prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

乾燥肌のかゆみは正しい対策を!食事・サプリ・スキンケア徹底解剖

乾燥による肌トラブルは、冬だけではありません。

1年を通して、乾燥に悩まされる方は、とても多いようです。

肌がカサカサと粉をふいたり、かゆみが伴ったりする乾燥肌は、つらくなります。

美容だけでなく、ストレスを蓄積しないためにも、徹底して対策を行いましょう。

エアコンの普及などの住環境の変化や、昔と比べて湿度が下がってきていることなどが原因で乾燥肌になりやすいようです。

では、なぜ乾燥肌でかゆみがでるのでしょうか。
原因や対処法など、順番にみていきましょう。

スポンサーリンク

なぜ乾燥肌はかゆみがでるの?


乾燥肌とは、肌のバリア機能が低下し、肌内部の水分量が減っている状態です。

肌のバリア機能が低下するのは、なんらかの原因で、皮脂や細胞間脂質といった保湿性の高い成分が不足したからと考えられます。

バリア機能が低下した肌は、刺激にとても弱く、通常なら受けないようなダメージを受けてしまうのです。

たとえば、髪の毛が肌に触れたり、日頃使っている化粧品を使ったりといったことさえも、刺激となり、肌トラブルにつながります。

刺激が肌に加わると、肥満細胞からヒスタミンという物質が発生し、ヒスタミンが神経を刺激して、脳に伝達され、かゆみとして感じるのです。

また、乾燥肌は細菌が繁殖しやすく、細菌がかゆみの原因となることもあります。

乾燥肌になり、かゆみの症状がでて、我慢できずに肌をかいたり、細菌が繁殖したりしてさらにかゆくなると悪循環です。

かゆくてもかくのはNG

乾燥して皮膚がかゆくても、決してかいてはいけません。

かゆいからといって、皮膚をボリボリかいてしまうと、ヒスタミンを増幅させます。

その結果、かゆみはどんどん強くなり、ひどくなると炎症や湿疹を引き起こしてしまうのです。

また、乾燥肌になると肌全体がくすんだり、シミやシワの原因となる可能性もあります。

見た目年齢を引き上げないためにも、かゆみ対策はしっかりとするべきでしょう。

乾燥肌になった原因はなに?


乾燥肌の原因は、いくつも考えられます。

わかりやすいように大きく分けると、体の内部からの原因と、外部からの原因のふたつです。

内部からの原因としては、加齢や女性ホルモンのバランス、食生活や睡眠などの生活習慣があります。

外部からの原因は、間違ったスキンケア、温度や湿度などの気候や紫外線、花粉などのアレルギー原因物質などがあげられます。

これらの原因がいつくも絡み合って、皮脂や細胞間脂質などが失われると、肌内部のバランスが崩れ、バリア機能が低下し乾燥状態に陥るのです。

紫外線や花粉など、防ぎきれないものもありますが、かゆみ対策で大切なのは、肌自体が潤いを保てる正常な状態に戻すことです。

では、乾燥肌によるかゆみの症状には、どのような対処方法があるのかみていきましょう。

つらいかゆみに効果的な対処法は?おすすめ5選!


乾燥肌によるかゆみの症状は、対処法がいくつかあります。

即効性があり、つらいかゆみから一時的にでも解放されたいのであれば、スキンケアや皮膚科の受診などによるクリームや塗り薬、がおすすめです。

また、漢方などの飲み薬での対策もよいでしょう。

根本的な解決には、生活習慣や食べ物での対策が効果的です。

スポンサーリンク

1:スキンケアで対策

スキンケアで行なう、かゆみ対策の基本は保湿です。

バリア機能が低下している肌を、正常な状態に戻すことを目指します。

乾燥した肌には、水分を補給・保持・過剰な蒸発を防ぐという、3つのことが必要です。
アイテムは、保湿力の高いものを選んでください。

肌が乾燥している状態の時は、ちょっとしたことが刺激になります。
スキンケアアイテムを選ぶときは、保湿力だけでなく刺激の少なさも忘れずに確かめましょう。

スキンケアでのかゆみ対策は、すぐに始めやすく、副作用もないのがメリットです。

油分と水分のバランスが重要

油分を多く含む乳液やクリームは、スキンケアの最後に塗布するのが一般的です。

それは、先に補給した水分が、肌から蒸発しないように保護するのが、油分の働きだからです。

油分は肌の柔軟性を高め、乾燥肌だという自覚がうすれるほど、ツヤのある肌に見せてくれます。

そのため、肌が乾燥すると油分を重点的に塗りたくなる人が多く、オイル系のスキンケア商品が人気です。

しかし、肌が乾燥している状態は、水分を十分に保持できていない状態だということを忘れてはいけません。

肌の表面を油分で覆うだけでは、応急処置にしかならず、乾燥肌の根本的な解決にはつながりにくいのです。

乾燥しているからといって、油分ばかり補うのではなく、先に水分を十分にあたえてから油分で肌を守ります。

以下で、乾燥肌に効果的な成分を紹介します。

セラミド

表皮にある角質細胞と角質細胞の間に存在し、水分と油分とをあわせ持っているのが細胞間脂質です。

細胞間脂質は、水分を保持するほかにも、かゆみの原因となるさまざまな外的刺激から体を守ったり、水分の過剰な蒸発を防いだりする働きもあります。

その細胞間脂質の主成分がセラミドです。
肌の保湿には、とても重要な役割があります。

セラミドは角質層に多いため、化粧品で十分に補える成分です。

グリセリン

植物や海藻だけでなく、人体にも含まれるアルコールの一種で、アルコールの特性である保湿性を持つ液体です。

ずば抜けて保湿力が高い成分ではありませんが、構造が比較的シンプルなことから安全性が高く、刺激が少ないため安心して使えます。

胎児への影響を心配するママにもおすすめです。

尿素

尿素は、皮膚の角質層にある天然保湿因子(NMF)を構成する成分のひとつです。

水分保持とともに、肌に柔軟性を持たせる働きがあります。

角質をやわらかくし、新陳代謝をはやめるため、かゆみの症状がでているときのみの使用がおすすめです。

ヒアルロン酸

高い保湿力をもつ保湿成分です。
乾燥の悩みを持つ人は、一度は聞いたことがある成分ではないでしょうか。

ヒアルロン酸は、1グラムあたり6リットルもの水分を保持するといわれており、保水力の高さが魅力の成分です。

ヒアルロン酸は、肌組織の内部である真皮に多く存在するため、スキンケアだけでなく、サプリメントで摂取するのもおすすめです。

乾燥肌のスキンケア!正しい対策とやりがちなNGケア

2:抗ヒスタミン剤やステロイド剤など塗り薬の使用

かゆみを感じさせる物質の、ヒスタミンを抑える抗ヒスタミン剤や、皮膚の炎症を抑えるステロイド剤は、医薬品のため、スキンケアと比べ即効性が高いのがポイントです。

かゆみ発生→かく→かゆみ悪化という悪循環におちいらないためにも、これらは効果的でしょう。

病院を受診する

かゆみの原因は、肌の乾燥だけではありません。

肝臓や腎臓の病気、アレルギー性の皮膚の病気、蕁麻疹の可能性もあります。

これらは、皮膚科などで医師の判断をあおぐのが賢明です。

また、かゆみがひどくつらい場合も、皮膚科を受診しましょう。

抗ヒスタミン剤や、ステロイド剤を処方してもらえることが多いようです。

抗ヒスタミン剤とは?

抗ヒスタミン剤は、赤ちゃんから高齢者まで処方されている薬です。

アレルギー性鼻炎やかゆみ対策の薬で、市販されている商品もあります。

しかし、薬には副作用があることが多く、かゆみを抑えるためとはいえ、副作用があるのかどうかはやはり気になるところです。

抗ヒスタミン剤も例外ではなく、眠気やだるさといった副作用が認められています。

服用の際は、仕事や車の運転など十分に気をつけましょう。

ステロイド剤とは?

ステロイド剤は、炎症やかゆみを抑える薬として、よく知られています。

市販のステロイド剤には、抗ヒスタミン成分などのかゆみ止め成分を、合わせて配合していることが多いようです。

ステロイド剤は、強さによって5段階に区分されています。

塗布する部位や重症度によって、使い分ける必要がある薬なのです。

当然ながら、強い方が副作用が出やすいため、適切な強さを選び、長期間に渡って使用しないことが望ましい薬といえます。

使い方を誤ると、皮膚が薄くなったり、皮膚の免疫力を低下させたりという副作用があらわれるケースもあるのです。

子供でも使用は可能ですが、大人と比べて薬剤が皮膚組織に浸透しやすいといわれているため、大人よりも一段階弱いランクのステロイド剤を使用するのが理想的でしょう。

妊娠中のママでも使用できる?

妊娠中のママの場合、自分の体だけでなく、赤ちゃんへの影響も気になります。

妊婦はホルモンバランスが不安定で、肌トラブルも増えがち。

そんなママにとって、即効性のある塗り薬は救世主ともいえますが、サプリメントや食べ物以上に、薬が胎児に与える影響は無視できない問題です。

今のところ、ステロイド剤も抗ヒスタミン剤も、妊婦が使用することは可能とされていて、胎児への悪影響の蓋然性も低いといわれています。

とはいえ、可能性がないわけではありません。

先輩ママに質問してみるのもよいですが、とくにステロイド剤は効果が強力なものもあるため、市販薬を使用するよりは病院を受診したほうがよいでしょう。

3:漢方

乾燥肌は、飲み薬である漢方薬での対策もできます。

塗り薬と違って、皮膚の内部から働きかけるため、少し時間がかかりますが、効果もおだやかで安心です。

漢方医学の世界では、皮膚の乾燥は「血」の異常であると考えます。
血液の不足や血行不良などが乾燥の原因とされているのです。

例えば、血液が不足していると判断できる人には「温清飲(うんせいいん)」や「当帰飲子(とうきいんし)」といった漢方薬が処方されます。

漢方薬は、植物や動物、鉱物などを数種類組み合わせてつくられています。

個人の症状に合わせて使用するため、同じ病気でも症状が違えば異なる漢方薬を使用するのです。

それ以外にも体格や栄養状態などの細かなチェック項目で体質診断を行い、より適した漢方薬を選びます。

かゆみの強い方向けであったり、のぼせやすい人向けであったりと体質の違いに合わせた処方が可能なのが魅力です。

4:生活習慣の改善

普段なんとなくしていることが、乾燥肌につながっているかもしれません。

こんなちょっとしたことで?と思うような意外なことで乾燥肌が改善できます。

経済的にも負担にならず、自分の意識次第の対処法です。

入浴方法の見直し

寒い季節、入浴時に温まり、リラックスした時間を過ごす女性は多くいます。

しかし、乾燥肌の方が増えるのも、寒い季節です。
かゆみが出る前に、十分なケアをしましょう。

入浴は、日頃の疲れをとりリラックスする時間として、癒しの効果は抜群ですが、長風呂は禁物です。

長時間入浴すると、皮膚の保湿成分を失います。
入浴の際も、乾燥肌対策を念頭においてください。

温度設定は低めの40度以下にし、しっかり泡立てた石けんやボディーソープで、ゴシゴシせずになでるように洗いましょう。

もっとも効果底な入浴は、40度以下のお湯で、つかるのは20分以内です。

とはいえ、寒い中ぬるいお湯で入浴して体調を崩したらいけないので、ほどほどに低めの温度設定を心掛けます。

高い温度での入浴や、洗浄力の高いボディーソープの使用は、肌の保湿成分が流され、乾燥肌の原因です。

入浴後はタオルでやさしく水気をふき、湿度や温度が下がる前に浴室内で全身の保湿をします。

顔だけでなく体全体に、化粧水やクリームを塗るのは面倒かもしれませんが、かゆみ対策として効果的なのでぜひ習慣にしましょう。

できれば顔と同じように、化粧水とクリームを併用して、水分と油分の両方を補うと尚よいです。

肌の乾燥が始まる前に保湿すると効果的なので、入浴後、完全に水気を拭ききらずに化粧水やクリームを塗りましょう。

体に水気が残っている間に、素早く保湿することが大切です。

背中やお腹周り、脛(すね)は意外と乾燥しています。

乾燥しやすい部分を重点的に、保湿しましょう。

寝ている間、無意識に肌をかかないようにするためにも、入浴後の保湿は大切です。

肌の刺激になりにくい衣服を選ぶ

衣服は、素材によって、肌の刺激となることがあります。

入浴時以外は身に着けているので、この機会に手持ちの衣服の素材を、確認してみましょう。

今すぐ買い替える必要はありませんが、今後、衣服を購入する際は気をつけるようにしてください。

ウールや化学繊維など、チクチクとした肌触りの素材は肌に刺激をあたえ、かゆみを悪化させることがあります。

空気も肌も乾燥する、冬に着る衣類ほど、刺激になりやすい素材でできています。

せめて直接、肌に触れないように工夫しましょう。

コットンやシルクなどの自然素材は、肌触りもよく、汗を吸収しやすいため、細菌が繁殖しにくくおすすめです。

とくに、肌に触れる機会が多い下着や寝具、タオル類には気を配りましょう。

袖や裾など、ゴムで締め付けやすい衣服も、控えることをおすすめします。

5:食べ物

乾燥肌に効果的といわれている栄養素は、タンパク質・ビタミンA・ビタミンB・ビタミンC・ビタミンE・亜鉛などです。

積極的に、食べ物から摂取するように心がけましょう。

うなぎやレバー、アーモンドなどのナッツ類、緑黄色野菜などは、これらの栄養素が多く含まれています。

しかし栄養素が豊富だからと同じ食べ物ばかりを食べるのではなく、偏りなくなにでも食べるように、気をつけることから始めましょう。

食生活の改善は、健康にもつながるため、軽視できない部分です。

とはいえ、食生活は意外と改善しにくいため、サプリメントなどをうまく活用してもいいかもしれません。

乾燥肌を改善するサプリ10選!通販から市販までオススメランキング!

これをしたら逆効果?乾燥肌なら気をつけるべき3つのこと


オススメしたい、カサカサの乾燥肌対策を紹介しました。

では、逆にしてはいけないことは、なにでしょうか。

悪化させないために、きちんと確認しておきましょう。

ピーリング

乾燥肌になると、ひどく肌がゴワつく場合があります。

新陳代謝が乱れることで、角質が硬化してしまうためです。

そんなゴワゴワ肌を手っ取り早く取り除くために、ピーリングをしたくなりますが、これは逆効果なので控えましょう。

皮膚をかく、こする

乾燥肌によってかゆみが出ると、根本的な解決までは少し時間がかかります。

日常のなかで、刺激となり得るものはとても多いのです。

それでも、かいてしまっては肌を傷つけ、さらにかゆみで悩まされてしまいます。
スキンケア時以外は、肌に触れないよう気をつけましょう。

そもそも、皮膚組織はとても薄いものです。
ゴシゴシと力強く洗顔したり、かゆくてボリボリかいたりすることで、皮膚を傷つけてしまいます。

皮膚はとても薄く、正常な状態でも摩擦に弱いものだという認識を持ちましょう。

高い温度での入浴、洗顔

高い温度での入浴や洗顔は、控えましょう。

湿度と温度が高い入浴時は、肌はとてもよい状態です。

しかし、あまり湯温が高いと、必要な皮脂など保湿成分を、流してしまうため逆効果です。

適度な温度で入浴して、入浴後はすぐに保湿するようにしましょう。

自分に合った対処法を選びましょう


この記事では、スキンケア、塗り薬、飲み薬、生活習慣、食べ物の5つのかゆみ対策を紹介しました。

女性が始めやすいのは、スキンケアでの対策ではないでしょうか。

副作用もなく、即効性も期待できる、スキンケアでのかゆみ対策なら、保湿を重視することですぐに始められます。

それぞれの対処法にメリットがありますが、自分に合った対処法を取り入れてください。

かゆみを抑える即効性のある対処法だけでなく、根本的な解決につながる対処法も同時に行うとよいでしょう。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機会ってありますよね。 でも、化粧を取ったら毛穴が目立つ、ニキビ跡が汚くてとても見せられない…! どう
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー