prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

頬のたるみを目立たなくする方法は?おすすめ解消法と便利グッズ

顔のたるみは、エイジングのお悩みの中でも代表的なものの1つ。
なかでも頬のたるみは、フェイスラインに直結するのでとても深刻です。
口角が下がってブルドッグ顔になったままでは、表情も沈んでしまいますね。

今回は、エクササイズやセルフケアによる、頬のたるみ解消法をご紹介します。
自宅ケアと併用すると効果が高い、便利なたるみ解消グッズも選んでみました。
毎日続けて、頬のたるみをリフトアップさせましょう!

スポンサーリンク

頬のたるみの原因は何?

ac9d98555fdcc08cce8354e99808f5eb_s
頬のたるみにはいくつかの要因が絡み合っているケースが多いと言われています。
加齢をはじめとする、頬のたるみのさまざまな原因を見ていきましょう。

加齢による肌弾力の低下

私たちの皮膚には、真皮層の中に繊維芽細胞という細胞が存在します。
ここでコラーゲンやエラスチンやヒアルロン酸が作られ、肌の弾力を保っています。
加齢によりこれらの生成量が減ってくるため弾力が失われ、たるんでくるのです。

スポンサーリンク

筋肉の衰え

顔は表情筋という筋肉でできていて、それが細かく動き皮膚や脂肪を支えています。
手や足と同じように、顔の筋肉も年齢とともに衰え、量が減っていきます。
こうして筋肉が皮膚や脂肪を支えきれなくなると、表面がたるんでしまうのです。

紫外線・乾燥

紫外線や加齢によって肌が乾燥したままだと、肌本来の保湿力が失われていきます。
水分が少ないと、新しい肌に生まれ変わる働きも弱り、弾力がなくなります。
ハリを失った肌は重力に逆らえずに下に下がり、たるみを招いてしまうのです。

生活習慣

長時間のデスクワークやスマホの酷使による、姿勢が悪い状態もたるみの原因です。
下を向いて背中を丸めていると、皮膚が下がり、ほうれい線やたるみにつながります。

また、ストレスや睡眠不足、栄養不足も肌の老化に直結しますので要注意。

頬のたるみ解消法!おすすめ5選

fbadd1f655747029e38e4e2cc8c9f594_s
頬のたるみは、美容クリニックなどで治療やケアを行う方法もあります。
しかし、毎日続けるセルフケアでもリフトアップ効果は期待できますよ。
今回は、おすすめの頬たるみ解消法を5つピックアップしました!

①リフトアップマッサージ

保湿用のクリームやジェルを使って、リフトアップマッサージを行いましょう。
手のひらをあたためてから、顔を包み込むようにマッサージします。

まずはあごから耳の後ろへ向かって、フェイスラインに添うように上げていきます。
そして小鼻の脇からほほ骨を通って耳へ、口角からも耳へとすべらせます。

1箇所につき3回くらい、頬のたるみが引き上がったような感覚があればOKです。
乾燥したまま行うと摩擦で肌を刺激してしまうので、クリームはたっぷりと。

②リンパケア

耳の後ろから首の側面にかけてリンパ腺があり、顔の老廃物や酸素を運んでいます。
老廃物や脂肪が滞っていると、顔のたるみを招きやすくなります。
ここを刺激することでリンパや血液の流れが促進され、たるみに効果的なのです。

耳の後ろから首側面を、さすったり、くるくるとマッサージしてみましょう。
リンパの流れと同じ方向にするため、必ず下へ向かって行って下さい。

③表情筋トレーニング

表情筋は使いにくい筋肉なので、トレーニングで動かすと効果も大きいと言われています。
顔の筋肉を鍛えると、肌にハリや弾力をもたせ、たるみや二重あごを防ぐことができます。
皮膚が温まっているお風呂上がりなどに行ってみましょう。

1.口を大きく動かして、あいうえおの形を一つずつゆっくり作っていきます。
2.舌を上向きに出して伸ばし、5秒キープします。
3.口角を思い切り上げて笑顔を作り、5秒キープします。

今回は頬のたるみを解消するのが目的なので、顔の下半分中心のトレーニングです。
目をぎゅっと閉じて大きく開いたり、といった上部分の動きにも挑戦してみましょう。

④頭皮マッサージ

毛穴に老廃物が詰まっていたりドライヤーの熱で乾燥していることが多い頭の皮膚。
頭皮は顔の皮膚とつながっているため、たるみにも大きく関係しています。
化粧品ではなかなかたるみが改善しない人は、頭皮をマッサージしてみましょう。

頭皮の血行を促進するように、指の腹を使ってよくもみます。
頭皮専用のローションやオイルなどを使うと、保湿力もあって効果的です。
視界がシャキッとしたり、顔の皮膚が持ち上がった感じがしますよ。

⑤エイジングケア化粧品

たるみケアのためには、年齢とともに減少していく成分を化粧品で補うことも重要です。
ビタミンC誘導体、レチノールといった成分を含む化粧品を選びましょう。
コラーゲンの生成を促進し、ハリや弾力を取り戻す効果が期待できます。

おすすめのたるみケア化粧品は以下の記事で詳しくご紹介しています↓

たるみやしわが気になる…エイジングケア化粧品の選び方&おすすめランキング!

たるみ解消お役立ちグッズ

114800
続いては、さらに効果をアップさせるのに役立つグッズのご紹介です。
セルフケアと上手に併用して、頬のたるみのお悩みとはサヨナラしましょう!

イオン導入器

イオン導入器とは、肌に微量の電流を流す美容器具です。
美容液や化粧水を塗った肌にイオン導入器のヘッド部分をあて、電流を流します。
一時的に肌のバリア機能を弱めることで、美容成分の浸透力を上げるのです。

イオン導入器を使うことで、通常の数十倍の浸透力があると言われています。
つまり、美容成分を肌のより深いところまで届けることができるのです。
たるみだけでなく、シミやしわにも効果が期待できますよ。

美顔ローラー

美顔ローラーは、顔の上でローラーを転がしてマッサージする器具です。
表情筋を刺激して活性化させたり、血行や代謝をよくする効果があります。

入浴後など、血行がよく肌が乾燥していない時に使うのがおすすめ。
テレビを見ながらでもコロコロできるので、トライしやすい美容法です。
首筋からあごの下、口元から頬にかけて転がし、リフトアップさせましょう。

ピーリング石鹸

ピーリングで不要な角質を除去すると、ターンオーバーを整えることができます。
ターンオーバーを整えることで、ハリや弾力を取り戻し、たるみを解消します。

ジェルなどは肌を傷めることがあるので、ピーリング石鹸がおすすめ。
柔らかい泡立ちで、優しく角質や老廃物を取り除くことができます。
週に1〜2回の使用で肌を活性化させ、たるみやしわを予防しましょう。

生活習慣も気にかけて

TSU863_kirinosaki_TP_V
頬のたるみを予防するためには、生活習慣にも気を配りましょう。
お肌全体を健康に保てば、たるみだけでなくしわや乾燥も防ぐことができます。

保湿とUVケアを忘れずに

年齢を重ねるごとに肌の水分量は減少しますので、洗顔後や入浴後の保湿は欠かさずに。
また、毎日しっかり保湿ケアしていても、紫外線に当たるとすぐに乾燥を招きます。
夏でなくても、少しの日差しでも、こまめなUVケアを心がけましょう。

バランスの良い食事と十分な睡眠

コラーゲンを生成するタンパク質や、ターンオーバーを促進するビタミンとミネラル。
肌のためには、これらを意識的に食事に取り入れましょう。
また、質のよい充分な睡眠も、肌細胞を活性化させる重要なポイントです。

イキイキと姿勢良く

背中を丸めて小さな画面を見ていると、あごや頬の肉がたるみやすくなります。
胸を開いて、視線はやや上を見るような姿勢を心がけてみましょう。
姿勢を良くすると気持ちも前向きになって、若々しくいられますよ。

毎日の努力で若々しいお肌をキープ!

CRI_IMG_6001_TP_V
頬のたるみやほうれい線は老けて見えやすいので、極力目立たなくしたいですよね。
肌細胞の老化は止めることはできませんが、努力次第でハリや弾力は保てます。

ご紹介したエクササイズやグッズで、今日から早速、たるみを解消していきましょう。
毎日続けることで、肌年齢が変化してきますよ!

●参考文献
加齢だけでない!頬のたるみの原因と今日からできる解消法(スキンケア大学)
たるみの原因(顔のたるみ研究所)
3分でできる!ハンドマッサージによるたるみ対策(顔のたるみ研究所)
顔筋肉トレーニングが必要な6つの理由(スキンケア大学)

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー