• 化粧品白書 > スキンケア > 大手、小林製薬のベストセラー!これで安心、保湿力抜群の「ヒフミド」で乾燥から肌を守ろう! 
prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

大手、小林製薬のベストセラー!これで安心、保湿力抜群の「ヒフミド」で乾燥から肌を守ろう!

小林製薬から発売されている、口コミで話題の「ヒフミド」というスキンケア商品を知っていますか?
このヒフミド、保湿力が非常に高く、今までの保湿成分配合のスキンケア商品とはちょっと違うのです。

スポンサーリンク

ここが違う!ヒフミドの特徴

セラミドは肌のうるおいに欠かせない成分

ヒフミドの最大の特徴は、なんと言っても天然の保湿成分セラミドが配合されているところ。
表皮の新陳代謝にはセラミドが欠かせません。セラミドがなければ保湿成分が減少し、新しい肌生成されず、古い角質も残ったままだからです。
年齢と共に減少していくセラミド、セラミドが不足するとお肌に水分がなくなるだけでなく、バリア機能が低下して様々な肌トラブルが起きてしまいます。
セラミドが多い肌というのは、セラミドが水分をしっかりと保ってくれるため、うるおいに満ちたぷるぷる肌、そして、バリア機能も安定しているため、外部の刺激から肌を守ってくれます。

ヒフミドに配合されるヒト型セラミドとは

セラミドには11種類ありますが、ヒフミドの商品には、保湿力のある、Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型のヒト型セラミドを配合。

それぞれの効果は、以下のようになっております。
セラミドⅠ、水分を保ち、外部からの刺激を守るバリア機能を持ち、肌触りがしっとりしてやわらかい肌を保つ。
セラミドⅡ、優れた保湿効果を持ち、バリア機能を高める。
セラミドⅢ、優れた保湿効果を持つ。

一般的なセラミドより、「保水力3倍」というヒト型セラミドを採用いるというのが最大のキャッチコピーでHPにも大きく載っています。
「ヒト型セラミド」とは人の皮膚に存在するセラミドと同じ構造をしていて、自然に浸透するものです。
これは、合成セラミドや、合成擬似セラミドとは違いヒト型なので、天然のセラミドとピッタリとはまるのです。
私たち人間の肌に存在するセラミド。
より人の肌に近いヒト型セラミドを配合することで、もともと、私たちの肌に存在するセラミドと同じような働きをしてくれるのです。

ヒト型セラミドを使用したヒフミドは肌にとって本当に安全?

肌にあるセラミドとまったく同じ構造をしていて、天然セラミドに負けない保湿力と浸透力があり、とても安全です。
そして香料は使っていないため、無香料です。
香料は肌トラブルの原因になるといった説もあるので、その点は小林製薬さんの安全性への配慮が感じられます。

変化が分かるセラミド配合のヒフミド

年齢と共に減少してしまうセラミド。
その現象を止めることは出来ません。

しかし、ヒフミドは、人の体に存在するセラミドに近いヒト型セラミドを配合し、減少していくセラミドを補ってくれます。
年齢を重ねるにつれて肌は、トラブルが増え、シワやたるみ、くすみ、乾燥、小じわといった悩みが出てきます。
問題が増えていくのに、若いときと同じスキンケアではNG。年齢に応じてスキンケアを変えていかなければなりません。
セラミドがたっぷり配合されたヒフミドは、年齢と共に増えた悩みを解決し、うるおいのある健康的な肌へと導いてくれます。

まずは試して!絶対お得なお試しセット

今なら、送料無料の980円で、
・クレンジング
・洗顔ソープ
・化粧水
・クリーム
・日焼け止め
(花柄のトラベルポーチ付き)

の全てが入ったお試しセットをご用意。
この全てにヒト型セラミドが含まれています。

乾燥知らずでメイクが崩れなくなった、
肌がつねにもちもちしている、
ファンデーションのノリが良くなった、
顔を洗っても水分が失われずにつっぱらない、
など、肌の水分が奪われ始める年齢層からのクチコミはかなり興味深いです。
これからの乾燥シーズン、早めの対策にもぜひ試してみたいスキンケアの一つです。

まずは一度試して、ヒフミドの保湿力を実感してください。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー