prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

誰でもわかる“きめ細かい肌”基礎知識

化粧品白書4

女性のあこがれは【キメ細やかな肌】だけど、それってどうやって作られているの?

そもそも、どういう状態のことを指すの?意外と知らない人って多いんですよね。

では、ここでキメ細やかな肌のしくみについてや、キメ細やかな肌作りのポイントなどをご紹介して、みんなで美肌を目指したいと思います!

スポンサーリンク

キメって何?

お肌のドアップの写真、見たことありますか?

よく思い出してみてください…三角形の形に溝が走っていたでしょう?あの細かい溝を「皮溝」といい、溝に囲まれて三角形の丘になった部分を「皮丘」といいます。

一般的に、この網目状の溝のことを「キメ」と呼んでいます。
つまり「キメ細やかな肌」というのは、この皮溝と皮丘がキレイに並んでいる状態のことを指すんです。

キメ細やかな肌の状態

皮溝が浅く、皮丘がキレイに規則正しく並んでいる状態は、まさに理想の肌!光を上手に反射して、お肌をより美しく見せてくれます。

毛穴だって目立ちません。
お化粧だってもちろんノリノリです。

こういった状態のお肌は、触った感触もなめらかです!

キメが粗い肌の状態

一方、皮溝が深くて、皮丘が不規則に並んでしまっている状態はガッカリな肌。

光をうまく反射できずに、お肌をくすんで見せてしまいます。
毛穴だって目立つし、小ジワの原因にもなるから怖すぎる!

こういった状態のお肌は、ハリやうるおいもなく、カサついて化粧ノリも悪くなります。

目指せ!キメ細やかな肌!

キメを左右する要因は?

キメを左右する要因はさまざまで、加齢やホルモンバランス、栄養バランスなどの内的要因と、お肌の乾燥や紫外線、肌機能の低下などの外的要因があります。

どこをどう補えばいいのかを判断するのは自分でも難しいところですし、加齢を止めることだってできません。

ですから、お肌の状態をより良く保つことに努めるのが基本中の基本です。

■紫外線対策をしっかりする
■お肌をしっかり保湿する
■正しいクレンジング、洗顔を行う
■新陳代謝をサポートする

などが大事なポイントですが、中でも『お肌をしっかり保湿する』はとっても大事ですので常に心に留めておいてください。

キメを整える近道!ライスパワーNo.11

キメ細やかなお肌を作るため、より保湿力の高いスキンケアを心がけたい…そこで今オススメしたいのは「ライスパワーNo.11」という成分です。

日本人の主食であるお米は、栄養素がたっぷり。

その栄養素をうまく活用できないものかと、さまざまな醗酵の過程を試すという研究が始まりました。

その過程の中で、いろいろなライスパワーが生まれたのですが「No.11」が女子には嬉しい大発見でした!

ペプチドや、数十種類のアミノ酸などがバランスよく配合されているのですが、中でも注目したいのは「セラミドを産生できる」ことなんです!

「セラミド」は、お肌の保湿には欠かすことができない最重要成分。
保湿とセラミドは切っても切れない存在なんです。

そのセラミドを産生できる「ライスパワーNo.11」は、数あるライスパワーエキスの中で唯一、厚生労働省から「新規有効成分」「新規効能」というオスミ付きをもらいました。

保湿力を上げて、キメ細やかな肌を目指すなら、この「ライスパワーNo.11」をぜひ試してみて欲しいです!

ライスパワーNo.11が配合されている化粧品

キメ細やかな肌を作る近道になる「ライスパワーNo.11」が配合されている化粧品を、特徴とともにご紹介しておきますね。

■米肌~MAIHADA~

・シリーズ6点全部にライスパワーエキスNo.11配合
・無香料、無着色、石油系界面活性剤フリー、鉱物油フリー、弱酸性で、低刺激にこだわっている
・乳酸Naや、グリコシルトレハロースを含んでおり、肌内部や空気中の水分まで取り込む働きがある

■ライスフォース

・美容液、ローション、クリームにライスパワーエキスNo.11配合
・有名人にも利用者が多く、リピート率が高い実力派
・トライアルは購入しやすいけど、現品は高めのお値段

■肌極

・美容液、化粧水、化粧ジェルにライスパワーエキスNo.11配合
・2stepのお手入れでいいので、簡単に済ませたい人向き
・香料が配合されているので、好き嫌いが分かれる

おわりに

いかがでしたか?

「あの子のお肌、キレイでうらやましい…」なんて思っていたあなたも、努力次第でなれます!

お肌のキメを整えて、今度はうらやましがってもらいましょう。
まずは保湿です!

頑張ってみてくださいね。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー