prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

メイクの基本ファンデはどう選ぶ?20代ファンデーションはこれで決まり!

記事入れ75

スポンサーリンク

20代のファンデーション、選ぶポイントは?

10代の頃とはお肌の調子も違ってきている20代女子。
そんな20代のお肌に合うファンデーションとはどんなものなのでしょうか。

ファンデーションで重要なのは、カバー力と肌への優しさです。

肌の凹凸や毛穴をしっかりカバーしつつ、肌を傷めないようになっているものを選ぶのが理想です。

さらにクレンジングでしっかり落としきれるものだとベストです。

お肌のタイプ別、ファンデーションの選び方

ここからはお肌のタイプ別にぴったりのファンデーションのタイプを見ていきましょう。

まずは特に何の問題もない普通のお肌の人です。特に問題がなければ基本的にはどんなファンデーションを使っても大丈夫です。
ですが、やはりお肌に優しいものを使うに越したことはありません。

次に乾燥肌のタイプの人です。
乾燥すると、肌にかゆみが出たり粉を吹いたりするタイプの人は、保湿成分の入ったBBクリームやリキッドタイプのものがオススメです。

毛穴や色ムラをカバーしつつ、肌に潤いを与えてくれます。

最後に脂性肌の人です。このタイプの人は、肌が常に脂っぽくニキビができやすいです。

脂性肌の人は皮脂を吸収してくれるパウダーファンデーションがおすすめです。

自分の肌のタイプを見極めて、合ったものを選べるようにしましょう。

パウダーファンデーションVSリキッドファンデーション

ファンデーションの中でも代表的なものがパウダーファンデーションとリキッドファンデーションです。

それでは両者の違いは何なのでしょうか。また、メリットとは何なのでしょうか。

まずはパウダーファンデーションです。
パウダーファンデーションは、ファンデーションの基本なので誰にでも簡単に使えます。さっぱりとした使い心地で肌への負担も比較的少ないです。

またお化粧直しも簡単にすることができます。

それに対してリキッドファンデーションはカバー力が高いのが特徴です。毛穴をうまく隠してくれます。

使い心地はみずみずしくしっとりとしています。さらにうまく塗ればまるでファンデを塗っていないかのように仕上げられるのも特徴のひとつです。

パウダーファンデーションだと、ルソナルのスキンモデルファンデーションやコフレドールのプレミアムシルキィパクトUVなどが20代女子に人気のようです。

リキッドタイプだと、レブロンのカラーステイメイクアップや、インテグレートのミネラルウォータリーファンデーションなどが人気のようです。

多種多様なファンデーションが売られているので、いろいろ試してみてぴったりのものを見つけましょう。

スポンサーリンク

  • メイク
  • 作成日:2014年12月22日
  • 3,852 views
prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

関連記事

シミは、女性にとって悩む方が多い肌トラブルです。 シミを薄くするため美白の努力をしても、なかなか薄くならなず困っている方が多いようです。 気になるシミやソバカスを隠そうとしても「なんだか厚塗りになって、化粧崩れがひどい」
化粧品業界に登場するやいなや、あっという間にコスメの定番になったBBクリーム。 優秀で機能的、ファンデーションにも負けないくらい美肌をつくってくれる商品。 プチプラなのに、使いやすくて仕上がりいい、コスパ抜群商品。 さま
スポンサーリンク 夏のメイクトラブルに悩んでいませんか? 夏になると、メイクに大変手間がかかります。 まず、メイクする段階で、日焼け止めなどいつもより多めのアイテムを使用しなければならないこと、それから、一旦完成したはず
女性の美しさって、まずどこで決まるんでしょう? もちろんパーツやバランスの良し悪しもあるけど、美肌は七難隠す!キレイな肌は、顔をランクアップさせて見せる武器になります。 男の人も、肌の汚い女性はどうしてもマイナスイメージ

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサする…。 化粧ノリも悪くなるし、ひどいと粉がふいてしまったりすることもある乾燥肌。 特に冬場が近くなると乾燥に悩んでいる人もいるでしょう。 乾燥対策として真っ先に思いつくのは「保湿」! 特

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー