prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

顔のお肌にクレーター?ぼつぼつ開いた毛穴の開きを治すためのポイント3つ

お肌がデコボコとしていてクレーターになってる…頬の凸凹がミカン肌みたい。
または、ブツブツしていていちご鼻みたい!と感じたことはありませんか。
こういった凸凹肌になってしまうのは毛穴が開いているからです。

しかし、毛穴が開いてしまう原因は人それぞれ。
出来ることなら毛穴が目立たないスベスベ陶器肌を目指したいですよね。

一度大きく開いてしまった毛穴を閉じるためには、スキンケアや生活習慣を少しずつ改善していく必要性があります。
原因ごとによって適切な改善法は違ってきますので、自分の凸凹肌の原因が何なのか、しっかり判断してから改善法に取り組みましょう!

毛穴が開いている原因

毛穴が開き、デコボコ肌になっていしまっている原因は主に3パターン。
「ニキビ跡」「乾燥」「たるみ」です。それぞれ説明いたしましょう。

ニキビ跡

一般的にクレーター肌、ミカン肌と呼ばれるほどの大きなデコボコはニキビ跡が原因です。
ポツリと発生してしまったニキビを潰してしまった場合、潰したニキビの部分の毛穴が治癒後に開いたままになってしまって毛穴が目立っているのです。

この状態はクレーター跡といって、真皮まで傷ついてしまっている状態も多くあります。
完全に治すのには治療が必要ですが、きちんとしたケアで目立たなくさせることは十分可能です。

乾燥

お肌が乾燥していると、潤いを保つために皮脂が分泌され続けて毛穴が開きっぱなしになってしまいます。
すると毛穴が開いた状態が続き、ボコボコと目立ってしまうのです。

たるみ

こちらは年を重ねることで様々な部位がたるんでいってしまうのは自然なことなのですが、お顔のお肌がたるんでしまうと毛穴自体が雫のようにたるみ、毛穴自体が大きくなったように見えて目立ってしまうのです。

毛穴を閉じる!原因別の改善方法3か条

では毛穴を閉じて目立たなくするにはどうすれば良いのでしょうか。
開き毛穴の原因「ニキビ」「乾燥」「たるみ」ごとに、最適なケア方法をご紹介します。

ニキビ跡毛穴のケア

乾燥毛穴のケア

たるみ毛穴のケア

【ニキビ跡】による開き毛穴の改善法

bf63efee829efa75b0017f3381cbc39c_s
赤ニキビが炎症を起こしてできてしまったクレーター状のニキビ。
こちらは真皮が傷ついていて、お肌が陥没している状態で、お肌の組織が壊れてしまっているため、完全に治すにはクリニックに行く必要性もあります…。

ただし、正しいスキンケアをすることで今より目立たなくしたりすることはできます。
また、しっかりしたスキンケアを行わずに皮膚科へ行っても治らないことも…。
まずはニキビ跡クレーターに適切なスキンケアを行いましょう。

①ピーリング石鹸で角質を除去する

クリニックのクレーター治療でよく聞くケミカルピーリング。
これはフルーツ酸などで皮膚表面を溶かして、古い角質層を取り除くことで、お肌のターンオーバーを促すもので、軽度のクレーターには効果的な方法です。

ただ、ピーリングはお肌に与えるダメージも大きいため、週に1回お手入れを行うなど工夫が必要です。

②ビタミンC誘導体配合の化粧品を選ぶ

ビタミンC誘導体はニキビの炎症を抑えたり、毛穴の黒ずみを押さえたりするのに効果的です。
また、コラーゲンの産生を促す効果も持っているため、お肌にハリが生まれやすくなります。

よりお肌に浸透しやすいビタミンC誘導体が配合されている化粧品を選びましょう。

③凸凹肌用の化粧水を使う

凸凹肌を治すための化粧水も今では多く販売されています。
クレーター肌に必要なのは“ターンオーバーの正常化”。
必要な機能は肌を柔らかくして、お肌の再生力を高める効果のあるもの。
そのためにはやはり“保湿力”が大切になります。

また、クレーター毛穴を治すにはお肌の奥まで有効成分を届ける必要があります。
浸透しやすい美容成分であることや、化粧品自体が高濃度であるとより効果的です。

おすすめのクレーター肌化粧品【パルクレール】

パルクレール ¥5,616
pc_essence_tan

今井華さん、石川恋さん、宮下美恵さんなど、人気モデルやタレントが多く使うパルクレール美容液。
ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲン、ビタミンCなど、美容成分が99.4%も配合され、クレーターはもちろん、赤ら顔や黒ずみ、シワまでもケアしてくれる優れものです。

洗顔後はこれ一本でケアできるのも人気のヒミツ。
無添加で低刺激なので敏感肌・乾燥肌・デリケート肌でも使えるのもポイントです。

パルクレールの公式HPを見てみる

自宅でのスキンケアでもどうしても治らないクレーターの場合は、クリニックでの治療が必要です。
皮膚科や美容皮膚科での治療方法はケミカルピーリングのほか、フラクショナルCO2レーザー治療やPRP皮膚再生療法によるニキビ跡治療などがあります。

ブツブツの凸凹肌…ニキビ跡クレーターを治すには?自宅&クリニックでの改善方法決定版

【乾燥】による開き毛穴の改善方法

211dea3f1549c94cca5e34c2956f16c1_s
乾燥による開き毛穴は放っておくと黒ずみ毛穴にも発展する可能性が…。
改善方法はしっかり保湿することです。
保湿することでお肌がふっくらし、開き毛穴は解消されます。

最短2週間で毛穴が閉じる方法を知りたい方は次の記事をどうぞ!

【毛穴を閉じる方法】毛穴引き締めトレーニングなら2週間で効果実感!

① クレンジング&洗顔はしすぎない

余分な汚れや皮脂を洗い流すためにクレンジングや洗顔は欠かせませんが、皮脂を流し過ぎても乾燥の原因になってしまいます。
そのため、W洗顔不要のクレンジングを使う、クリーム・ミルククレンジングを使うこと。
お肌に優しい成分を多く配合した洗顔石鹸で、泡立てて洗顔するなどの工夫をしましょう。

正しいクレンジング方法やおすすめ商品について詳しく知りたい方は「【敏感肌用】人気クレンジングランキング|負担ナシで安心!」を、正しい洗顔方法や、おすすめの洗顔石鹸が知りたい方は「【洗顔石鹸人気ランキング】無添加で肌に優しいおすすめ1位紹介」を見てみてくださいね。

② 保湿をしっかり行う

お肌の保湿は毛穴対策だけでなく、きれいなお肌を保つためには大切なことです。
洗顔の後はお肌が乾燥しています。十分に保湿するようにしましょう。

化粧水でお肌に潤いを補給するだけでなく、補給した水分をしっかりとお肌に閉じ込めることも必要です。
べたつくのが気になる人もいると思いますが、化粧水の後はしっかりとクリーム等で蓋をしましょう。

③ 温冷ケアをする

毛穴は気温によって開いたり閉じたりします。
温めると毛穴が開き、冷やすとキュッととじるのですが、このシステムをスキンケアに利用しましょう。

毛穴を温めて開かせて、美容成分を取り入れやすくし、スキンケアが終わったら冷やして毛穴を引き締め、過剰な皮脂分泌を防ぎます。

そのため、化粧水などのスキンケアをする前には、熱湯で絞った蒸しタオルを顔の上に置いて毛穴を開きましょう。
その後、スキンケアが終わったら氷や保冷剤を頬にあてて毛穴を閉じます。

これで開き毛穴はきゅっと閉じ、綺麗な肌になるでしょう。

乾燥開き毛穴におすすめの化粧品【草花木果】

草花木果(竹) ¥1,000(税込)
20160202-soukamokka

木下優樹菜さんや森貴美子さんも絶賛したスキンケアブランド、草花木果。
プチプラなのに効果が高いと人気の毛穴化粧品です。

お肌に優しいのはもちろん、優しく角質を取り除き、かつお肌に潤いを与えてくれるので、開き毛穴にピッタリです。

草花木果の公式HPを見てみる

【たるみ】による開き毛穴の改善方法

454012
30代~40代に多いたるみによる開き毛穴、「たるみ毛穴」はお肌がたるんでくることで毛穴が開いて見える状態。
つまり、たるみを解消すればたるみ毛穴はなくなるのです。
では、たるみをなくすためにはどうすればいいのでしょう?

① リフトアップ化粧品で保湿ケアする

まず、リフトアップやエイジングケア効果のある化粧品に変えてみましょう。
エイジングケア化粧品はコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドといった高保湿成分が多く配合され、お肌の水分量を高く保ってくれるものがほとんど。
たるみの原因は「お肌の水分力の低下」と「筋力の低下」のため、水分を補充し、キープしてあげることが大切です。

② 表情筋を鍛える

年齢を重ねるとともに重力に逆らえず、たるんでいってしまうのは自然なことなのですが、体のたるみは筋肉をつけることでたるみに対抗し、美ボディーを保つことが出来ますね。
お顔にも同じことがいえます。
表情筋を鍛えてたるみを防止すれば良いのです。
表情筋のトレーニング方法は様々ありますが、毎日を思いっきりの笑顔で過ごすだけでも全然違います。

たるみ対策も兼ねて日常生活の中で思いっきりの笑顔で過ごすことは心身共に良いことだし、笑顔がある明るい毎日でお肌美人にもなれますよ。

③ 紫外線対策を行う

紫外線は、お肌に必要なエラスチン線維やコラーゲン線維を破壊し、お肌がたるんでしまう原因になります。
そのため、紫外線対策はしっかり行う必要があります。

日傘や日焼け止め、サプリなどを使い、過剰な日焼けをしないように注意していきましょう。

たるみ毛穴におすすめの化粧品【アヤナス】

アヤナス ¥1,480(税込)
ay_3102-3

通常の4倍の浸透力を持つセラミドナノスフィアを配合し、保水力・保湿力が高いのが特徴のアヤナス。
敏感肌専門ブランドなので、ゆらぎ肌でも安心して使えるのが特徴です。
アンチエイジング効果も高く、リフトアップ化粧品としても人気なので、たるみが気になる人はもちろん、乾燥が気になる方にも!

アヤナスの公式HPを見てみる

注意するべき毛穴を開かせる4つの習慣

毛穴を開かせなくするには生活習慣は非常に大切です。
何気ない習慣が毛穴を開かせてしまう原因の一つになっているかもしれませんよ。

寝不足

睡眠不足でお肌が荒れるということは聞いたことがあると思いますが、実はこれ、毛穴にもいえることなのです。
睡眠不足ではお肌のターンオーバーが乱れます。
するとお肌は荒れるし古い角質が毛穴に詰まりやすくなってしまうのです。

質のいい睡眠をとる

お肌が一番活発になるのは22:00~2:00の間。
できればその時間に寝るのが理想的ですが、なかなかこの時間に寝れないことも多いですよね。

その場合は「6時間~7時間は寝る」「質のいい睡眠をとる」ことを意識しましょう。
質の良い睡眠とはぐっすり眠れている状態のこと。

寝る直前はスマートフォンやPC、テレビなど強い光を見るのはNG。
リラックスした状態でゆっくり眠りに入ることで、ぐっすり眠ることができます。

食生活の乱れ

毛穴だけではなく、美肌には食生活は大切です。
脂っこいものを食べた時にニキビが出来やすくなりませんか。

それは食事で取った脂が多く、皮脂として分泌されているからです。
脂っこいものばかり食べていると皮脂が分泌されっぱなしとなり、毛穴が開いた状態になってしまいます。

バランスのいい食事を心掛ける

脂っこいものを食べたのなら野菜も食べることが大切。
また、お菓子だけ食べる生活もNGです。
しっかり炭水化物、野菜、タンパク質を取る食事を心掛けましょう。

小鼻パック

ブツブツ出来てしまった小鼻の角栓を手っ取り早く除去することが出来て人気の小鼻パックですが、この小鼻パックは使い方によっては毛穴を開かせてしまうことにつながるのです。
角栓を取った後にそのままにしておくと、毛穴は開いた状態のままになってしまうからです。

また、小鼻パックはお肌に大ダメージ!
使いすぎると乾燥肌になったり荒れてしまったりするので、頻繁に使うのは避けましょう。

使った場合はしっかり保湿を!

毛穴を開かせた状態にしないためには、処理した後に冷たい水で毛穴を引き締めたり、収れん化粧水で毛穴を引き締めたりすると良いでしょう。
保湿をしても、小鼻パックは週に1回程度におさえておきましょうね。

無表情

特にたるみ毛穴には大きくかかわってくる無表情。
毎日起きて仕事に行って、帰って寝て、また次の日も同じ繰り返し…あれ?今日笑ったかな?という日が続いてしまっている人は要注意です。

体のたるみは運動で筋力をつけることで解消されますが、顔も同じです。
なるべく無表情で過ごすことはやめて、表情筋を鍛えましょう。

なるべく笑顔で!

筋力が発達するとたるみが解消されるので、毛穴がたるむのも阻止することが出来るでしょう。
筋力を鍛えるトレーニングをするのもOKですが、もっと簡単なのが笑顔でいること。
笑う時は大きく笑って、意識的に顔を動かしていきましょう。

“保湿”重視で開き毛穴は治せる!

開いてしまった毛穴の対策はどのパターンでも保湿が第一!
しっかり保湿をしてお肌にハリをもたせることで、開き毛穴は目立たなくなっていきます。

もちろん、日々の生活習慣を見直すことも大切。
毛穴が開きにくい毎日を送り、ナチュラルに対策していきたいですね。

【毛穴美人愛用中!】毛穴ケア化粧品ランキング1位を紹介!

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

スポンサーリンク

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー