prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

30代~40代必見!しずく型のたるみ毛穴に効果的な3つの対策法

年齢を重ねるごとに肌がたるんでしまい、毛穴がしずく(涙)のような形になってしまうことがあります。
30代、40代の人ではこの毛穴トラブルが最も多いのではないでしょうか。
この毛穴トラブルを一般的に「たるみ毛穴」といいます。

この毛穴トラブルの特徴は、他の種類と違って加齢がいちばんの原因だということです。
もし頬を軽く持ちあげると目立たなくなったり、頬を指で軽く引っ張ると目立たなくなったりしたら、それは完全にたるみ毛穴です。

たるみ毛穴はしずく毛穴や涙型毛穴、下がり毛穴とも言われ、いずれの場合も、毛穴が縦長に目立っている状態。
適切なケアで毛穴の開きを目立たなくさせましょう!

20歳過ぎから始まる、お肌の老化…30歳から毛穴が涙型に!

オイリー肌や角栓の詰まりなどが原因と思われがちな毛穴の開き。
実は加齢によっても起こるって知っていましたか?
たるみ毛穴は肌がたるんだことで毛穴も引っ張られて広がった状態、しずく毛穴は下に引っ張られた毛穴が涙型になった状態のこと。
毛穴が縦の楕円形や涙型に広がっていたらそのサインです。

たるみが原因の毛穴の開きなら、いくらピーリングや蒸しタオルなどで毛穴の汚れを取っても改善しません。
放っておくと隣同士のたるんだ毛穴がくっついて、シワに見えてしまうことも!
エイジングによる毛穴の悩みを解消するコツを押さえておきましょう。

20代~30代までは皮脂が原因の「開き毛穴」が多い

20代~30代前半はまだ皮脂が多い年代です。
余分な皮脂は毛穴に詰まって角栓が大きくなり、毛穴を押し広げる原因になります。
また、毛穴の出口に溜まった皮脂が酸化して皮膚を刺激し、毛穴をすり鉢状に変形させて開き毛穴にしてしまうこともあります。

ここに加齢による真皮のコラーゲンとヒアルロン酸の劣化・減少が加わると、肌の土台の組織が崩れることによる「たるみ」の始まりです。
こうして、30代前半の毛穴は開いてしまい、たるみによって更に目立つ毛穴になってしまいます。

30代後半から目立ち始める涙型、しずく型の毛穴は“たるみ毛穴”!

30代後半からは徐々に皮脂が減ってきます。
そのため、角栓による開き毛穴は減りますが、乾燥により毛穴が目立ち始めるようです。
皮脂の分泌量が減ることで、肌が弾力を失います。そしてハリが失われてきます。

つまり、乾燥して肌の水分量が低下し、肌のキメが乱れて毛穴が落ち込んでしまうのです。
そして、30代前半に加速を始めたコラーゲンとヒアルロン酸の劣化・減少も更に進みます。
毛穴の落ち込みとたるみのダブルパンチで、開いて目立った毛穴になってしまうのです。

たるみ毛穴の原因は?

  • 紫外線UV-A波の影響による保湿成分の減少
  • 加齢と共に女性ホルモン(エストロゲン)が減少することに伴い、ヒアルロン酸やコラーゲンが減少するため、ハリが衰え毛穴が広がりやすくなる
  • 筋肉の衰え、メガネやサングラスの鼻のパッドの重みにより、皮膚が耐え切れなくなりたるむ

このような性質から、しずく毛穴は、お肌に弾力を与え持ち上げることで目立たなくなります。

大きな原因はハリ・保湿成分の減少

いくつかの原因をあげましたが、おおまかにいってしまえばたるみ毛穴、しずく毛穴は、加齢によって肌のハリが失われることが原因でおこります。
コラーゲンやヒアルロン酸の不足や表皮の衰えているのです。

毛穴の周囲の皮膚が衰えることで、その皮膚が毛穴の内側へ落ち込んでいってしまいます。
その結果、毛穴が目立ってしまうのです。
また、肌が重力に負けてたれてしまうことで、毛穴が縦長やしずく型になってしまうのです。

たるみ毛穴を放置してるとさらに大変な「帯状毛穴」に…!

たるみ毛穴を放置していると隣同士の毛穴が繋がり、「帯状毛穴」となります。
更に下がった状態を皺のような物、または皺と呼びます。

小皺やほうれい線の状態がまさに帯状毛穴であり、
一度そのようになってしまえば簡単に無くす事は出来ず、更に老け込んだ印象をもたらします。
皮脂や水分量は落ち着いている時期なので毛穴面積が大きいからといってトラブルに繋がる事は頻繁にはありませんが、ある意味にきびや吹き出物、角栓詰まりよりも深刻な状態とも言えます。

帯状毛穴を防ぎ、たるみ毛穴を撃退する3つのポイント

たるみ毛穴、そしてその先の帯状毛穴を防ぐためにも、毛穴が目立ってきたな~、涙型になってきたな、と感じたらすぐにケアをすることが大切。
たるみ毛穴対策の方法は主に3つあります。

①スキンケアはセラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸・ビタミンC配合のものを

年を重ねるとコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などが減少するので、お肌のハリや弾力を保つためにコラーゲンなどが配合されたエイジングケア用の化粧品を使うのも良いでしょう。
ビタミンC誘導体配合の化粧品も毛穴の開きや黒ずみ、美白にも効果があるのでおすすめです。

ビタミンCはコラーゲンを作るときにも原料になるので、コラーゲンの生成も助けてくれます。

【おすすめ化粧品】b.glen

エイジングケアから毛穴ケアまで、30代以降から抱えるトラブル対策の商品がラインナップされています。
界面活性剤のない天然クレイの洗顔でしっかり洗浄し、バリア機能を壊さないでお肌を守ります。
さらに毛穴ひきしめ成分まで含んでいるので、このシリーズで毛穴ケアが一通り出来てしまうのです。
毛穴が開かない4ステップとして「落とす」「うるおす」「引き締める」「守る」をうたっており、それが可能な成分が含まれています。

②規則正しい生活を送る

代謝(ターンオーバー)を高めることで、新しい細胞が作られお肌はキレイになっていきます。
新しい細胞が生まれ変わる時に、本来なら剥がれ落ちる角質が剥がれ落ちる事無く残ってしまい、その角質がどんどん厚くなっていきいます。
その影響で、肌のキメが整わず、ハリ、弾力、たるみ、くすみ、シミの原因となってしまうのです。

なので、代謝を高め、美肌を手に入れるために生活習慣を見直してみましょう。

食生活の見直し

代謝を高めるにはビタミンを多く摂取すること。
バランス良い食事を心がける事も重要です。

また、コラーゲン成分をしっかり栄養として吸収するためにはコツがいります。
せっかくコラーゲン入りの食べ物をとってもあまり効果がない…という方は活性酸素の影響で、途中で酸化し変形し、お肌に届いていないことがあります。

抗酸化成分が多い栄養素(ビタミンC、E、ポリフェノール、カテキン、ベータカロチン、リコピン、フラボノイド、セサミノール、アスタキサンチンなど)を摂り、悪い生活習慣を変えて、活性酸素が増えるのを防ぎましょう。
また、口からコラーゲンのみを摂取するのではなく、他の成分を加えることで、コラーゲンの合成を助ける必要があります。
そこで必要となるのが良質なタンパク質。
卵1個、豆腐1/3丁(=納豆ミニパック1個)、牛乳130ccを毎日食事に取り入れてみましょう。
コラーゲンを摂る時はタンパク質を同時にセットで、と心得て。
健康的な食生活や生活習慣は、お肌もきれいにするんですね!

睡眠時間

代謝を高めるには、睡眠時間が大切。
しっかりと睡眠を取り、一日の疲れをとってください。
疲れがたまっていくと、代謝も悪くなってしまいます。

睡眠を取る時間ですが、午後10時から午前2時の間に代謝が活発になるので、この時間も意識してみてください。

紫外線に注意

紫外線は肌の細胞の生まれ変わりの期間を早めてしまい、ターンオーバーのサイクルを乱してしまいます。
また、紫外線により発生した活性酸素はコラーゲンにダメージを与えてしまいます。

日焼け止めを塗ったりして予防しましょう。
最近では飲む日焼け止めというサプリメントも人気があるので、毎日日焼け止めを塗るのが面倒くさい…という方には特におすすめです。

③ 筋力トレーニング

筋力が衰えてきてできた毛穴なら、その衰えた筋肉を鍛えることで少し目立たなくすることができます。

口を大きく開いて「あ、え、い、う、え、お、あ、お。か、け、き、き、け、こ、か、こ…」と3セット程繰り返すと表情筋のトレーニングになります。
また、右目、左目を交互にウインクするトレーニングも目の周りを鍛えられ、目元のたるみにも効果的です。

早めの対策でたるみ毛穴は防げる!

20歳から徐々に始まるお肌の老化現象。
早めの対策をすることで、お肌への影響は最小限ですみます。
気が付いたその日からでも遅くありません!
今日からたるみ毛穴ケアをはじめてみましょう!

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー