prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

知っておこう!さまざまなトラブルを招く「乾燥肌」は怖い!

CX_DG050

女性の約8割が乾燥肌の自覚があるそうです。乾燥対策に保湿化粧品を愛用している方も多いでしょう。
なぜお肌は乾燥するのか、乾燥が進むとどうなるのかを考えてみましょう。

お肌が潤いを保つ仕組み

角質層は僅か0.02㎜程の厚さで、角質細胞が積み重なり、角質細胞間脂質がセメントのようにすき間を埋めています。それにより、外から水分や異物が侵入するのを防ぎ、同時に内部の水分の蒸発を防ぐことが可能となります。
一般に、お肌の水分量は、皮脂、アミノ酸・尿素・糖類などから成る天然保湿因子、細胞間脂質がバランスよく存在することで保たれています。
お肌を触ると柔らかいのは角質層に水分が含まれているためです。

では「乾燥肌」になるとどんなトラブルが待っているかは知っていますか?
「乾燥肌」の怖さをちゃんと知って、お肌に対策をしましょう!

お肌が乾燥するのはなぜ?

まず、加齢により、水分を守る成分が失われて行くためです。
また、熱いお湯に長時間浸かる、洗浄力の強いボディーシャンプーなどで身体を洗うといった行動で、皮脂と細胞間脂質が溶け出てしまうこと。
更に、空気の乾燥も影響します。湿度が50%以下になるとお肌の水分が蒸散しやすくなり、お肌がつっぱるのを感じた時には既にお肌の水分量は10%を下回っていることもあります。
そして、生まれつきセラミド量が少ないなど、乾燥の原因が先天性である人もいます。

乾燥肌が招く肌トラブル

*敏感肌に?

肌が乾燥しているときは肌の「バリア機能」が低下していると思ってください。角質層内は水分や油分で満たされることで保湿され、外部刺激をシャットアウトする「バリア機能」が働いてくれています。ところが、肌内部の水分量が減ることで角質層内に隙間ができてしまい、外部刺激をバリアできずに次々と内部への侵入を許してしまうのです。

アレルゲンが入り込み続けると「敏感肌」に。洗剤や化粧品に反応してしまうようになったり、ちょっとした衣服のこすれでも肌が真っ赤になって痛みまでともなうこともあります。

*シミ、シワが増える?

肌の保水力がなくなっているときは、角質層内が固くなっています。濡れた布より、乾いた布のほうがシワが取れにくいのと同じで、乾燥した肌は表情を変えてもシワがよったままに。バリア機能をなくして紫外線が入りやすくなっているのも原因です。紫外線は言わずと知れた肌老化の元凶でシミとシワを作ります。小ジワは保湿で対応できても、深いシワになったらお手上げです!皮膚の薄い目尻あたりに小ジワができたらすぐに保湿を!

*大人ニキビが?

バリア機能が低下したことで、肌内部に雑菌が入り込むと炎症を起こすことがあります。それが「ニキビ」です。若い頃のオイリーが原因のニキビとは違って、大人ニキビは乾燥が原因でできてしまうのです。しかも肌の抵抗力が弱くなっているから、治りにくいので面倒です!

*毛穴が目立つ?

毛穴の広がりって、毛穴に余分な皮脂や汚れが溜まることでできるのが有名なので、どちらかというとオイリー肌の悩みかと思いきや、乾燥してもできるんです。肌の弾力がなくなることで皮膚がたるんでしまい、毛穴もタル~ンと伸びてしまうからです。これは「帯状毛穴」や「たるみ毛穴」と呼ばれていて、けっこう目立つんです!

◆ カサカサお肌

角質層の水分が減少すると、皮膚が乾燥した皮脂欠乏症に。見た目は勿論、化粧ののりも良くありません。

◆ 湿疹、炎症

通常は弱酸性に保たれているお肌ですが、乾燥するとアルカリ性になり、菌が繁殖しやすい状態に。角質層に水分が無くすき間だらけだと、埃やゴミ、菌などが進入しやすい状態でもあります。
痒みを感じて掻くと、細菌が入り、湿疹や炎症を引き起こすことも。

皮脂が足りないことでお肌表面の水分・油分のバランスが崩れ、ニキビも発生します。
髪や衣服が軽く触れるだけで痒い、化粧品が合わなくなるなど、刺激に対して敏感になります。

◆ エイジング

シミの原因となる紫外線も、角質のすき間から進入し得るもの。また、ハリや弾力の元であるコラーゲンやヒアルロン酸といった成分が無ければ、シワやたるみが作られます。

乾燥肌はよくある事と思っていても、ひどくなると、日常生活に影響するぐらいにまでなる怖いものなのですね。

保湿を心がけて

簡単に解説しましたが、乾燥肌が招く肌トラブルって色々あったんですね!面倒なことになる前に、ちょっとでも乾燥が気になりだしたら保湿を心がけることが本当に大切です。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー