prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

【30代のエイジングケア】プチプラ重視!おすすめ化粧品ブランド3選

シミ、シワ、たるみ、乾燥、ほうれい線…。
急激に気になりはじめたのは、30代になってからではないですか?

30代は、体や肌が大きな変化を迎える年齢。
これまでのスキンケアは通用しません。

とはいえ妊娠・出産を考えれば、スキンケアばかりにお金をつぎ込めませんよね。

予算は抑えて、これまで以上に肌質に合った化粧品を選ぶこと。
エイジングケアを導くカギはここにあります。
30代の肌のため「エイジングサインについて」「肌別ケア」「おすすめ商品」を調べていきましょう。

スポンサーリンク

20代と30代の肌は別物

b384b1691abdcb084948492a39b66420_s
たとえば、20代で脂性肌だった方。
30代でも同じなのかといえば、一概には言えません。
女性の体は20代から30代にかけて大きな変化を迎えるからです。

ホルモンバランスの乱れ

女性の体は平均で8~9歳頃、エストロゲンを分泌しはじめます。
エストロゲンは女性ホルモンの1種。
丸みのある体や、ハリを作るのがエストロゲンの主な役割です。

活発に分泌されるのは12歳~30代半ばまで。
その後、35~37歳を境に減少していきます。

ホルモンバランスが変化すれば、体の中も外も変化します。
ですから20代と30代の体は別物と考えなくてはなりません。
さらにいえば、30代前半~後半でも変化があることを知っておく必要があるのです。

30代の肌に必要なこと

img_1837_f
30代を迎えると、肌の悩みがいっそう明確になります。
このサインを見逃してはいけません。
未来の肌を決めるのは、自分の肌に特化したスキンケアです。

”これまでのスキンケア”にお別れする勇気を。
コンディションをじっくりと見極めて、肌別ケアを探してみましょう。

肌状態に合った成分の選択

肌の悩みにはカテゴリが存在します。
もちろんあなたの肌も下記のどれかに当てはまるはず。

原因が明確になれば、ケアするために必要な成分をチェックできます。
エイジングケア化粧品選びの参考にしてくださいね。

シミ

ニキビの炎症や、紫外線のダメージ、老化が引き金となり、肌の一部の色が濃くなった状態。
これがシミと呼ばれます。
シミ取り治療は皮膚科でしか行えません。

しかし化粧品に含まれる成分を頼れば、上手にケアできるのです。

ビタミンC誘導体

優れた美容効果を持つビタミンCには、壊れやすいという欠点がありました。
そこでビタミンCを人工的に改良。
安定させたものがビタミンC誘導体です。

改良されている以外はビタミンCそのものですから栄養分はお墨付き。
気になるシミを細やかにケアします。

プラセンタエキス

プラセンタには活性酸素の過剰発生を抑える働きがあります。
アミノ酸を豊富に含むことでも知られていますね。

このプラセンタをもとにして作られているのがプラセンタエキスです。
肌に塗布するとふっくらとしたハリを感じられることでしょう。
高い抗酸化作用を持つともいわれ、メラニン生成の抑制が期待されています。

たるみ・シワ・ほうれい線

頬やおでこにくっきり刻まれた線。
これだけで見た目年齢はグンと上昇してしまいます。

現代社会では歪んだ姿勢、長時間のPC使用が問題視されていますよね。
じつはこれらもたるみやシワ、ほうれい線の原因に。
オフィスで働く女性の間で非常に増えている悩みの1つです。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、たるみやシワのケアにも活躍します。
細かな分子でできているビタミンC誘導体は、肌に塗布するとキメまで浸透。
真皮でコラーゲンの生成をサポートします。

レチノール

レチノールはビタミンAの1種で、肌のキメまで浸透しやすい成分です。
真皮に届くと傷ついた細胞を支え、ターンオーバーをサポートします。

くすみ

くすみは肌のトーンダウン。
原因はシミの場合もあれば、蓄積された汚れの可能性も。
抜け出すには肌をクリアに導かなければなりません。

最近は有効成を含んだ医薬部外品も多くあります。
くすみに特化したアイテムを使い、一歩ずつケアしていきましょう。

AHA・BHA

ピーリングに用いられる成分です。
AHAは角質を、BHAは毛穴汚れをケアします。
肌の汚れが原因のくすみにおすすめです。

トラネキサム酸

肝斑の治療に使用されている成分です。
シミの原因となる酵素チロシナーゼを分解するといわれています。
シミ・そばかすの内服薬や、化粧品の有効成分として幅広く用いられています。

乾燥

カサつき、ツッパリ感として現れるのが乾燥です。
ハリが失われ、放っておくとシワやたるみにつながりかねません。
ケアに求められるのはうるおい補給です。

セラミド

セラミドは細胞間脂質の1つで、表皮に存在します。
細胞の隙間を埋める役割を持っており、水分を挟み込んで肌のうるおいを保ちます。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は真皮に存在する成分で、コラーゲンやエラスチンに働きかけます。
膨大な量の水分を抱え込むといわれ、保湿化粧品の代表的な成分となっています。

化粧品選びの注意点

肌のバランスが乱れがちな今、刺激はできるだけ控えめに。
お使いのコスメをご覧ください。
下記の成分はありますか?

もし含まれていたなら、使うタイミングを肌と相談してくださいね。

アルコール

さっぱりとした使用感の化粧水に含まれていることが多いアルコール。
肌をひきしめ、殺菌するなど頼りになる存在です。

ただ気になるのは、蒸発するときに肌の水分を奪ってしまうという点。
乾燥肌や敏感肌に傾いているときは気をつけて使用してください。

ハーブ類

ハーブはナチュラルな成分ですが、その分合う・合わないが顕著です。
いつも使っているものが突然合わなくなった…。
そんなときは成分の見直しを検討してくださいね。

ビタミンC誘導体

優れたケア成分としてご紹介してきたビタミンC誘導体。
皮脂の抑制もかねてくれるので脂性肌にはもってこいです。

しかし乾燥肌の方が使用する場合は注意が必要。
必要な皮脂までコントロールしてしまい、さらなる乾燥を招くことがあります。
肌のコンディションによって使う・使わないを選択してください。

エイジングケアにおすすめのブランドは?

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s
エイジングケアに使えて、しかも低予算。
理想はあっても「これだ!」という化粧品はなかなか…。

そこで今回、エイジングケア化粧品として人気のプチプラブランドを揃えてみました。
トライアルセットは低コストで化粧水・美容液などを丸ごと試せます。
短期集中でケアしたい方も必見です!

アヤナス

創業80年、コスメ界の老舗です。
歴史に根付いた経験と技術を持ち、信頼のエイジングケア化粧品を送り出しています。

ヒト型セラミド配合ローションの濃厚で贅沢な使用感といったら!
10日間のトライアルセットは化粧水・美容液・クリームが付いてきます。

アヤナス 10日間トライアルセット(税込1,480円)

敏感肌専門ブランドとして人気のアヤナス。
まずは10日間で使用感を確かめてみましょう。

アヤナス10日間トライアルセットの口コミ・体験談

ビーグレン

浸透テクノロジー第一人者のブライアン・ケラー博士が開発。
医薬品に使用されている「キューソーム」成分をスキンケアに応用しています。
敏感肌や乾燥肌の方でも使いやすいアイテムです。

しっとりとうるおう感覚は、ぜひご自身の肌でお試しを。

エイジングケア用トライアルセット 7日分(税込1,944円)

コラーゲンをサポートするスキンケアセットです。

b.glen(ビーグレン) エイジングケアの口コミ・体験談レビュー

たるみ・ほうれい線ケア トライアルセット 7日分(税込1,944円)

お肌をふっくらさせる成分が配合されたたるみ・ほうれい線ケアセット。
たるみとほうれい線が気になっているならこっちがオススメ。

b.glen(ビーグレン)たるみ・ほうれい線ケア トライアルセットの口コミ・体験談レビュー

アスタリフト

アスタリフトのメーカーは、なんと写真で知られる富士フィルム。
はじまりは写真を美しいまま残そうと培ったコラーゲンの研究です。

コラーゲンといえば化粧品に欠かせない成分の1つですよね。
写真へ向けた美の情熱が、素肌の美に繋がった成果。
それがアスタリフトなのです。

ほんのり赤色のテクスチャを手に取れば気分は最高潮。
独自の技術でナノ化した「ナノアスタキサンチン」&「コラーゲン」が、うるおうハリ肌に導きます。

アスタリフトベーシックトライアルキット 5日分(税込1,080円)

特にしっとりしたテクスチャーが好きな人におすすめ。
液体も赤いのが特徴的。

アスタリフトの口コミ・体験レビュー

忙しい時はオールインワン化粧品を

仕事や子育てに追われる女性にとって、自由な時間は有限です。
オンとオフを素早く両立したいときは、オールインワン化粧品をどうぞ。

最近は化粧水~化粧下地まで1つでできるアイテムも珍しくありません。
サッとつければうるおいケアはもちろん、ささやかなUVカットも期待できます。
「エイジングケア用」と書いてあれば◎。

安いのに効果あり!本当は内緒にしたい1番人気オールインワンゲル

正しいスキンケア方法

doro
誤ったスキンケアは肌にダメージを与えてしまいます。
デリケートな年齢肌に、これ以上の負担は厳禁。
洗顔前に6個のルールをチェックしましょう!

  • 洗顔前は手を清潔に
  • お湯の温度はぬるま湯
  • 洗顔フォームをよく泡立てて
  • 肌に直接触れず、泡で撫でる洗顔を
  • たっぷりのお湯ですすぎ残しのないように
  • タオルはこすらず押し当てて

お風呂と同じように、洗顔しない日はなかなかありません。
理想的な習慣を心がければ、数年後の肌に差をつけられることでしょう。

洗顔方法やおすすめの洗顔料についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。
ぜひご覧になってくださいね。
【洗顔石鹸ランキング決定版】お肌に優しい石鹸を選ぶポイント3つ

スキンケアのステップを大切に

洗顔後は肌がもっともうるおっているタイミング。
すかさず化粧水を浸透させましょう。

化粧水は、乳液などの美容成分をいきわたらせる役割を持ちます。
洗顔・化粧水・乳液の3ステップは必ずセットで!
この順番を守るだけでも、ケアに磨きがかかります。

エイジングサインに立ち向かう生活習慣

c9af1ce5b9a36cd830113537d1e4a53f_s
エイジングサインが目立つ理由。
原因の1つは肌ダメージの蓄積です。

ターンオーバーが活発であればダメージを受けても立ち直れます。
しかし年齢を重ねるとスムーズにはいきません。
肌の奥でくすぶり続け、やがて堰を切るようにシミ、シワが…。

現れたサインをケアするためには手間も時間も多く必要。
けれども、増えるスピードを穏やかにすることはできるはずです。

この機会にスキンケア以外も見直してみませんか?
規則正しい生活は、体だけでなく心も健やかに導いてくれます。

紫外線対策

紫外線や日焼けというと、夏場のイメージがありますね。
じつはこれが間違いなのです。

程度の違いがあるだけで、紫外線はオールシーズン降り注いでいます。
外出の際は帽子や日傘で紫外線対策を。

また、室内でも油断は禁物です。
紫外線はカーテンや窓ガラスを突き抜けてくるのです。
オフィスワークの日もUVカットクリームを常用できると安心です。

バランスの良い食生活

女性の魅力を司どるのは女性ホルモン エストロゲンです。
正しく分泌できるよう、タンパク質・野菜・脂質をバランスよく摂取しましょう。

とくにダイエット中は要注意です。
エストロゲンは痩せすぎても太りすぎても低下すると言われます。
ほどほどを心がけてくださいね。

積極的に食べたい食材

食材に含まれている栄養を知ると、食生活をいっそう意識できます。
エイジングケアの献立作りにぜひご活用ください。

大豆製品

大豆は「畑のステーキ」と呼ばれています。
高タンパク・低カロリーで、スタイルを気にする女性の味方。

また、大豆に含まれるイソフラボンはエストロゲンに似た働きをするといいます。
朝食を和食メインにすると、豆腐や味噌、納豆を簡単に摂取できますよ。

玄米・ライ麦・全粒粉パン

皮や殻がついたままの茶色がかったこれらの食品。
低GI食品と呼ばれ、血糖値の上昇が穏やかであるといわれています。

その結果、インスリンの分泌も抑えられ、満腹感も持続。
食べ過ぎないよう体の中からサポートします。

オリーブオイル・ごま油

脂質・糖質・タンパク質は体のエネルギー源です。
オイルを程よく食事に取り入れることで、体のバランスを整えられます。
女性の悩みの上位にある「便秘」にも、油分が重要だと聞きますね。

果物

果物といえば食物繊維の宝庫。
体内に入ると腸を掃除し、さらには脂肪の吸収を抑えてくれるとも。

最近はコンビニでカットフルーツやドライフルーツを目にする機会が増えましたね。
甘くて美味しく、お菓子替わりに食べたい食材です。

ニンジン・ほうれん草

ニンジンやほうれん草にはβ-カロテンが豊富に含まれており、体内でビタミンAに変化します。
肌の美しさを保つ栄養素なので、エイジングケアにもってこいです。

うなぎ・卵・納豆・豚肉・バナナ・牛乳

ビタミンB群を含む食材がこちら。
ビタミンと肌の関係性はあらゆるメディアで語られていますね。

糖質をエネルギーに変えたり、脂質を代謝させるのもビタミンB群の役割です。
不足しないよう気をつけましょう。

アーモンド・アボカド・かぼちゃ

こちらの食材で摂取できるのはビタミンE。
ビタミンEは体内の脂質が酸化しないよう守る働きを持ちます。
生活習慣病や老化など、人の悩みと切っても切れない縁を持つ栄養素です。

海藻類

のり、わかめ、昆布などは海の野菜です。
ミネラルをたっぷり含み、肌のうるおいをキープしてくれます。
日常生活で不足しがちな栄養素(ヨウ素)もあるので要チェックです!

乾燥対策

エアコン、暖房…。
生活を豊かにする製品も、使い過ぎると乾燥を招いてしまいます。
スキンケアで保湿し、足りないときは加湿器を使いましょう。

また意外なところでは、花粉が乾燥の引き金になることがあるのだそう。
気になるときはマスクの使用もおすすめです。

適度な運動

現代人が陥りがちな運動不足。
慢性化すると血液の流れが滞り、肥満や冷えの原因に。
適度な有酸素運動を生活の中に取り入れましょう。

運動する時間の取れない方は、駅で階段を使うだけでもOKです。
少しずつでも継続することで、大きな力となりますよ。

ストレス解消

強いストレスを受けると、自律神経が乱れて活性酵素が発生してしまいます。
増えすぎた活性酸素は細胞の老化を早める原因に。
休日や夜の時間を使ったリフレッシュは心と体に欠かせません。

良質な睡眠

寝不足は肌のコンディションをガタガタにしてしまいます。
部屋を暗くし、落ち着いて眠れる環境を整えましょう。

睡眠前にスマートフォンを操作している方は要注意!
明かりで目が冴え、眠れない原因になっているかもしれません。

顔の筋肉エクササイズ

運動している人の体は、パンッと引き締まっていますよね。
同じように顔の筋肉を鍛えることで、締まりのある表情へと導けます。

表情筋を鍛える「まいうー体操」。
たるみ、ほうれい線の悩みに「ベロ回し体操」。
目元を引き締める「眼輪筋トレーニング」。

下記の記事では道具なしでできる3種類のエクササイズをご紹介しています。
毎日のエイジングケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。
顔のたるみ解消で10歳若返る!自宅でできる原因別セルフケア

エイジングサインと上手なお付き合い

3ef5284aa5fe40d201c75a262c56db06_s
心や体が大きく変化する30代。
今までにない感覚に、不安やストレスを感じてしまうかもしれません。

だからこそ、スキンケアをいつも以上に楽しんでみませんか?

エイジングサインはあなたが頑張ってきた証なのです。
1つずつ上手にケアしてあげましょう。
そうすれば未来の肌に、きっとハッピーが待っているのですから!

■参考文献
女性のからだとホルモンバランス(命の母総合サイト)
30代の基礎化粧品の正しい選び方・使い方(スキンケア大学)

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー