉じ込める力が減ってしまいます。

肌表面のみずみずしさが失われると、ハリがなくなり、しわが生まれてきます。
このしわが引き金となり、皮膚がたるんで重なってくると「たるみ」になります。

コラーゲンの減少

年齢を重ねると、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す量が減少します。

若いうちはこれらの成分が皮膚中に十分に存在することで、肌の潤いが保たれるのです。
肌のハリと弾力を失わないためにも、生成できなくなった分を化粧品で補いましょう

たるみが原因で毛穴も開いてしまう?!

たるみが起きている肌はハリがないため、毛穴もきゅっと閉じることができません。

毛穴の周りの肌がゆるみ、大きくくぼんだ毛穴のせいでぼこぼこした肌に見えます。
たるみを予防せずに進行させてしまうと、毛穴まで広がってしまうのです。

エイジングケア世代の化粧品の選び方

たるみを初めとする加齢肌のお悩みは、20代の頃と同じ化粧品では解決できません。

エイジングケアに特化した化粧品選びが重要になってくるのです。
初めてのエイジングケアでも失敗しない化粧品の選び方をご紹介します。

保湿力が高いもの

保湿力は年齢とともに落ちているので、高い保湿力のある化粧品がおすすめです。

細胞間脂質を保湿する成分が多く含まれる製品を選びましょう。
人の肌に含まれるセラミド、ヒアルロン酸、エラスチンなどが高濃度で入っていると◎。

年齢にあった美容成分を配合したもの

エイジングケアでは、年齢とともに減少していく成分を補える化粧品を選びましょう。

ビタミンC誘導体、レチノールといった成分は、コラーゲンの生成を促進してくれます。

コラーゲンを増やすことで、ハリや弾力を取り戻す効果が期待できます。
これは感じ方に個人差もあるので、トライアルサイズで試してみるのもよいでしょう。

続けやすい価格のもの

化粧品は毎日続けてこそ効果のあるもの。

なので、あまりにも高額な化粧品では続かなくなってしまい意味がありません。
自分が続けられそうな価格のものを選びましょう。

エイジングケア化粧品おすすめランキングTOP5

それではいよいよ、エイジングケア化粧品のおすすめ5商品をご紹介します。
いずれも口コミなどで評価が高く、効果を実感しやすい化粧品です。

お気に入りを見つけたら、ぜひ試してみて下さいね!

1.メディプラス「メディプラスゲル」

メディプラスゲル 内容量180g 3,996円(税込)

【公式サイト】

肌への摩擦を極力減らしてハリや弾力を保つという意図で、オールインワン化したゲル。
ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、プラセンタなど66種類の美容成分を配合。
それなのに1本でエイジングケアが済むというコスパの良さから、子育てママにも人気。

公式HPを見てみる

 

2.富士フイルム「アスタリフト」

ジェリーアクアリスタ 内容量60g 12,960円(税込)

【公式サイト】

フィルム製造技術を化粧品に応用した、富士フィルムのエイジングケアシリーズです。
ジェルやアイクリームなど多彩なラインナップで年齢を重ねた肌をサポート。
3種のコラーゲンと、アスタキサンチン、リコピンがハリと潤いをもたらします。

公式HPを見てみる

3.DECENCIA「アヤナスエッセンスコンセントレート」

アヤナスエッセンスコンセントレート 内容量36g 8,100円(税込)

【公式サイト】

黄くすみやたるみといった肌の老化現象の原因「糖化」に着目した商品。
糖化を防ぎ、炎症を抑えることによってエイジングサインを予防するのが狙いです。

とろっとしたコクのあるテクスチャで肌になじみやすく、使いやすい1本です。

公式HPを見てみる

4.ビーグレン「QuSomeリフト」

QuSomeリフト 内容量60g 7,000円(税込)

【公式サイト】

加齢によるたるみやほうれい線を、朝マッサージで引き締める美容液。
肌組織に働きかける独自の複合成分が、立体的なフェイスラインを作りあげます。

ビーグレンの中でも、むくみやたるみがすっきり引き上げられる感覚で人気の商品です。

公式HPを見てみる

 

5.アテニア「ドレスリフト」

ドレスリフト ローション 内容量150ml 3,559円(税込)

年齢を重ねてハリが低下した肌に、濃厚なクインスシードエキスと発酵コラーゲンが浸透。
縦の弾力性と横の伸縮性を取り戻し、立体感のある上向きの肌へ導きます。
ローション、ナイトクリーム、ソープなどが揃ったセットも。

 

エクササイズや生活習慣の改善で、さらに効果UP

たるみと言っても原因はいくつも絡み合っていることがほとんどです。

化粧品だけでなく、エクササイズや生活習慣の改善でたるみをしっかり予防しましょう。

日常のスキンケアにプラスできる、リフトアップのための習慣をいくつかご紹介します。

目の下のたるみ解消エクササイズ

目の周囲は皮膚が薄く、ハリや弾力を保つのが難しい部分です。
しかもパソコンやスマホの画面を長く見すぎて、疲れている人が多いと思います。

まずは保湿クリームでケアし、目元専用の温熱パッドなどで血行をよくします。

そのあと、眼球をいろいろな方向に動かしたり、まぶたを指で軽く押さえてみましょう。
デリケートな部分なので回数は少なめに、毎日行うのがおすすめです。

頬のたるみ解消エクササイズ

表情筋の7割は、日常生活で使っていないといわれています。
できるだけ表情豊かに筋肉をたくさん動かすことがたるみ予防につながります。

ほうれい線が目立つ頬のたるみを予防するには、口を大きくあけましょう。
大きく「あ」の形で開き、そのまま片側ずつ頬を上に上げて2秒止めます

これを数回繰り返すことで、頬や口の周りの筋肉を使うことができますよ。

食事にはビタミンC、ポリフェノールを

食生活のバランスが悪いと肌細胞に十分な栄養分が届かず、たるみの原因となります。
肌のためには、いろいろな栄養素を偏りなく毎日の食事から取り込む必要があります。

抗酸化作用が高いビタミンCやポリフェノールを豊富に含む食材も積極的に摂りましょう。

紫外線やストレス、睡眠不足は避ける

紫外線は肌の乾燥や老化を早めると言われています。
肌を健康に保つためにも、1年中紫外線対策は怠らないようにしましょう。

また、ストレスも肌環境にダイレクトに影響を及ぼします。
適度にストレスは発散し、疲れを溜めず、質のよい睡眠を充分にとりましょう。

まとめ

しわ、たるみは年齢のせい…とあきらめてはいませんか?
少し手をかけたり気をつけることで、充分に予防やケアが可能なのです。

今回ご紹介したのは、各メーカーが最新技術で研究を重ねたエイジングケア化粧品。
試してみる価値は大いにありそうです!

●参考文献
顔のたるみの原因と解消法(スキンケア大学)
顔のたるみ・ほうれい線を解消したい!(ウーマンジャパン)
笑うとリフトアップ?!~表情筋エクササイズでたるみ改善~(顔のたるみ研究所)

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー