prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

【30代のエイジングケア】プチプラ重視!おすすめ化粧品ブランド3選

30代になってなんだか肌の調子がよくないという人いませんか?
30代は10代、20代と違って肌トラブルが起こりやすくなります。

お手入れの仕方によって40代以降の肌の状態も差が出てくるともいわれる30代。
でも何から手をつけて、どのようにお手入れをしたら良いのか分からない人も多いもの。
そんな方に、今回は最適なお手入れ方法や化粧品の選び方などご紹介します。

スポンサーリンク

30代女性のお肌の状態は?


30代の女性は20代に比べ、年齢による衰えが見え始めています。
それは肌だけでなく、体も同様。
ライフスタイルによる環境変化やストレスによる影響も受けやすくなっています。

具体的にはどのような肌状態になっているのでしょうか。

水分も皮脂も減少

30代のお肌は20代までに比べ水分量が減っています。
お肌の水分量は生まれたばかりの時が一番多く、年々減少。

しかも、皮脂量も20代後半が一番多く30代以降は減少していきます。
水分も皮脂量も減るため、表皮の潤いが失われ、乾燥を実感する人が増加するのです。
乾燥が激しくなるとさらに敏感肌に傾いていくことも。

この乾燥が30代以降の肌トラブルの主な原因なんですよ!

スポンサーリンク

コラーゲン不足によりハリが失われる

30代のお肌は水分量、皮脂量と共にコラーゲン量やエラスチンの量も減少しはじめます。
しかもコラーゲンを作り出す力も衰えが出始めるのが30代。
そのため、表皮だけでなく表皮の奥の真皮の潤いも失われがち。

真皮でコラーゲン量が減少するとお肌の土台が緩み、肌のハリを保てなくなります。
そのため、20代のころよりもハリがなくなったと感じることも多いのです。

女性ホルモンの減少や乱れによる肌荒れ

20代後半から30代前半は女性ホルモンの量が一番多く分泌される時期。
その後は徐々に減り始めます。

ホルモンの分泌量は個人差があり、全く影響のない人もいます。
しかし、明らかに20代よりも減っていると感じる人も出てくるのが30代。
しかも出産や育児、仕事などにより、ホルモンバランスを崩しやすいのも30代。

女性ホルモンの分泌量が減ると肌のターンオーバーが乱れます。
そのため、肌がダメージを受けた時になかなか修復されず、肌悩みとなって現れるのです。
皮脂バランスを崩して突然大人ニキビができたりも。

乾燥によるシミ、小じわ、ほうれい線

水分量、皮脂量、コラーゲン、エラスチンの減少。
ホルモンバランスの乱れなど体の変化が肌に表れてくるのが30代ということ。

潤いが失われ、乾燥が進むと小じわやほうれい線が出てくることもあります。
人によってはそれまで浴びた紫外線の影響が出て、シミやそばかすが増えることも。

その他にもハリ不足によるたるみやくすみが目立つように…。
毛穴が目立つ人も出てきますが、20代とは異なり、乾燥が原因となっていたりします。

30代に必要な化粧品の選び方


30代のお肌は体や環境の変化により、老化現象が出始めます。
年齢による肌の老化は避けられませんが、スキンケアを行うと老化を遅らせることが可能。
まだ大丈夫、と思っていても、エイジングケアに取り組んでいくことが大切です。

しっかりと保湿できるものを

30代になると乾燥が進みます。
その対策にはやはりしっかりと保湿できる化粧品を使う必要があります。
しっかりと保湿ができれば、肌トラブルの多くが解消されることもあるんですよ。

保湿とは?

保湿された肌は、シンプルに言えば肌の水分量も皮脂量も適度に保たれた状態。
そのため、保湿する、ということは水分を補い、蒸発しないようにすること。
水分だけでなく、油分も補うことで肌の水分量を適度に保つことができるのです。

べたつくのを避けて、化粧水だけでケアを終了させていてはNG。
しかも、化粧水だけたっぷりつけていると逆に乾燥を招くこともあります。
化粧水だけで保湿するには限界があり、余分な化粧水が蒸発する時に必要な水分も蒸発。

30代になったら、自分の肌に合った乳液やクリームを必ずつけるようにしましょう。

エイジング化粧品を選んだ方がいい

エイジングケアの基本は保湿。
そのため、しっかりと保湿ができていれば基本はOKです。

エイジング化粧品にはより保湿力の高い成分が高濃度で配合されているのが一般的。
だから保湿のためにエイジング化粧品を使うのは効果的なのです。

また、保湿だけでは解決しないくすみやたるみ、シミにはそれぞれに合ったケアも必要。
それには美白有効成分やコラーゲン生成成分などが配合の化粧品を選ぶといいですね。
エイジング化粧品には年齢に応じた美容成分が配合されているためトラブル肌に最適。

プチプラはNG?

プチプラ化粧品は価格を抑えるために配合成分が限られています。
そのため、エイジング化粧品に配合されている高価な成分は使われていません。
高い保湿力を求めている30代以降のお肌には少し保湿力が弱いかもしれません。

様々な肌トラブルが出始める30代にはあまり向いていないといえます。
それでもドラッグストアなどで手軽に購入できるのはメリット。

プチプラ化粧品ならば、ヒアルロン酸やNMFなどの保湿成分配合のものを選びましょう。
そして、できるだけ優しく、丁寧にケアするといいですよ。

ライン使いをした方がいいの?

化粧品会社は同一ラインで使用した時に効果が高まるよう化粧品を作っています。
そのため、最大の美容効果を得るには同じシリーズでそろえて使うのがいいみたい。

さらにライン使いをしていると、肌トラブルの時に原因物質を特定しやすいのもメリット。
敏感肌の人や肌が弱い人にはライン使いをおすすめします。

肌質に合ったものを選ぼう

化粧品の選び方の基本は肌質に合ったものであることはご存じの通り。
でももしかしたら20代のころとは肌質が変わっているかもしれません。

それまでの思い込みを捨て、自分の肌質をしっかり見極めることも大事なポイント。
スキンケアをしていても吹き出物が治らない、とか部分的にかさつくという時は要注意。
ターンオーバーが乱れていたり、水分や油分が不足していたりすることが原因かも。

使っている化粧品を見直し、肌質に合ったものを選びましょう。

肌悩みに合った美容液を加えてみよう

30代になるとシミ、小じわ、ハリ不足、くすみ、たるみなどの肌トラブルが出てきます。
その大部分は化粧水と乳液やクリームでしっかりと保湿することで解消可能。

でもさらにそれぞれの肌悩みに合った成分を配合した美容液をプラスすると効果的です。
美容液は有効成分が高濃度に配合されていることが特徴のアイテム。
そのため、水分補給の化粧水や油分を補う乳液よりも肌悩み解消には最適。

化粧水→美容液→乳液と使用し、アイテムを増やすことで保湿力もアップします。

配合成分に注目してみる

より効果のある化粧品を選ぶには配合成分に着目する必要がありますね。
30代のお肌におすすめの成分をいくつか紹介します。

これらの成分はそれぞれの働きがあります。
複数の成分がバランスよく配合されている化粧品を選ぶようにするといいですよ。

セラミド

保湿といえばセラミド、というぐらい有名ですね。
セラミドは肌の表皮にある細胞間脂質の成分の一つ。
水を抱え込む力が高いので、セラミドを補うことで表皮の潤いを保つことができます。

セラミドには種類がいくつかあります。
中でもヒト型セラミドが肌になじみやすく、保湿力が抜群。
それ以外でもセラミドが配合され合ている化粧品は保湿力が高いのでお勧めです。

セラミドは割と高価な成分なので、プチプラ化粧品には入っていないのがデメリット。

コラーゲン

コラーゲンは肌の奥の真皮部分で肌の土台を支える役割をしています。
そのため、肌のハリを取り戻すには補いたい成分。

コラーゲンは化粧品だけでなく、サプリメントなどの食品でも多数の商品が出ています。
保湿には欠かせない成分ですが、分子が大きいのが難点。
しかも肌につける化粧品では真皮部分まで有効成分を届けるのは至難の業。

でも保湿力は高い成分なので、配合されているとよい成分。
他の保湿成分との相互作用で肌の保湿力をアップさせてくれます。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸もコラーゲン同様、真皮部分にある保湿成分。
とても保湿力の高い成分で、少量でも水分保持力がアップします。

ヒアルロン酸も分離の大きさが大きく、浸透しにくいのがデメリット。
でも、プチプラ化粧品にも配合されていることも多く、安全性が高いのはメリットです。
最近の技術では分子の大きさを小さくして、配合されている化粧品もあります。

ビタミン類

化粧品に入っているビタミン類はビタミンAやビタミンCが有名ですね。
ビタミンは抗酸化作用が高く、配合されている化粧品も多数見かけます。

ビタミンA(レチノール)

ビタミンAは「レチノール」として化粧品に配合されている成分。
お肌のターンオーバーを整える働きがあり、コラーゲンの生成を促します。
しわやたるみ、シミなどにも効果があるとも言われています。

エイジングケア美容液などに配合されていることも多い成分。
しかし、刺激も強いため、市販されている化粧品の濃度は低めに抑えられています。

化粧品には「レチノール」「レチノイン酸トコフェリル」と表示されています。

ビタミンC誘導体

ビタミンCといえば美白。
ターンオーバーを整え、皮脂分泌を抑える働きがあります。
そのため、シミやニキビに悩む人には最適。

「リン酸アスコルビン酸」や「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」と表示されています。

ただ、乾燥を招くこともあるので、もともと乾燥肌や敏感肌の人は避けた方がいいかも。
ビタミンCを効果的に取り入れるなら、食品として摂取するという方法もあります。

アミノ酸

化粧品に入っている成分で「NMF」と呼ばれるのがアミノ酸。
他にも種類がありますが、保湿力向上のために入っていることが多い成分です。
他の成分と相互に働きながら保湿を助ける役割を担います。

続けやすい価格のものを

保湿力を高めるには高価な化粧品を一時的に使えばいいわけではありません。
継続して使う必要があるため、効果と価格の納得がいく続けやすいものを使いましょう。

ただ、一般的にエイジング化粧品は少し高価な成分が使用されています。
そのため、値段も高い気がするかもしれません。
1カ月分はいくらぐらいになるのかを考えて選んでください。

また、長く続けるには好みの使用感であることも大切。
効果が高くても使い心地が気に入らないと、使う気になれませんね。
効果、価格、使用感などを総合して選ぶようにしましょう。

おすすめの化粧品

今回は「保湿力」に注目し、しっかりと保湿できる化粧品をご紹介しています。
ライン使いできるようなトライアルセットがあるブランドもありますので試してみて。

ヒフミド(小林製薬)

ヒフミド(小林製薬) チャレンジセット¥1,500

【公式サイトへ】

ヒフミドの特徴は全品にヒト型セラミドが配合されているということ。
しかも種類の異なる3つのセラミドで肌のバリア機能を高め、なめらかな肌に導きます。

また、製薬会社が作った化粧品であることもポイント。
無香料、無着色、防腐剤不使用の上、低刺激なので敏感肌の人にもぴったりです。
べたつかずにしっとりすると好評です。

エッセンスローション(120ml)定価¥3,240、エッセンスクリーム(22g)定価¥4,320。
チャレンジセットなら¥1,500。
ローション1ヶ月分とクレンジングやソープ、クリームなども付いてきます。

ヒフミドの詳細をチェック

アスタリフト(富士フィルム)

アスタリフト(富士フィルム) トライアルキット:¥1,000

【公式サイトへ】

アスタリフトにはハリ・うるおいケアと美白・ハリケアの二つのシリーズがあります。
ハリ・うるおいケアのシリーズは保湿成分がヒト型セラミドとなっているのがポイント。
しかも分子をナノ化浸透しやすくするとともに高濃度で配合。

さらに肌にハリを与える成分としてアスタキサンチンやリコピンも配合されています。
アスタリフトのもう一つの特徴はジェリーアクアリスタという先行美容液。
洗顔後すぐに使うことで、その後に使う化粧品が浸透しやすくなります。

ジェリーアクアリスタ(40g)定価¥9,720、モイストローション(130ml)¥4,104。
アスタリフトベーシックトライアルキット(5日分)なら¥1,000。
ホワイト美白トライアルキットやアスタリフトジェリー体感キット各¥1,000もあります。

アスタリフトの詳細をチェック

エトヴォス

エトヴォス モイスチャーラインお試しセット¥1,900

【公式サイトへ】

エトヴォスは肌本来の力を引き出す美容ブランド。
潤いに欠かせないヒト型セラミドをラメラ構造にして配合。
しかもヒアルロン酸や天然保湿成分NMFと共に配合することで保湿力をアップさせます。

中でもモイスチャライジングセラムは1本で美容液と乳液を兼ねるアイテム。
美容液成分配合で、しかも肌を守る乳液の効果もあります。
シリコンやパラベン、石油系界面活性剤などが不使用な敏感肌用の低刺激処方もポイント。

50mlで定価¥4,320、定期コースなら¥3,888。
モイスチャーラインお試しセットなら¥1,900。
洗顔石けんやローションなども試せるトライアルセット内容となっています。

エトヴォスの詳細をチェック

アヤナス(ディセンシア)

アヤナス(ディセンシア) アヤナストライアルセット¥1,480

【公式サイトへ】

アヤナスは敏感肌ケアとストレスケア、エイジングケアを目指すスキンケアのライン。
セラミドナノスフィアというセラミドをナノ化して高配合。
ストレスによるバリア機能低下に対処する処方となっています。

中でもアヤナスエッセンスコンセントレートは美容液ランキングでもよく登場する一品。
炎症を糖化を防ぎ、しわ、たるみ、ほうれい線、くすみを防ぐ年齢肌に良い美容液です。

ローションコンセントレート定価¥5,400、エッセンス定価¥8,100。
アヤナストライアルセットなら¥1,480.
ローション、エッセンス、クリームに目元用クリーム付きです。

アヤナスの詳細をチェック

ドレスリフト(アテニア)

ドレスリフト(アテニア) 14日間のハリ実感プログラム¥1,500

【公式サイトへ】

ドレスリフトはアテニアから出ている年齢肌用スキンケアライン。
乾燥によるくすみや小じわ、毛穴トラブルに対応する保湿成分が入っています。

中でも朝用の美続乳液デイエマルジョンがおすすめ。
夕方まで潤いをキープし、日中のダメージから肌を守ります。
メイクの邪魔にもならないさらっとした使い心地なのにしっかりと潤う肌に導きます。

デイエマルジョン(60ml)¥2,911とお手頃価格なのもうれしいですね。
さらに14日間のハリ実感プログラムなら¥1,500。
ローションやナイトクリーム、美容マスクもついて試しやすい価格です。

ドレスリフトの詳細をチェック

オールインワンならメディプラスゲル

メディプラスゲル 定価¥3,996が初回のみ限定で¥2,996

【公式サイトへ】

保湿できるオールインワンならメディプラスゲルがおすすめ。
メディプラスゲルは手軽さと保湿力が受けて、大変人気のあるオールインワンゲルです。
化粧品の人気ランキングでも常に上位に登場するほど。

その秘密はセラミドををはじめとした66種類の美容成分が配合されていること。
しかも1本で化粧水、乳液、美容液、クリームのケアができてしまう手軽さもうれしい。

定価¥3,996が初回のみ限定で¥2,996。
忙しい方でも手軽に始めることができそうですね。

メディプラスゲルの詳細をチェック

プチプラでもいいものがある?

ここまでご紹介してきたアイテムは決してプチプラではありません。
プチプラで、ドラッグストアで購入できそうなアイテムもありますので、ご紹介します。

リッツ シェイプモイストローション

リッツはシリーズすべてに保湿成分としてカプセルコラーゲンが入っています。
シェイプモイストローションにはさらに3種類のセラミドとプロテオグリカンが配合。
プロテオグリカンはコラーゲン生成を促す成分です。

保湿成分が2倍入っているリッチタイプもあり、もっと保湿したい人にはおすすめ。
ドラッグストアで購入できるのも手軽で便利ですね。
価格¥1,274で、楽天やアマゾンでも購入できます。

ノブ

ノブはニキビ肌や敏感肌、年齢肌など様々な肌悩みに応えるブランド。
その中で今回はエイジング肌用のシリーズをご紹介。

ノブL&Wシリーズは高保湿でハリと透明感を与えるシリーズです。
ヒアルロン酸やアミノ酸、スクワランを配合し肌に潤いを与えます。
しかも持続型ビタミンC誘導体も配合されているので美白ケアもできてしまう!

低刺激処方なので、敏感肌の方も使えるように配慮されています。
初回お試しセットなら¥1,404、トライアルセットは¥1,836で試しやすい価格です。

30代で必要なケアは?


30代のお肌に最適な化粧品を選ぶポイントを紹介してきました。
化粧品以外にもお肌にとって必要なケアがありますので、見ていきましょう。

適切なお手入れをしよう

20代までは簡単なスキンケアでも問題がなかったお肌も、30代は違います。
しかも、ここでしっかりとケアを行うことが、見た目年齢を若く保つのに重要。

少し面倒かもしれませんが、早めにエイジングケアを行うことが美肌への第一歩です。
洗顔も刺激の少ない洗顔料を選び、丁寧に優しく行いましょう。
スキンケアの時も保湿成分を肌に入れ込むようにハンドプレスするといいですね。

そして、年齢と肌質に合った化粧品を使っていくことで肌トラブルも解消できますよ。

紫外線対策

紫外線は肌を老化させ、シミやそばかすを増やす肌トラブルのもとです。
しかも紫外線を浴びたお肌は乾燥が進み、肌の真皮まで傷ついています。

紫外線は1年中降り注いでいます。
そのため、紫外線対策は夏だけでなく、1年中必要。

顔はファンデーションの下地に紫外線防止効果のあるものを使いましょう。
また、顔だけでなく手肌も紫外線対策を行ってください。
手には年齢が現れやすく、シミも目立ちますよ。

たっぷりと睡眠をとろう

睡眠中には成長ホルモンが分泌され、肌の修復が行われています。
睡眠時間が短いと傷ついた肌の修復や肌細胞の生まれ変わりがスムーズにできません。

体の疲れをとり、ストレスを溜めない生活をするためにもたっぷりの睡眠は大切。
できれば毎日6時間は睡眠時間を確保しましょう。
そしてぐっすりと眠れる環境も整えるとさらにいいですね。

バランスのとれた食生活を!

健康なお肌は健康な体から、ということで栄養バランスは重要なポイントです。
栄養のバランスがとれた食生活を行うことで、肌質が改善することもあります。

特にビタミンやミネラルは肌には欠かせない食品。
積極的にビタミンやミネラルが含まれる野菜類をとりましょう。
さらに肌や細胞の生成に欠かせない良質のタンパク質もしっかりと摂取してください。

30代になったら保湿重視の化粧品にチェンジ!継続使用で美肌へ


30代は体も肌もトラブルが出やすい年代。
少しずつ老化現象も見え始め、20代までのスキンケアでは対処できなくなってきます。

まずは保湿重視のスキンケアを行うことと、肌質を見直してみましょう。
思った以上に乾燥していることも。
30代なら丁寧にお手入れすれば、回復も早いはず。

将来の美肌のために30代から肌質に合った保湿アイテムを取り入れていきましょう。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機会ってありますよね。 でも、化粧を取ったら毛穴が目立つ、ニキビ跡が汚くてとても見せられない…! どう
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー