prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

綺麗な肌に大変身!簡単4つの生活習慣で、みるみる美肌に!

20150128-001
赤ちゃんみたいな肌になりたい…最近肌の衰えが気になる…女性なら誰でも綺麗な肌をキープしたいもの。
だから、ときにはフンパツして高いスキンケアラインを買ってみたり、エステに行ってみたり。
でも、ちょっと待ってください!もちろんスキンケアもエステも効果的ですが、その前に生活習慣を見直してみませんか?
実は、簡単な生活習慣の見直しで肌は綺麗に生まれ変わるんです。
さらに言い換えると、どんなにスキンケアを頑張ってみても生活習慣が悪ければ、美肌効果は期待できなくなってしまいます。
美肌のために、生活習慣がファーストステップなんです!

スポンサーリンク

STEP1・睡眠

20151026cat
まずは肌の新陳代謝を意識しなければいけません。古い細胞から新しい細胞へと生まれ変わる「新陳代謝」が、美肌への第1歩です。
この新陳代謝が一番活発に行われるのは睡眠中です。
睡眠中は副交感神経の働きが優位になっているので、血液の流れが良くなり新陳代謝がアップし、成長ホルモンが分泌されるようになります。この成長ホルモンは脳内時計と同調しているので、分泌のピーク時間は22時~2時といわれています。
つまり、最大に新陳代謝を活発にするためにはこの時間帯に就寝していることが理想なんです。
「シンデレラタイム」や「ゴールデンタイム」とも呼ばれている、この美肌時間帯にぜひ睡眠をとれるよう頑張ってみましょう。
どうしても22時にはベットに入れないとしても、内臓の修復作業が活発になるのは0時からなので、それまでにはベットに入りたいところです。寝つきが悪くても、目を閉じて光が入らないようにすれば脳が休息できるのでO.Kです。

+αポイント・ビタミンC

ご存知の通り「ビタミンC」は美白効果、シミ予防、抗酸化作用と美肌効果バツグン!
ところが、体内に長時間留まることができずに、摂取してから数時間で排出されてしまうという欠点があります。
そんなビタミンCを就寝前に摂取するのはとっても効果的。就寝前の食事はオススメできないので、サプリで用意しておきましょう。

+αポイント・就寝前の食事はNG

成長ホルモンが最大に分泌される時間帯に睡眠をとったとしても、血糖値が上がっていては成長ホルモンが分泌されなくなってしまいます。
分泌を促すためにも、就寝の3時間前までに食事は済ませておきましょう。

STEP2・水分摂取

20151023woman5
意外と忘れがちなのが、水分の摂取です。保湿、保湿とスキンケアを頑張りつつ、体内の水分を忘れてはいませんか?
体内の水分量をしっかり補っておかないと、肌がカラカラになってしまいます。これが美肌への第2歩ですが、急いで水分を摂取してはいけません。
一気に水分を摂ると尿が出やすくなってしまって、かえって体内の水分量が減ってしまいます。
1日に必要な摂取量を数回に分けて摂るように心がけましょう。

+αポイント・カフェイン

お茶やコーヒーといった、カフェインが含まれている飲料には利尿作用があります。
過剰に摂取すると、取り入れた水分量以上の水分が排出されてしまうので、注意が必要です。

STEP3・食生活

20151022syokuji
人間の体は7割が水分でできていますが、食事も7割が野菜類であることが理想です。
野菜に含まれている水分やビタミン、ミネラル類といった栄養素が美肌にとっても効果的。
ですが、そんなにたくさんの野菜類を摂取するのは大変ですので、せめて肌の新陳代謝に必要な栄養素を摂り入れることを第3歩としましょう。新陳代謝に必要なのは「ビタミンB2」や「ビタミンB6」で、豚や牛のレバーやマグロに多く含まれています。他にも身近な食材に含まれているので、意識してみましょう。

+αポイント・アボカド

女性に人気のアボカドには「ビタミンE」が豊富に含まれています。ビタミンEは今「スーパービタミン」と呼ばれるほどアンチエイジングに効果の高い栄養素。ぜひ積極的に摂り入れたい食材です。

STEP4・運動と呼吸

20151026woman3
摂り入れた栄養素を全身に運ぶためにも血流が大切です。
血流を良くして、体の体温が上がれば新陳代謝のアップにもつながります。
苦手な人も多いかと思いますが、ズバリ「運動」が美肌への第4歩として効果的。厳しい運動をする必要はありません。ウォーキングで体内に酸素をたっぷり摂り入れて、汗が出ればデトックス効果にもなります。適度な運動を習慣にできれば、美肌へ一直線です!
とはいえ、どうしても運動の時間が取れない…という人は、せめて呼吸を大切にしましょう。
呼吸法と体の健康は密接につながっているので、呼吸を意識するだけでも美肌効果があるんです。
呼吸にはデトックス効果もあり、深く呼吸することが大切。鼻呼吸で「吐く」→「吸う」の順番で意識的に深く呼吸するようにしましょう。

さて、美肌まであと1歩

20151026woman4
美肌を作る「生活習慣」はいかがでしたか?それほど難しいものじゃありませんよね?
1番難しいのは「続けること」です。これらの生活習慣を続けていけば、肌は目に見えて改善されていきます。
続けることが美肌への大切なあと1歩だということを忘れずに…。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー