prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

【効果実感】美白美容液ランキング|効果のある美容液の選び方

・年齢とともにシミが増えてきた…
・顔全体がくすんできた…

そんな方におすすめなのが美白美容液。

ここ最近、美白の商品がたくさんでてきていますので、ポイントを踏まえた上で、おすすめの商品をご紹介していきます。

スポンサーリンク

美白美容液を選ぶ際に注目の有効成分2つ

美白成分は10数種類あります。
実はその中でも、大きく分けて「できてしまったシミを薄くする成分」と、「シミを予防する成分」の2種類に分かれます。

今あるシミをどうにかしたい、くすみが気になる…という方が注目すべきは「ビタミンC誘導体」と「ハイドロキノン」の2種類。

この2つが入っているものを選んできましょう。

【1】ハイドロキノン

美白効果が高く、「肌の漂白剤」とも言われている成分。
メラニン(シミのもと)の生成をストップさせ、さらにできてしまっているメラニンを漂白する作用の両方を持っている有効成分です。

現在では化粧品に使われることが多くなってきましたが、以前は皮膚科のみの取り扱いだったほどの成分です。

【2】ビタミンC誘導体

ビタミンCは化粧品に配合すると壊れやすい成分です。それを誘導体にすることで壊れにくく、肌に浸透しやすくなります。

メラニンを生成する過程をじゃまし、メラニン色素の還元する作用もあるため美白にはもってこいの成分です。

美白美容液ランキング

1位/ビーグレン

20160412-b.glen01

価格(税込) ¥1,944
内容量(日数) 約7日分

ビタミンC誘導体配合の美容液をはじめ、洗顔、ハイドロキノン配合の化粧水、ハイドロキノン配合のクリーム2つの、計5点のセット。

美白に重要な「ビタミンC誘導体」と「ハイドロキノン」がしっかりと配合されています。

リピート率98%の理由はビーグレン独自の「QuSome®(キューソーム)」というテクノロジー。
この処方でハイドロキノンを超微小なカプセルに包み込み、肌の奥まで浸透させることができます。


2位/アンプルール

20160412-ampu01

価格(税込) ¥1,890
内容量(日数) 約7日分

皮膚科の専門家であるアンプルールの代表が開発したスキンケア。

トライアルセットには「夜用の集中ケア美容液」と、昼用の「薬用美白美容液」の2種類ついています。

肌の奥に潜んでいる隠れシミにアプローチをし予防していきます。


3位/アスタリフト ホワイト

20160412-astaliftw01

価格(税込) ¥1,080
内容量(日数) 約5日分

美白有効成分として「ビタミンC誘導体」と「アルブチン」を配合。

アスタリフトの強みは「ナノ化」。
「ナノAMA」という技術で角質層の内部まで浸透させます。

また、美白成分の他にも、保湿成分として「コラーゲン」「アスタキサンチン」など多くの成分を配合しています。


3つの美白美容液をわかりやすく比較!

ビーグレン アンプルール アスタリフト
20160412-b.glen>購入 20160412-ampu>購入 20160412-astaliftw>購入
トライアル価格 ¥1,944 ¥1,890 ¥1,080
トライアル容量 7日間分 7日間分 5日間分
通常価格 ¥5,076 ¥8,640 ¥7,560
返金保証 あり
365日間
なし なし
ハイドロキノン あり あり なし
ビタミンC誘導体 あり あり あり
HP ビーグレン公式サイト アンプルール公式サイト アスタリフト公式サイト

リピート率98%を誇る1番人気の「ビーグレン」

美白成分のハイドロキノンって実は「肌の漂白剤」と言われるくらい効果が強いもの。

「ハイドロキノンが配合されている商品はピリピリと刺激が強くて使えない」という方も多数います。

ビーグレンはこのハイドロキノンを独自の浸透テクノロジーにて配合!

刺激を感じることなく、かつ肌の奥まで成分を浸透させることができたのです。

b.glenのトライアルをチェック

ビーグレンを使った方々のうれしい口コミ

・1ヶ月も経たず、ファンデーションの色をワントーン明るいものに買い替えた!/30代
・気になるシミも少しずつ薄くなってきている気がする/40代
・肌が明るくなったというか、透明感が出た気がする/40代

敏感肌さんの美白対策なら「サエル」

サエルは、「敏感肌専用の美白化粧品ブランド」。
今まで美白化粧品を使ってピリピリした経験がある方、もともと肌が弱い方などはサエルをおすすめします。

美白有効成分は「アルブチン」。
医薬部外品なので安心して使用することができます。

また、30日間の全額返金保証もあるので、万が一肌に合わなかった場合でも安心。

「とりあえず試してみようかな」という気軽な気持ちでトライアルセットを試してみてはいかがでしょうか。

シミを予防したい方には「●●」

シミを作るメラニンが生成される前にブロックしてくれる成分の代表3つはコレ!

アルブチン

コウジ酸

ルシノール

注目!使ってはいけない注意したい美白成分とは

それはずばり「ロドデノール」という成分。

2013年にカネボウが美白製品を自主回収したニュースを覚えていますか。
原因は、カネボウの商品を使っている人たちに白斑の症状がでたから。

■白斑とは…肌がまだらに白くなってしまう状態

このとき、自主回収した美白製品に入っていた美白成分が「ロドデノール」だったのです。

すべての人が反応するわけではありませんが、この成分には注意をしましょう。

こんな美白美容液にも注意!

パッケージに、「ホワイト」とか「透明感」などという文句が書かれているにも関わらず、美白成分が全く入っていない商品もあります。

パッケージや商品名に騙されず、有効成分に着目して選ぶようにしましょう。

美白美容液Q&A

美白対策って年齢的にどのくらいからはじめるもの?

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー