prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

たるみ毛穴の原因は?効果的なケア方法でしっかり改善!

「最近毛穴が目立つようになってきた」「頬の毛穴が気になる」などとお悩みではありませんか?
もしかしたら、それはたるみ毛穴のせいかもしれません。

この記事では「たるみ毛穴って何?」「たるみ毛穴はどうすればいいの?」という方のために、たるみ毛穴の原因と対策法をご紹介します。
毛穴でお悩みの方は、ぜひ一度目を通してみてください。

スポンサーリンク

そもそもたるみ毛穴って何だろう?

たるみ毛穴の特徴は、水のしずくのような細長い見た目です。
広がった毛穴が縦長に伸び、開き切った状態になっています。

とくに頬に出ることが多く、加齢の影響が大きいため30代、40代以降の人に多い症状です。
放っておくと毛穴と毛穴がつながって、小じわのような帯状毛穴という、さらにひどい状態になってしまうこともあります。

ピーリングなどの角質ケアをしても頬の細長い毛穴が気になり、顔を上に引っ張ると毛穴が目立たなくなる場合は、たるみ毛穴の可能性が高いようです。

20代~30代までは皮脂が原因の「開き毛穴」が多い

20代~30代前半は、まだ皮脂が多い年代です。
余分な皮脂は、毛穴に詰まって角栓が大きくなり、毛穴を押し広げる原因になります。

また毛穴の出口に溜まった皮脂が酸化して、皮膚を刺激し、毛穴をすり鉢状に変形させて「開き毛穴」にしてしまうこともあるのです。

ここに加齢による、真皮のコラーゲンとヒアルロン酸の劣化・減少が加わると、肌の土台の組織が崩れることによる「たるみ」が始まります。

こうして、30代前半の毛穴は開いてしまい、たるみによって更に目立つ毛穴になってしまうのです。

スポンサーリンク

30代後半から目立ち始める涙型、しずく型の毛穴は“たるみ毛穴”!

30代後半からは徐々に皮脂が減ってきます。

そのため、角栓による開き毛穴は減りますが、乾燥により毛穴が目立ち始めるようです。
皮脂の分泌量が減ることで、肌が弾力やハリが失われてきます。

つまり、乾燥して肌の水分量が低下し、肌のキメが乱れて毛穴が落ち込んでしまうのです。

そして、30代前半に加速をはじめたコラーゲンとヒアルロン酸の劣化・減少も更に進みます。

毛穴の落ち込みとたるみのダブルパンチで、開いて目立った毛穴になってしまうのです。

たるみ毛穴の原因は?

たるみ毛穴の原因は、名前の通り顔のたるみです。

そこに黒ずみや毛穴の開きなどの、毛穴を目立たせる要因が加わることで、よりつるんとした肌から遠ざかってしまいます。

たるみ毛穴を改善するためには、たるみへの対策と毛穴への対策が必要です。

肌はどうしてたるむの?

肌の奥深くには真皮層と皮下組織があります。

真皮層は繊維状の組織であり、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの肌のハリを支える成分とそれらをつくる繊維芽細胞でできています。

しかし、コラーゲンやヒアルロン酸は紫外線の影響や、年齢による老化でだんだんと量が減り、質も低下してしまうのです。
そうすると水分を保持できなくなり肌がたるみ、毛穴も引っ張られるので縦に開いてしまいます。

ほかにも、肌と女性ホルモンの関係性もあるようです。
加齢によって女性ホルモン(エストロゲン)が減少することで、ヒアルロン酸やコラーゲンも減少するため、肌の張りがおとろえ、毛穴が広がりやすくなります。

また表情筋の衰えや睡眠不足も、肌がたるむ原因になるようです。
睡眠時間の不足は成長ホルモンの分泌を妨げ、肌のターンオーバーを狂わせ、肌のハリを失わせます。

そのため肌のたるみをおさえるには、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの肌を支える成分と取り入れることと、表情筋を鍛えること規則正しい生活をすることが大切です。

目立つ毛穴の原因は何?

毛穴自体が目立ってしまう原因は、なにでしょうか?

目立つ毛穴にはいくつか種類があります。
皮脂が多いために黒ずみや開き、詰まりで目立つ場合や、紫外線(UV-A)によるメラニンが原因で目立つ場合、乾燥肌が原因で目立つ場合などです。

顔の皮脂が多くなる原因は、男性ホルモンが多いことや、食事での脂質を摂りすぎることが考えられます。

たるみ毛穴を放置してるとさらに大変な「帯状毛穴」に…!

たるみ毛穴を放置していると、隣同士の毛穴がつながり「帯状毛穴」となるのです。

更に下がった状態を「シワのようなもの」または「シワ」と呼びます。
小ジワやほうれい線の状態が、まさに帯状毛穴。
一度そのようになってしまえば、簡単に無くすことはできず、更に老け込んだ印象をもたらします。

皮脂や水分量は落ち着いている時期なので、毛穴面積が大きいからといってトラブルに繋がることは頻繁にはありませんが、ある意味にきびや吹き出物、角栓詰まりよりも深刻な状態ともいえるでしょう。

たるみ毛穴を改善するために、基礎化粧品はこう選ぼう!


ここからはたるみ毛穴を引き締め、つるんとした透明感のある肌になるために効果的な対策を紹介します。

まずは化粧水、乳液、クリーム、洗顔料、クレンジング製品などの基礎化粧品の選び方です。
肌の水分を保つためには、保湿ケアは欠かせません。

しかし、どの基礎化粧品を選んでも一緒というわけではないのです。
たるみ毛穴によい、たくさんのエイジングケア製品が販売されています。

そのなかでも、肌のハリのカギを握っているヒアルロン酸とコラーゲンが含まれていたり、ヒアルロン酸、コラーゲンの生成を助ける成分の入った基礎化粧品を選ぶことがたるみ毛穴の悩みを解消するためのコツです。

ビタミンC誘導体は皮膚細胞の修復に役立つ!

ビタミンC誘導体が使用されているエイジングケア化粧品がオススメです。

ビタミンC誘導体は酸化を防ぎ、コラーゲンの生成を助けるため、皮膚細胞の修復に役立つといわれています。
またメラニンを還元するためメラニン毛穴の対策にも有効なようです。

ただし刺激もあるため、高濃度ビタミンC誘導体を日常的に使用するのは、おすすめできません。

ナールスゲンはコラーゲンを増やす手助けをする

またナールスゲンという成分が、含まれている基礎化粧品もオススメ。

ナールスゲンは、京都大学と大阪市立大学の共同開発によって偶然、産まれた成分なのです。

肌の弾力のもととなるコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどを作り出す線維芽細胞に働きかけることで、コラーゲン、エラスチン、HSP47を増やす働きをします。

保湿にはセラミドが含まれている製品がよい

保湿成分としては、セラミドが含まれているものを選ぶとよいでしょう。
セラミドは水分を挟み込んで保湿するため、保湿力が高いのです。

美容液や乳液、洗顔、クレンジングなどを購入するときは「なんとなく」や「CMが流れていたから」ではなく、一度成分を確認して選んでみてくださいね。

生活習慣を見直して毛穴の目立たない肌に


肌の状態と日々の生活習慣は、深くつながっています。
たるみ毛穴を助長してしまうNGな習慣や、お肌によい食事にするコツがあるので、紹介していきましょう。

規則正しい生活は、ターンオーバー(代謝)を正常にしていきます
代謝を高めることは、新しい細胞が作るため、肌はキレイになっていくのです。

新しい細胞が生まれ変わるときに、本来なら剥がれ落ちる角質が剥がれ落ちずに残ってしまい、その角質がどんどん厚くなっていきます。
その影響で、肌のキメが整わず、ハリ、弾力、たるみ、くすみ、シミの原因となってしまうのです。

日常の紫外線に注意する

紫外線は、肌の細胞が生まれ変わる期間を早めてしまい、ターンオーバーのサイクルを乱してしまいます。
また、紫外線により発生した活性酸素は、コラーゲンにダメージを与えてしまうのです。

とくにメラニンを生成するUV-Aは、曇りの日や屋内でも窓から入ってきて、知らず知らずのうちに日焼けしてしまいます。
「晴れていないから」「洗濯ものを干すだけだから」と日焼け止めを塗らないでいると、しっかり紫外線を浴びることになってしまうのです。

【絶対美白】日焼け止め最強オススメ人気ランキング!選び方のポイント

そこで、日焼け止めや、日焼け止め効果のある化粧品で予防しましょう。
最近では飲む日焼け止めというサプリメントも人気があるので、毎日日焼け止めを塗るのが面倒くさい…という方にはおすすめです。

飲む日焼け止めサプリランキング決定版!国産&コスパ良し&効果高めのサプリは?

たんぱく質と緑黄色野菜をしっかりと摂ろう

食事では肉・魚などのたんぱく質と緑黄色野菜を取り、内側から肌のケアをすることが大切です。

たんぱく質と抗酸化物質が含まれている緑黄色野菜を、同時に食べることで、体内でコラーゲンが生成される原料となります。

コラーゲン成分を、しっかり栄養として吸収するためには、コツがいるのです。
せっかくコラーゲン入りの食べ物を食べてもあまり効果がない…という方は活性酸素の影響で、途中で酸化するためコラーゲンが変形し、肌に届いていないことがあります。

抗酸化成分が多い栄養素(ビタミンC・E、ポリフェノール、カテキン、ベータカロチン、リコピン、フラボノイド、セサミノール、アスタキサンチンなど)を摂り、悪い生活習慣を変えて、活性酸素が増えるのを防ぎましょう。

また、口からコラーゲンのみを摂取するのではなく、緑黄色野菜を加えることで、コラーゲンの合成を助ける必要があります。

そこで必要となるのが、良質なタンパク質です。
卵1個、豆腐1/3丁(=納豆ミニパック1個)、牛乳130ccを毎日食事に取り入れてみましょう。

コラーゲンを食べるときは、タンパク質を同時にセットで、と心得ておくとよいですね。
健康的な食生活や生活習慣は、お肌もきれいにするのです。

たばこは美容の敵!

たばこを吸うと、血管が収縮し血行不良になるのです。

血行不良になると、肌全体に栄養が行きわたらなくなり、毛穴も広がってしまいます。
禁煙はつらいですが、なるべく吸わないことが、美肌への第一歩です。

表情筋ストレッチでリフトアップ

表情の筋肉を鍛えることで、肌のたるみを改善できます。
そこで、表情筋のエクササイズを行ってみましょう。

表情筋エクササイズは、継続して行うことが大事です。

  • 目を大きく開き、眼球をゆっくり上下・左右に動かす
  • 口・眉・目を大きく開く→鼻めがけてすぼませる
  • 口を大きく開いて「あ、え、い、う、え、お、あ、お。か、け、き、き、け、こ、か、こ…」と3セット程繰り返す

このような方法が有効です。

また表情が豊かな女性はすてきなものです。
短時間でできるので、すきま時間に実践してみてはいかがでしょうか?

しっかりと睡眠を取ることも大切

代謝を高めてしっかりターンオーバーをするには、睡眠時間が大切です。

しっかりと睡眠を取り、一日の疲れをとってください。
疲れがたまっていくと、代謝も悪くなってしまいます

睡眠を取る時間は、午後10時から午前2時の間に代謝が活発になるので、この時間も意識してみるとよいでしょう。

メイクでなめらか美肌に見せよう


たるみ毛穴は、メイクで目立たなくさせることもできます。

メイクのよいところは、すぐにたるみ毛穴を隠せることです。
ポイントをおさえ、毛穴のないなめらかな肌にみせちゃいましょう。

部分用下地で凹凸をカバー

部分用下地は肌の凹凸を整え、ファンデーションのノリをよくしてくれます。

またファンデーションのみでたるみ毛穴を隠そうとして、厚塗りになることも防げるのですオススメです。
たるみ毛穴には、肌より少し明るい色の、部分用下地を使用するのがポイントです。

ファンデーションは薄塗りがベスト

ファンデーションの厚塗りは厳禁です。

厚塗りをしてしまうと、化粧崩れの原因となり、たるみ毛穴が見えてしまいます。
油分も化粧崩れの原因となるため、洗顔後化粧水などで肌を整え、クリームなどはつけすぎずしっかりと肌になじませてからメイクをするようにしましょう。

フェイスパウダーはパール入りセミマット系が○

なめらか肌に見せるには、パール入りのセミマット系フェイスパウダーが効果的です。
なかでも粒子の細かい商品を使うと、より毛穴をカバーしてくれます。

暑い夏などは汗をかき、メイクが崩れやすいため、こまめに化粧直しできるとよりよいですね。
パウダータイプの日焼け止めを、メイクの上に乗せるのも効果的です。

便利な日焼け止めパウダー人気ランキング6選! 正しい使い方で美肌を守る!

美容皮膚科で専門家に相談する


美容皮膚科では医療機器や注射薬を使用して、たるみ毛穴を治療できるようです。

専門家と相談して、自分に合った治療法を知れることもメリットのひとつ。
施術によっては副作用がある場合もあるので、よく相談して納得したうえで行ってください。

たるみ毛穴を改善してエイジレスな肌へ


たるみ毛穴は、肌のたるみと毛穴の目立ちが悩みの根源です。

日々のスキンケアを大切にして、年齢を感じさせない美しい肌を目指しましょう。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー