prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

赤ら顔のおすすめクレンジング10選!注意するポイントは?

顔の頬や鼻の周りなどに赤味をおびてしまう赤ら顔ですが、解決策がわからずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

とくに女性の場合は、ファンデーションで隠すなど、メイクで対策している人もいるでしょう。

一時的な対策であれば、ベースメイクなどもしっかりすることで、カバーできるかもしれません。

しかし、症状を根本からおさえ、解決するには、やはり肌質を改善する必要があります。

そのためには洗顔料や化粧水、美容液などのコスメだけでなく、その前のクレンジングというのも重要になります。

ここでは赤ら顔対策におすすめなクレンジングを紹介していますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

赤ら顔におすすめのクレンジング10選!

まず、赤ら顔対策として使えるクレンジングには、どのようなものがあるのか見ていきましょう。
※価格は全て税込みです

D.U.O ザ クレンジングバーム

プレミアアンチエイジング
【公式サイト】

内容量 90g
価格 3,888円
サンプルセット 1,944円
定期購入 20%OFF(約3,110円)

独自技術によって、肌の角質層に洗浄成分と美容成分が浸透しやすいクレンジングです。

そのため、W洗顔が不要なので肌への負担も少なく済みます。

肌につけるととろける質感で、エイジングケア成分も豊富なので、肌をいたわりながら年齢による肌トラブルも防ぐことができます。

肌をマッサージしながら使用することで血行を促進し、新陳代謝を活性化させることで、血管の拡張や肌荒れを防いで赤ら顔の対策も可能になります。

洗顔やクレンジングを多用して肌への負担がかかってしまうのがイヤ、という人にオススメです。

D.U.Oの詳細をチェック

スポンサーリンク

アテニア スキンクリア クレンズオイル


【公式サイトへ】

内容量 175ml
価格 1,836円

紫外線やストレスなどで肌が酸化してしまうと、肌が黄ばんでしまうことがあります。

その黄ばみの原因である「肌ステイン」を除去することで、美白効果が期待できます。

また、天然精油をブレンドしたアロマ成分によって、赤ら顔の原因のひとつであるストレスを取り除いてくれます。

肌の酸化を防ぐことは、代謝を活性化して赤ら顔を防ぐだけでなく、エイジングケアも可能にします。

クレンジングに加えて美肌効果も欲しいという人にはおすすめといっていいでしょう。

アテニアの詳細をチェック

つつむ ジェントル クレンジング


【公式サイト】

内容量 100g
価格 2,376円
トライアルセット 1,470円
定期購入 2,138円

ディセンシアのクレンジングクリームです。

弾力のあるクリームで、手と肌の摩擦を防ぐことができます。

また、汚れとなじむと質感がオイルのように変化するので、汚れをしっかりと落とします。

もちろん保湿成分も配合しているので、肌の潤いもキープできます。

つつむの詳細をチェック

ラミナーゼ モイストクレンジングバーム

138563_xl
【公式サイト】

内容量 120g
価格 4.860円
定期購入初回 1.620円/2回目以降:4,374円

独自の技術が、メイクだけでなく、汗やホコリなどの汚れも落としてくれるので、W洗顔の必要がありません。

また、黒ずみをケアしてくれる成分、エイジングケア成分、そして保湿や毛穴を引き締める収れん作用のある植物エキスを配合しているため、肌の潤いと清潔さを保ちます。

それでいてパラベンやアルコールフリー、合成着色料も使っていない無添加処方で、肌への優しさも徹底しています。

赤ら顔の人、敏感肌の人にはとても使いやすいクレンジングと言えるでしょう。

ラミナーゼの詳細をチェック

ビオルガクレンジング

イッティ BIORGA(ビオルガ) クレンジング
【公式サイト】

内容量 150g
価格 4,309円
定期購入 3,229円

クレンジング力と保湿力の両方が配合された優秀なクレンジングです。

また、8種類の自然和漢を使用していることから、肌を温め、毛穴を開いてメイクをしっかりと落とします。

乾燥や紫外線を防ぐ美容成分や、年齢による肌トラブルを防ぐエイジングケア成分も配合されているのです。

さらに、無香料、無着色、パラベンフリーといった無添加であり、肌への優しさも考慮されています。

赤ら顔で悩んでいる人はもちろん、なかなかいいクレンジングに出会えないという人も、まずは試してみるといいでしょう。

ファンケル マイルドクレンジングオイル

ファンケル(FANCL) マイルドクレンジング オイル 1本 120mL

内容量 60ml
価格 1,058円
トライアルボトル 500円

しっかりとしたクレンジング力で、メイクだけでなく、肌のザラつきもケアしてくれます。

オイルタイプのクレンジングは洗浄力が強いため、赤ら顔には不向きと言われてもいますが、洗浄力が弱いとゴシゴシ肌をこすってしまったり、汚れを落としきれず毛穴の詰まりになることもあります。

マイルドクレンジングオイルは、撫でるだけでメイクや汚れを落とすことができ、それでいて防腐剤や香料、石油系界面活性剤などを含まない無添加処方です。

そのため肌への負担が少なく、オイルタイプの中でも使いやすいクレンジングといえるでしょう。

ポーラ モイスティシモ クレンジングクリーム

POLA
【公式サイト】

内容量 120g
価格 3,780円
トライアルセット 3,456円

肌に優しいクリームタイプのクレンジングです。

保湿成分もしっかりと配合し、なめらかな質感のクリームがメイク汚れを落としつつ、肌の潤いを保ちます。

乾燥肌の人を対象としたパッチテスト済みなので、乾燥肌の人は試してみてもいいでしょう。

ポーラの詳細をチェック

エステダム モイスチャー クレンジングミルク

エステダム モイスチャー クレンジングミルク 200ml

内容量 200ml
価格 5,400円
定期購入 5%OFF(約5.130円)

保湿成分の杏仁オイルが肌の潤いを保ちます。

また、独自の技術によって肌の善玉菌と悪玉菌のバランスを整えることで、免疫力を高め、外部刺激から肌を守ります。

肌本来の力を取り戻してくれるクレンジングと言えるでしょう。

キキメイト クレンジングジェル

内容量 120g
価格 5,292円
初回モニター限定 3.132円
定期購入 初回1,620円/2回目以降:2ヶ月毎に2本お届けで8,424円

メイクを落とすことと、肌を守ることを考えたクレンジングです。

肌への刺激が弱い水溶性ジェルを使用し、メイクとも素早く馴染みます。

洗浄成分には、アトピー肌でも使える「ソープナッツ」を使用していることから肌への優しさも考慮されています。

天然由来の保湿成分もしっかりと配合した欲張りなクレンジングといえるでしょう。

カウブランド 無添加メイク落としミルク

カウブランド 無添加メイク落としミルク ポンプ付 150mL

内容量 150ml
価格 950円
トライアルセット 無料

今回紹介しているクレンジングのなかでも、もっともコスパがよいクレンジングといえます。

肌に優しいミルクタイプ、そしてアルコール、着色料、香料、防腐剤を使用していない無添加なので、敏感肌の人にはオススメです。

保湿には欠かせないセラミドも配合しているので、どんなものがいいかわからないという人は最初に試してみてもいいでしょう。

赤ら顔の原因は?


赤ら顔になってしまう原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

原因を知らないと、対策もできないので、まずは原因を知る必要があります。

ニキビ、炎症による赤ら顔

原因としてあげられるのは、ニキビや肌の炎症によるものです。

ニキビができるとニキビ周辺がうっ血してしまうため、ニキビの数が多いと顔が赤く見えてしまうことがあります。

また、ニキビが治っても、一度ニキビができた部分は敏感であるため、かゆみや炎症をおこすこともあります。

炎症によって肌が赤みをおびる、かゆみを感じてかいてしまうことで、顔が赤くなってしまうということがあるのです。

よってニキビができやすいという人は、スキンケアなどで肌を清潔に、そして健康に保つことが重要といえるでしょう。

ニキビによる赤ら顔を本気で治す!原因と自分でできるスキンケア対策

皮膚が薄いことにより、血液の色が透けて見える

もともと肌が薄い人もいますが、肌を刺激を与えて、一番表面にある角質をはがしてしまうことで、血液の色が透けて見えるということもあります。

また、ストレスを抱えているときや緊張状態のときに顔が赤くなるのは、毛細血管が膨張し、赤血球の数が増えることで、血液が透けてみえることが原因なのです。

赤ら顔の原因と対策!治療法は?自分でできる対処法は?

赤ら顔の解決にはクレンジングを見直してみよう


赤ら顔を防ぐには、肌への刺激、ニキビの防止や対策が重要です。

肌は乾燥すると敏感になり、ニキビの原因となることもあります。

そのため、肌の保湿や、肌に強い刺激を与えないよう、慎重にクレンジングや洗顔を行う必要があるのです。

赤ら顔の対策がわからない、化粧水などで対策しているけど改善しないという人は、一度クレンジングを見直すということも必要です。

クレンジングを選ぶポイントは?


では、どのようなクレンジングが、赤ら顔対策には効果的なのでしょうか。

保湿効果のあるもの

肌をしっかりと保湿することで、肌の水分を維持し、適度な皮脂が分泌されます。

すると肌のバリア機能が働くので、外部からの刺激を防ぎ、ニキビや炎症も防ぐことができるのです。

そのため、メイクや汚れを落とすことが主な役割であるクレンジングでも、保湿効果のあるものを選ぶと効果的といえるでしょう。

低刺激のもの

肌への刺激を防ぐには、できるだけ低刺激のクレンジングを選んだ方が効果的です。

合成着色料や香料、アルコールフリーなど、無添加のものを選んだほうが肌に刺激を与えずに済みます。

好きな香りなどで選んでいる方もいるかもしれませんが、赤ら顔対策にはできるだけ低刺激のものを選ぶとよいでしょう。

また、オイルタイプのクレンジングは、洗浄力が強いため、肌が敏感な人は、ミルクタイプのクレンジングがおすすめです。

赤ら顔のための正しいクレンジング方法とは?


どんなによいクレンジングを使っていても、使用法を間違えてしまっては意味がありません。

自分に合うクレンジングを見つけたら、次は正しいクレンジング方法を身に着けましょう。

デリケートな部分は慎重に

顔の肌は、部分によってデリケートな箇所があります。

そのため、顔の場所によって丁寧にクレンジングを行わないと、肌にダメージを与えてしまいます。

おでこやTゾーンなど皮脂の分泌が多い場所は、しっかりとクレンジング剤をなじませ、目元などのデリケートな場所は、コットンや綿棒を使用するなど慎重に行いましょう。

強くこすらずに優しく

クレンジングでメイクを落とす際は、強くこするとダメージにつながるため、やさしくなじませるように使いましょう。

メイクが濃く、なかなか落ちないときは、クレンジング前にホットタオルを顔に当て、毛穴を開いておくとメイクが落ちやすくなります。

NGなクレンジング方法は?


「赤ら顔にはコレはやらないほうがいい」といったNGなクレンジング方法もあるので、確認しておきましょう。

クレンジングシートでゴシゴシこする

クレンジング方法のひとつとして、クレンジングシートを使用するといった方法があります。

手軽にクレンジングができるので便利ですが、ゴシゴシこすると、肌状態を悪くしてしまう可能性があります。

赤ら顔の悩みをもつ人は、避けたほうがよいでしょう。

熱いお湯ですすぐ

熱すぎる温度のお湯も、肌に刺激を与えてしまいます。

角質にダメージを与えたり、必要な皮脂を落としすぎてしまうこともあるのです。

乾燥肌、敏感肌、そして赤ら顔対策としては控えましょう。

ぬるま湯で、やさしく洗い流すのが効果的です。

洗顔もまた、ぬるま湯洗顔を心がけるのもオススメポイントといえます。

赤ら顔対策には、日々のクレンジングからしっかりと


赤ら顔を防ぐには、ていねいなクレンジングが重要といえます。

とはいえ、ただ使うのではなく、肌のバリア機能を保つために保湿効果のあるもの、ダメージを防ぐために低刺激のものを選ぶなどの工夫が必要です。

メイクを落とすとなると、ついゴシゴシとこすってしまうこともあるかもしれません。

しかし、肌には悪影響をあたえるのです。
すると、メイクのノリも悪くなるなど、悪循環に陥る可能性もあります。

また、肌の乾燥を防ぐことができれば、赤ら顔だけでなく肌荒れも防ぐことができ、より肌の調子を保ちやすくなるといえます。

赤ら顔で悩んでいる人、対策をしてもなかなか改善が見られない人は、まずクレンジングを見直してみるのが効果的です。

そして化粧品によるスキンケアは、ニキビができたときや乾燥が気になるときだけではなく、毎日継続して行うとより効果を期待できます。

もし、どうしても解決しないという場合には、病院での治療も必要かもしれません。

「できる限りセルフケアで解決したい」という方は、ぜひ自分にあうクレンジングや洗顔方法を見つけてみてください。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機会ってありますよね。 でも、化粧を取ったら毛穴が目立つ、ニキビ跡が汚くてとても見せられない…! どう
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー