prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

乾燥の季節がやってくる前に!どうして冬は肌が乾燥するの?

CX_GA194

肌が冬に乾燥するのはなぜ?

寒い季節になると、肌が乾燥しますよね。指先がささくれてストッキングをデンセンさせちゃったり、関節のあたりがカサカサと白い粉をふいちゃったり・・・。

特に顔のお肌は乾燥しないで~!シワになっちゃう!と心配の季節が来る前に、なぜ肌が乾燥してしまうのか知っておきませんか?知っておくことで、上手な乾燥対策を考えましょう!

肌が水分を保つしくみが働かなくなる?

まずは水分を保つしくみについて解説したいのですが、とっても簡単にわけると2つしかありません。

①水分の補給=内側からは体内の水分を使い、外側からは汗などで水分を補給します。
②水分の蒸発防止=皮脂などで表面を覆うことで、水分の蒸発を防いでいます。
この2つのしくみを知ると、なんとな~くわかってきませんか?冬にはこれらのしくみがうまく働かなくなってしまうのです。

・気温が低くなると、血行が悪くなるので体内からの水分補給が減ってしまう。
・汗をかかなくなるので、外側からの水分補給も減ってしまう。
・気温、湿度が低くなると皮脂量が減るので、水分が蒸発しやすくなる。

なるほど、冬に肌を保湿ケアしなくてはならないのもわかりますね。保湿成分配合のスキンケアで上手に対応しましょう!新陳代謝を上げるためにバランスの良い食事も心がけて!

空気の乾燥がやっぱり大敵!

冬場の空気の乾燥が、お肌の乾燥に直結しています。お肌に良いとされている湿度は60%なんですが、冬場は30%~50%にまで下がってしまうのです。

寒いからと暖房器具を使い始めると、室内の湿度はさらに下がってきます。これではお肌もたまりません。外出のときにはしっかりと保湿ケアをして、室内で暖房を使うときには加湿器を使いたいものです!

熱いお湯に気をつけて!

寒い季節になると、あったか~いお風呂に入りたくなりますよね。ところが、熱い湯船に入る事で肌が乾燥するんです!

エッと思われるかもしれませんが、これは皮脂や保湿成分が肌から流れ出てしまうからなんです。

お湯の温度が高いほど流れ出やすくなるので、あまり温度の高い湯船に長く浸かるのはガマンです。

顔を洗うときには特に気をつけて、寒いかもしれないけど常温~ぬるま湯程度の温度で素早く、優しく洗ってください。お風呂上がりには保湿成分をたっぷりと!角質層がゆるんでいるうちが吸収しやすいので◎です!

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー