prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

諦めないで!まだ間に合う、顔のシミが出来る原因とその消し方

gf2160294279

スポンサーリンク

顔のシミが出来る原因

顔のシミが出来る原因は、主に、何らかの原因でターンオーバーが乱れる事と肌への過剰な刺激が挙げられます。

人の肌が紫外線を浴びて日焼けをするメカニズムは大まかに以下の通り。

①紫外線が肌に当たる
②メラニン色素が作られ、皮膚を守る為に肌が黒くなる
③肌のターンオーバーが起きてメラニン色素が剥がれる

ですが、ここでターンオーバーが正常に出来なかったり、メラニン色素が過剰に作られた場合はそれが肌に残ってしまい、そのままシミになります。

スポンサーリンク

肌への過剰な刺激が原因でシミが出来るメカニズム

①何らかの刺激で肌が炎症を起こす
②活性酸素が発生
③メラニン色素が作られ、それがシミになる

「刺激」とは具体的に、洗顔の際に擦る、化粧水をつける際に叩いたり、肌に合わない化粧品を使っている、喫煙なども肌にとってはシミが出来る「刺激」となってしまうわけです。
当然紫外線も肌への刺激となりますが、それ以外にも普段何気なく行っている行動、それがシミに繋がっている場合があります。UV対策はばっちりだが、普段の行動は気にしない!という人は注意が必要ですね。

それ以外の原因では、加齢やホルモンバランスの崩れ、自律神経の乱れ、ストレスなども正常なターンオーバーの妨げになりますし、内臓に疾患がある人もシミが出来やすくなるといわれます。
また、セロリやレモン、いちじくなどにはソラーレンという成分が含まれた食べ物を大量に食べて日光に当たるとシミが出来やすいそうですが、食べすぎに気をつければ対策は容易ですね。

シミの種類と消し方

老人性色素斑

⇒皮膚の老化現象の一つで、早い人は30代から出てくるそうです。主な原因は、長年紫外線を浴び続けたことですので、対策は若い頃からの紫外線対策が有効です。また、レーザー治療も有効で、再発することなく綺麗な肌に戻ります。

雀卵斑

⇒鼻や頬のまわりにできる小さな斑点の事で、ソバカスのことです。紫外線を浴びることで濃くなることもあるので、やはり紫外線対策が必要です。

ソバカスは、遺伝的要素が強いため、スキンケアでは治らず、専門医に相談するのが良さそうです。

太田母斑

⇒ メラニン色素を生成する細胞が異常繁殖することが原因で出来るシミ。皮膚の深いところに出来る、蒙古斑やアザのようなシミが特徴です。

見た目はシミやクマ と似ているので診断が難しいです。気になるようなら専門医に相談をオススメします。レーザー治療も有効ですが、1回で治ることは少なく、何回か通う必要が あります。

脂漏性角化症

⇒紫外線や遺伝的な要因で、細胞が変質し少し隆起したイボのようなシミ。皮膚の老化現象の一つで、30代~40代から現れる。主な治療法は、手術やレーザー治療法、液体窒素を使った凍結療法が主流です。

肝斑

⇒頬や額、鼻の下に出来る左右対称のシミ。女性ホルモンが関係しているようで、妊娠中などに出現することが多く、高齢になると薄くなるのが特徴。また、他のシミ同様、紫外線を浴びると濃くなります。
肝斑は他のシミのようにレーザー治療は効果がありません。逆に濃くなる場合もあるので、内服薬と外用剤を用いた治療が一般的です。

シミの種類やシミの状態で治療法は様々で、状況によっては完全に消すことは難しいですが、どんな場合であれ薄く目立たなくすることは可能なようです。

もし、顔のシミでお悩みなら、今の自分の状況をしっかり把握した上で、最適の治療法を選択することが重要と言えます。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサする…。 化粧ノリも悪くなるし、ひどいと粉がふいてしまったりすることもある乾燥肌。 特に冬場が近くなると乾燥に悩んでいる人もいるでしょう。 乾燥対策として真っ先に思いつくのは「保湿」! 特

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー