prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

憎き毛穴…だけどないと困る!毛穴本来の役目と目立ってしまう原因を解説

生まれたての赤ちゃんの肌って毛穴ひとつない透き通るプルプル肌ですよね。
いつからか、毛穴の開きが気になる…毛穴の黒ずみが気になる…と毛穴に関する悩みを抱えている人は多いです。
悩みを解決する為に、まずは毛穴についてしっかりと理解する事が重要。
毛穴について詳しくご説明します。

そもそも毛穴ってどんな役割をしているの?

人の肌には1cm×1cmの肌の表面に毛穴が20個あるのです。
顔の中だけですと、なんと20万個!
さらには人目を一番引くおでこや鼻の「Tゾーン」は他よりも7倍近く毛穴があるのです。

まず、毛穴は皮脂や老廃物を体内から排出してくれる働きをしています。
そして排出された皮脂は汗と混合されて「皮脂膜」となります。皮脂膜は肌の表面を覆うことで内部の水分蒸発を防ぎ、これが「保湿機能」となります。外部からの刺激を防ぐ働きもするので「バリア機能」も備えているんですね。
ということは他よりも毛穴が多いTゾーンはバリア機能も強い、といえるでしょう。
だから刺激による湿疹やかぶれができにくかったのね…なるほどです。
そのかわりに皮脂が過剰分泌したり、毛穴が詰まったりするとでできる脂漏性湿疹が現れやすい場所でもあります。

体温調節

毛穴の役割といえばまず名前の通り毛をはやして体を守ることですが、体温調節の働きもしています。
よく、暑いときに汗をかくのは毛穴から汗が出ていると思われがちですが、汗腺には2種類あり、体温調節のための汗は毛穴とは別の、エクリン腺という汗腺から出ています。

では毛穴から汗は出ていないのかというと、脇の下や外陰部など特定の場所の毛穴にはアポクリン腺という汗腺があり、フェロモンを出す働きがあるといわれています。

また寒いときには、毛穴には立毛筋という筋肉があり、毛穴を縮めることで血管を収縮させ、体温が下がらないようにしています。毛細血管を圧迫して血行を悪くし、血液を冷やさないようにする働きもあります。

毛穴が開いたり角栓が詰まったりしてしまうことに関係する器官について簡単に触れていきます。

毛包漏斗部

いきなりよく分からない名前が出てしまいました。実は「毛穴」の正式な名前は「毛包」といいます。

その毛包の皮膚表面に近い部分を「毛包漏斗部」といい、私たちが「毛穴」と呼んでいる部分なのです。
皮膚表面に近いため、外部の空気や刺激に触れやすい部分でもあります。

皮脂腺

名前のとおり「皮脂」を分泌する器官です。皮脂の主な成分は「脂肪」で、分泌されたばかりのときはあまり肌への刺激にはなりません。

しかし、皮膚の表面で他の物質と混ざったり酸化したりすることで、刺激のある物質になってしまいます。

アポクリン腺

汗を出す「汗腺」の1つです。
汗腺にはもう1つ「エクリン腺」というものがありますが、これは毛穴とは別に存在して、主に体温調節のための汗を分泌します。

対してアポクリン腺は水分以外の老廃物なども一緒に排出します。

皮脂で刺激からお肌を守る&水分の蒸発を防ぐ

皮脂腺は毛穴の付属器官で、毛穴の出口付近にあります。
皮脂を分泌して細菌、ホコリ、乾燥から守る働きをしてくれます。
毛穴の中は常に皮脂がある状態になっています。

エクリン腺から出た汗と皮脂腺から出た皮脂が混ざり合って天然のクリームになり、水分の蒸発を防いで、お肌のバリアになっているのです。
Tゾーンはほかの場所と比べて7倍も毛穴の数が多いため、皮脂の分泌が多いのです。

皮脂の中で最も多い成分は、オリーブオイルの主成分でもあるオレイン酸です。
酸化しにくく、蒸発しにくい油で高い保湿力があり、お肌を守ってくれています。

老廃物を排出してくれる

食品添加物など、体に入った有害な物質や有害金属は油に溶ける性質を持っています。
皮脂に有害物質が溶け出し、体の外に排出するデトックス機能も担ってくれています。

汗をかくと汗から老廃物が排出されますが、汗だけでなく皮脂からも有害物質が出ているのです。

毛穴はどうして出来るの?

赤ちゃんが毛穴がないのはなぜ?

生まれた時は毛穴なんてないのに、いつから、何が原因で毛穴が出来るのでしょうか。
実は、赤ちゃんの肌というのは毛穴がないわけではなく、目立たないだけ。大人になり、毛穴が目立ってくるというだけなのです。
赤ちゃんの肌は、新陳代謝が良く、毛穴のキメが非常に細かい為、毛穴が目立ちません。

毛穴の大きさは遺伝?

毛穴自体の大きさはもともとの大きさからあまり変化はしないのだそうです。
ではなぜ、毛穴が目立つのかというと、毛穴の形が問題のよう。

毛穴の形が変わる要因は、乾燥や肌のたるみで毛穴もたるんだり、縦に広がったりする場合もありますが、先天的に形が決まっていて生まれつき、大きい、小さいというのもあります。
また、元々皮脂分泌が活発な人は毛穴が目立ちやすい傾向にあります。

元々の毛穴の大きさを変えたり、形を変えたりというのは無理だとしても、目立たなくする方法はあるため、自分に合わせたケアをすることが大切です。

いつから毛穴って目立つの?

赤ちゃんの頃には目立たない毛穴、いつ頃から目立つようになるのでしょうか?
これは、具体的にいつからという事ではなく、毛穴が目立ってくる時期というのは個人差があります。
しかし、毛穴が目立たずに、毛穴の悩みが全くない人もいます。

では、毛穴が目立つ人とそうでない人は、どのような違いがあるのでしょうか?

毛穴が目立つ原因

毛穴が凄く目立ってしまう人もいれば、赤ちゃんのように毛穴が全くないように見える人もいます。なぜでしょうか。

理由その1.肌のキメが整っていない

皮脂の表面をじっくり見てみると、網目状に細かい溝が走っています。これを皮溝と言います。
この皮溝に囲まれてひし形や四角の形に皮膚が盛り上がっている部分が皮丘です。
皮溝の幅が狭くて浅い皮膚はキメが細かく肌がすべすべとしています。

反対に、皮溝が広くて深くなってしまうと皮膚の表面の凸凹が目立ち、キメが粗い肌と言われます。
キメが粗いと毛穴が目立ってしまうのです。

理由その2.皮脂の過剰分泌

毛穴の開きが気になる方の多くが、皮脂が過剰に分泌していると考えられます。
皮脂の過剰分泌の原因は、遺伝や生活習慣、日々の生活の中で受けるストレスなど様々です。

理由その3.肌に柔軟性がない

毛穴があまり目立たない人の肌は、触った時とても柔らかく感じます。
しかし、毛穴が目立つ人は比較的弾力のない肌に感じるでしょう。
柔軟性がなくなってしまうのはなぜか、一番大きい原因は乾燥。充分に水分がある肌は、肌の細胞もふっくらしていて、肌が柔軟でハリがあるので、毛穴が目立たないのです。

毛穴ケアは必要?

毛穴は人によって違う

私たちの体にある毛穴、顔だけでもおよそ20万個と言われています。
その中でも、皮脂の分泌量が多い場所は毛穴が目立ちます。
毛穴の数は、生まれた時からほぼ変わらないのです。

大切なのは正しいケア

例えば、鼻の毛穴の黒ずみが気になる…、毛穴から出る角栓が気になる…、頬の毛穴の開きが気になる…など人によって毛穴の悩みは様々。
その悩みに対し、見て見ぬふりをしていると、どんどん肌状態は悪化します。

しかし、毛穴の黒ずみが気になって、無理やり毛穴の黒ずみを取ろうとしたり、角栓をピンセットで取ったりするのはNG。その時は毛穴が綺麗になったと思っても、間違えたケアの仕方は肌を傷つけ、状態を悪化させるだけなのです。
それなら、全く何もしないで放置しておけばいいのか…そういうわけでもありません。やはりきちんとした、悩みに合った毛穴ケアが大切です。

みんな悩んでる…毛穴のトラブル5パターン

では、毛穴のトラブルにはどういったものがあるのでしょうか?5種類の毛穴トラブルをご紹介します。知らないだけであなたも当てはまっているかもしれません、よ~く確認してみてくださいね!

黒ずみ毛穴

一度は耳にしたことがあるのでは…毛穴トラブルと聞いて思い浮かぶ「黒ずみ毛穴」。毛穴トラブルの中で一番悩んでいる方が多いかもしれません。読んで字のごとく、黒ずんでしまっている状態の毛穴のことです。メラニンが蓄積されてできるものや、角栓のつまりが酸化したものなどがあります。

目詰まり毛穴

目詰まり毛穴はニキビや黒ずみに繋がる、注意するべき毛穴トラブルの一つです。毛穴に角栓が詰まってしまうと起こり、毛穴がざらつく感じがします。名前は聞きなれないかもしれませんが、症状はほとんどの人が経験したことがあるのではないでしょうか。

開き毛穴、オイリー毛穴

開き毛穴はその名の通り、毛穴が開いてしまったり、ふくらんでしまったりしている状態のことです。皮脂の分泌が多いことなどが原因で、起こってしまいます。(=オイリー毛穴とも言えますね。)

たるみ毛穴、しずく毛穴

ついつい「=加齢」を思い浮かべてしまうたるみ毛穴。その通りで、加齢が原因で起こってしまいます!皮膚がたるみ、毛穴がしずくのような形になる状態のことです。

かさつき毛穴

毛穴がかさかさしてしまう「かさつき毛穴」は、過度の洗顔や熱いお湯での洗顔によって必要な皮脂を洗い流してしまうために、毛穴が乾燥する状態のことです。

最後に

毛穴の悩みをほおっておくと、状態は悪化し、化粧ノリも悪く、肌が汚い人という印象を持たれてしまいます。
また、加齢とともに毛穴は開き「たるみ毛穴」や「しずく毛穴」に。年齢とは関係なく「黒ずみ毛穴」や「開き毛穴」などで悩んでいるかたもいるでしょう。
それぞれの原因を知り、対策をとることで毛穴レスの美しい肌を目指したいですね。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー