prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

【60代のエイジングケア】美ヂカラUP!おすすめ保湿化粧品&ケア方法

ライフスタイルの一部として楽しむスキンケア。
それは女性らしさをグンと引き立てるエッセンスです。

いつまでも美しくあるために、スキンケアを「趣味」に加えてみませんか?
美容と末永く付き合いたいあなたへ、とっておきの商品とスキンケアのポイントをお伝えします。

スポンサーリンク

スキンケアは美容の醍醐味


仕事や家事に忙しくしていた30~50代。
その時に比べると、60代は時間にゆとりが生まれてくることでしょう。

自由な時間でスポーツに取り組んでみたり、教室に通ってみたり…。
そしてまた、スキンケアも有意義な「趣味」の1つになり得ます。

鏡の前で美しい肌に思わずうっとり。
その瞬間があったなら、1日がきっとキラキラしたものになりますよね。

スキンケアは”やらなくてはいけないこと”ではありません。
日々のモチベーションを高める「楽しみ」なのです!

メイクの悩みもケアで解決

シミやシワをカバーしようと思ったら、いつの間にか厚塗りに。
ファンデーションがなかなか落ちない。
最近メイクが下手になった…。

60代の女性の多くが、こういった問題に悩まされています。
じつはこれらのお悩みも、スキンケアを見直すだけで解決の糸口を掴めることをご存じですか?
ひも解くヒントは「保湿」にあります。

保湿重視のスキンケア


年齢とともにターンオーバーは乱れ、一度ダメージを受けるとすぐには立ち直れません。

紫外線や乾燥、花粉にホコリ。
日常生活に潜むダメージ要因に負けないためには「肌バリア」が必要不可欠。
そして「肌バリア」の主力こそ、うるおいなのです。

ですから60代のスキンケアは「保湿」を見極めたスキンケアが求められます。
ケアのポイントとおすすめ化粧品はこちら!

スポンサーリンク

クレンジング

ファンデーションを厚く塗ると、肌の溝にファンデーションが潜りこんでしまうことがあります。
洗顔後、もしタオルにメイクが付いていたら、この可能性を疑ったほうがいいのかも?
そこでクレンジングは「メイクオフ力」と「うるおい」を両立させるアイテムを。

おすすめ商品

【ドクターシーラボ】VC100ホットピールクレンジングゲル
ビタミンC誘導体、コラーゲン、ヒアルロン酸、リピジュア®。
さらには5種のオーガニック成分に、フラーレン、COQ10配合。
美容成分の配合率は92.6%にも及び、クレンジングゲルでありながら美容液に引けを取りません。

温感タイプで、肌に乗せるとじんわりホカホカ。
古い角質をやわらかくして、こすらなくても優しくオフします。
無香料・無合成着色料・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリーです。

【ドクターシーラボ】ナチュラルクレンジングオイル
‟メイクを落とすだけでは終わらせないクレンジング”をお探しの方へ。
保湿成分、ビタミン、植物エキスを豊富に含むオイルクレンジングはいかがでしょうか。

美容オイルでクレンジングしているような使用感。
毛穴の奥まですべり込み、メイクを浮かせて落とします。

手順はシンプルで、オイルをなじませた後ぬるま湯で流すだけ。
つい肌をこすってしまう方も、これならやさしいクレンジングが叶います。

クレンジングの注意点

肌にメイクが残ったままだと、ダメージに繋がりかねません。
だからといって、強くこすったり、うるおいを根こそぎ落としてしまうのはNG。
じっくりとクレンジング剤を肌になじませて、とろけるメイクオフを心がけましょう。

洗顔料

クレンジングで汚れを落とした後の肌。
強い洗浄成分で洗ってしまうと、必要な油分が流れ落ちてしまいます。
肌に残ったメイク汚れや古い角質は、泡で包んで落としましょう。

泡立ちに優れた洗顔料なら、泡立てる時間を短縮できますよ。

おすすめ商品

【プリオール】オールクリア石鹸
泡立てネットを使わなくてもクリーミーな濃密泡に。
微粒子シルクで小ジワの奥からメイク汚れや古い角層をオフします。
保湿成分をたっぷり配合し、洗い上がりもしっとり。

乾燥による小ジワも目立たなくします(※)。
※=効能評価試験済み

間違った洗顔方法に潜むワナ

基礎化粧品に気を使っている方でも、つい躓いてしまうのが洗顔方法です。
肌の皮膚はデリケート。
お湯の温度や洗い方など、気をつけるポイントがたくさんあります。

とはいえ、難しくはありませんのでご安心を。
洗顔方法の見直しは、美しさをキープする大きな力になりますよ。
詳しい手順はこちらの記事をご覧ください。
【洗顔石鹸ランキング決定版】お肌に優しい石鹸を選ぶポイント3つ

継続するならオールインワン化粧品

スキンケアは継続できることが大切。
あれもこれもとはじめから集めてしまうと、スキンケアが億劫になってしまうかもしれません。
そこで基礎化粧品に、オールインワンタイプを選んでみてはいかがでしょうか。

たった1本で何役もこなす芸達者で、うるおいケアだって◎。
以前スキンケアをあきらめてしまった方も、この機会に再デビューを!

おすすめ商品

【メディプラス】メディプラスゲル
コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸、セラミドなど66種類の美容成分配合。
化粧水、乳液、美容液、クリームの4役が1本に凝縮されたオールインワンゲルです。
使い方は化粧水と同じで、洗顔後の肌になじませるだけ。

スキンケアを重ねていると、どうしても肌の摩擦が増えてしまいますよね。
メディプラスゲルは洗顔後のケアが1回で終わるので、摩擦ダメージを軽減できます。
パラベンなどの防腐剤は無添加です。

ライン使いできるブランド紹介


スキンケアが面白くなってきたら、無理のない範囲で「ライン使い」はいかがでしょう。
「ライン使い」とは”アイテムを1つのブランドで揃える”ことです。
トライアルセットなら、気になる化粧品を少量から試せるメリットも!

【Primary】美肌トライアル化粧品

水溶性コラーゲンエッセンスを原液100%配合。
医学博士が皮膚生理学に基づき、20年の歳月を経て完成させた珠玉の1品です。
無菌室で内部まで減菌し、赤ちゃんや敏感肌の方が使用できるようすみずみまで配慮。
医薬品製造工場レベルの衛生管理のもと、最後の1滴まで丁寧に仕上げています。

セット内容
ウォッシュパウダー、リフレッシャーローション、プライマリーコラーゲンエッセンス

【ドモホルンリンクル】トータルスキンケア8点セット

メディアなどで広く知られる化粧品の1つではないでしょうか。
人工香料、着色料は不使用。
生産者と直接話し、土壌や育成の方法まで確かめたものを原料としています。

また、商品は4年間保管しており、品質に対する問い合わせへの備えも万全。
スキンケアと真摯に向き合うブランドです。

セット内容
化粧落しジェル、洗顔石鹼、泡の集中パック、保湿液、美活肌エキス、クリーム20、保護乳液、素肌ドレスクリーム

【美穂化粧品】プライマリーセットA

素肌本来の美しさを求めて作り上げた化粧品。
それが美穂スキンケアシリーズです。
クロレラCE(保湿成分)が肌バランスを整えて、健やかな美を引き出します。

セット内容
スキンローション、ミルクローション、マリーゴールドソープ(詰替用)、ビューティパック、CEクリーム、ビューティソープ(ケース付き)、クレンジングミルク、ビューティマスク

保湿にこだわるのはなぜ?


保湿重視のスキンケア商品、いかがでしたか?
もしかすると「そこまでこだわらなくてもいいんじゃない?」と思われた方もいらっしゃるのでは。
「肌バリア」について先述で少し触れましたが、突然バリアと言ってもピンときませんよね。

そこで、ここからは「なぜ保湿にこだわるのか」について、詳しくご案内します。

肌バリアの仕組みとは

皮膚の役割は、体を外部刺激から守ることにあります。
また肌から必要以上に水分が失われないよう防ぐのも皮膚の役目。
こういった肌が健やかな状態を保つための働きを「肌バリア」と呼びます。

そして「肌バリア」が健やかに機能するためには、うるおいが欠かせません。
つまりうるおいを保つことが、肌を美しく保つことに繋がるのです。

機能低下が肌トラブルの赤信号

「肌バリア」は皮膚を守る重要な要素。
それだけに弱まると乾燥を招いてしまいます。
”乾燥肌”と言われる状態ですね。

そして肌の水分が少なくなると、紫外線などの負担を直接受けてしまうことになります。

ホルモンバランスの乱れが乾燥肌を引き起こす?

年齢とともに女性ホルモンは減少していきます。
女性ホルモンとは肌にハリを与え、しなやかな体を司るホルモン。
体内が変化すればホルモンバランスは徐々に乱れ、皮脂の分泌も滞りがちになっていきます。

そして老化とともに乱れやすくなるターンオーバーも無視できません。
肌にサインが現れた場合、ケアに時間がかかるということなのですから。
こういった要因の積み重ねにより、肌は乾燥の道を辿っていってしまいます。

保湿によって肌をサポート

「肌バリア」の機能低下とホルモンバランスの乱れ。
加齢と乾燥肌は密接な関係にあります。
もし「肌バリア」をサポートせず、乾燥したままにしたならどうでしょう。

外部刺激に反応して肌トラブルが起これば、シミ・シワの引き金になりかねません。
また、年齢肌にはほうれい線や毛穴のたるみがあげられますよね。
こういったエイジングサインにも、うるおい不足が関係していることがあります。

肌に現れる悩みの原因を、日々の保湿でケアできるのなら…。
スキンケア、しいてはエイジングケアのため、それが保湿ケアの理由のです。

3大保湿成分について

化粧品に配合されている保湿成分で「3大保湿成分」として注目されている成分。
それがセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸です。
高保湿の化粧品を求める際は、商品選びのポイントになりますよ。

セラミド

肌のバリア機能をサポートします。
また、コラーゲンを守るのもセラミドの役目。
年齢とともに減少しがちな成分です。

コラーゲン

体内では「真皮」に存在するタンパク質の1種です。
細胞を繋ぎ止め、ハリ・弾力のある肌に整える成分です。

ヒアルロン酸

「真皮」にあるコラーゲンなどの要素の隙間に存在している成分です。
保水力に優れ、肌にうるおいを与えます。

敏感肌にシンプルスキンケア


保湿重視のスキンケアは、エイジングサインで悩む肌の支えとなります。
しかし敏感肌に傾いていると、有効成分がかえって刺激となってしまうことも。
そこで肌がデリケートなときは、シンプルスキンケアがおすすめです。

シンプルスキンケアは「最低限のケアで、肌本来の力を取り戻す」ことを目的とした方法です。
詳細についてはこちらの記事をご覧ください。
メイクOKの肌リセット術「シンプル スキンケア」で素肌美人に!

こんなときはお医者様に相談を

敏感肌は肌トラブルが起きやすい状態です。
とはいえ過度なかゆみ、痛み、出血があるなら、放っておくのは危険。
アレルギーや炎症を起こしている可能性があります。

肌に悩みがあるときは、はやめに皮膚科へご相談くださいね。
治療やお薬で改善できるかもしれません。

生活習慣でできる美容への取り組み


スキンケア以外にも、生活の中でできる美容への取り組みはたくさんあります。
美容のために始めたことが、ライフスタイルを豊かにしてくれることも。
今日からできる習慣を、ピックアップしてご案内します!

規則正しい食生活

野菜、お肉、お魚、お米に果物。
さまざまな食品をバランス良く摂取することで、体の中から整えられます。

体を作っているのは毎日の食事。
美容と健康のため、バランスの良い食生活はスキンケア以上に重視したい習慣です。

サプリメント

加齢とともに必要な栄養素が不足しがちに。
1日に求められる栄養は以外と多く、食べたくても食べられないことがありますよね。

そんなときはサプリメントで補うのもおすすめです。
ビタミン、ミネラルなど、豊富な種類があり、目的に応じてチョイスできます。

適度な運動

美しさを保つには筋力も必要です。
朝のラジオ体操、お散歩などを日課に加えて、体を積極的に動かしましょう。

スローヨガや太極拳の教室に通ってみるのもいいですね。
さまざまな人との触れ合いが、美しくあろうという気持ちを高めてくれます!

マッサージ

エステやサロンで専門のフェイスマッサージを受けると、肌はキラキラ輝いて見えます。
できれば毎日通いたいですが、コスト面が気になるところ…。
そこで自宅でできるセルフケアを取り入れてみるのはいかがでしょう。

リフトアップマッサージ、リンパケア、表情筋トレーニング、頭皮マッサージ。

テクニックを抑えれば、これらは自宅で実践可能です。
リフトアップを叶えるため、ぜひお試しくださいね。
気になる方法はこちらから!
頬のたるみを目立たなくする方法は?おすすめ解消法と便利グッズ

いつまでも美しくあるために


体をいたわるスキンケアは、今まで頑張ってきた自分へのご褒美です。
新しい化粧品に触れてみると、それだけでフレッシュな驚きや発見を楽しめますよ。
美を求める気持ちを大切に、女性であることを満喫しましょう!

■参考文献
保湿で重要な「肌バリア機能」とは?役割や失われる原因を解説(スキンケア大学)

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機会ってありますよね。 でも、化粧を取ったら毛穴が目立つ、ニキビ跡が汚くてとても見せられない…! どう
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー